★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 491.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小保方さんギブアップ 主要論文の撤回に同意、STAP研究は白紙に(ZAKZAK)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/491.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 6 月 04 日 14:16:35: igsppGRN/E9PQ
 

STAP論文取り下げに同意したとされる小保方氏。反撃もここまでか


小保方さんギブアップ 主要論文の撤回に同意、STAP研究は白紙に
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140604/dms1406041142007-n1.htm
2014.06.04 夕刊フジ


 世紀の発見は、やはりウソだったのかもしれない。新型万能細胞「STAP細胞」の論文不正問題で、理化学研究所の小保方晴子・ユニットリーダー(30)が、主要な論文の撤回に同意したという。すでに捕捉する論文は同氏をはじめ責任著者全員が撤回に同意している。主論文の撤回となると、STAP細胞の研究は白紙に戻る可能性が高い。数々の疑惑が指摘され、理研から論文不正が認定されながら、公の場で反論、否定してきた小保方氏だが、とうとうギブアップした格好だ。

 世界が注目したあの発表は何だったのか。4日付の日経新聞は、小保方氏が、主論文についても撤回に同意したと報じ、複数の関係者の話として、論文撤回に同意する旨の署名もしたと伝えた。

 この論文は、英科学誌ネイチャーに掲載され、共同著者の1人、米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授が撤回に反対している。論文取り下げには原則、共同著者全員の同意が必要なことから、関係者が、バカンティ氏とも協議しているとみられる。

 研究が白紙になるとすれば、小保方氏を中心とした共同著者とチーム、理研が何を目的に発表したのか、動機の追及は避けられそうにない。

 一方、STAPの論文で、小保方氏らが培養した細胞として公開した遺伝子データが、胚性幹細胞(ES細胞)など2種類の細胞を合わせて得られたデータだった可能性の高いことが判明した。理研の遠藤高帆・上級研究員が独自に解析し、論文に新たな食い違いを見つけた。

 問題となったのは、STAP細胞を培養してできる幹細胞。小保方氏らは「F1」という種類のマウスから作り、胎盤にもなる能力があると論文に記載した。

 だが、論文に付随してインターネットで公開された遺伝子の働き具合を示す2回分の実験データを遠藤氏が解析したところ、いずれもES細胞と、胎盤になる能力のある幹細胞「TS細胞」を混ぜた特徴があった。

 遠藤氏は「偶然や間違いで起きるとは考えにくく、意図的に混ぜ合わせた可能性がある」と話している。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年6月04日 14:22:49 : TyzKjfUnA6
小保方氏、STAP論文撤回へ 研究白紙に、同意書面に署名

 理化学研究所の小保方晴子氏が、STAP細胞の作製を報告した主要な論文の取り下げに同意したことが4日分かった。補完的なもう1本の論文撤回には既に同意しており、英科学誌ネイチャーが2本の論文を撤回すれば、STAP細胞の研究成果は白紙に戻る。

 理研によると、小保方氏は論文の撤回に同意する書面に署名し、3日共著者に渡した。

 2本の論文は1月30日付のネイチャーに掲載され、主要な論文でSTAP細胞の作製法や万能性を初めて発表した。理研の調査委員会は、主要な論文の画像に2カ所の不正を認定し、撤回を勧告していた。

 小保方氏はこれまで、撤回しない考えを表明していた。

2014/06/04 12:13 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014060401001189.html


02. 2014年6月04日 14:37:07 : TyzKjfUnA6
STAP細胞:研究白紙に、主論文撤回 小保方氏が同意
毎日新聞 2014年06月04日 11時41分(最終更新 06月04日 13時41分)

 理化学研究所のSTAP細胞論文問題で、理研が不正と認定した主要な論文について、小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)が撤回に同意したことが分かった。理研が4日、明らかにした。複数の関係者によると、もう一人の責任著者である米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授も撤回の意向を示しているという。STAP細胞の研究は白紙になる見通しだ。

 理研によると、小保方氏から今月3日、共著者の丹羽仁史・理研プロジェクトリーダーに書面で連絡があったという。

 英科学誌ネイチャーに掲載された論文は、STAP細胞の作製方法などを示した1本目の主論文と、STAP細胞から作られた幹細胞の性質などを記述した2本目の論文から構成されている。理研は主論文について捏造(ねつぞう)などの不正があったと認定し、撤回を勧告していた。

 小保方氏は理研調査委員会の調査結果を受けた4月9日の記者会見で「論文を撤回すると、国際的にはこのSTAP現象は完全に間違いと発表したことになる」と撤回を否定し、その後も代理人の三木秀夫弁護士を通じて同様の意向を示していた。しかし、5月下旬、科学者の間で新たな疑義が指摘されていた2本目の論文については撤回に同意していた。

 主論文の共著者8人のうち、丹羽氏のほか、笹井芳樹・理研発生・再生科学総合研究センター副センター長や若山照彦・山梨大教授は既に撤回に同意している。

 三木弁護士は4日、報道陣に「撤回を強く主張している共著者がおり、小保方氏から『撤回をテーマに共著者間で協議している』と聞いている」と話した。【斎藤広子、畠山哲郎】

 【ことば】STAP細胞論文問題

 理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダーらが今年1月、マウスのリンパ球を弱酸性の溶液につけるなど刺激を与えるだけで、新しい万能細胞「STAP細胞」を作製したと英科学誌ネイチャーに発表した。しかし、直後からインターネットなどで疑問の指摘が相次ぎ、理研が調査委員会を設置。調査委は3月、2カ所の画像データについて、それぞれ改ざん、捏造(ねつぞう)があったとして、小保方氏の研究不正を認定した。小保方氏は不服申し立てをしたが、調査委は再調査は行わないことを決定した。理研の懲戒委員会が小保方氏らの処分を検討している。

http://mainichi.jp/select/news/20140604k0000e040197000c.html


03. 2014年6月04日 14:39:14 : TyzKjfUnA6
STAP細胞:論文撤回、小保方氏代理人は困惑
毎日新聞 2014年06月04日 13時29分(最終更新 06月04日 13時47分)

 理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)が、STAP細胞論文の撤回に同意したことが4日明らかになり、研究成果は白紙になる見通しになった。ただ、理研は同意の理由を明らかにしておらず、撤回を強く否定していた小保方氏の突然の翻意に、研究に期待を寄せていた難病患者団体からは戸惑いの声が上がった。

 小保方氏は共著者に書面で撤回を伝えたとされるが、代理人の三木秀夫弁護士は4日、毎日新聞の取材に対し「知らなかった。今日だけで情報が二転三転している」と困惑した表情を浮かべた。この朝電話した際には、撤回をテーマに共著者間で協議していると答えたという。「精神状態が悪い中で半ば脅迫的に同意がなされた可能性もある。本人の意思を確認したい」と首をひねった。

 脊髄(せきずい)損傷の患者を支援しているNPO法人「日本せきずい基金」(東京)の大浜真理事長は、研究を利用した再生医療に大きな期待を寄せ、今秋開催するイベントに小保方氏を招くことを検討していた。「STAP細胞が無いのならiPS細胞しか頼るものがなくなる。論文が撤回された後も、理研はSTAP細胞があるのか無いのかはっきり白黒をつけてほしい。発表から撤回までの経過を分かりやすく説明すべきだ」と求めた。NPO法人「難病のこども支援全国ネットワーク」(東京都)の小林信秋会長は、「びっくりした。発表時には夢の難病治療が近い将来進むと期待した。本当に残念だ」と話した。

 戸惑いは市民にも広がる。兵庫県加古川市の自営業、夏目好市さん(63)は「小保方さんは努力はしていたのだろう。だが、きちんとした論文でなかった。ノーベル賞級と言われていたのに残念だ」と話した。

 論文不正に詳しい近畿大医学部の榎木英介講師(病理学)は「あれだけ撤回に抵抗していたのに、何があったのか。不正や疑義が多数指摘され、ボロボロだった論文の撤回は当然で、遅きに失した。理研は、これで不正調査を終わりにしてはいけない。徹底的に調査しないと、今後の教訓にならない」と指摘した。【根本毅、斎藤広子、畠山哲郎】

http://mainichi.jp/select/news/20140604k0000e040225000c.html


04. 2014年6月04日 17:56:56 : zG5zlZTXuI

「精神状態が悪い中で、半ば強迫的に同意がなされた可能性もある」

まだこんなこと言ってるのか、このおバカさんは。
はしご外されて大恥かいて、焦ってるのはわかりますが、見苦しいな。


05. 2014年6月04日 22:54:54 : XLo9dfZSZo
ミスであれ故意であれ、論文の画像を撤回し再提出しなければならなくなったところで、論文撤回を主張する共著者には勝てない状況になっていたと思われる。
なぜなら、再提出する画像に対しその正当性を全共著者に認めてもらわなくてはならないからだ。認めてもらえなければ、論文の一部に間違いがありましたと言ったきり
正しい画像がこないのだから、一定期間待ったら自動的にネイチャーが撤回することになる。それよりは著者として撤回した方がまだましということになったのではないか。
そうとでも想定しなければ、あれだけ強硬に撤回拒否していたのが、一転して撤回に同意するとは考えにくい。

06. 2014年6月05日 00:20:48 : lp2TaCOVn2
>>05
著者全員の同意がなければ撤回出来ない、のがルール。
だから撤回しないと言ってる人間のほうが立場が強い。
それを崩す証拠が出てきてしまったということ。

07. 2014年6月05日 00:21:15 : FfzzRIbxkp
女ひとり守れない。 だらしのない男どもが。

08. 2014年6月05日 00:56:33 : SvVhUMpasA
>>06
そんなところでしょう。国会図書館に収められた捏造見本市の博士論文を「誤って下書きが製本されたもの」と言い放つ人ですから。彼女の撤回理由の言い分など、真に受ける価値なし。

>>07
今時何だその性差別。研究者に女も男もない。女性研究者の高帆(kaho)氏が聞いたら臍で茶を沸かす。


09. 2014年6月05日 01:09:10 : E8ye7NAxhk
6月には
1)若山氏側の細胞分析結果
2)理研の小保方氏の処遇(解雇か否か)
3)早稲田大学の小保方博士論文の査定(博士号剥奪か否か)

の三つが立て続けに出る、と以前から解っていた。
つい昨日1)が出て、論文に述べられているのとは違うマウスの細胞が検出されたとの報告。
ここまで粘って、小保方氏はようやく撤回に同意した。

何が「精神状態が悪い中で半ば脅迫的に同意がなされた可能性もある。」なものか。
6月になれば、立て続けに切り札を出される、と解っていたのだから
これは、小保方氏と弁護士とで周到に計算し尽くした

「白旗を上げる最後のタイミング」

だったのだ。
これ以降、2)や3)が出てからでは、もはや彼女は完全に退路を断たれる。
つまり、自分から「論文撤回」を言い出すチャンスを永久に失うところだったのだ。

今後、理研の動向が注目される。
a)彼女を解雇しないならば世界の信頼を失う。
b)小保方を解雇しても、笹井らを不問にすればやはり疑問の声が投げられるだろう。
 シェーン事件のときのベル研のように。
c)小保方を解雇し、さらに徹底的に調査し組織の問題点を洗い出し
 笹井氏らの責任も追及すれば、世間は納得するだろう。

 恐らく、理研はb)の道を取るだろう。


10. 2014年6月05日 03:31:35 : IWmsAcOdQ6
http://blogs.nature.com/news/2014/06/last-remaining-support-for-controversial-stem-cell-papers-collapses.html

> Then, out of the blue on 30 May, Vacanti sent a letter to Nature asking for a retraction of the first paper. This move may have broken Obokata’s resistance. On 3 June she signed an agreement to retract the first paper and handed it to RIKEN, a spokesperson confirmed.

> 5月30日、ヴァカンティがNatureに対し、主論文の取り下げを依頼。この動きが、小保方のこれまでの抵抗を挫いた可能性がある。6月3日、小保方は主論文の取り下げ同意書に署名し理研に提出した。

ヴァカンティが取り下げを依頼し、そのことを小保方にメール。そのメールを見て小保方はカンネンしただけ。
弁護士も「半ば脅迫的に同意がなされた」とはよく言う。口から出任せで世間を騒がせるのもえー加減に!


11. 2014年6月05日 05:58:30 : DFr11nEk5E
http://critic20.exblog.jp/22197266/
NHKのニュースと毎日の記事は、改革委の岸輝雄の動きと連動している。
岸輝雄は、6/2に、理研で行われている「STAP細胞」の検証実験に小保方晴子を参加させろと要求、その意向をマスコミに捲き、理研が進めている小保方晴子懲戒処分のシナリオに待ったをかけた。
岸輝雄は、野依良治による事件の解決の仕方に猛反対で、前回(5/9)、「再調査せず」の決定を下したときも、調査は未だ不十分で懲戒委へ持ち込むのは拙速だと文句をつけ、調査をやり直ししろと理研を批判していた。

岸輝雄と野依良治の間で熾烈な権力闘争をやっている。2chの議論はその点の認識が弱い。2chの面々は、岸輝雄を正義の味方のようにナイーブに信じ込んでいるが、それは少し怪しい。
私の見方は少し懐疑的で、岸輝雄が、野依長治を追い落として理研の理事長に収まろうとしているように見えてならない。岸輝雄の主張は、基本的に正論なのだが、理研叩きの裏側に小保方擁護の真意があるのではないか。
(中略)
その主張の先に、野依良治に対する責任追及の意図があるのは丸見えで、それはまた世論の支持を受けるものでもある。
そして、この岸改革委による反野依の動きと毎日の須田桃子の記事が連動している。両者が手を握っているように窺われる。果たして、岸輝雄は本当に小保方晴子を断罪する意思があるのか。もし、それがなく、単に野依体制を潰すことだけが
岸輝男の狙いで、理研叩きの正論は政治の道具であったとすれば、われわれは岸輝男に裏切られることになる。
(中略)
私の疑念は、岸輝雄が、裏で下村博文や安倍晋三と繋がっているのではないかというものだ。

(論評)
面白い仮説ですが、もし小保方、さらにはその後ろにいるTWIns、早稲田応用化学と下村、安倍が繋がっているとすれば、今単に揉み消しをやるだけではなく、積極的に理研の首脳部の罪をでっちあげ、組織の頭を挿げ替えることで事件の鎮静化を図ることを必死になって画策しているはずです。一見正論で解決に向かっているように見えるここ数日の報道も、より大きな悪玉のシナリオに乗っている危険性を加味したほうが良いかもしれませんね。


12. ピッコ 2014年6月05日 06:40:45 : ldyqn.PAmBFfI : ICtJPQERI2
なんといっても小保方はバカンティの助手であり、手先だからね。 バカンティの口添えがあったから理研でスタップ細胞研究のユニットリーダーになれたわけだし。 「小保方さんギブアップ」ではなく「国から巨額の予算が付く特定国立研究開発法人に理研が指定されたのちの理研でのスタップ細胞共同研究の道は完全に絶たれた」と、バカンティがギブアップしたから、その工作のために理研に送られた手先の小保方も親分に従ったというわけ。

07.はたぶん、ことの事情がよく呑み込めていない、おばあさんなんだと思う。 「男どもが寄ってたかって、あの可憐な娘さんを苛めてる」なんてね。 07.のおばあちゃん、あの小保方って子はね、あんな顔してウソばっかり言うサギ女なんだよ。 オレオレサギやら、今はね、若い人たちが年寄りをだまくらかして悪いことする世の中だから、おばあちゃんも気をつけなさいね。


13. 2014年6月05日 07:54:58 : fIJiVjVBGM
>>09
その通りだと思います。
ただ、理研は彼女に対して、「懲戒免職」という措置は取らないのではないでしょうか。
情状酌量で穏便に済ますから、論文取り消しに応じる、そういう裏取引が、小保方、弁護団、理研の間で行われたのでは。
互いに少しでも傷が少なくて済む道をを探ったと。
懲戒免職にして彼女を野に放てば、理研にとって決定的に都合の悪いことをしゃべりかねない、幹部連中はそれを恐れた。

14. 2014年6月05日 09:14:16 : E8ye7NAxhk
>>13

>>09です。

>彼女を野に放てば、理研にとって決定的に都合の悪いことをしゃべりかねない、幹部連中はそれを恐れた。

世間の彼女に対する信用が完全に失墜すれば
何を言われても怖くないだろうと思います。

早稲田大の小保方博士号剥奪が発表されれば
それが理研にとって解雇を言い渡す絶好のチャンスになるでしょうね。
捏造に加えて、理研に雇用されていたときの博士という身分さえ
偽りに基づくものだったという、二つもの解雇理由が手に入る。

ただし。
理研の思うように小保方だけを切って幕を下ろしていいのか、という問題があります。
この問題を、小保方一人の捏造問題に矮小化すれば、理研(と安倍政権)の思うつぼです。

ことは、事実だけに立脚すべき科学の世界が、行き過ぎた成果主義と政治的思惑に追い立てられ、
事実を「捏造」するところまで堕ちた、日本(だけではないが)の自然科学研究の世界の
根幹が腐敗しかかっている、という由々しき問題です。
STAP細胞があるかないかなどは、それに比べれば極めて小さな問題にすぎません。
しかし、最近の文科大臣の発言はその問題を全然認識できてないていたらく。
安倍政権を放置すれば、自然科学研究の世界の腐敗をますます助長させるだけ
だと思います。


15. 2014年6月05日 13:02:28 : z53NtXIz2Y
>>14
13です

大筋、おっしゃる通りだと思います。
私がちょっと「変だな」と思う点は、理研は彼女の論文に捏造があったと公表しておきながら、4月1日に早々と彼女との来期再雇用契約を結んでいることです。
それも10日に新聞報道されるまで公表しませんでした。
「捏造学者」と断定しておきながら、無条件で雇うものなのでしょうか。
理研はよほどの「弱み」を彼女に握られているのではないのか。

たとえ理研から正式に解雇されてからも、
「笹井先生他、幹部の人たちも捏造を全部承知していました」なんて言われたら、やはり理研へのダメージは大きいものがあるでしょう。
理研の彼女に対する妙な「気遣い」、大甘な対応処置に違和感を感じざるを得ません。

早稲田大学は、彼女の学位をはく奪するでしょうか?
もしそうすれば、彼女のほかに20名以上いると言われる「コピペインチキ博士」も放置するわけにはいかないでしょうから、大学の存続が危うくなりかねません。
そのような危険を犯すでしょうか。
このまま「だんまり作戦」を続け、人の記憶が薄れるのを待つという情けないやり方をするような気がします。

今回の件は、小保方一人の捏造問題に矮小化すべきではなく、科学界の根幹が腐敗しかかっているゆゆしき問題である・・・という主張は、まったく同感であります。


16. 2014年6月05日 14:59:13 : E8ye7NAxhk
>>15

>>14です。

>4月1日に早々と彼女との来期再雇用契約を結んでいることです。

それは私には不思議でもなんでもありませんでした。
解雇するには、きちんとした証拠がいる。
どんなに捏造を確信していても、法廷に持ち込まれれば証拠を出さなければならない。
証拠が出そろわぬうちに再雇用契約をやめて
すでに弁護士をやとって「法廷闘争も辞さないぞ」の構えの小保方氏に
攻撃の口実を与えるようなミスはしないでしょう。
理研だって(表にこそ出しませんが)優秀な弁護士をかかえている事は容易に
想像がつく。
きちんと調査した上で、捏造の証拠がそろってからならいつでも解雇できるし
場合によっては「研究費の返還」も要求できるのです。

早稲田大について。

>そのような危険を犯すでしょうか。

小保方氏を不問に付すほうが遥かにダメージが大きいです。
小保方氏の博士論文は「コピペインチキ」どころではなく「エア実験」であったことが
ほぼ証明されているようです。
おそらく、理研と同じように小保方一人を博士号剥奪して
残りの「インチキ博士?」は証拠不十分で見逃すと思います。


17. 2014年6月05日 15:40:21 : QSBAW0WCKU
本日メディアに流れた理研CDBの自己点検検証委員会がまとめた報告書からすると、小保方は懲戒解雇、笹井は諭旨退職だろう。小保方を懲戒解雇とするのは規定路線。これを通すには笹井を諭旨退職としないと世間の納得が得られない。笹井は、これまでの業績から再就職先は国内外に幾らでもある。退職願を出す心積もりもできているはず。

18. 2014年6月06日 13:16:39 : kqn4Gu1GWk
小保方さん、実験に自信がおありならば つてやコネを辿ってロシア化学アカデミーに接触しなさい。

19. 2014年6月06日 16:44:07 : bZp0WT20z6
あの論文が捏造ですって?
失礼な。
あれは私の創作よ。
清書は笹井にやらせたけどね。
よくできてるでしょ、ふふふ。
悔しかったら、あれ以上の話こさえてごらんよ。

20. 2014年6月07日 00:17:14 : E8ye7NAxhk
>>19

というわけで、これからはNature誌は「SF誌」という認識で読めばいいわけです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧