★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 541.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ネイチャー、STAP細胞論文を撤回 研究成果、白紙に(朝日新聞)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/541.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 02 日 22:57:35: igsppGRN/E9PQ
 

ネイチャー、STAP細胞論文を撤回 研究成果、白紙に
http://www.asahi.com/articles/ASG717K7TG71ULBJ00P.html
2014年7月2日21時54分 朝日新聞


 英科学誌ネイチャーは2日、理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダー(30)らが同誌に発表したSTAP細胞の論文2本を撤回したと発表した。理研が画像の捏造(ねつぞう)や改ざんを認定した上、共著者が他にも画像の誤りなどを指摘したことが理由。撤回により、「生物学の常識を覆す」として世界的に注目された研究成果は、発表から約5カ月で白紙となった。

 ネイチャーは世界で最も権威ある科学誌のひとつ。この日掲載された撤回理由の中で、著者らは理研が認定した不正行為のほかに5項目をあげ、「複数の誤りにより、研究の信頼性が失われ、STAP現象が存在すると確信を持って言えなくなった」と説明して謝罪。ネイチャーは論文のチェック態勢を見直す方針を明らかにした。撤回後も論文は「撤回」と表記されたうえでネイチャーのサイトに掲載される。

 STAP細胞は、体の細胞を刺激するだけでできる新型万能細胞。主要著者の小保方氏と米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授は当初、撤回に応じない姿勢を示していたが、6月初旬までに同意に転じ、主要著者全員でネイチャーに撤回を申し入れていた。

 一方で、理研はSTAP細胞が存在したかどうかを調べる検証実験を4月に開始。小保方氏を参加させない当初の方針を変更し、今月から小保方氏本人にも実験をさせることにした。STAP細胞を作ったとの主張を続けている小保方氏を参加させることで、最終的な決着をつけたい考えだ。外部有識者でつくる理研改革委員会は、別の万能細胞であるES細胞の混入を疑わせる遺伝子解析の結果を踏まえ、「小保方氏らは(STAP細胞を)完成していたのか、成果を捏造したのか明らかにすべきだ」と提言している。

 STAP細胞論文は2014年1月30日付(電子版は29日付)で掲載された。マウスの体の細胞を弱酸性の液体で刺激するだけでどんな細胞にもなれる万能細胞に変化するというSTAP細胞の作製方法などを記した主論文「アーティクル」と、STAP細胞からつくったとされる幹細胞の特徴などを示した追加論文「レター」の計2本で構成される。

 理研が設置した調査委員会は4月1日、主論文の画像に捏造と改ざんがあったと発表。小保方氏は不服申し立てをしたが、理研は5月8日にこれを退け、小保方氏らに主論文の撤回を勧告した。追加論文でも画像の取り違えなどが指摘されている。(合田禄)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月02日 23:00:01 : 3QCUjyPHLo
ネイチャーがSTAP論文撤回 小保方氏らが誤りを謝罪
2014年7月2日 21時34分

 英科学誌ネイチャーは2日、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)らが執筆したSTAP細胞に関わる2本の論文を正式に取り下げたと発表した。「生物学の常識を覆す発見」とされたSTAP細胞の成果は、発表から5カ月で白紙に戻った。

 3日付の同誌で小保方氏を含む著者らが連名で「重大な誤りが見つかったため」と撤回理由を説明。誤りを謝罪し「STAP細胞に関する現象が、疑いなく存在するとは言えなくなった」と釈明した。ただし細胞の存在は否定していない。

 理研は、STAP細胞の検証実験を継続するが、論文が取り下げられ、科学的には細胞は存在しない状態となった。

(共同)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014070201002048.html?ref=rank


02. 2014年7月03日 18:18:28 : trY2KTQMKc
http://www.nature.com/nature/current_issue.html
7月3日付けnature誌に下記が告知されている。 
RETRACTIONS

Retraction: Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency
Haruko Obokata, Teruhiko Wakayama, Yoshiki Sasai, Koji Kojima, Martin P. Vacanti, + et al.

Retraction: Bidirectional developmental potential in reprogrammed cells with acquired pluripotency
Haruko Obokata, Yoshiki Sasai, Hitoshi Niwa, Mitsutaka Kadota, Munazah Andrabi, + et al.

論文取り下げ理由〔冒頭部分)
Several critical errors have been found in our Article and Letter (http://dx.doi.org/10.1038/nature12969), which led to an in-depth investigation by the RIKEN Institute. The RIKEN investigation committee has categorized some of the errors as misconduct (see Supplementary Data 1 and Supplementary Data 2). Additional errors identified by the authors that are not discussed in RIKEN’s report are listed below.
〔以下省略〕


03. 2014年7月03日 23:58:11 : aLSOUT8DbY
http://www.nature.com/news/research-integrity-cell-induced-stress-1.15507
小保方の科学者・研究者生命はこれで終わり。日本の生命科学分野の世界的名声は大打撃を被った。

04. 2014年7月04日 10:24:52 : Z9Zx2wr18Y
>>03 小保方と理研に対する痛烈な批判↓
She has not responded to multiple requests for interview since April. She has, however, been invited to participate — under surveillance — in ongoing efforts at RIKEN to verify the original findings.

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧