★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 507.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小保方リーダーが若山教授に渡した細胞の真実(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/507.html
投稿者 笑坊 日時 2014 年 6 月 12 日 17:56:17: EaaOcpw/cGfrA
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-d08b.html
2014年6月12日

STAP細胞問題で、新たに決定的とも言える事実が明らかにされた。

4月10日付記事

「小保方氏会見が浮き彫りにした杜撰理研内部調査」

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-d73f.html

をはじめ、4月17日付記事、

6月4日付記事

「STAP細胞問題核心掴む若山教授会見を実現せよ」

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/stap-bb3c.html

などで、山梨大学の若山教授が小保方晴子ユニットリーダーから、「STAP細胞」であるとして受け取った細胞が由来するマウスの種類を特定することにより、問題の核心が明かになることを指摘してきた。


そもそも、STAP細胞作製論文の撤回を提案したのは若山教授である。

若山教授は、今回のネイチャー論文とは別の実験で、STAP細胞であるとして小保方氏から受け取った細胞がどのマウスに由来するかの分析を専門家に依頼した結果、小保方氏が説明していたマウスとは異なるマウスであったことを確認し、論文撤回を提案した。

したがって、ネイチャー論文で使用した「STAP細胞であるとして渡された細胞」が由来するマウスの属性を明らかにすることにより、問題の核心が把握できると考えられるのである。

この点に関する、決定的とも言える分析結果が公表された。

日経サイエンス号外2014年6月11日

「STAP細胞 元細胞の由来 論文と矛盾」

http://goo.gl/c3QKWX

解析したのは理化学研究所統合生命医科学研究センターの遠藤高帆上級研究員らである。

また、東京大学の研究グループが同じ手法で解析し、同様の結果を確認した。

結論を要約すると、ネイチャー論文でSTAP細胞の万能性を証明するために使用された細胞が、STAP細胞ではなく、ES細胞であった可能性が高まったということである。

若山教授が、ネイチャー論文で使用した、小保方氏から「STAP細胞であるとして渡された細胞」が由来するマウスを専門家分析によって明らかにして、これがSTAP細胞を作製するために用いられたとされるマウスとは別の種類のマウスであることが判明すれば、小保方氏は、ES細胞などの別の細胞を、STAP細胞だとして若山氏に提供したことになる。

この点が決定的に重要であるから、私は、当初より、若山氏が実験に使用した細胞が由来するマウスについての特定を求めてきたのである。

若山教授は別の実験で小保方氏から受け取った細胞が、小保方氏の説明とは異なり、別のマウスに由来するものであることを確認して、ネイチャー論文の撤回を呼びかけた。


ここから先は推察であるが、若山氏は当然のことながら、ネイチャー論文に使用した「小保方氏からSTAP細胞であるとして渡された細胞」が由来するマウスを特定しているのだと思われる。

その結果が、STAP細胞を作製したマウスとは異なる系統のマウスであることを確認し、論文撤回を呼びかけたのではないか。

若山教授はSTAP細胞の万能性を検証する役割を担った。

小保方氏から「STAP細胞である」として受け取った細胞を用いて、キメラマウスの作製などを担当し、これを成功させた。

ところが、若山教授は、「STAP細胞である」として受け取った細胞が、本当にSTAP細胞であるのかどうかを確認するために、その細胞が由来するマウスの特定を専門家に依頼した。

その結果、あってはならない結果を受け取ったのである。

したがって、若山教授が記者会見を行い、ネイチャー論文で使用した、小保方氏から「STAP細胞である」として受け取った細胞が由来するマウスが、小保方氏が使用したSTAP細胞作製のためのマウスであるのかどうかを明らかにする必要がある。

仮に、その細胞が由来するマウスが異なるマウスであることが確認できたなら、その段階で、STAP細胞論文の不正問題には決着がつく。

空前絶後の巨大不正=捏造問題に発展することになる。


画像を切り貼りしたとか、論文の一部に他の論文からのコピペがあったなどという、ある種の技術的な不正ではなく、正真正銘、巨大犯罪行為と表現しても差し支えないような巨悪が浮かび上がってしまう。

小保方氏は記者会見でSTAP細胞の作製に200回以上成功していると述べた。

しかし、多くの専門家見解をまとめると、それは、単にOct4-GFPの発現を確認しただけのことであって、STAP細胞作製ではなかった可能性が高いのではないか。

Oct4-GFPの発現とは、遺伝子操作されたマウスの体細胞を酸に晒す結果として、一部の細胞が光り出すもので、死にかけの細胞の自然発光である場合が含まれてしまう。

STAP細胞の作製成功を立証するには、この

Oct4-GFPの発現

以外に、

テラトーマの生成、キメラマウスの生成が必要になる。

キメラマウスの生成を担当したのが若山教授。

テラトーマについては、博士論文で用いた画像を転用したのである。

キメラマウスの生成については、若山教授にSTAP細胞ではなく、ES細胞等の別の細胞を提供し、これによって、キメラマウスの生成が可能になったと考えらえるのである。


現段階では、まだ確定情報ではないが、蓋然性の高い推論として、このような仮説が提示される状況に立ち至っている。

もし、この仮説が正しいということになると、史上空前とも言える巨大スキャンダルになる。

誠に奇妙であるのは、こうした巨大スキャンダルの可能性が浮上しているにもかかわらず、メディアの報道がこの仮説を無視する方向に動いていることだ。

このことの奇妙さが際立っている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年6月13日 01:29:41 : E3XkPcBixw
STAP、ES細胞が混入か 染色体異常、研究員が指摘
朝日新聞デジタル 6月12日(木)21時4分配信

 理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーらがつくったとしているSTAP細胞について、理研統合生命医科学研究センター(横浜市)の遠藤高帆・上級研究員らが、別の万能細胞(ES細胞)だった疑いを指摘していることがわかった。理研改革委員会は会見で、STAP細胞はES細胞の可能性があるとの見方を示した。

 改革委は、遠藤氏らから聞き取った内容を提言書に記載。それによると、遠藤氏らがSTAP細胞として公表されている遺伝子データを解析したところ、8番目の染色体が3本ある「トリソミー」という異常があった。

 STAP細胞論文では、生後1週間のマウスからSTAP細胞をつくったとしているが、この異常があると通常生まれることができない。ES細胞を培養したときに、この異常が生じることが知られているという。

 また、STAP細胞からつくったとされる細胞も、同様の解析で、ES細胞などを混ぜたものの可能性が高いという。

 委員の塩見美喜子・東京大教授は「この結果は信憑(しんぴょう)性が高い。STAP細胞は、マウスからとってつくったのではなく、どこからか(ES細胞を)持ってきたのではないか」と述べた。

 東京大の菅野純夫教授(ゲノム制御医科学)は「意図的な混入の可能性が高いのではないか」と話している。

 一方、理研CDBの竹市雅俊センター長は会見で指摘への受け止めを問われ、「(遠藤氏から)説明は直接は聞いてない」として答えなかった。

 STAP細胞の再現実験を担当しているCDBの丹羽仁史プロジェクトリーダーは4月の会見で、「胎児と胎盤の両方に同時に変化できるSTAP細胞は、ES細胞などを使ってつくることはできない」とES細胞の混入では説明できない現象があると反論している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140612-00000035-asahi-soci


02. 2014年6月13日 08:30:01 : mahS03ng0E
学者にだって良識を持った、研究者としての矜持にあふれた方もいる。
一方、竹市センター長のように、重要な質問には逃げの一手の、卑怯極まる輩もいる。
今回の事件で、こいつらが淘汰されることになれば、大きな代償を払ったとはいえ、我が国の学会の健全化には結果オーライと言えるかもしれない。

03. 2014年6月13日 14:06:23 : mKgIONs4T6
尊敬する植草先生へ・・・・小保方博士のSTAP細胞の論評をこれから控えて下さい。植草先生はSTAP細胞について、ブログで何本か論評されていますが、どれも小保方博士に対する非難、中傷でしかありません。もういい加減STAP細胞事件にから手を引いてください。ハッキリ言いますと得意分野の政治、経済分野で存分に活躍してください。

結論から言いますと「小保方博士のSTAP細胞は存在する」ことが明確になりました。その理由として
(1)ブラックマスコミ(洗脳機関)はここに来ても連日、STAP細胞のネガティブ報道に明け暮れています。(ブラックマスコミの中で毎日、NHKが特にひどいものです、他の読売、朝日、サンケイ、日経、その系列であるテレビ各社も同様です)この目的はハッキリしています。つまり、小保方博士のSTAP細胞をこの世から抹殺する事です。因みにYahooニュースでは連日のようにSTAP細胞のネガティブ報道に血眼になっています。(まさしくウジが湧くような様です)さらに輪をかけてSTAP細胞の記事はほぼトップ扱いで、通常記事の倍の時間をかけて表示する始末です。これは異常としか見えません、それほど権力側は恐れているのでしょう。
(2)小保方博士のSTAP細胞が発見されて一番困るのは誰か、それはとりもなおさず、この世界を仕切る○○金様ではないかと推察します。もし、このSTAP細胞が確認されれば、生命医学の世界が一変するからです。
(3)笹井センター長が記者会見でSTAP細胞の存在を否定できず「STAP細胞は仮説である」と発言しました。(どこからかの圧力でそう発言せざるを得なかったのでしょう、精一杯の抵抗だったのでしょう)この発言が今回騒動の全てを表しています。(彼はSTAP細胞は存在する・・・・と言いたかったのでしょう)
(4)皆さん気づきませんか、植草先生の冤罪事件、小沢さんの陸山会冤罪事件、どちらもブラックマスコミが長期間に渡り、徹底した大バッシング劇を演出しました。この構図は全く一緒です。植草先生にはこれ以上、STAP細胞事件でブラックマスコミの悪事に加担しないでください。この件では一度、植草先生には小保方博士に誠意を持って謝罪してもらいたいものです。
(5)小保方博士のSTAP細胞について、最も優れた論評をされているのは武田邦彦先生(中部大学)ではないかと考えています。ぜひ、皆さんも参考にして下さい。

今後、小保方博士のSTAP細胞事件はブラックマスコミによって一旦、抹殺されるでしょうが、近い将来小保方博士は必ず復活するものと信じています。これからも、神の領域に達した可能性の高い天才、小保方博士のSTAP細胞を国民みんなで応援しましょう。最後にガンバレ小保方、負けるな晴子(応援の拍手)



04. 2014年6月13日 20:24:00 : efYYgyF3F6
>>03
>結論から言いますと「小保方博士のSTAP細胞は存在する」ことが明確になりました。

痴呆症患者かお前は。
マスコミガー、○○金ガーなどといくら言っても酸浴で細胞は初期化しない。
科学は宗教じゃないんだよハゲ。

お前の論理なら、
猪瀬や渡辺は企業から金を受け取っていなかったことになるし、
佐村河内は作曲出来ていて耳が聞こえていないことになる。


05. 2014年6月14日 08:08:06 : wlbzshmyxC
03は正気か?確信犯か。
それとも、「小保方病」が感染していることに気ずかず、放置したためにここまで悪化してしまったのか。

06. 2014年6月14日 10:02:04 : YuSAt7sN3M
この大騒ぎが本当なら、論文不正で片づけられない。
小保方さんが若山研究室にいた時は無給研究員だったはず。
そんな立場の人に、論文画像の修整程度ならともかく、これだけ大きな研究詐欺はできない。
考えられるのは、上層部もからんでいて、上層部への責任追及を恐れて論文不正に矮小化して、彼女一人をたたき続けている。
そうなら、に彼女に「本当のことしゃべるはよ!」と言われればアウト。
だまらせるためには、いい条件の再就職先を世話するとか、よほど美味しい飴を与えなければならない。
そんな様子もないようだし、彼女もSTAPは本物と言い続けているので、03 のケースも捨てきれない。

07. 2014年6月14日 16:11:41 : 0ky1iGodkc
「本当のこと、しゃべるわよ」

08. 2014年6月16日 10:45:16 : 3FK0GE5CJw
>>06
あのな。
科学なんだから、一番確定的なことが「STAPがない」ということなんだよ。

他に関しては濃淡はどうあれ色々なパターンが考えられるけど、
「STAPがない」ということは大前提として考えてないやつは全部的外れ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧