★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 391.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
巧みに世論の同情誘う 「小保方陣営」の戦略にハマった理研(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/391.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 4 月 22 日 17:20:15: igsppGRN/E9PQ
 

巧みに世論の同情誘う 「小保方陣営」の戦略にハマった理研
http://gendai.net/articles/view/geino/149680
2014年4月22日 日刊ゲンダイ



小保方さんを支える三木秀夫弁護士/(C)日刊ゲンダイ


 長期ドロ沼化の可能性もあるSTAP細胞問題。現時点でイニシアチブを握るのは、どうやら小保方さん側のようだ。


 理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の弁護団が21日、理研側に対し、不服申し立ての補充書を提出したことを明らかにした。不正行為を認定された画像について、「悪意のない間違い」などと改めて主張する内容だ。


 小保方さん側がコメントや文書を発表するのは、4月9日の2時間半に及ぶ会見以来、これで6回目。本人こそ会見から、公の場には姿を見せないが、実に積極的じゃないか。


■先制パンチとカウンターで翻弄


「もちろん、三木秀夫弁護士をはじめとする弁護団の戦略でしょう。在阪の弁護士連中は、さすがキレ者と、三木氏に対して感心しきりですよ」(法曹関係者)


 特徴は、「先制パンチ」と「カウンター」の両方を、ケースバイケースで巧みに使い分けていることだ。


 11日には、<再調査するかしないかの判断を急がないで欲しい>と理研に対して先にクギを刺した。


 9日の会見で<STAP細胞は200回以上作製に成功した>と言ったことに各マスコミや専門家が疑問を呈すると、14日に文書で説明。朝日新聞が12日の紙面で<マウスの幹細胞はオスしか作っていない>と報じると、<メスの幹細胞も作製されている>とすかさず反論した。


 16日にあった理研発生・再生科学総合センターの笹井芳樹副センター長(52)の会見後は、<尊敬する笹井先生が私の過ちのために会見で厳しい質問にお答えになっている姿を見て、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。申し訳なさ過ぎて言葉になりません>とのコメントを発表した。そして、21日の補充書提出だ。


「理研は小保方さん側からの不服申し立てに対し、再調査するかしないかの結論を出すまでは、ダンマリを決め込むしかありません。笹井氏の会見も、結局は責任逃れに終始してしまい、世論が小保方同情派に傾く結果になりました。小保方陣営は今後も、ここぞとばかりに二の矢、三の矢を繰り出すでしょう」(科学ジャーナリスト)


「プロ集団」の凄腕で、この流れはしばらく変わらなさそうだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月22日 17:38:38 : F3F0hOXizs
>「悪意のない間違い」
悪意のあるなしに焦点を絞る。つまり禅問答。
これだけのモラルハザード問題を、「悪意」の解釈の問題にすり替えた。
悪意なんてどう解釈するの。裁判で禅問答。これもSTAP同様証明出来ない。

02. 2014年4月22日 18:07:25 : nbLx0eVkgs
テラトーマ画像は間違いと認める可能性も無くはないが、改ざんの方は悪意のない間違いという理屈は通らないから、いくらあがいても不正判定は覆らない。不正判定が覆らない場合、小保方側は裁判に持ち込むつもりなんだろうから、理研は裁判を覚悟してさっさと判断すべき。
全国のマトモな学者たちが、今起きつつあるモラルハザードの蔓延を食い止めるためにと立ち上がって、裁判では理研を応援するよ。先延ばししても問題が無意味に大きくなるだけだし、研究もしてないユニットリーダーに税金から給料を支払い続けることになる。本当にアホらしい展開になってきた。

03. 2014年4月22日 19:02:39 : O8GYNEZowE
小保方氏“逆転”へ2週間ください

 2週間ください−。STAP細胞論文問題で、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)が、理研に対し時間的猶予を求めた。同氏の代理人三木秀夫弁護士は21日、不服申し立ての追加書類「不服申立についての理由補充書」を20日に理研にメールで提出したと発表した。補充書では、再調査をするかどうかの審査結果が出るまでに2週間の猶予を求めている。体調不良で小保方氏が入院中であり、弁護団が実験ノートなど資料を入手したのが15日で準備期間が短いことを理由としている。

 補充書は十数枚。小保方氏が画像を取り違えた経緯について、「論文を仕上げる過程で差し替えるのを忘れた」と説明する陳述書や、論文に記載されるはずだった真正な画像も提出。小保方氏は打ち合わせの際に「(理研に資料を)理解していただけたらありがたい」と話していたという。

 三木氏は「猶予があればさらに補充書面も出せる。理研の調査にもきちんと答えられる」と主張。2週間あれば、さらなる追加書類を提出する可能性も示した。“逆転”に向け反撃の準備を進めたい考えだ。

 小保方氏は調査委の調査は不十分として、再調査と不正認定の撤回を求めて8日に不服申立書を提出。再調査するかどうかの審査について理研は当初、先週中にも決定する見通しを示していた。

 再調査が決まった場合、調査委はおおむね50日以内に結論を出す。再調査が実施されなければ、捏造(ねつぞう)や改ざんという小保方氏の研究不正があったと認めた調査報告が確定することになる。STAP細胞論文問題は長期戦になる可能性も出てきた。

 [2014年4月22日9時22分 紙面から]

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20140422-1288962.html


04. taked4700 2014年4月22日 23:08:05 : 9XFNe/BiX575U : FacJXNdtZU
>「小保方陣営」の戦略にハマった理研

違うと思います。戦略を練っているのは小保方氏や理研よりも上にいる勢力に属している方ですよ。

理研は民間の組織ですから、当然、かなり立場はばらばらであり、今回の騒動を快く思っていない人たちも多く、また、スタップ細胞があることにしたいという人たちもいるわけです。

ただ、今回の騒動は単にスタップ細胞の存在が問題ではなく、様々な狙いを持って起こされたものであり、今現在もそういった目的を最大限果たそうといろいろな工作が依然として行われているのです。

多分、今の状況で目標とされているのは、今回の騒動に関わった人たちの無事な退場でしょう。つまり、小保方氏とか笹井氏、大和氏、若山氏などが今後あまり世間の追及を受けない状態でそれなりの地位を保てることです。

しかし、同時に、問題を長引かさせることで、スタップ細胞というでっち上げについてその真実を発言する人たちをどんどんとあぶり出し、工作の対象としてリストアップしているはずです。



05. 2014年4月22日 23:47:38 : yE1g3ZofPw
『悪意』というのは、文学的表現ではありません。
法律用語としては、「事情を知りながら行う」と云う意味で『故意に』というような意味です。

博士論文からのコピペでした画像に、本来載せるべき画像が存在していたのであれば、やはり故意に博士論文のものをコピペしたとは考えられないでしょう。つまり『悪意』はない。

『改竄』についても、画像操作した部分はいわば参考あるいは比較対象として載せたもので、いわば物差しをが画像にはめ込んだようなもの。はめ込んだ部分が分かるように線を入れておけば全く問題なかったとのこと。

こうなると、下手に解雇などしても訴訟になると理研は必ず負ける。


06. 2014年4月23日 00:05:15 : bszfcr4rs2
>>05
http://www3.riken.jp/stap/j/f1document1.pdf
のページ11の第2条を読んでみてください。
電気泳動の図の切り貼り(改ざん)が「悪意のない間違い」と解釈可能でしょうか?
訴訟になって理研が仮に負けても良いと思います。科学研究施設としての矜持は研究者社会に示せます。
何より、我が国における科学研究社会のモラルハザードを防ぐ意味でも、理研は規定に則って早期に
判断を下し、処分を公表すべきです。

07. 2014年4月23日 00:15:38 : bszfcr4rs2
>>04
小保方さんが助かることは有り得ません。
> 工作の対象としてリストアップしているはず
有り得ません。余程、研究者社会から遠い方とお見受けしました。

08. 2014年4月23日 03:33:26 : yE1g3ZofPw
>6

4ページには
「データの誤った解釈へ誘導することを、直接の目的として行ったものではないとしても」
と云う部分があります。“誤った解釈へ誘導することを、直接の目的”とすれば、『悪意』になりますが、“危険が認識できたはず”程度では悪意とは言えないでしょう。
“サイエンス”の決めごとでも、区別する線を入れておけば全く問題なかったということですから、“知らなかった”という、未熟さの問題はあっても、法的に“悪意”と言うには無理があるでしょう。

だから、理研は小保方さんに対して極めて穏便な処分しかできないと思います。
しかも、厳しいい処分して内実を暴露されたら困る、笹井さんとか上層部の人もいるでしょうし。


09. 2014年4月23日 15:19:13 : YN7850VzF2
<厳しい処分をして内実を暴露されたら困る、笹井さんとか上層部の人もいるでしょうし。>

理研は捏造があったと認めながら、小保方氏と早々と再雇用契約を結んでいる。
詐欺師に税金で給料を払おうというわけだ。
なぜ、「来期の再契約はありません」と言えないのか。
冒頭の指摘が全てを物語っているのではありませんか。
捏造論文など出したら、懲戒免職どころか、学会永久追放も覚悟すべきなのが海外の常識だろうに。
それとも理研は「捏造があった」という判定を取り消すのか。
自分たちの言葉に少しは責任を持てと言いたい。

06さんの言うように、理研は研究機関としての原則を大切に、毅然とした態度で臨んでほしい。
小保方氏がそれに対して不服申し立ての裁判を起こすかどうかは結果論であり、今気に留める必要はない。
自らにやましい点がないのなら、あのシェーンに対してベル研が示したような対応をとれるはずだが。


10. 2014年4月23日 15:42:29 : 9OLj0tGdsA
マスゴミは、意図的に国民の目を小保方に向けさす戦略をとっている。
それは、お馬鹿な国民の目をアベノミクスの再生医療規制検討委員会に向けさせないようにするためだ。
再生医療規制検討委員会をつつけば、今回の騒動の真相がかなり見えてくると思うぞ。

11. 2014年4月24日 14:49:34 : aln0PJVbuw
>>09
恐らく心配ないかと思います。
不服申し立てがなされた直後「(調査委員会は)来週にも再調査の必要性を判断」と報道されています。
調査委員会は早期に結論を出す方針のようでした。ただ、小保方側が2週間待って欲しいと言い出したので、
少し延びるとは思いますが。理研から資料を提示されて、真正画像であるとの主張の裏付けが出来ずに
代理人弁護士たちは困っているようです。1冊は落書き帳でもう1冊も、とても真正画像であることを
裏付けられるような記載は見つかっていないのでしょう。この調子だと、弁護士たちもいずれお手上げかも。

仮に理研が最終報告を覆すような判断をしたら、国内外の科学者・研究者達が黙っていませんので、
いくら彼女に弱みを握られていようがいまいが、流石にそこまではできません。


12. ダイナモ 2014年4月24日 15:18:20 : mY9T/8MdR98ug : ES90F6pfwc
>>09

>理研は捏造があったと認めながら、小保方氏と早々と再雇用契約を結んでいる。

その理由は小保方の処分が決定していないから。処分が決まらないうちは再雇用契約を拒む理由がない。処分が決定すればその時点で懲戒解雇もありうる。ただし、さまざまな情報を総合すると、理研が小保方に懲戒解雇という最も重い処分を下す可能性は残念ながら低いようだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧