★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 433.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
科学界追放か…世界の研究者も呆れた小保方さんの実験ノート(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/433.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 5 月 09 日 15:45:45: igsppGRN/E9PQ
 

科学界追放か…世界の研究者も呆れた小保方さんの実験ノート
http://gendai.net/articles/view/geino/150067
2014年5月9日 日刊ゲンダイ



理研調査委が「クロ」認定/(C)日刊ゲンダイ


 本人は「なにを言っても通らない」と、うちひしがれているという。本当はグーの音も出ないのではないか。


 8日、理化学研究所の調査委員会は、小保方晴子さん(30)の不服申し立てを退ける決定をした。STAP論文の画像に「捏造(ねつぞう)」と「改竄(かいざん)」があったと指摘された小保方さんは、「悪意のない間違い」「不正ではない」と不服を申し立てていたが、「悪意があったことは明らか」と一蹴した。


 理研が突きつけたのは、小保方さんの“前科”だ。


 小保方さんは、STAP論文をネイチャー誌に投稿する前の2012年7月、同じ趣旨の論文をサイエンス誌に投稿して却下されている。その時、審査した専門家から「画像を加工する場合は、加工の有無が分かるよう両側に線を入れるように」と注意されていた。
 ところが、その7カ月後、ネイチャー誌に投稿した時も、画像に線を入れなかった。データの正しい提示法を認識していながら、意図的に線を入れなかった「確信犯」というわけだ。


 東大の上昌広特任教授はこう言う。
「理研の判断は妥当だと思います。“不正はなかった”という小保方さんの主張に一つ一つ根拠を示しながら“不正はあった”と結論づけている。世界中の研究者が、理研の主張に納得したと思う。正直、理研には感心しました。たしかにマネジメントには問題が多い。でも、返り血を浴びてでも、科学者として真摯に調査しようという態度だった。記者会見も3時間応じた。一方の小保方さんは、求められた資料を提出しないなど調査に協力しなかった。いま小保方さんに同情する研究者は、ほとんどいないでしょう」


■7月、早大「博士論文」調査がトドメ


 小保方さんにとって致命的なのは、自ら公開した「実験ノート」だという。「ちゃんと実験していることを示したい」と公開した。


 ところが、<陽性かくにん! よかった><10の5乗ずつ移植(ハート)>などと、中学生のメモ書きのような中身。


 さすがに、ワシントン大生物学部の鳥居啓子教授が「絵日記のような実験ノートにびっくり。理科の観察日誌?」とツイートするなど、世界中の研究者が呆れている。


 もはや小保方さんを雇う研究機関はないのではないか。
「あのノートを見たら、引き受ける研究所はないでしょう。それに小保方さんには理研だけでなく文科省もカンカンになっている。理研と文科省を敵に回す組織はない。7月には、早稲田大学が小保方さんの博士論文に不正がなかったか結論を出す。コピペは明らかだから、博士号は剥奪される可能性が高い。博士号を失ったら、そのまま科学界から追放される恐れがあります」(民間シンクタンク研究員)


 この3カ月間のバカ騒ぎは、一体なんだったのか。


           ◇


理研「再調査せず」 小保方氏の研究不正確定へ
http://news.tbs.co.jp/20140508/newseye/tbs_newseye2196358.html


 STAP細胞の論文について、理化学研究所は小保方晴子ユニットリーダーからの不服申し立てを退け、再調査をしないことを決めました。これにより、小保方氏の研究不正が確定し、処分が検討されることになります。


 「再審査は行わないことを決定」(理化学研究所 川合眞紀理事)


 8日午後に会見した理化学研究所は、小保方氏側から求められていた再調査について必要ないと判断し、論文の取り下げを勧告したことを明らかにしました。


 「STAP細胞はあります。私の説明や弁明をさせていただく十分な機会は少なかったのではないかと」(小保方晴子ユニットリーダー 先月)


 小保方氏側はこれまで「多忙な中で画像の差し替えを忘れた」などと説明。7日、実験ノートの一部を公開するなどして、研究不正にはあたらないと主張してきました。


 「こういうデータの管理状態を継続しているということは、誤ったデータを使うことは当然想定される。それを回避する、すなわち論文等に掲載するには、一枚一枚確認することが求められる。そうしないというのは悪意があると考える」(理化学研究所調査委員会 渡部惇委員長)


 理研の調査委員会は、実験データの管理方法や使用方法についても、データを間違えて使用する危険性があり、データへの信頼性を根本から壊すものと言わざるを得ないと指摘。実験ノートについて小保方氏が正しいと主張する画像がどのように得られたか、科学的に実証することは不可能だと説明しました。


 「起こるべくして起こった。そういう事態を事後的に修正しようとするものであろうと考える」(理化学研究所調査委員会 渡部惇委員長)


 不服申し立てが退けられたことで、小保方氏が研究不正を行ったという認定は確定します。理研は懲戒委員会を設置し、今後、小保方氏らの処分を決めることになります。


 一方、その小保方氏。代理人によりますと、理研から連絡を受けた小保方氏は、非常にショックを受けた様子だったということです。


 「非常に不服でございます。到底承服できないと考える。(小保方氏は)もう何を言っても通らないと絶望感にとらわれている」(小保方氏の代理人 三木秀夫弁護士)


 小保方氏側は今後の対応を協議するとしています。(08日16:40)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年5月09日 16:51:59 : yMOegGfGkA
小保方氏ようやく「実験ノート」公開するも… 専門家「理科の観察日誌?」「ものすごい破壊力」
2014/5/ 8 18:10

理化学研究所の小保方晴子氏が記した実験ノートの一部が、代理人弁護士らによって2014年5月7日、公開された。小保方氏は「ちゃんと実験していることを示したい」として公開に踏み切ったと報じられている。

ところが、具体的な実験条件などが不足した内容に、研究者や識者からは疑問の声が噴出している。

「陽性かくにん!よかった。」

報道によると、今回公開されたのは実験ノートのコピーで、小保方氏が4月20日に理研に提出した追加資料の一部だ。調査委員会に捏造と認定された画像に関する実験が実際に行われ、本物の画像があることを示したものだという。

コピーには小保方氏自身が手書きしたマウスの絵や、代理人がノートを打ち直したという実験の内容などが記されている。中には「陽性かくにん!よかった。」といった実験に対する率直な感想や、「移植」の後ろにハートマークが書かれている部分もあった。

小保方氏はこれまで実験ノートの公開を避けてきた。内容には未発表のデータが含まれているため、今後の論文発表への影響を危惧したためだ。それでも公開に踏み切ったのは、次の論文よりも現時点での疑惑の払拭を重視したためのようだ。代理人の三木秀夫弁護士は「証拠を何も出していないと言われたくない」と報道陣に述べている。また、小保方氏も「エア実験と言われるのは情けない。ちゃんと実験していることを示したい」と話し、公開に同意したとのことだ。

だが、いざノートの内容が報じられると、ツイッターでは専門家からの疑問の声やツッコミが相次いだ。ワシントン大学生物学部教授の鳥居啓子氏は、「絵日記のような実験ノートにびっくり。理科の観察日誌?」と驚きを露わにした。サイエンスライターの片瀬久美子氏も「2冊の実験ノートを見た時の調査委員に対する脱力効果も如何ばかりであったろうか…」、科学ライターの内村直之氏も「ものすごい破壊力である。理研は持ちこたえられるだろうか」とつぶやいた。

マウス絵ページ、日付や作成方法分からず

注目を集めているページの1つが、上部に「テラトーマ(編注:奇形腫)解析について」と書かれたノート75ページのコピーだ。マウスの絵が描かれているのだが、その下には「大量移植」「No.2が一番大きな〜」「薄切の後、染色」といった、曖昧な表現や情報不足の記述が目立つ。一般の人たちからの反響も大きく「2冊の他のページはどうなっているんだろう?」「実験ノートってあんなざっくりとした記述でいいものなの?」などと疑問の声が相次いでいる。

この75ページについては、理研の調査委員会が8日に発表した報告書でも「テラトーマがどのような細胞と方法を用いて作製されたかについては記載されていない」と指摘し、小保方氏の主張を退けている。また、このページには日付が書かれていないために、小保方氏が言う日付に実験が行われたかどうかも確認できないとしている。

調査委員会は8日、小保方氏側が求めた再調査については「する必要はないものと判断した」との結論を下した。朝日新聞デジタルによると、代理人の三木弁護士は「結論ありきだ。腹立たしく残念に思っている」と報道陣に話し、論文の取り下げ勧告に対しても撤回の意思はないとしている。

http://www.j-cast.com/2014/05/08204189.html?p=all


02. 2014年5月09日 16:55:18 : yMOegGfGkA
専門家「小保方氏のノートは落書きレベル」
5月8日 18時34分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140508/k10014305341000.html


STAP細胞の問題で、小保方晴子研究ユニットリーダーは7日、実験ノートの一部を公表しましたが、理化学研究所の調査委員会は、報告書の中で具体的な記述がないなど実験ノートからねつ造はなかったとする小保方リーダーの主張を科学的に裏付けることは不可能だと結論づけました。

専門家も「明らかに記述が足りず証拠になりえない」と指摘しています。

小保方晴子研究ユニットリーダーは、理化学研究所の調査委員会が再調査を行わないとする結論をまとめたことを受けて7日、実験ノートの一部を公表しました。
公表された実験ノートには「テラトーマ解析について」という記述とともに、手書きのマウスの絵が描かれていて、小保方リーダー側はSTAP細胞の万能性を示す証拠となる「テラトーマ」という組織ができたことを示す実験の記録だとしています。

そのうえで今回、ねつ造と認定された画像とは別にSTAP細胞の万能性を示す正しい画像が存在する証拠だとして、「ねつ造」にあたる不正行為はないと改めて主張しました。

これについて理化学研究所の調査委員会は8日の報告書の中で、公表された実験ノートにはどんな細胞を使ってどのような方法でテラトーマを作製したのか書かれておらず、日付さえなかったと述べました。

そのうえで、小保方リーダーが正しいと主張する画像がどのように得られたのか実験ノートから科学的に裏付けることは不可能だと結論づけました。

これについて日本分子生物学会副理事長で九州大学の中山敬一教授は「実験ノートはいつ、どこで、何を、どのように実験したか、どのような結果が出たか記述するのが基本だが、小保方氏のノートは他人が見て分かるように書かれていないうえ具体的な内容が全くない。実験ノートではなくメモ、落書きのレベルだ。マウスの絵が描いてある実験は通常であれば20〜30ページを使って記述する実験で、明らかに記述が足りず、証拠になりえない」と指摘しています。


03. 2014年5月09日 18:19:39 : 0XgnjtaU1k
いったい何が狙いでこんな記事が出ているのかな?
もしほんとうに小保方さんのノートが落書レベルなら、論文も落書レベルのはずだろ。どうして論文だけネイチャーの厳重な検査を通るほど優秀だったのか。
あまりにも馬鹿馬鹿しいマスゴミの洗脳にいかれるなよ。w

04. 2014年5月09日 20:12:13 : TbZy18kA1M
ノートをちゃんと書く研究者もいるし
ノートをほとんどとらずパソコンに
データを保存する研究者もいるそうだ。

おかしな記事だな。

これほど馬鹿騒ぎする問題なのかね〜。
こんな形で若い研究者を潰してはいかんだろ。
研究者が縮こまってしまう、
愚かしいバカ騒ぎだとおもう。


05. 2014年5月09日 20:35:18 : PXbLk2Y0SI
>4

>ノートをちゃんと書く研究者もいるし、ノートをほとんどとらずパソコンにデータを保存する研究者もいるそうだ。

もちろん、きちんと実験し画像や動画を撮っているなら、膨大なPC上の資料があるでしょう。したがって、それらのPC資料をきちんと管理するうえでも、日時や実験条件などは詳しく記したうえで、画像資料のファイル名(あるいは日時分)など照合できるようにしておかなくては、どの画像がどうかなど全く分からなくなります。

>こんな形で若い研究者を潰してはいかんだろ。
つぶすのではなく、研究の世界にいるべきではないのです。不正をしたスポーツ選手が追放されるのと同じです。一生懸命やって間違ったのではない、他の研究者を欺いたのです。



06. 2014年5月09日 21:11:26 : TbZy18kA1M
>>05

あんたは自分自身が完全無欠の人間だと思ってるのかい(笑)



07. 2014年5月09日 23:34:11 : PFfJkFRylM
>>03
論文は笹井氏が書いたので、(表面的には)かなり立派に出来ています。

08. 2014年5月10日 02:56:46 : viW8XtGPGA
http://matome.naver.jp/odai/2139951395719309401?&page=1
ノーベル賞野依さんも日記レベルとか馬鹿にされちゃうのかな

09. 2014年5月10日 20:01:16 : aYtzWvg6E6
共著者であり指導者であった方々に対して、相応の処分がされるのでしょうね。

10. 2014年5月11日 00:51:47 : E8ye7NAxhk
>理研の主張に納得したと思う。正直、理研には感心しました。
>たしかにマネジメントには問題が多い。
>でも、返り血を浴びてでも、科学者として真摯に調査しようという態度だった。

>いま小保方さんに同情する研究者は、ほとんどいないでしょう

理研vs小保方という見方しかしてないから
こういう上っ面の論評しかできない。

小保方氏はもともと笹井氏の「あやつり人形」に近い。
国の「特定国立研究開発法人」認定をめぐって
功を焦った笹井氏が小保方氏のままごとのような研究(?)を
きちんとした検証もせずに(彼女の実験ノートに目を通さなかったのは
自立した研究者たる彼女に失礼だから、などという笹井の言い訳は論外。)
彼女の尻を叩いて成果を求めたことが、今回の騒動のいきさつだ。

当然、笹井氏らがこの「ねつ造」にどれくらい関わっていたかも
調査のメスを入れ、それ相応の処分がなされなければ
いずれまた「研究不正」は起こるだろう。


9日、理研の特定法人指定は先送りされたと報道された。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140509/k10014315271000.html

しかし「特定国立研究開発法人」の制度は理研にさらに税金を注ぎ込むために
作られたようなものだから、しばらく時を経たのち
この騒動が忘れ去られた頃に、国の指定は下りるだろう。

税金をこのようなままごと研究に使われる
我々納税者こそいい面の皮だ。


11. 2014年5月11日 20:52:20 : 7PYlDMB3jU


   お嬢様のプライドを満たすアクセサリーとしての科学研究者のお仕事



12. 2014年5月12日 10:09:10 : ZX4cOBCve2
背景は10さんの言う通りだと思います。

理研はとにかく特定法人の認可がほしかった。
今回の騒動の出発点はここではないですか。
小保方というスターをセンセーショナルな論文でデビューさせて世論の注目を集め、その勢いで特定法人の認可を得て予算がっぽり・・・のはずがインチキがばれて大恐慌の理研。
もちろん理事長も承知の上で笹井をけしかけ、笹井は小保方の子守約をそつなくこなし、論文書きも「やばい点」があることを承知でまとめ上げた。
今まではこれで何の問題も生じなかったから、つい気が緩み甘く見たんだな。
2年前の「サイエンス」投稿でも同じようなことをやって指摘されている、いわば捏造常習犯を、チームリーダーとして雇っていた理研は、理事長以下幹部全員職を解かれるべし。


13. 2014年5月12日 15:50:27 : Y3zoSuBLIU
アベノミクスの再生医療検討委員会が肝ですぞ
ここにいるある人物が、今回の騒動のいろいろな局面につながっているようだ
ここまで明らかになっているのに、既得権益御用達のダマスゴミは、全く切り込んでいかない
証券取引監視委員会が動かないのもアベノミクスの再生医療検討委員化だからかよ

我々国民は我々の血税がでたらめな使い方をされていないか、目を光らすべきだ

研究室の壁の色をピンクやイエローに塗り替えるなんて、何の意味があるのよ
国民をバカにするのもいい加減にしやがれ
国民の血税なら痛くも痒くもない、やりたい放題とでも思っているのか


14. 2014年5月13日 06:15:40 : PY0pw9ucgA
>>06. 2014年5月09日 21:11:26 : TbZy18kA1M


>>05
>>あんたは自分自身が完全無欠の人間だと思ってるのかい(笑)

バカ

お前に笑えるよ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧