★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 381.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「野依氏は辞めるべきだ」“ミスター文部省”寺脇氏が理研にモノ申す(ZAKZAK)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/381.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 4 月 18 日 16:31:18: igsppGRN/E9PQ
 

「野依氏は辞めるべきだ」“ミスター文部省”寺脇氏が理研にモノ申す
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140418/dms1404181530022-n1.htm
2014.04.18 夕刊フジ



STAP騒動で、小保方氏とともに責任を問われている理研の野依理事長


 新型万能細胞「STAP細胞」の論文不正問題で、文部科学省の元キャリア官僚が怒りの声を上げた。でたらめな論文を世に出した理化学研究所(神戸)の野依(のより)良治理事長(75)に、「トップの責任が問われるのは当然」と辞任勧告を突きつけたのだ。理研の監督官庁である文科省の関係者から飛び出した痛烈批判に、ノーベル賞受賞の大科学者はどうこたえるのか。



小保方晴子研究ユニットリーダー


 筆頭著者の理研・小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(30)に続き、上司で論文作成の「キーマン」とされた理研発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹(52)も会見内容が批判を浴びるなど、収束にはほど遠いSTAP騒動。



寺脇研氏


 科学界全体の信頼を揺るがす事態に、「日本の科学に対する重大な不信感を与えた。私が知る限りでは最大の科学スキャンダルだ」とメスを入れるのは、かつて「ミスター文部省」と呼ばれた名物官僚出身の寺脇研氏(61)だ。


 寺脇氏は、東京大法学部卒業後、旧文部省に入省。2006年に退官するまで、文科省大臣官房審議官や同官房広報調整官などを歴任し、“ゆとり教育”で物議を醸したが一貫して教育改革に力を注いだ。現在、京都造形大教授。


 理研の監督官庁で現役時代、複数の科学者と付き合った経験から、「不完全な論文を世に出した理研の責任はまぬがれない」と寺脇氏は指摘する。そのトップに君臨する野依理事長の進退にも言及した。


 「あれほど大々的に論文を発表しながら、わずか1カ月で引っ込めるなんてお粗末の一語に尽きる。問題の処理の仕方を見ていると、組織の長としての見識と能力を疑う。粉飾決算を科学の世界でやったようなものなのだから、トップである野依氏が責任を取って辞めるべきだ」(寺脇氏)


 野依氏は、理研トップとしての立場に加え、2001年にノーベル化学賞を受賞した日本を代表する科学者のひとり。だが、この輝かしい経歴が、野依氏への世間の風当たりを弱めていると、寺脇氏は見ている。


 「ここまで、論文著者の小保方氏らへの非難はあるが、なぜか野依氏の責任を問う声が出てこない。世間に一種の『ノーベル賞タブー』があるからだ。現役時代に文科省内部でも見られたことだが、世間には『ノーベル賞受賞者は万能』という思い込みがある。その権威をありがたがるあまり、批判を許さないような風潮ができている」


 野依氏は、ノーベル賞を獲得後、広く科学を振興する立場に活躍の場を広げてきた。日本学術振興会学術顧問に選任され、06年には第1次安倍内閣で、教育再生会議の座長を務めている。科学界における国威発揚が、その肩にのしかかっていたのか。寺脇氏は厳しく指摘する。


 「今回の問題の責任の一端は、文科省にもある。日本学術会議で『2050年までに30個のノーベル賞』という数値目標を作って科学者を煽った。国のこうした姿勢が、悪しき成果主義を科学界にはびこらせた可能性はある」


 結果的に、日本の科学界に甚大なダメージを与えそうなSTAP騒動。改めて、足下を見つめ直す時期かもしれない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月18日 16:53:29 : 4f7EbWHE7I
> 私が知る限りでは最大の科学スキャンダルだ」とメスを入れるのは、かつて「ミスター文部省」と呼ばれた名物官僚出身の寺脇研氏(61)だ。

かつて「ミスター文部省」と呼ばれた名物官僚出身の寺脇研氏(61)は、ゆとり教育を主導して日本国民の学力低下に大きく貢献した。

「野依氏は辞めるべきだ」は、理研を崩壊させるための主張だろう。

寺脇研は、2007年には、在日コリアンの子弟を主な対象とするインターナショナル・スクールコリア国際学園の設立準備委員に就任し、開校後は理事を務めている。ちなみにこの学校は、3ヶ国語の育成や大手進学塾との提携をしている。また、朝鮮学校の高等学校等就学支援金対象除外に反対する「無償化連絡会大阪」の賛同人も務めている[注]。

つまり、寺脇研氏は日本国民の学力は低下さる一方、在日朝鮮人のエリ−ト教育に熱心な人で、そのような者が“ミスター文部省”として日本の教育に関与したことは、日本の大きな汚点である。

[注] 寺脇研
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E8%84%87%E7%A0%94


02. 2014年4月18日 22:02:08 : RNJcFs8LBE
野依はいかにも人間の屑っぽいのだが、
朝鮮人の攻撃を受けたとなると日本人としては支持する側に回らなければならないのか

03. 2014年4月18日 22:51:45 : VHwv0S9A9E
だがそもそも野依自体が文科省の切り札だったんだがな。
あの蓮舫の2番じゃダメなんですか、というのは、その後一緒に付いていってた電算システム専門家の「理研にコンピューター関連の予算が一局集中することによって、却って日本の他の研究所で使うIT予算が減ってしまう。分散化の時代に世界記録にこだわったIT投資はナンセンス」ということが本質で、民主だけでなく自民も反対していたんだが、文科省の代理人たる野依が「あなたたちは歴史の証人になれますか」というアサッテな脅しで跳ね返したわけで、京というハコモノ行政を規定路線通り進めたいという文科官僚の意を代弁していた。
それを今さら辞めるべきだって?まあ、所詮は操り人形だから仕方ない扱いだが。

04. 2014年4月19日 10:33:49 : gEwormeorw
この業つく爺がやめるもんか。
どこか、あの方のお父様に似ているな。

05. taked4700 2014年4月20日 21:06:22 : 9XFNe/BiX575U : m6F3ambQuI
寺脇氏は入試改革ではなくて入試改悪を主導した人物。それだけ、現実の入試制度の弊害と言うか実態を知っている。つまり、入試制度の改悪の背後には徹底した学会の腐りがあり、たとえノーベル賞であろうと、そういった仕組みの中、つまり、入試不正とその結果当然起こる学問の世界の劣化をまのがれていないのだということをよく理解しているのだろう。

ここでは、寺脇氏に活躍をしていただきたい。現在の教育制度の裏側にある闇を彼はよく理解しているはずだから。

しかし、同時に、きちんと入試制度、教育制度を是正して正常化することも必要。そこまで寺脇氏が踏み込むことが出来るだろうか?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧