★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 425.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<STAP細胞>小保方氏が落ち込み絶句…理研再調査せずに(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/425.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 5 月 08 日 12:44:35: igsppGRN/E9PQ
 

記者会見に臨む小保方晴子氏=大阪市北区で2014年4月9日午後1時、三浦博之撮影


<STAP細胞>小保方氏が落ち込み絶句…理研再調査せずに
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140508-00000040-mai-sctch
毎日新聞 5月8日(木)12時1分配信


 小保方晴子・研究ユニットリーダーの代理人の三木秀夫弁護士は8日、再調査をしないとの理研の決定について、小保方氏が落ち込んだ様子で絶句したことを明らかにした。また、研究不正を認定された論文の取り下げを勧告する文書が同日、理研から届いたという。

 三木弁護士によると、この日午前10時半ごろ、野依良治理事長名の取り下げ勧告書が電子メールに添付されて届いた。小保方氏が求めた再調査を不要と判断した審査結果と理由を説明した文書A4判21枚も送られてきたという。

 三木弁護士が電話で決定を伝えると、小保方氏は言葉を失った様子だった。「元気を出そう」と励ますと、「分かりました」と弱々しい声で応えたという。三木弁護士は「捏造であるかのような結論が出されたことは到底納得できない」と話した。【吉田卓矢】


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年5月08日 12:50:19 : 4kHEAcQ4YU
STAP論文、再調査せず=小保方氏ら処分へ―理研
時事通信 5月8日(木)11時9分配信

 STAP(スタップ)細胞の論文問題で、理化学研究所は8日、不正行為があったと認定した小保方晴子研究ユニットリーダー(30)らの論文を再調査しないと発表した。不正行為が確定し、理研は論文の撤回を勧告した。懲戒委員会で小保方氏や笹井芳樹理研発生・再生科学総合研究センター副センター長(52)らの処分を決める方針。

 小保方氏が4月に不服を申し立て、最終報告をまとめた理研の調査委員会が審査。再調査の必要がないと判断し、8日の理事会で決定した。

 調査委は4月1日に公表した最終報告書で、英科学誌ネイチャーに掲載された論文の画像について、小保方氏に二つの不正行為があったと認定した。STAP細胞がさまざまな細胞になる能力を持つ証拠とされた画像は、実験条件が異なる小保方氏の2011年の博士論文の画像に酷似しており、「捏造(ねつぞう)に当たる」と指摘。遺伝子の解析画像を切り貼りしたことも、改ざんと認定した。

 小保方氏は4月8日、「画像の取り違えであり、不正行為ではない」と理研に不服を申し立てた。翌9日の記者会見では「間違いは研究結果に影響しない。STAP細胞は200回以上作製した」と主張した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140508-00000052-jij-soci


02. 2014年5月08日 12:53:00 : 4kHEAcQ4YU
小保方氏の不正認定が確定 理研が再調査しないと決定
2014年5月8日12時06分

 理化学研究所は8日、理事会を開き、STAP細胞論文に研究不正があるとした調査委員会の調査結果に対する小保方晴子ユニットリーダー(30)の不服申し立てを退け、再調査しないことを決めた。これで小保方氏の研究不正の認定が確定した。小保方氏に結果を通知し、論文の取り下げを勧告した。理研は懲戒委員会を設置し、小保方氏らの処分を決める。

 小保方氏側は、調査委が3月末にまとめた最終報告書に対し、正しいデータがあり、改ざんや捏造(ねつぞう)にはあたらないと主張。「多忙な中で画像を取り違えた」などとする資料も追加提出し、再調査と不正認定の撤回などを求めていた。

 調査委は提出された資料を審査したが、「(小保方氏側が)説明を裏付ける資料をすみやかに提出すべきだったが、弁明の機会を自ら放棄した」などと結論付けた。調査委は理事会に「再調査は行わないとの結論に至った」と報告。理研は再調査をしないことを正式に決定した。

 小保方氏の不服申し立ては4月8日。理研が再調査をしない判断をしたのはちょうど1カ月後だった。理研によると、小保方氏側は再度、不服申し立てをすることはできない。規定では、研究不正が認定された場合、原則として諭旨退職か懲戒免職と定めている。また、研究費の全部または一部の返還も求める。

 調査委の最終報告書では、STAP細胞からできたとされた組織の画像は「捏造」、遺伝子解析の画像を切り張りしたことは「改ざん」にあたると判断し、小保方氏に「研究不正行為があった」とした。共著者で、理研の笹井芳樹・発生・再生科学総合研究センター副センター長らについては、不正はないとしたが、チェック機能が働かず「責任は重大」などとした。懲戒委は笹井氏らの処分も検討する。

 複数の調査委の論文に疑義が指摘されたことに対し、理研は「(再調査しないとの)結論に影響するものではない」とした。(合田禄)

http://www.asahi.com/articles/ASG583R28G58ULBJ003.html


03. 2014年5月08日 12:55:49 : 4kHEAcQ4YU
小保方氏側弁護士「問答無用で結論ありきだ」
2014年05月08日 12時20分

 小保方氏の代理人を務める三木秀夫弁護士は8日午前、報道陣に対して、理研から電子メールで通告を受け取ったことを明らかにした上で、「再調査をしない結論も、論文撤回の勧告も不服だ。到底納得できない。問答無用で結論ありきだ」と述べた。

 三木弁護士によると、小保方氏に電話で連絡したところショックを受けた様子で、三木弁護士が「元気を出そう」と話すと、「わかりました」と小さな声で答えたという。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20140508-OYT1T50104.html


04. 結構仮面 2014年5月08日 13:07:59 : Lk9xdGrTdjm2o : hCwlC6LeFY
理研は内部規定に従って、処分を決定できます。たとえ理研という組織が腐っているようでも、調査委員に問題のある人物がいてもです。

ほとんどの組織体(民間企業やその他)は所属員を裁く内部規定をもっています。それは法律ではありませんが、所属員の地位をはく奪したり罰則を与えたりすることができます。

被審査者が、調査委員の人選に要望を出したり、するのは実に奇異なことで、何かルールというものを勘違いしているとしか思えません。
小保方氏側の対応は常にマスコミを意識し、情に訴えることを主眼としたもので、とても科学者のとる行動とは思えませんね。

組織体が、その内部のルールに従って、善悪の判断を下すことは当然の権利です。
それに不服があれば、公的な分野、すなわち裁判で戦うしかありません。

科学的な面から離れて申し上げますが、問題発覚後、長期間にわたる雲隠れ、弁護団の組成、記者会見の前から病院に入院、理研からの質問には体調不全を理由に即答を回避などなど、小保方氏の対応は、その人間性を疑わせるものばかりですね。

スキャンダルを追及されている政治家みたいです。理研の判断が正しいか否かではなく、理研は組織体としての当然の行為をなしたと思います。


05. 2014年5月08日 13:13:06 : dnFRFQifrw
理研、STAP論文撤回を勧告 「再調査せず」発表
2014/5/8 11:50

 理化学研究所は8日、STAP細胞の論文問題について、研究不正があったと認定された小保方晴子研究ユニットリーダーが申し立てていた再調査をしないと発表した。論文の撤回も勧告した。世界が注目した論文に研究不正があったとする理研の最終調査結果が確定。今後、懲戒委員会を開き、小保方氏らの処分を検討する。

 同日の理事会でSTAP細胞の論文に研究不正があると認定した調査委員会からの報告を受けた。再調査は不要とする調査委員会の方針を了承、論文に改ざんと捏造(ねつぞう)があると4月1日に公表した最終調査結果が確定した。

 STAP細胞は新たな万能細胞として1月末に英科学誌ネイチャーに論文が載り、国内外で大きな反響を呼んだ。2月中旬に不自然な画像があるとの指摘が寄せられ、理研が調査委員会を設置して調べてきた。

 規定上、不服申し立ては一度しかできない。今後は処分検討の手続きに入る。小保方氏のほか、研究不正こそないものの論文執筆に関わり、理研の調査委員会から「責任は重大」とされた理研発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹・副センター長や山梨大学の若山照彦教授らが対象になる見込み。

 理研の野依良治理事長は理事会後、「調査委員会の審査結果は、慎重に検討を重ねた上の結論だと承知している。この報告を受け、再調査を行わないことを決定した。小保方氏に通知するとともに、不正と認定された論文の取り下げの勧告もした。今後、研究所の規定に基づき必要な措置を講じていく」とのコメントを発表した。

 STAP論文を巡っては、3月に共同執筆者の1人である山梨大の若山教授が論文撤回を呼びかけるなど異例の事態になっていた。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG08002_Y4A500C1MM0000/


06. 2014年5月08日 14:02:25 : Ow6Zp1cKXc
なんとか小保方さん、がんばってほしい。
ここで心を折っては負けだ。

07. 2014年5月08日 14:11:40 : iLiY01aOxE
理研、小保方氏再調査「不要」判断で会見

 STAP細胞論文問題で渦中にいる理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(30)が理研の調査委員会に不服申し立てをし、再調査を要求していた問題で、調査委は「再調査は不要と判断する」とし、8日午後3時30分から都内で会見する。

 理研の野依良治理事長はこの決定を受け、声明文を発表した。「慎重に検討を重ねた上での結論であると承知しており、研究所は、この報告を受け、再調査は行わないことを決定し、不服申し立て者に対し、このことを通知するとともに、研究不正と認定された論文一篇について、取り下げの勧告を行いました」とコメント。

 さらに、調査委の前委員長、石井俊輔氏が過去に発表した論文にも小保方氏と同様の疑義が持ち上がっていることについて「研究不正の疑義があると指摘を受けていますが、調査委員会はこれまでの調査については、的確に対応頂いたと受け止めており、結論に影響するものではないと判断しています」とした。

 [2014年5月8日13時47分]

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20140508-1297764.html


08. 2014年5月08日 15:10:02 : 7bUsMLlvNQ
この件は安倍政権と電通の責任だと思いますよ?

09. 2014年5月08日 15:15:34 : 7bUsMLlvNQ
アベノミクスの起爆剤だったんですから。やっぱりフグ料理だった。

10. 2014年5月08日 15:50:01 : 83XCxl0q9w
STAP細胞:小保方氏「論文撤回するつもりはない」
毎日新聞 2014年05月08日 15時23分

 ◇三木弁護士が明らかに

 理化学研究所のSTAP細胞論文の不正問題で、研究不正と認定された小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)の代理人の三木秀夫弁護士は8日午後、大阪市内で記者団の取材に応じ、理研から撤回を勧告された論文について「現時点で、撤回するつもりはない」と明らかにした。小保方氏が三木弁護士に意向を伝えたという。

 三木弁護士は「小保方氏はSTAP細胞に関する実験に自信を持っており、『論文を撤回すると、それらがなかったことになってしまう』との思いが強い」と説明した。

【吉田卓矢】

http://mainichi.jp/select/news/20140508k0000e040284000c.html


11. 2014年5月08日 16:05:42 : Q1KfLayvyE
小保方氏「論文撤回するつもりはない」

よし! よく言った!
米国巨大利権資本と研究者の使い捨て組織、理研の思惑は、小保方さんを
おとしめて、彼女の精神にダメージを与え、論文を撤回させることが目的だった。
撤回しないことを宣言したゆえに小保方さんはたとえ理研を追われても
名前は歴史に残る。


12. 2014年5月08日 16:18:21 : viW8XtGPGA
理研の捏造判定の理由が出ましたね

間違わないように気をつけなかったから捏造だそうですw

小保方さんが杜撰なのはわかりますがこれで研究生命奪っちゃうんですね。残酷です。
STAPは理研がもらって、発見者の小保方さん追放で一件落着にするんでしょうか?


13. 2014年5月08日 16:22:02 : 83XCxl0q9w
STAP細胞:理研調査委員長が論文画像ねつ造の根拠説明
毎日新聞 2014年05月08日 16時03分(最終更新 05月08日 16時09分)

 ◇渡部・調査委員長、会見で「詳細に検証した結果」

 理化学研究所は8日、東京都内で記者会見を開き、新たな万能細胞とされる「STAP細胞」論文の不正認定に対する筆頭著者の小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダーから出されていた不服申し立てを退け、再調査はしないと発表した。理研調査委員長の渡部惇弁護士は記者会見で、「今回の結果報告では不服申し立ての主張に対し、従来の調査内容を織り込みながら詳細に検証した」と述べ、論文中の画像を捏造(ねつぞう)、改ざんと判断した根拠などについて一つずつ説明した。

 この結果、論文に不正があったとする認定が確定し、理研は規定に基づき小保方氏の懲戒手続きに入る。英科学誌ネイチャーに掲載されたSTAP論文2本のうち不正が認定された1本について、撤回を勧告した。

 理研の職員就業規定によると、研究不正が認定されると諭旨退職または懲戒免職とされ、情状によって出勤停止などの処分に軽減できると定められている。懲戒委員会が処分を決め、不服があれば10日以内に再審査請求ができる。共同研究者の笹井芳樹・理研発生・再生科学総合研究センター副センター長らの処分も検討される可能性がある。

 調査委は3月31日、インターネット上などで疑義が出ていた論文の記述や画像の計6件のうち2件について、小保方氏の研究不正を認定。小保方氏は4月8日、再調査を求めて、不服申し立てをしていた。【清水健二】

http://mainichi.jp/select/news/20140508k0000e040288000c.html


14. 2014年5月08日 21:17:32 : efYYgyF3F6
>>11
とりあえず、
陰謀論(笑)はいいけどSTAPの特許はアメリカの権利だからね。

15. 2014年5月10日 02:26:20 : 7bUsMLlvNQ
政治の都合であるのは確かですよ。マスコミの御輿に乗るのは気をつけましょう。かわいそうに。

16. 2014年5月11日 09:55:23 : efYYgyF3F6
マスコミの神輿に乗るつもりはないが、お前の妄想に乗るつもりもない。
アメリカが特許権を持っているのに陰謀論は成り立たんだろ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧