★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 601.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
再生可能な地球資源、今年の割り当て分をすでに消費 NGO  AFP
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/601.html
投稿者 ダイナモ 日時 2014 年 8 月 20 日 11:09:46: mY9T/8MdR98ug
 

【8月20日 AFP】人類が地球に与える影響を監視する国際環境NPO、グローバル・フットプリント・ネットワーク(Global Footprint Network、GFN)は19日、地球が1年間で再生できる自然資源の今年の割り当て分が、8か月足らずの人間の活動によって既に使い果たされたとする報告書を発表した。

「8月19日は2014年のアース・オーバーシュート・デー(Earth Overshoot Day)。人間が今年分の自然資源を使い尽くした日となった」

 GNFは、食料や木材などの資源を補充し、エネルギー産出のプロセスで生じる二酸化炭素などの廃棄物を吸収する地球の能力に対して、人間が突きつける要求を追跡している。

 その限界日の到来は毎年早くなっており、1993年の「アース・オーバーシュート・デー」は10月21日、2003年は9月22日、そして昨年は8月20日だった。

 1960年代前半、再生可能な地球の自然資源の年間消費量は約4分の3ほどにとどまっていたが、人口増加と経済成長により、1970年代初頭からはその値が年間の再生可能資源量を越えるようになった。

「今日、世界人口の約86%が、再生可能なレベルを超えて自然資源を消費する国に住んでいる」

 報告書によると、現在の再生可能資源の消費を支えるためには、地球が1.5個必要との計算になるという。(c)AFP


http://www.afpbb.com/articles/-/3023549  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年8月21日 01:22:17 : zXihfvK5bI
 それならアメリカのエネルギー馬鹿食いをなんとかしろよ

02. 2014年8月23日 17:43:03 : bMPcJNf0qY
http://news.mynavi.jp/news/2014/08/22/257/ 
宇宙初期の巨大質量星の痕跡発見か? - すばる望遠鏡で日米チームが観測
  [2014/08/22]
国立天文台らの研究グループは8月21日、宇宙初期に存在していたと考えられている巨大質量星によって作られた可能性のある星を発見したと発表した。
同成果は国立天文台の青木和光 氏、甲南大学理工学部の冨永望 准教授(東京大学数物連携宇宙研究機構 客員科学研究員)、兵庫県立大学 天文科学センター 本田敏志 研究員、米・ノートルダム大学物理学部天文物理学学科のTimothy C. Beers 教授、米・ニューメキシコ大学の Young Sun Lee氏によるもの。詳細は8月22日付(米国時間)の米科学誌「Science」に掲載される。
ビッグバン後の宇宙で最初に誕生した星のなかには、太陽の100倍以上の質量を持つ巨大星が存在していたと考えられているが、今まで観測的な証拠は見つかっていなかった。今回同研究グループはすばる望遠鏡を用いて天の川銀河内の調査を実施し、1000光年ほどの距離にこれまで知られていない特異な元素組成を持つ星を発見した。

今回発見された星 (C) SDSS/国立天文台
巨大質量星が爆発すると、鉄などの比較的重い元素が大量に放出されるのが特徴で、今回発見された星は鉄以外の元素組成が極端に低く、初代星から放出された元素が周囲の水素ガスと混ざってできたと考えられるという。
同研究チームは今回の発見について宇宙初期における巨大質量星の進化と元素合成について手がかりを得る上で、新たな治験をもたらしものであり、謎とされてきた銀河の中心に見られる巨大ブラックホールの起源を明かすことにつながる可能性もあるとしている。

初代の巨大質量星の爆発のイメージ図。 (C) 国立天文台


03. 2014年9月09日 01:05:48 : Fz9HdhePO6
限界日を越え、今年の割り当て分を既に消費。

残り4ヶ月に必要な資源は
来年の割り当て分に手を付けるって事で、
その分 来年分が減らされる訳じゃない、
不足分を補う為にどんどん将来分に手を付けていったとしたら
計算をやり直す必要がある。

資源が尽きるまで後 何年残っているのだろう?

1 破局、経済活動は鈍り奪い合いが起きて悲惨な運命を迎えるか、
分かち合いが上手くいっても
やがて現在のような大量消費文明は衰退していくのを受け入れる。

2 海洋等で新たな鉱床の発見、
新技術開発やエネルギー革命が相次ぎ、
もう少しだけ現代文明は延命出来る、
やがて1の道をたどる。

3 残り僅かな資源やエネルギーを最大限有効活用して
宇宙開発を優先させ 地球外資源を採掘し、
輸送出来るシステムを完成させる。
現代文明は宇宙文明へと発展し生活圏を無限に広げ維持可能。

世界のリーダー達はどのような未来を選択するのだろう?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・エネルギー・天文板5掲示板  
次へ