★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 553.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
STAP論文撤回、若山氏が理由修正 ネイチャー誌、掲載直前に(朝日新聞)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/553.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 17 日 14:03:05: igsppGRN/E9PQ
 

               若山照彦氏の説明の変更点


STAP論文撤回、若山氏が理由修正 ネイチャー誌、掲載直前に
http://www.asahi.com/articles/DA3S11247446.html
2014年7月17日05時00分 朝日新聞


 英科学誌ネイチャーに発表されたSTAP細胞論文の撤回理由の文が、掲載直前に修正されていたことがわかった。主要著者の一人の若山照彦・山梨大教授が6月に発表したSTAP細胞にかかわる試料の解析結果が誤っていた可能性が出てきたためとみられる。若山氏は「改めて詳細な解析結果を公表する」としている。

 印刷された7月3日付の同誌に載った撤回理由には「STAP幹細胞の元になったマウスは若山研究室にはいなかった」という趣旨の記述があるが、電子版では削除されている。朝日新聞の取材に、ネイチャー編集部は、修正依頼が印刷の締め切りに間に合わなかったと説明。若山氏は、自らがこの記述の削除を同誌に依頼したことを認めた。

 若山氏は6月16日に山梨大で開いた会見で、「STAP幹細胞は、若山研究室に存在しないマウスに由来する」と発表していた。会見で自らが述べたのと同様の記述を削除したことになる。

 STAP細胞は、若山氏が提供したマウスを元に、理化学研究所の小保方晴子氏が作製したとされる。それを若山氏が改変して増殖能力を持たせたものがSTAP幹細胞だ。

 若山氏は研究室に残っていたSTAP幹細胞の遺伝子解析を第三者機関に依頼。小保方氏に渡したマウスは目印になる遺伝子が18番染色体に組み込まれていたのに、STAP幹細胞は15番染色体にあったことが判明したと発表した。小保方氏が作製したSTAP細胞は若山研究室が提供したマウスに由来しないと主張し、STAP細胞はES細胞ではないかという疑惑が強まる一因になった。

 ところが、論文が撤回された後、若山氏は朝日新聞の取材に、STAP幹細胞の目印の遺伝子の場所が15番染色体ではない可能性が浮上したことを認め、「より詳細な解析が必要となった」と説明した。

 ただ、若山氏は、STAP幹細胞が若山研究室にあったマウスに由来するとしても、そのマウスを小保方氏に渡したことはないと主張している。

 小保方氏の代理人の三木秀夫弁護士は、若山氏が依頼した修正について「どういう意図があったのかわからない。きちんと説明してほしい」と話している。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧