★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板5 > 667.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小保方氏、STAP細胞再現できず 理研、調査結果まとめ会見へ(FNN)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/667.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 12 月 18 日 23:41:06: igsppGRN/E9PQ
 

小保方氏、STAP細胞再現できず 理研、調査結果まとめ会見へ
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00282990.html
2014/12/18 21:46 FNN



理化学研究所は、STAP細胞の検証実験で、小保方 晴子研究員自身が、STAP細胞を再現できなかったとする調査結果をまとめ、19日、記者会見する予定。
この検証実験は、7月から小保方氏が、第3者の監視のもとで行ってきたもので、関係者によると、期限となっていた11月までの間に、STAP細胞を再現することができなかったという。
これまでの実験結果をまとめた記者会見は、東京都内で、19日午前10時半から行われ、小保方氏は出席しない予定。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年12月19日 00:09:56 : GMV9iXJ1mE
STAP検証、なぜ前倒しで中止? 理研、19日に会見
朝日新聞デジタル 12月18日(木)21時23分配信

 STAP細胞はあるのかないのかを確かめてきた検証実験の最終報告が19日、発表される。期限を大幅に前倒しして打ち切ったのはなぜか。STAP細胞とされたものの正体は何なのか。これまで存在の可能性を捨てなかった理研がどう説明するかが注目される。

 理研はSTAP細胞の存在を確認するため、二つの検証実験を同時並行で進める異例の態勢で取り組んできた。ひとつは、論文の筆頭著者の小保方晴子研究員が実施するもので11月末が期限。もうひとつは共著者の丹羽仁史チームリーダーらが実施する来年3月末が期限のものだ。両方とも検証を終える。

 理研は当初、研究不正が認定された小保方氏による検証実験には否定的だった。しかし、外部有識者でつくる理研の改革委員会が6月に出した提言に「小保方氏自身によるSTAP現象の再現実験」が盛り込まれた。背景には「小保方氏本人にあきらめてもらう必要がある」との意図があったとされる。下村博文文部科学相も小保方氏の参加の必要性に言及した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141218-00000048-asahi-soci


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板5掲示板  
次へ