★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5 > 608.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
幸せを運ぶ青い蜂
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/608.html
投稿者 taked4700 日時 2014 年 8 月 27 日 15:29:53: 9XFNe/BiX575U
 

ミヤネヤで紹介されていました。

http://www.ytv.co.jp/press/society/TI20150166.html
熊本・南阿蘇村に草原を舞う“青いハチ”
 熊本県南阿蘇村の草原に青い色をしたハチが今年も現れ、訪れた人たちを喜ばせている。

 「ブルービー」と親しみを込めて呼ばれるこの青いハチ、名前は「ルリモンハナバチ」。この「ルリモンハナバチ」は体長2センチほどで、青いシマ模様があるのが特徴。南阿蘇村にある「葉祥明 阿蘇高原絵本美術館」で今年も今月の初めに見られるようになり、花の周りを飛び交っている。来月中旬まで見られるという。(08/27 14:14)

********************

http://www.asahi.com/articles/ASG884HZZG88TLVB00K.html
熊本)幸せを呼ぶ青いハチ、絵本作家が保育園児らと観賞
野中正治2014年8月10日03時00分

「幸せを呼ぶ青いハチ」と言われるブルー・ビーが、南阿蘇村河陽の葉祥明阿蘇高原絵本美術館の庭で飛び始めた。8日は絵本作家の葉祥明さん(68)=東京都在住=も保育園児らと観賞した。この日は雨が降り、飛んでくるか心配されたが、3匹が姿を見せ、蜜を求めて花から花へ飛び回ると、子どもたちは「きれい」「かわいい」と歓声を上げていた。

 ブルー・ビーの正式名称は、ルリモンハナバチ(ミツバチ科)。黒地に青いしま模様があり、大きさは1・5センチほど。地域によっては絶滅危惧種に指定されている。毎年7月下旬になると、美術館の庭にある観賞用バジルの花に飛んできて、9月ごろまで見られるという。葉さんの弟で美術館長の葉山祥鼎さん(65)によると、今年は初飛来が少し遅かったという。

 園児は、くほんじ保育園(熊本市)と玉名ルーテル幼稚園(玉名市)の約50人。葉さんとの交流は、熊本朝日放送(KAB)の開局25周年記念の特別番組取材の一環で実現した。
****************************
http://ameblo.jp/kazu-1971/entry-11609564071.html
2013年09月09日(月) 00時00分00秒
幸せを呼ぶ青い蜂(ブルー・ビー)・・・ルリモンハナバチ
テーマ:虫

わ〜〜〜い音譜、2020年東京オリンピック開催が決定しましたね合格
東京オリンピックではありますが、日本全体で盛り上げて行きたいですねクラッカー

さてさてちあい、久しぶりにデジイチ片手にお出掛けして来ましたニコニコカメラ
天気は、目的地に行く途中で雨に降られて、これは「ヤバい・・・ドンッ」と思ったのですが・・・
目的地は、「晴晴れ」
気温も一時期の猛暑ではなく、心地よい風が吹いていて、もう秋の空気って感じでしたねもみじ

今回、目的地ではいろんな秋の花が咲いていて・・・
秋の花に群がる多くの昆虫たちを見ることが出来て、被写体には困りませんでしたグッド!

そんな中、オレンジ色が鮮やかなキバナコスモス黄色い花に蜜を吸いに来ていた黒と青の昆虫に・・・
ちあいの目は奪われ、必死にシャッターを押してました。


ハチルリモンハナバチ(学名:Thyreus decorus)ハチ

ルリモンハナバチは、秋もみじに見かける事が出来る13mm程の大きさのミツバチの一種ハチ
ミツハチって言ったら、黒に黄色の毛が生えてますが・・・
しかしこのハチは、黒に青色の毛が鮮やかな印象的なハチ合格

キラキラキレイですね〜〜〜キラキラ

だから、ルリモンハナバチのことを、通称「ブルー・ビー」って呼ばれているそうです。

Free time ! な、空間-ルリモンハナバチ

ルリモンハナバチは、日本では本州・四国・九州に生息し、
その他に朝鮮半島や中国大陸、台湾にも分布するそうです。
しかし、分布は広いのですが、近年ではかなり数が少ないらしく、
日本ではなかなかお目にかかれないそうで・・・ドンッ
地域によっては、絶滅危惧種、準絶滅危惧種に指定されているハチだそうです。

その珍しさから、「幸せを呼ぶ青い鳥」ならぬ「幸せを呼ぶ青い蜂」

「ブルー・ビーを見ることができると幸せが訪れるクラッカー」と言われているそうですよ。

って言う事は、今回のちあい、かなりラッキークラッカーだったんですね。
まるで自覚無しでしたけど・・・

Free time ! な、空間-ルリモンハナバチ

で、生態はと言うと・・・

自分で巣を作ったりせず、自分巣を持たず、近縁のハナバチの種類の巣に労働寄生をするそうです。
(労働寄生とは、宿主の体そのものでなく、宿主が必要な餌として獲得したものを奪う、あるいはそれを行って生活すること・・・だそうです。)

「幸せを呼ぶ青い蜂」らしからぬ「ずる賢い」生態かな・・・
いやいや、これも「生きる知恵」キラキラ

「幸せを呼ぶ青い蜂」は、人様が勝手に付けた愛称ですからね〜〜〜ドンッ
ルリモンハナバチとっては、「知ったこっちゃねえ〜〜〜」ってところですかねニコニコ

Free time ! な、空間-ルリモンハナバチ

幸せを呼ぶ青い蜂(ブルー・ビー)
写真ですが皆さんに幸せが訪れます様に
では、またねハチ
********************
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・エネルギー・天文板5掲示板  
次へ