★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 385.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「笹井氏の責任、小保方氏と同等」 理研改革委員長 STAP論文問題で批判(日経)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/385.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 4 月 19 日 01:58:28: igsppGRN/E9PQ
 

「笹井氏の責任、小保方氏と同等」 理研改革委員長 
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1803S_Y4A410C1CR8000/
2014/4/18 21:24 日経新聞


 STAP論文の問題で、理化学研究所が設置した「研究不正再発防止のための改革委員会」の岸輝雄委員長は18日、論文共著者である理研の笹井芳樹氏の責任について「(理研の小保方晴子氏と)同等の責任を持つべきだ」と批判した。改革委は理研に対し、共著者の責任を明確にするよう求めていく方針。

 同日開かれた改革委の会合後、記者団に語った。岸委員長は笹井氏が16日の記者会見で、実験ノートを見ていないと発言したことに関し「一緒に出したことが大事で、ある部分は知ってるが、ある部分は知らないということは普通はあり得ないだろうと思う」と苦言を呈した。その上で「名前を連ねた以上、応分の責任を持ってしかるべきだ」と指摘した。

 会合では捏造(ねつぞう)や改ざんなどの不正行為に加え、研究者間の情報交換が不足している点について理研に対策を求めることで一致。岸委員長は「特許のからみで本当に偉大な発表は隠しておくこともある。(隠すことの)是非も十分配慮した議論にならなければいけない」と語った。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月19日 18:46:53 : VHwv0S9A9E
笹井氏の行動を見るに、恐らくは上に「この研究は理研の重点研究として結果を出したい。キミの能力で良い論文にしてプレスリリースにまで持って行ってくれないか」と依頼されて、氏の持つノウハウで最短かつ最大の効果を生むような「仕事」をきっちりこなしたのではないか?

三面記事で言われてるような男女の仲とか想い入れではなかったと思う。せいぜいセクハラオヤジ的発言があったり勘違いされる行動があったかもしれないが。(ただし小保方はその辺も笹井氏の行動を制御するために「この人痴漢です」的に最大限に悪用したかもしれない。社内の規律委員会にスピークアップしたそうだからね。)

笹井氏は50歳前後のようだが、このくらいの年齢になると、自分で実験をやったりノートを取ることはなかなか無いだろう。相手もユニットリーダーであれば、いちいちデータの確認をとる事も無い。実験ノートはあくまで不正を防ぐ担保の制度なので、疑いが起きない限り本人以外が見る物でもない。
つまり中間管理職、会社で言えば部長、事業所長クラスが1プロジェクトの特任リーダーを依頼された状態なのであり、こういう場合の仕事と言えば、出てきた成果物、つまり論文ドラフトをレビューし、ここの流れがおかしとか、ここにこういう情報を補強しろとか、そういう指摘を毎日毎日やっていく事である。この辺のセンスが笹井氏の場合は絶妙であり、だからこそブランド論文執筆者として今の地位を築いたと言える。最終局面に近くなると背に腹は替えられなくなり、その書き直し作業自体を自分でほとんどやってしまうような「手伝い」もやっただろう。

しかし、書いてある事が嘘かどうかというのは、少なくともごく最近まで全く疑っていなかったはずだ。そんな暇などなかったはず。

結果としてほとんど笹井氏の文体で、中身は捏造そのものの論文が出来上がってしまった。これは笹井氏が依頼された通りの仕事を完璧にこなした証拠である。
(ちなみに、だからと言って笹井氏の罪が軽くなる訳ではない。本来こういう「単なる論文のドレスアップ」は氏の立場の仕事として学術論文に対してやってはならない。これは営業プレゼン資料ではないのである。ドレスアップするにしてもそれにふさわしい信頼性を持った内容化を何重にも吟味すべきであり、要は笹井氏は「手間を極限まで効率的にやり過ぎた」のである。)
さて、問題はなぜ笹井氏にそういう指示がだされたか、だが、理研のトップ、さらにはその上の政治の力が大いに疑われる。
現在、安倍首相が進める成長戦略の重点課題の1つに再生医療が上げられているが、これは実はまだ海千山千ともつかないものが犇めいていて、詐欺師めいた人たちや金儲けのネタを探す人々が犇めいているのである。
安倍首相の相談相手とも言える日本再生医療学会理事長の岡野氏は、米国の元・再生医療学会会長のバカンティ氏とも親しい仲であり、内閣への紹介もしていると創造されるが、そのバカンティ氏は実は有名な偽造常習犯であり、ただそれを論文発表しないために罪を問われていないだけの人物なのである。要は何か怪しげな「成果」をぶち上げて金を集めるという、詐欺師に近い人物、そしてその最も新しい「弟子」が小保方氏なのである。
つまり、理研が小保方さんの研究を重点研究にしたルートは、岡野氏がバカンティを(素性を偽って)官邸に紹介し、その一番弟子である小保方さんの研究をプロモーションせよ、という政府筋の指示が理研に対して出された、というのが最も「ありえる」ストーリーになる。

そう仮定すると、理研の信頼や重要な学者の学者生命を奪うことになるであろう今回の捏造研究は、成長戦略を煽る政府がまんまと詐欺師たちの話に乗ってしまって誤った指示を出してしまった結果、という話になる。この責任は、誰が取るのだろうか?


02. 2014年4月19日 21:45:18 : Rs1kspOrww
01> 笹井氏の行動を見るに、恐らくは上に「この研究は理研の重点研究として結果を出したい。キミの能力で良い論文にしてプレスリリースにまで持って行ってくれないか」と依頼されて、氏の持つノウハウで最短かつ最大の効果を生むような「仕事」をきっちりこなしたのではないか?
しかし、書いてある事が嘘かどうかというのは、少なくともごく最近まで全く疑っていなかったはずだ。そんな暇などなかったはず。
結果としてほとんど笹井氏の文体で、中身は捏造そのものの論文が出来上がってしまった。これは笹井氏が依頼された通りの仕事を完璧にこなした証拠である。

センター長に依頼されて面倒をみることになったと説明されており、大筋、この見方に同意する。ただこれだけ重大な大事件ともいうべき生物学的大発見に対して、権威ある生物学者である笹井氏が、その真贋に関心を持たないことはあり得ない。まして、他の学者の仕事であれば批判的にとらえるのが正当な立場と思える。この科学者の立場を放棄して、変節に至らしめたものはなにか、明らかにされる必要がある。


03. 2014年4月20日 13:34:56 : viW8XtGPGA
画像の取り違えを未だに捏造って言ってる不思議

いくら説明してもマスコミやアンチには無駄なんだろうね


04. 2014年4月20日 21:23:25 : TOXwseb812
日本の科学技術の先進性を世界に見せつけたい、社会への女性進出を盛り上げ国民からの収奪を更に高めたいたいは、まさに阿部政権の重点政策項目である。
広告代理店の派手な演出も絡んでいるところを見ると、誰かがシナリオをつくっているものと思われる。

05. 2014年6月03日 14:33:50 : JMBkoJ9o4w
あのシェーンも、捏造ではない、グラフや画像の取り違えだと、最後まで言い張った。
自白のタイミングを失うと、玉砕するしかなくなる。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧