★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 577.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
理研・笹井副センター長「自殺」 NHK検証番組が決定打か 小保方氏宛てに遺書(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/577.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 8 月 05 日 18:11:06: igsppGRN/E9PQ
 

    研究センターの踊り場で首を吊った笹井氏/(C)日刊ゲンダイ


理研・笹井副センター長「自殺」 NHK検証番組が決定打か
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/152368/1
2014年8月5日 日刊ゲンダイ


 小保方氏宛てに遺書

 5日午前9時ごろ、理化学研究所の笹井芳樹・発生再生科学総合研究センター副センター長(52)が神戸市内の同センター施設内で首を吊っているのが見つかった。センターに隣接する病院の医師が死亡を確認した。

 兵庫県警によると、センター研究棟の4階と5階の踊り場で、手すりに、ひも状のものをかけて首を吊っていた。巡回中の警備員が見つけた。踊り場には革靴とカバンが置かれていた。カバンには遺書が残されており、県警は自殺を図ったとみて詳しい状況を調べている。

 遺書は3通入っていた。うち2通はセンターの幹部と自分の研究室のメンバーに宛てたもので、もう1通は論文を共同執筆した小保方晴子ユニットリーダー(30)に宛てたものだった。

 理研の同僚によると、笹井氏はSTAP論文の疑惑発覚後から心療内科を受診しており、最近は薬の副作用でハッキリと会話することが難しかったという。

 笹井氏は新型万能細胞とされた「STAP細胞」論文の責任著者のひとり。論文は笹井氏が執筆を指導する形でまとめられた。小保方氏とともに今年1月末、論文の発表記者会見に出席。論文に疑惑が指摘された後も、細胞が存在する可能性を強調していたが、論文の撤回には同意していた。

 理研の調査委員会は、笹井氏に「不正行為はなかった」としたものの、データの正当性と正確性などについて自ら確認することなく論文を投稿しており、「その責任は重大」と指摘していた。

 理研は4月から11月末までと期間を区切ってSTAP細胞の存在を検証する実験を進めている。先月から第三者監視の下で小保方氏も加わったが、実験は難航しているもようだ。約1万5000人の基礎生物学者を抱える日本分子生物学会は「STAP細胞は今やネッシーみたいなもの」と厳しい批判を展開していた。

 理研はきのう、一時停止している小保方氏の懲戒処分の審査について、新たな疑義に対する調査結果が出た後に、検証実験とは関係なく再開する、との見解を発表したばかり。日本学術会議は処分の審査の速やかな実施を求めていた。

■NHK番組が学者生命揺らぐ疑惑を指摘

 笹井氏が自殺した背景には、先月27日、放映されたNHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」も影響しているとみられる。

 この番組では小保方論文が科学誌に掲載を3度も断られた後、ネイチャーに掲載された背景として、「論文執筆の天才」といわれた笹井氏の協力が大きかったことを指摘、その裏に米国特許本申請の締め切りが迫っていた事情などを取り上げた。

 さらに論文には、STAP細胞で作ったとされるキメラマウスに対してTCR再構成の確認の記述がなかったことから、笹井氏が実験の不備を知っていた可能性も示唆された。

 番組内では、小保方氏と笹井氏のメールのやりとりも公表。男女のナレーターが感情たっぷりに読み上げる演出もあったことから、小保方氏サイドは不快感を示していた。

 また、番組内では笹井氏について、「企業のニーズを聞いて予算を取るマルチタレント」(神戸市医療産業都市推進本部・三木孝前本部長=現保健福祉局長)という論評も出てきて、学者生命を否定される格好となっていた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年8月05日 19:11:48 : Y2zwnIaOFA
理研・笹井氏の首吊り自殺…関係者に衝撃「言葉にならない」
2014年8月5日

 5日午前9時ごろ、理化学研究所の発生再生科学総合研究センター施設内で死亡しているのが見つかった笹井芳樹・副センター長(52)。研究棟の4階と5階の踊り場で、手すりに、ひも状のものをかけて首を吊っていた。遺書が残されており、自殺を図ったとみられている。

 この情報が広がると、理研内には衝撃が走り、関係者は動揺を隠せない様子だった。自殺を図ったセンター内にはパトカーや救急車が集まり、慌ただしい雰囲気。

 研究員も「まだ何も分からない。事実とすれば言葉にならない」と言うのが精いっぱいだった。広報室の担当者も「自殺の詳細や遺書の内容についてはまったく分かっていない。今後の対応については検討中」と話すだけ。

 STAP細胞論文で笹井氏に指導を受けた小保方晴子研究ユニットリーダーの代理人、三木秀夫弁護士の事務所には一報を受けて報道陣が詰め掛けた。だが、女性事務員が「現段階では対応ができない」と繰り返すだけだった。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/152367


02. 2014年8月05日 19:14:04 : Y2zwnIaOFA
理研・笹井氏が自殺図る センター内で首つる
2014.08.05

 理化学研究所の発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹副センター長(52)が5日、センター内で自殺を図ったことが分かった。兵庫県警が死亡を確認した。理研によると秘書の机の上に遺書のようなものが置かれていた。

 県警によると、笹井氏はセンターの研究棟の階段の手すりに、ひも状のものをかけて、首をつっていた。午前9時すぎに110番があったという。

 笹井氏は新たな万能細胞とされたSTAP細胞の論文を執筆した小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の指導役。今年1月に理研が成果を発表した記者会見にも同席しており、論文疑惑が発覚した後も、細胞が存在する可能性を強調していた。

 STAP論文は2014年1月30日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。画像が不自然との指摘を受けて理研が調査し、同4月、捏造と改ざんの不正を認定。小保方氏は不服申し立てをし、「STAP細胞はある」と記者会見で主張した。

 笹井氏は兵庫県出身。1986年に京都大医学部を卒業後、米カリフォルニア大ロサンゼルス校への留学を経て98年に京都大再生医科学研究所の教授になった。2003年に理研に拠点を移し、13年から副センター長。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140805/dms1408051059004-n1.htm


03. 2014年8月05日 19:15:43 : Y2zwnIaOFA
理研・笹井氏、心療内科を受診していた 薬の副作用で受け答えできず…
2014.08.05

 世界的研究者で再生医学の第一線を走り続けてきた理化学研究所の笹井芳樹副センター長(52)が5日朝、自殺した。エリートのつまずきは、言うまでもなく、世界3大不正の一つとも非難されたSTAP細胞論文問題だ。4月の記者会見では「合理性の高い仮説」と強気の姿勢を崩さなかったが、最近は、同問題を招いた当事者として厳しく糾弾され、心身ともに疲れ果てていた様子だったという。

 笹井氏は兵庫県出身。1986年に京大医学部を卒業し、98年には、新設された京都大再生医科学研究所の教授に36歳の若さで就任した。

 京都大の山中伸弥教授とともに2012年にノーベル賞を受賞した英国のジョン・ガードン博士の孫弟子で、ばらばらの細胞が集まってひとりでに構造を作る「自己組織化」という手法を用いて、胚性幹細胞(ES細胞)から立体的な脳や目の組織をつくり大きな話題を呼んだ。

 再生医学分野での活躍はひときわ目立ち、「06年に山中氏が人工多能性幹細胞(iPS細胞)を発表するまでは、再生医療の応用研究でノーベル賞に最も近いとも言われていた。優れた業績を上げ、『国の宝』といえる人だった」(科学ジャーナリスト)という。

 03年に理研に拠点を移し13年からは、副センター長を務め、13年度にはES細胞やiPS細胞を使った目の病気の治療を目指す国のプロジェクトの拠点長に選ばれ、研究成果の医療応用にも乗り出していた。

 順風満帆の人生が、一気に暗転したのが、今年1月に発表されたSTAP細胞だ。小保方晴子研究ユニットリーダー(31)の不正が認定された後も、強気の姿勢を崩さず、4月の会見では「STAP現象は合理性の高い仮説」と発言。以降、公の場に姿を現すことはなかった。

 一方で、小保方氏の指導役として責任を問う声は日増しに強まり、6月の検証委員会は、笹井氏が研究の秘密保持を優先し、閉鎖的な「囲い込み状態」を作ったとして、厳しく批判した。

 先月放送されたNHKスペシャル「STAP細胞不正の深層」も笹井氏の責任を追及する内容で、反響を呼んでいた。

 騒動後は神戸市の自宅にも姿を見せず、雲隠れ生活を続けていたという笹井氏。最近は心身のバランスを崩し、心療内科を受診し、薬の副作用ではっきり受け答えができない状態だったという。

 ■山梨大の若山教授 「コメントない」

 笹井氏が自殺したことについて、STAP細胞論文の共著者で山梨大の若山照彦教授は5日、大学を通じて報道陣に「この件に関してコメントはない」と伝えた。

 甲府市にある若山教授の研究所前には、報道機関の記者らが集まり対応を求めたが、教授はインターホンの呼び出しや電話に応じなかった。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140805/dms1408051530011-n1.htm


04. 2014年8月05日 19:23:42 : 36MHofgrlY
NHKニュース「かねてから不正疑惑におかれ最近は体調も崩し疑念のもたれる元笹井センター長が本日首つり自殺をしました。この自殺についてNHKは「NHKスペシャ」が足を引っ張ったような結果になりましたが、小保方さんも注意するようニュース番組を通じ呼びかけをいたしました。・・・・・次は天気予報です」

05. 2014年8月05日 19:41:17 : tbWAWaiEJo
少しずつ政権の周辺から自殺者が出始める。これは第1次安倍政権の末期にも見られた。もうあまり先は長くないだろう。

06. 2014年8月05日 20:00:51 : FTGHVvtyYQ
これだけ長期間マスコミが強いバッシング続けていれば誰かしら自殺なり死ぬなりするだろうなということは多くの人が感じていたはず。当然マスコミも。
特に毎日、NHKあたりはお小保方を自殺に追い込みたいのかな?と思わせるぐらい粘着的だった。
これがバッシング側の目的だったとしたら怖いね。

07. 2014年8月05日 20:17:16 : PbYXKz0KO2
これは イジメ による自殺である。

NHKは 学校に限らず会社におけるイジメ、ハラスメントを
非難していたが、NHK自身が イジメ をしていた。

人を自殺に追いやるような報道はもはや犯罪である。


08. 2014年8月05日 20:19:26 : 5iVmh4M2EE
うつ病の薬を処方されていたようだが、医学部卒なのにそんな薬を飲んでも良くなるどころか逆に更に頭がおかしくなるのを知ってなかったのか?

NHK総合のニュース7ではトップニュースだったが、論評もなく、マスコミが好きな中継も全くなし。少しはNHKは良心の呵責を感じていたのかどうか知らんが、個人メールを勝手に特集番組で公開するやり方は公共放送としてあるまじき行為だろう。


09. ピッコ 2014年8月05日 21:15:14 : ldyqn.PAmBFfI : 8E3K84TOQs
小保方の理研採用から始まる笹井氏に対する様々な疑惑、小保方との恋愛関係を含め、それがもとになった数々の科学者にあるまじき自らの行為などが今後次々と明らかになって、自分の権威がますます傷ついていくのを見るに堪えなかったのでしょうか。 でも、これはよくある話。 わたしの身の回りでも、たとえばスチュワーデスとできて家庭崩壊した日航のベテランパイロットなど、50,60の、それまで堅実な人生を歩んできたはずの超エリートな男たちが、何の魔が差したのか、愛憎問題で身を崩していくというようなことがいくつも起きていますからね。

STAPは「ネッシー」…学会、異例の集中批判  (2日付読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140802-OYT1T50051.html?from=yartcl_popin


10. 2014年8月05日 22:01:51 : efYYgyF3F6
>>06>>07
不正をしたんだから何を言われても仕方ないでしょう。

イジメとは、何の落ち度がないにもかかわらず行われる犯罪。
一緒にするのはイジメを受けて悩んでいる子供に対し失礼。


11. 2014年8月05日 23:30:30 : a28hsNj1zw
笹井氏自殺:遺書のようなもの少なくとも4通 理研が会見
毎日新聞 2014年08月05日 14時39分(最終更新 08月05日 21時16分)

 理化学研究所は5日、発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹・副センター長の死去を受け、東京都内で会見した。笹井氏は遺書のような文面を少なくとも4通残していた。加賀屋悟広報室長によると、心身共に疲労していたが「自殺をするような兆候は聞いていない」という。

 笹井氏は自殺したものとみられており、遺書のようなもののうち、1通は人事課長と総務課長宛てで、笹井氏の秘書の机の上に置かれていた。遺体の近くでも3通が見付かっているという。その他の宛先や内容について、加賀屋室長は「現状では答えられない」と述べるにとどめた。

 理研によると、笹井氏は同日午前9時前、CDBに隣接する先端医療センター5階で職員によって発見された。通報を受けた警察が到着し、神戸市立医療センター中央市民病院に運ばれたが、同11時03分に死亡が確認された。

 笹井氏は前日4日に出勤したことは確認されているが、帰宅したかどうかは分からないという。【高橋昌紀/デジタル報道センター】

http://mainichi.jp/select/news/20140805k0000e040247000c.html


12. p4rhfeEDdk 2014年8月05日 23:44:01 : lZxUxsLBAj1i. : Bm6fK6Ha3I
国は、精神科で処方される薬と自殺の関係の統計をとり、徹底的に調査すべきである。
精神安定剤の類を処方されての自殺が多すぎる。

13. 2014年8月05日 23:47:51 : 1GwnTeaKNM

>イジメとは、何の落ち度がないにもかかわらず行われる犯罪。
>一緒にするのはイジメを受けて悩んでいる子供に対し失礼。

落ち度の無い人間などいない。
いじめる側からすればそれなりの「いじめる」理由はある。
落ち度があってもまた理由があってもいじめはよくないとしなければ、
いじめはなくならない。

今回の件に関していえば、それなりの社会的地位のある人物であり
、地位に対する社会的責任(批判を受ける)があり、
別にいじめというわけでもない。


14. 2014年8月06日 00:00:34 : asdjYoy9bU
自殺するくらいなら何もかもぶちまけてしまえば良いものを。
本当に優れた研究者なら何もかもなくなってしまうわけではないだろう。

15. 2014年8月06日 00:02:27 : lV0FKQA8Kc
09へ
何決め付けているのか。下衆なコメントばかりして恥ずかしくないのか。
人の死を軽々しく論じるもんじゃない。お里が知れる。

16. 2014年8月06日 00:39:27 : a28hsNj1zw
理研・笹井氏自殺 遺書で小保方氏気遣う「あなたのせいではない」 
産経新聞 8月5日(火)21時13分配信

 笹井芳樹氏はSTAP問題の浮上後も細胞が存在する可能性を主張し続けたが、その裏側でストレスで1カ月近く入院するなど心理的に追い詰められていた。一方、見つかった遺書の中には「あなたのせいではない」「STAP細胞を必ず再現してください」と小保方晴子氏に宛てた言葉もあったという。

 理研などによると、遺書は笹井氏のかばんの中に3通、秘書の机の上に1通あった。かばんの3通は小保方氏のほか、竹市雅俊センター長ら理研関係者に宛てたものだったという。

 小保方氏に宛てた遺書には小保方氏の立場をかばい、思いやるような内容で、「疲れた」との趣旨や謝罪するような言葉もつづられていたという。

 「非常にショックだ。悔しい気持ち、悲しい気持ちだ」。理研の加賀屋悟広報室長は5日、文部科学省で会見し、問題発覚後の笹井氏の様子を明らかにした。

 笹井氏が入院していたのは3月。論文に不自然な点があると指摘され、理研が調査に乗り出した直後だった。関係者によると、笹井氏は竹市氏に「副センター長を辞めたい」と申し出た。一時は心療内科を受診していたが「入院でかなり回復した」(加賀屋氏)。

 理研の調査委員会は4月に論文の不正を認定。2週間後、笹井氏は会見で「STAPは最有力仮説だ」と強調し、研究成果への自信もうかがわせていた。

 しかし、その後も論文は新たな疑義が相次ぎ、6月には外部有識者からなる改革委員会が「笹井氏の責任は重大」と指摘。笹井氏への批判は強まった。

 精神状態は再び圧迫されたとみられ、加賀屋氏は「6月ごろの電話では普通の話し方ではなかった。以前のように元気で力強い話し方でなくなっていた」と振り返った。

 さらに理研が6月末、新たな疑義に対する予備調査を開始したことも影響したようだ。調査対象について理研は明らかにしていないが、笹井氏に対して事情聴取が行われたのは確実だ。加賀屋氏も「応じていたかもしれない」と事実上、認めた。

 こうした影響で笹井氏の体調は最近、さらに悪化したとみられ、関係者は「薬の副作用なのか、はっきりと言葉をしゃべれない状態だった」と明かす。また、「自分の研究室がなくなるかもしれない」と漏らし、研究員に対して就職活動を勧めていたという。

 5日は理研がSTAP細胞の検証実験の中間報告について、発表日を公表する予定だった。そのため「細胞の存在を否定する結果が出て悲観したのではないか」との観測も出ている。だが加賀屋氏は「笹井氏はノータッチで、進捗状況は耳に入っていないと思う。自殺との関連に思い当たる節はない」と否定した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140805-00000578-san-soci


17. ピッコ 2014年8月06日 06:25:52 : ldyqn.PAmBFfI : HDtIzZLERg
>15.

この人(笹井氏)は何か身にヤマシイことがあったので自殺したのだと思います。 STAP問題の張本人だというのに、その真相を明らかにする こともなく死んでしまうのは卑怯だと思います。 自分の名誉がこれ以上傷つかないように、問題をうやむやに終わらせたいという意図を感じます。 女たらしの器の小さい人なのでしょう。 また、そうでなければこういう問題は起こさなかったでしょうが…。


18. 2014年8月06日 07:25:25 : FTGHVvtyYQ
STAP事件の特徴は

勝手に決めつけて、それを元に叩く人がやたら多いということだな。
笹井の死亡でさえ叩く材料にする。

マスコミも、叩いてる人も異常に粘着質だし、関係者は大変だね


19. 2014年8月06日 08:37:22 : XzzYHCVuLE
トカゲのしっぽ切りはよくないという多くのマスコミの主張の通りしっぽ切りしないので、しっぽの毒が全身に回ってきたというところでしょう。
理研本体や早稲田大学にも毒は強烈に回ってきている。
マスコミの思う通りの展開ではないのか。


20. 2014年8月06日 08:48:36 : jP1izroj2w
19の人の意見に賛成です
しっぽの毒が全身に回ってきたというのび同意します

21. 2014年8月06日 09:38:23 : asdjYoy9bU
なんでネイチャーに見つけられた不備が理研じゃ見つけられなかったんだよ
笹川ひとりのせいじゃあるめ?

22. やだね 2014年8月06日 09:41:08 : Ad5OqNMoQ/uMI : PtgED7cDbk
笹井氏は以後無様であろうとその生をひき受けるべきであった。
自らすすんで、全容の解明につとめ、責任を自らすすんでとる
べきであった。自死をもって「免罪」されるなどという、「同情」
されるなどという考えは私には毛頭ない。「日本」の科学界の最高
峰の人物が、こんな下世話な身の処し方をするとは、情けない限り。
(実は「いいひと」でしたみたいな印象操作が跋扈するんだろが)

23. 2014年8月06日 12:57:54 : hViZKmZ9hk
>>17
>この人(笹井氏)は何か身にヤマシイことがあったので自殺したのだと思います。

あなたはそう仮定し思い込んでいるから卑怯だとか器の小さい人と感じるのかもしれないが、あくまでも想像だからな。
単に言葉の暴力を受けとめるキャパがなかったのかもしれない。
エリートは打たれたことがないからいじめに対して耐性がない。



24. 2014年8月06日 17:22:40 : r3pqrbifJo
NHKだけでなく他のメデイアもSTAP細胞論文問題で笹井さんや小保方さんの科学者としての良心を傷つけるようなような悪意に充ちた報道を繰り返していた。笹井氏らを苦しめた責任は逃れ難い。STAP細胞は再現すれば「今回もし再現できなくても,存在しないという事にはならない。念のために。」科学的にはコペルニクス的発見だから人類に貢献できるのだ。世俗の価値観でうんうんするのは妥当でない。止めるべきだ。

25. 唐行きさん 2014年8月06日 20:10:08 : qhq/4d/3jpsEA : HHzifh7XKM

「NHK」の誕生の当時は、「民営」が決定していた!

1922年(大正11年)、当時の逓信省が「放送制度」の調査を開始をしていた。

1923年(大正12年)3月13日の第46回貴族院予算委員会で、逓信省は政府としても「民営」を考えていることを明らかにしている。

すでに放送を開始していたアメリカはもちろん、イギリスのBBCも当時は「民営」であった。

ところが、1923年(大正12年)9月1日、「関東大震災」が起こった。

このとき、「正確」な「放送」があれば・・、ということになり「放送」の「国・公営化」が叫ばれた。

翌年の1924年(大正13年)8月6日、つまり90年前の今日、逓信省は「放送事業」は「公益法人」である「社団法人NHK」だけに「許可」するとした。

「ウソ八百」の「NHK」の誕生である!

奇しくも、69年前の今日(8月6日)、人類史上初の「原子爆弾」が日本の広島に「投下」された・・。

「関東大震災」さえなければ・・、笹井氏も「自殺」することはなかったであろう・・。

「戦前」と「戦後」の、この「日本国民」も・・、こんなに「ウソ情報」に惑わされることもなかったであろう・・!

そしてまた、「受信料」に悩まされることもなかった!



26. 2014年8月06日 20:31:40 : J4YfFlQzPI
「STAP細胞は今やネッシーみたいなもの」なんて言ってる関係者、研究者など
自分ならまず信用しない

こんな事言ったアホ本当にいるのか?


27. 2014年8月06日 23:03:37 : vt15L9AcNI
>>26
研究者はほぼ全員そう言ってるよ
証拠がボロボロで論文も撤回されてるんだから当然だろ。
お前がそう思う根拠を言えよ。

28. ニューロドクター乱夢 2014年8月07日 21:05:03 : wyCbfwX.95FPw : WbBYxcfGAk
NHKに本日、下記の抗議メールをしました。

自殺する10日前より笹井氏の精神的変調が見られたとの報道があり、7月27日NHKスペシャル「調査報告STAP細胞 不正の深層」を見たことが最終的な自殺への決断を促したものと推定される。その後のNHKテレビの自殺報道は非常に制限されたものであり、民放報道が詳細に背景を伝えていた。小保方晴子さんとの個人的メールも公開されたことに憤りを感じていた。自分を笹井氏の立場に置き換えると、恥辱であり、公開の場での処刑に等しい。それまでの経緯を考え、今回のNHK特別番組の報道は笹井氏をノックアウトするだけの衝撃であったと思う。あの番組は、現在進行している検証実験の結果が判明してから報道すべきであった。また、小保方さんに対するNHK記者の執拗で犯罪的なインタービュー攻勢はひどいものであった。笹井氏らの論文を批判し、個人的中傷を大学教授たちに言わせたのは時期尚早であった。生命科学の巨匠を葬り去った責任はどうとるのか?


29. 2014年8月08日 17:48:18 : pzRzX8B4ec
研究費の不正容疑で警察も捜査に乗りだしたというから、その影響もあったんじゃないのかな。生命科学の巨匠っていうけど、本当はどうなんだろうね。どちらかといえば虚栄心のかたまりのような印象を受けるんだけど。頭は良かったんだろうけど、それを自分の為だけに使ったんじゃないの。世のため人のため、というと違和感があるけど、自分を置いても何かのために一生懸命になるっていう人ではないような感じ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・エネルギー・天文板5掲示板  
次へ