★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板5 > 706.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
桂STAP調査委員会報告書への疑問――ES細胞混入があり得ない材料と、マウスの手交・交配ミスの可能性の無視
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/706.html
投稿者 南青山 日時 2014 年 12 月 31 日 21:43:49: ahR4ulk6JJ6HU
 


(理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問)

http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/16134077.html

★元記事は3つのパート(リンク)に分かれている。それぞれのリンクは記事の途中で入れておいた。
★ブログ主は本文で「最も不思議なのは、識者やマスコミは、小保方氏のことをあれだけ、ミスが多い、研究者としての常識が欠けるといった批判をしていながら、捏造だということになると、まるで小保方氏が手品師のように緻密な捏造工作を行ったかのような言いぶりになることです。」まったくその通りと言うほかない。あるときは簡単に見破られる致命的ミス、捏造、不正をやりまくるまったくの科学のど素人的研究者、あるときは世界レベルの科学者を簡単に丸め込む熟達のマジシャン的研究者。小保方氏批判の文章を見ていると、そのようなキメラ的怪物を想像せざるを得ない。
★そして、この論考の主眼は「ES細胞混入では説明できないということが明らかになれば、マウスの手交ミス、交配ミスの可能性が浮上してきて、そうなると、一連の事件の構図は文字通り一変します。小保方氏及び若山氏の立場はまるで変わってきます。」にあると思える。これまであまり語られなかった新説だが、私見では現時点でもっとも妥当性のある謎解きのように思える。
★もちろん、そのように解釈したとしてもまだ多くの謎が残っている。それらが解明されるのはいつの日になることか。
(南青山)

 STAP論文に関する桂不正調査委員会の報告書が提出され、次のように結論されました。
「STAP細胞はなかったというのは、科学的検証からほぼ確実」
「STAP細胞の証拠­となる細胞は、すべてES細胞の混入で説明できることが科学的証拠で明らかになった」­
 http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20141226_1/ 調査報告書
https://www.youtube.com/watch?v=AWkc9v6l1JQ 全録画

これまで様々な指摘がなされていましたが、再現実験・検証実験や、遠藤氏の登録遺伝子データの解析によるものではなく、残存試料の分析によるものということで、その結果は注目されていました。そして、これまで、STAP細胞があることを前提としなければ説明できないという事象その他の科学的論点についても、科学的に合理的な解説がなされるものと考えていました。

しかし、そういう期待に反し、STAP細胞の有無に関わる科学的論点は、ほぼことごとくスルーされていたように感じましたし、「小保方氏による作製実験段階でのES細胞自体の混入」という先入観に立った推論をしてしまっていないだろうか・・・と思いました。
もっと言うと、大きな「見立て違い」をしてしまっていないのだろうか?というのが、文系の門外漢ながら、説明を聞いての率直な感想です。今回の調査委の調査とそれ以前に出ている一連の材料を踏まえれば、

「小保方氏に手交されたマウスが間違っていた(汚染されていた)」

と推論するのが、自然なのではないかと思いました。
そう思ったのは、若山氏自らが小保方氏から指導を受けて作製に成功した際には、「マウスから一から作製した」と明らかにされたこと、その若山氏が作ったSTAP幹細胞の残存試料の解析でも同じ結果だったこと、残存の「11 種類の幹細胞株の特徴は、2003年に若山研が大阪大学岡部研より導入したAcr-GFP/CAG-GFP マウスの特徴と完全に一致する」(報告書P4ー5)との結果が出たこと、それらのES細胞のもととなるマウスや樹立したマウスが若山研にいたこと、等の「事実」をつなぎ合わせれば、若山氏側から渡されたマウス自体が、今回分析された特徴を持つES細胞によって汚染されていた(ES細胞によって樹立されたものだった)と考えたほうが筋道が通っていないだろうか?との理由によるものです。

若山氏自身が作製した際には、当然、小保方氏に「渡したはずのマウス」と同じタイプのマウスから作製したはずなのですから、その若山氏作製の残存試料の分析結果が若山氏の想定と違っていた、それも、使っていないはずの岡部研からの導入マウスの特徴と完全に一致する、というのであれば、若山氏による「若山研にはいたマウスからは絶対にできない」との主張は完全に覆されたことになって、やはり「手交ミス」「マウス汚染」だったことを疑うのが自然のはずではないのでしょうか・・・?
そして、おそらくその点も念頭においたと思われる「今回のような特徴を持つES細胞から作ったキメラマウスからSTAP細胞を作ったらどうなるか?」と質問した記者がいましたが、桂委員長、伊藤武彦教授ともに、質問の趣旨が理解できず戸惑っていたものの、「(今回の分析結果と同じことになることは)ありうる」と答えています。

そもそも論として、

@「ES細胞をFI幹細胞培養条件下で混ぜたら、特段の形態変化なく、4〜5回の継代後に全滅した」「2月に観察したSTAP細胞の形態と今回できた細胞の形態は同じだった」との丹羽氏の12月19日の会見時の説明
A笹井氏、若山氏らによる一連のSTAP細胞の存在(=ES細胞ではあり得ないこと)を推定させる諸材料
  http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/16114758.html 
 ・「ES細胞と比べてもさらに小さな、核も小さく細胞質もほとんどない、特殊な細胞   である。また遺伝子発現のパターンの詳細解析もSTAP細胞はES細胞や他の幹  細胞とは一致しない」(笹井氏)
・「ES細胞は非常に増殖能が高く、分散培養すなわちばらばらにして一個一個の細胞から培養することが可能だが、STAP細胞は増殖力が低く、分散してしまうと死んで増えない。もしもそういったものを混ぜていればES細胞のような増え方をするはず」(笹井氏)
・「・・・その条件下ではES細胞より簡易に作成できました。さらにmRNA発現の仕方からSTAP幹細胞がES細胞のコンタミでは無いでしょう。」(若山氏)
・「笹井芳樹副センター長らは、目の前で弱酸性溶液に浸された細胞が、時間がたってから光り始めることを確認している(「動画」に記録されている)。ES細胞だったら最初から光っているはずだ(ES細胞は最初から多能性を持っている)。光り始めるまで時間がかかったということは、弱酸性の溶液に浸したために多能性を獲得した、と考えるのが理にかなっている。」(竹内薫氏)

といった諸点を考え合わせると、「小保方氏の実験段階でのES細胞混入」では説明できず、むしろ、「小保方氏へのマウスの手交ミス」「元々のマウス汚染」で説明するほうが合理的、と考えるのは無理があるでしょうか? その説の延長には、「やはりSTAP細胞はあったが、非常に制約のあった実験環境によって、再現には失敗した」という想定がありますが・・・。

●以下順次、会見を見ての疑問点を書いていきます。私の勘違いならご放念ください。

疑問1 なぜ、笹井、丹羽氏らの「ES細胞では説明がつかない」との指摘を無視して結論が出せるのか?

 質疑応答の冒頭で、日経BPの記者が、「笹井、丹羽氏は、ES細混入ではないかと疑われたので、そうではないという点は注意深く観察した、と言っているが、この点はどうか?」と質問したのに対して、

「両氏がどうしてそう考えたかは、わからない。我々は、論文がどうなのかを調べているので、その点は、調査対象外だと考えた。」

としてスルーしていました。この質問の前になされた「胎盤の残存資料の分析結果についての見解」の質問に対する回答とともに、絶句しました。STAP否定派であっても、「それはないだろう・・・」と感じた人も少なくないのではないでしょうか。
この回答は明らかに委員長の説明と矛盾しています。まず、笹井氏らが指摘した点は、上記にある通り、すべて論文に記載されている画像から読み取れる点です。細胞の大きさ、形状、光り始めるまでの時間等、論文そのものの内容です。それらの点をとの関係を整理分析しないのはどう考えておかしな話です。

また、最初に桂委員長は、調査の趣旨について、冒頭の説明で次のように説明しています。

「最初の調査委員会の後、主に理研内部でいろいろな科学的調査が行われて、データが溜まってきました。・・・報告としては、主に科学的調査が主体だが、論文についても調査した、論文の製作過程についても調査した。科学的調査としては、理研の各所の人が、自浄作用だと思うが、いろいろデータを出してきたので、それを第三者の目でどうかということをやった。」

 この説明と、先ほどの笹井氏、丹羽氏らの指摘に関する回答は、明白に矛盾していることは誰にでも理解できることでしょう。この調査委の調査は、科学的調査が主であり、論文について「も」調査したということで、それが主ではないということです。そして、さまざまなデータを理研内部の研究者がデータを出してきてものを評価したと言っているわけですから、当然、科学的真実の追求のためには、笹井氏、丹羽氏の指摘、若山氏のかつての実験観察について発言の内容との整合性についても分析し、合理的に説明をつけなければならないはずです。ところが、日経BP記者の質問に対しては、「論文がどうなるのかを調べているので、調査対象外だ」と、急に冒頭の説明と矛盾することを述べて、逃げてしまいました。これでは、自らが標榜した「科学的調査が主である」とのスタンスが崩れてしまうではありませんか。

 若山氏へのヒアリング結果に関しては、後ほど触れますが、上記のように2月の雑誌インタビューで「ES細胞より簡単にできたし、mRNA発現の仕方からESとは異なる」と述べていた点を裏付けるデータはあるはずで、それは実験ノート等の資料があるはずですが、その点を調査しなかったのでしょうか?
 そして、丹羽氏がつい数日前の12月19日の再現・検証実験結果についての会見時に述べた「ES細胞をFI幹細胞培養条件下で混ぜたら、特段の形態変化なく、4〜5回の継代後に全滅した」との指摘との関係でどう整合性のある説明ができるのか? という点は大きな注目点だったはずです。あの19日の会見からいくらも経っていないのに、調査委員会が最終報告を発表するというので、ちょっとタイミング的に早過ぎないか?と思いましたが、丹羽氏の指摘は無視するということだったとは唖然とするばかりです。

 丹羽氏は、4月の会見でも、
「ESとTSとは混ざって一塊の細胞塊にならない」
 として、混合疑惑に対して早期の時点で材料を提供し、今回の19日の会見でも、
「ES細胞を混ぜたら、形態変化することなく、4〜5回の継代後に全壊した」
というように、いずれも、「自分でもちょっと気になって」として、付随的実験をした結果を紹介しています。それについては、丹羽氏自らが積極的にデータを調査委に検証材料の一つとして提出するという雰囲気ではありませんが、公の記者会見で述べているわけですから、「理研の各所の人が、自浄作用だと思うが、いろいろデータを出してきたので、それを第三者の目でどうかということをやった。」というのと同列に、検証材料として取り上げるべきでしょう。それらの点は、STAP細胞に関心のある関係者すべてが注目していた点ですから、なおさらです。


疑問2 胎盤の確認をなぜ残存資料(マウス+切片)からしなかったのか?

 ES細胞かどうかの判断材料として、残存しているキメラマウスの胎盤の有無が注目されていました。だからこそ、質疑応答の一番冒頭の質問が、それだったわけです(日経BPの記者による)。
 ところが、委員長の説明は、極めて曖昧でした。

*******************************

Q 胎盤がなぜあるのか?という疑問についてはどう考えるのか?
A これに関しては、我々は疑っている。あの光る胎盤は、血液とか胎盤以外ものだった可能性があるということは、専門家に見てもらったところ、そのような回答を得ている。これは切片を切ったらそうでなかったというのがあるが、それがどうだったかは最終的に検証できなかった。しかし、胎盤であるとの証明があるとは思っていない。胎盤でないというところまで突き詰めて証明することは難しかったが・・・、胎盤であったとの証明があったとは思っていない。
Q つまり、GFPで光っている胎盤が確認できていないのか?
A 我々の調査委では確認できなかった。
Q はぁ・・・、胎盤の形状を保持しているものは確認していないのか?
A 光っているものが、図によっては胎盤なのか別の組織なのか、専門家は、疑わしいと言っている人がいる。疑わしいという言い方だが・・・。

******************************

 意味不明の回答だと感じます。この点が一般には最も注目されていて、残存資料を分析すればわかる話だということで、確認結果について、どういう説明がなされるのか大きな関心を持って皆が待っていたわけです。

 ところが、桂委員長の答えは、疑問だらけです。
@残存している現物を実地に確認したのかどうか自体が曖昧。「調査委では 確認できなかった」というのはどういうことか? なぜ確認できなかった のか? 専門家ではないからか? 何か物理的制約があったのか? シー ケンサー?にかければすぐわかるというのが、もっぱらの指摘だったはず ではなかったか?
A専門家に見てもらったところ、「図によっては、疑わしいと言っている人がいる」というが、「図によっては」ということは現物を見せていないということか? 「〜人がいる」というのはどういう意味か? 数人に見せて、その一部が言っているだけなのか?
B「切片を切ったらそうでなかったというのがあるが、」とはどういう意味か? 丹羽氏は、切片によって、間違いなく胎盤だと確認したと4月の会見時に言っているが、それとはどういう関係になるのか? 切片は専門家にみせたのか?
C「胎盤であるとの証明があるとは思っていない」というが、何を以て証明があったと判断されるのか? 証明のための基準、方法が示されなければ、ある、ないといっても仕方がない。

 この点の調査委の調査は明らかに杜撰です。丹羽氏の指摘は調査対象外と桂委員長は述べましたが、ご冗談でしょう。
 丹羽氏は、4月の会見時に、次のように答えています。最も関心のある部分だとして、自分の目で慎重に確認したと答えています(11:25〜)
 https://www.youtube.com/watch?v=83LKlS8h8vI 

*******************************

Q 胎盤に分化していることを確認しているのか? 血管が光っているのではなく、細胞が光っていることを。
A 自分自身もその点は、実験に参画した上で最も強いモチベーションだったので、・・・GFPの自家蛍光の問題は、免疫染色等で確認すべきだとのご意見があったが、まさにそのような手段を用いて、かつ 胎盤実質細胞で発現するマーカーともキョーセンショクを以って、確かにSTAP細胞由来と思われるGFP陽性細胞が胎盤組織にインテグレートしていることを、切片を顕微鏡で自分の目で確認している。

*******************************

 これだけ慎重に見極めをしているのですから、同じ切片を見せて、別の判断をする専門家がいるのであれば、なぜ判断に相違が生じるのかを、突き詰めて検討する必要があるはずです。図によって疑わしいと判断しているというのであれば、同じ図を丹羽氏にも見せて判断を求めることが順序からいって当然でしょう。
 「疑わしいと言っているという人がいる」という言い方もひっかかりますが、そういっているのであれば、その理由をきちんと提示させることが、科学的調査であるはずです。

 以上のような疑問を持って報告書で関連記述部分はないかと探したら、ありました。ありましたが、実にあっさりと、「専門家の意見によれば、胎盤ではなく卵黄嚢の可能性が高い」と書かれているのみです(p21)。この認定の書きぶりと上記の委員長の説明ぶりにはかなりのニュアンスの差があります。「疑わしいといった人もいる」という委員長の説明が、報告書では「可能性が高い」というところまで断言してしまっています。

4)Letter Extended DataFig.1a について
 2N キメラの写真ではなく、Article Extended Data Fig.7d と同じ 4N キメラ胎児胚の写真の疑いがある点(論文撤回理由 2)(これについては、2014 年 5 月 10 日に著者から報告、5 月 21 日に報道されている)
 この写真で胚の一部を胎盤と誤同定している可能性がある点
(調査結果)
4N キメラ胚であることは、マウス胚撮影に用いた PC に残存する写真(2011 年 11 月 28日撮影)と若山氏の実験ノートから確認できた。論文の図の説明には 2 つの矢印があって、胎盤と卵黄嚢とされているが、専門家の意見によれば 2 つとも卵黄嚢である可能性が高い。
(評価)
2N キメラか 4N キメラかは、論文の重要な論点とは考えられず、過失による可能性が高いと判断した。STAP 細胞の胎盤への寄与は、Letterの論点として重要であり、研究の価値を高めるために強引に胎盤と断定した可能性があるが、調査により得られた証拠に基づき認定する限り、研究不正とは認められない。(以下略)」

 この報告書の記述で明らかになったことは、意見をもらった専門家には論文の図しか見せていないということです(!?)。そんな杜撰な調査など、あり得るのでしょうか?? ここに書かれている通り、「STAP 細胞の胎盤への寄与は、Letterの論点として重要」であり、当然、誰もがホルマリン漬けのキメラマウスで確認するに違いないと考えていたはずです。ところが、これでは、切片さえも見せていないということではないでしょうか? 丹羽氏は、切片によって慎重に確認したと言いました。しかし、科学者やマスコミその他は、「切片を作ったのは小保方氏だから」と言って、その捏造を強く疑っていました。ですから、当然、調査委とすれば、切片はもちろん、残存キメラまで含めて改めて検証しなければ、調査の体をなしません。ところが、報告書及び委員長の説明から、論文掲載の図を「専門家」に見せただけだということがわかりました。キメラの現物チェックもできない、切片の再検証さえもしない、というのであれば、その然るべき理由を説明する必要があります。報告書は、「研究の価値を高めるために強引に胎盤と断定した可能性がある」としていますが、論文の図を見せただけで「誤同定」だと断定してしまうとは、それこそ、「ES細胞混入説の邪魔にならないように、強引に卵黄嚢の誤同定だと断定した可能性がある」ということではないでしょうか?


(以下 http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/16134085.html


疑問3 なぜ「若山氏が小保方氏に渡したマウス」が若山氏の説明通りという前提に立つのか?

 マウスの系統の混乱の問題は、若山氏が6月に記者会見で発表した「若山研究室にあったマウスからは絶対にできない」と断言したことが間違っていて、7月に訂正を行ったことから、注目されていた重要な論点のひとつだったはずです。
「幹細胞の目印が・・・若山研究室で飼育されていた別のマウスと遺伝子の目印の特徴が似ていることが分かった」ということは、7月の訂正の時点では報じられていました。しかし若山氏は、小保方氏と渡したはずのマウスとは別系統のマウス(大阪大の岡部研究室から譲渡されたもの)が飼育されていたことは認めましたが、その系統のものを渡した可能性は否定していました。
  http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/15695587.html

◎NHK
「・・・ただ、若山教授がSTAP細胞作製のために小保方リーダーに渡したマウスと、そのマウスから作ったSTAP細胞だとして小保方リーダーから渡された細胞が異なるものだという点は変わっていないということで、理化学研究所や若山教授の研究室でさらに詳しく調べています。」
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140723/k10013211391000.html  

 残存しているSTAP幹細胞やES細胞が、岡部研由来マウスのものであることは、今回の調査報告書で改めて明らかにされました。

「1)Acr-GFP/CAG-GFP 共挿入の位置、コピー数、周囲の塩基配列
表:STAP 幹細胞株一覧に挙げた 12 種類の幹細胞から STAP 幹細胞 FLS-T を除く 11 種類の幹細胞株、それらの幹細胞が作製された 129 系統、および C57BL/6 系統の NGS による全ゲノム解析を行なった。その結果、Acr-GFP/CAG-GFP の共挿入は、STAP 幹細胞 FLS3、FI 幹細胞 CTS1、そして ES 細胞 FES1 並びに FES2、ntES1 並びに ntES2, および 129/GFPES の 7 株の第 3 染色体の同一部位に共通に存在することが判明した。また、Acr-GFP が第 3 染色体の片方にのみ挿入されていること(FISH により確認)、Acr-プロモーターのコピー数がどれも約 20 コピーであること、GFP 挿入部位を挟んで第 3 染色体の約 20kbの重複があることと、GFP 挿入部位に隣接して第 4 染色体 20kb 断片の逆向きの挿入があることも共通していることが判明した。これらの特徴は、2003 年に CDB 若山研が大阪大学岡部研より導入した Acr-GFP/CAG-GFP マウスの特徴と完全に一致する。」(P4-5)

「3)次世代シークエンサー(NGS)による解析結果
表:STAP 関連細胞株一覧に挙げる 12 種類の幹細胞のうち、FLS-T を除く 11 種類、それらの幹細胞が作製された 129 系統、および C57BL/6 系統に関して、全ゲノム SNPs 分析を行なった。その結果、STAP幹細胞 FLS3、FI 幹細胞 CTS1 および「129/GFP ES」と呼ばれる小保方研のフリーザーから発見された ES 細胞は、2005 年に若山研で樹立された受精卵由来の ES 細胞 FES1 および FES2 と遺伝的背景の類似性が高いことが明らかになった。」

 これによって、若山氏が小保方氏に渡したマウスも、やはり岡部研由来のマウスではなかったのか?という連想が湧くと思いますが、しかし、あくまで本来渡すべき系統のものを渡していたという可能性もないわけではありません。
 しかし、その点は、桂委員長の説明によって、図らずも、岡部研由来マウスだったことが強く示唆されていると思いました。

理由の第一は、若山氏が一から作製に成功した際には、マウスからスタートして成功しているということが明言されていることです。そして、その若山氏が自ら一から作製したSTAP幹細胞(表:STAP 関連細胞株一覧の「FLS-T1、T2」)も含めて、その遺伝子構成が、ES細胞のもの(=岡部研由来のもの)と一致していることが明らかになったことによります。
 委員長は次のように説明しています(55:14)。

Q 以前、若山氏が、ただ一度だけ小保方氏の指導で、一からSTAP細胞を作りSTAP幹細胞を作ったとのことですが、これは、マウスから作ったわけではなく、何らかの処理された細胞から作ったという理解でいいか。
A マウスから作った。最初から最後まで。山梨大に出る前に、若山さんでもできるかやってみようと思って、若山研の人たち田試したができなかったので、自分でやってみたいということで教えてもらってやったらできた。これは若山研に保存されていたので、それをいただいて調べた。
Q なぜ一回再現できたか不思議ですが・・・。
A 不思議です。STAP細胞ができたというのは、小保方氏以外で操作してできたというのは、我々の確認している限りでは、この若山氏の1回だけ。
Q 引きちぎって挿入するようにしたらできたとあるが、その時にES細胞が混入したということか。
A 前の状況が何も残っていないのでわからないが、小保方氏が理研に来てから半年ほどはできなかったが、2011年の11月くらいになってから急にキメラができるようになった。なぜできなかったはわからない。樹立日のFLS3とGLS1とが、2012年1月から2月の初めにかけて、この時にたくさんできたようだが、少なくともこれはESのコンタミだった。なぜ急にできるようになったのかを尋ねたら、答えは二つ。若いマウスと使うようにしたことと、細胞をバラバラではなく引きちぎって塊にして挿入するようにしたらできるようになったとのこと。そう信じていたようだ。しかし、我々としては、できるようになった時点で、もう一度塊をバラバラにしてできたら、これだけ(騒ぎは?)大きくはならなかったろうという思いはある。
 (注)報告書のP30に同趣旨の記載あり。

 質問した記者は、若山氏が作製に成功したのはマウスからでないと思い込んでいたようですし、若山氏の主張が正しいとの先入観に立てば、そういう発想になることでしょう。ところが、意外なことに、桂委員長の答えは、「マウスから一から作った」でした。となると、若山氏が作製で使ったマウスは、当然、自分が小保方氏に渡したはずの系統のものと同じものだったはずです。間違うはずがありません。しかし、そこから作製したSTAP細胞から作ったSTAP幹細胞として残存しているものが、岡部研由来のES細胞の特徴と完全一致したということであれば、若山氏が手交したマウスがそもそも間違いだったという論理的帰結になるのではないでしょうか?要するに、若山氏側のマウスの手交ミスということです。

 もう一つ、若山氏側の手交ミスと推定される理由は、若山氏の説明と、論文、残存資料の相違についての、桂委員長の次の説明です(1:04:●〜)

Q 若山研の管理状況は、ES混入を排除できる実験環境は整っていたのか?
A わからない。そこにいたわけではないので。・・・(中略)
 論文の投稿をしているときに、査読者からESの混入ではないのかとの指摘があった。それで最初にFLS・・・というのは非常にやっかいな細胞で、若山氏が小保方氏に渡したマウスは、129GFPのメスと、B6のCAGGFPのオスを掛け合わせてそれのF1のはず。ですからCAGGFPはホモで入っているはず。ところが、論文では、B6のほうにだけCAGGFPが入っているような記載になっていた。どうしてそうなったのかわからない。しかし、実際に調べてみたら、アクロシンGFPとCAGGFPとが入っているという第三のものだった。ですから、若山氏が渡したマウスと論文の記載と残存資料の3つが違っているというやっかいな細胞だ。

 ここでも、若山氏の説明が、小保方氏の論文と残存資料の分析結果と異なっていることが示されています。これは、若山氏が手交したつもりのマウスが、実際には違っていたということが十分あり得ることを強く示唆するものでしょう。
 
 マウスの飼育管理に関連しては、報告書では次のような言及があります。

「(2)ES 細胞の混入を行った者を特定できるか
これだけ何回も ES 細胞が混入したことは、培養器具の不注意な操作による混入の可13能性も考えられるが、研究者の常識としては、誰かが故意に混入した疑いを拭うことができない。そこで、本調査委員会では、誰に ES 細胞混入の機会があったかを調査した。小保方氏と若山氏の聞き取り調査から判明した各実験過程の担当者は、以下の通りである。
[STAP細胞作製のためのマウス] STAP 細胞作製に用いたマウスは、若山氏がマウスの交配を行い、小保方氏にマウスを手渡した。ただし、Oct4-GFPを持つ STAP 細胞作製のときは、CDB 若山研メンバーが管理していた GOF マウスのケージから、小保方氏が子マウスを取り出して使用した。」(p13〜14)

「3)STAP幹細胞FLSのGFP 挿入パターンがホモではなくヘテロであったことを著者が認識していながら、その実験の不整合の原因を確認しなかった疑いについて(なお、論文に書かれているB6GFP×129/Svや129/Sv×B6GFP等の表記は、実際にマウスの交配を行った若山氏によれば、間違いとのことである。)
(調査結果)
STAP幹細胞FLSから作製した4Nキメラを戻し交配して得た子にGFPを含まないマウスが含まれていた。このことは、STAPFLS幹細胞FLSを作成したマウスは129(CAG-GFPホモ)とB6(CAG-GFPホモ)を交配したF1であるとの、若山氏の認識と矛盾する結果だが、若山氏と小保方氏はこの矛盾について、それ以上の追求をしなかった。
本件について、若山氏は質問状に対する回答で「その当時、STAP現象は絶対に本当だと思っていたため、この疑問点は自分のマウスの交配のミスによるものだと判断しました」と回答している。そして、若山氏の結論として「誰かの実験を手伝ったとき、つじつまが合わない現象が起こった場合、真っ先に自分の担当した部分を疑うのは当然」とも回答した。
(評価)
上に述べた状況から、CDB若山研のマウスの飼育管理体制は若山氏が中心となり、それに数名のスタッフが携わっていたと、若山氏の説明からうかがうことができる。また、マウスの系統管理も、系統間のコンタミネーションに対しては、部屋、あるいはラックを変えるなどの防止策は採られていた。一方、小保方氏に関しては、マウスの飼育を若山氏に全面的に依存していたことから、この問題に関する責任は低いものと認められる。
以上から、その実験の不整合の原因を確認しなかったという点については「若山氏のミス」ということで片付けられ、問題であることは認めながらも、その原因を追求しないままにしておいたことは、科学者として避けるべきであった。しかし、調査により得られた証拠に基づき判断する限り、研究不正とは認められない。」(P29)

 ここでは、マウスの系統管理はできていたとの認識に立っているようで、マウスのコンタミの可能性は排除しているように見えますし、若山氏が交配ミスと考えたのは間違いとの認識に立っているようです。しかし他方で、若山氏の認識と残存資料の分析結果とが相違していたことが判明し、若山氏自身がマウスから一から作ったSTAP幹細胞も、岡部研由来のES細胞の特徴と一致しているという結果だったことからすれば、やはり、若山氏の交配ミスだったというのが、実際に生じたことだったのではないでしょうか。


疑問4 ES細胞が混入すれば、大きさ、増殖速度の差異等で直ちに峻別できるのではないのか?

 調査委員会は、「インキュベーターでシャーレで培養中に何者かがES細胞を混入した」との見立てに立ち、わざわざ、研究室の見取り図まで示して、アクセスできる者、時間、管理状況について説明しています。小保方氏とは断定はできないものの、ほとんど小保方氏であるといわんばかりのニュアンスを出しています。
 しかし、ES細胞が混入したならば、大きさや形状が異なることから、すぐに見てわかることは、研究者の常識ではないのでしょうか? それに、ES細胞だったら増殖能が強いですから、数日の培養期間中にどんどん増えてしまうことでしょう。
 桂委員長は、笹井氏や丹羽氏のES細胞混入の可能性を否定する指摘を、調査対象外だとして検討していません。委員長の説明からしても筋として調査対象外になるはずがないことは既に述べましたが、笹井氏、丹羽氏は次のように説明していたわけです。
  http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/15597292.html 

@ 笹井氏の記者会見での説明資料での否定
  http://www3.riken.jp/stap/j/s3document1.pdf

 笹井氏は、次のように資料に記載し、ES細胞や他の幹細胞の可能性は疑問視し、STAP現象が最有力の仮説としているわけです。

B) 特徴ある細胞の性質
・リンパ球やES細胞よりSTAP細胞はさらに小型サイズの特殊な細胞
・遺伝子発現パターンの詳細解析でも、STAP細胞は、ES細胞や他の幹細
 胞とも一致せず
・ES細胞は、増殖能は高く、分散培養可能; 一方、STAP細胞は増殖能が
 低く、分散培養不可
イメージ 1
C) 胚盤胞の細胞注入実験(キメラマウス実験)の結果
・ES細胞、TS細胞の混ざり物では細胞接着が上手く行かず1つの細胞塊に
 ならない
・ES細胞と異なり、分散した細胞ではキメラを作らない

「一個人の人為的な操作」が困難である確度の高いデータのみを見ても
@Oct4‐GFPを発現しない脾臓の血球系細胞からOct4‐GFPを発現する「他の細胞では知られていない」形質を持った小型細胞の塊が生じること
A胚盤胞への注入された細胞の貢献は、ES細胞やTS細胞では説明できない特別な多能性の表現型を示し、また内部細胞塊や桑実胚の細胞とも考えにくい」
                                  
A 丹羽氏の記者会見での否定
 丹羽氏は、4月の記者会見で、問われて次のように答えています。
  http://sankei.jp.msn.com/science/news/140407/scn14040722100010-n2.htm 
「 −−STAP細胞は、胚性幹細胞(ES細胞)の混入を見間違えたのではないかとの指摘がある
 丹羽氏 「私が知る範囲の知見では、その仮説が真である確率は低い。専門家の判断からすると、それほど単純ではない」
「若山氏は、今でこそ信じる信じないと言っているが、小保方氏から渡された細胞集団は極めて均一な細胞集団で、これをマイクロナイフで刻んで注入したと聞いている。」

これは、笹井氏と同じ知見に立っての発言でしょう。
丹羽氏は、更に、12月19日の会見で、
「ES細胞を混ぜたら、形態変化することなく、4〜5回の継代後に全壊した」
 「(検証実験では)プロトコルエクスチェンジの作成の際に、小保方氏の実験で見たときと同じ形状の細胞ができてきた(細胞死滅のときとは異なる多能性マーカーは発光したが、キメラにならなかったので多能性が確認できなかったので、結局それが何者なのかわからないが)」

 要は、大きさ自体が全く違うということです。
 桂委員長ら調査委員会は、この基本的な知見を持っていないのではないでしょうか。それは、次の報告書の記述と同趣旨の委員長の発言から伺われます。

「論文の共著者は論文原稿の最終版を全部読んで内容を承認する責任があるが、共著者全員がこの責任を果たしたのだろうか。STAP 幹細胞が急に効率良くできるようになった時に、若山氏は、それまで STAP 細胞塊をバラバラにしていたのを、引きちぎって注入するように変更したためと説明した。しかし、ここで再び細胞をバラバラにして注入する対照実験をしていれば、ES 細胞の混入を発見できた可能性がある。」(P30)

 暗黙の前提として、ES細胞もSTAP細胞も同じような大きさ、形状のものだと理解しているのは明らかでしょう。バラバラにした一個のSTAP細胞の大きさは、半年にわたって失敗してさんざん見ているでしょうから、それとES細胞1個の形状とはまるで違うことはわかるでしょう。小保方氏が、ES細胞の塊を渡したと思い込んでいるようですが、そうしたら、巨大な塊になるはずでしょうから、一発で峻別できるはずです。
 なお、若山氏のこの実験成功したときの状況は、若山氏への当時のインタビューにビビッドに書かれています。
 http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/15780668.html 

 そして、コメント欄でJISAIさんからご教示のあった遠藤氏の、次の説明からしても、ES細胞が混入したらすぐわかるはずでしょう(遠藤氏は、シャーレの丸ごとすり替え論のようですが)。

「混入ではなくすり替えでシャーレごと交換している場合増殖の制御は不可能ではありません・・・しかしES細胞は通常シャーレに接着し浮遊細胞塊とはなりませんのでやはり見た目で区別がつきます。」
http://blog.livedoor.jp/pyridoxal_phosphate/archives/19550534.html#comments


(以下 http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/16134115.html#16137040


疑問5 小保方氏作製のキメラと、若山氏作製のキメラの比較分析はないのか?

 よくわからないのですが、若山氏は、一からマウスからSTAP細胞→STAP幹細胞と作製に成功しているわけですが、そこからキメラマウスを作って保存していないのでしょうか?
 先に紹介した桂委員長の下記発言で、「自分でやってみたいということで教えてもらってやったらできた。これは若山研に保存されていたので、それをいただいて調べた。」とあり、「最初から最後まで」とありますが、これは、幹細胞だけとは考えにくく、当然、キメラマウスまで作っていると考えるのが自然です。若山氏が追試した趣旨からすれば、幹細胞を保存しているのであれば、キメラマウスもホルマリン保存されていると思われます。一連の実験ノートもあるのではないのでしょうか? それらの検証はなされているのでしょうか?
 
Q 以前、若山氏が、ただ一度だけ小保方氏の指導で、一からSTAP細胞を作りSTAP幹細胞を作ったとのことですが、これは、マウスから作ったわけではなく、何らかの処理された細胞から作ったという理解でいいか。
A マウスから作った。最初から最後まで。山梨大に出る前に、若山さんでもできるかやってみようと思って、若山研の人たちが試したができなかったので、自分でやってみたいということで教えてもらってやったらできた。これは若山研に保存されていたので、それをいただいて調べた。

 若山氏が自らSTAP細胞作製に使ったマウスは、自らが正しい系統のものと認識していたものを当然選択しているはずです。マウスから切り出した細胞には、もちろん、ES細胞の混入もすり替えもありません。そこからスタートして、一連の追試実験を成功させたというわけですから、その結果できたキメラと、小保方氏が論文で作製したキメラとを比較すれば、真実の把握に大きく近づくと思います。
 もし、小保方氏のものと同様の結果であれば、実験使用マウスについての若山氏の認識と実際が違っていたということですので、若山研のマウス汚染が原因だということがはっきりすることでしょう。もし異なる結果であれば、若山氏は何を作ったのか? ということになりますが・・・(コンタミなき本来のSTAPキメラマウス?)。

 ついでですが、桂委員長の説明の中で、「若山研の人たちが試したができなかったので」という点は、若山氏の2月のCell誌インタビューでの発言と異なります。他の院生もできたと言っています。この点をなぜ確認しないのでしょうか?
 http://d.hatena.ne.jp/tomozouh/20140301/1393643308   
 http://tokyocicada.blog.fc2.com/blog-entry-63.html  

******************************************************************

―以前成功したSTAP細胞はmESCsあるいはマウスのiPSのコンタミという可能性はありますか
Y:私はSTAP細胞からSTAP幹細胞の作成にも成功していますし考えにくいです。それに129B6GFPマウスからのSTAP幹細胞作成も出来ています。当時ES細胞は持っていませんでした。STAP幹細胞作成時Oct-4強陽性でした。その条件下ではES細胞より簡易に作成できました。さらにmRNA発現の仕方からSTAP幹細胞がES細胞のコンタミでは無いでしょう。
―あなたのラボでも再現性が低いそうですね
Y:ありうる事です。私自身ラボを移った際今まで出来ていたクローンマウスの作成に半年かかりました。自分の持つ技術でさえそうですから人の技術であれば再現が難しいのは納得できるものです。以前成功した時は小保方氏の指導の下、全て自分で行いました。同じようにPh.Dの生徒もSTAP幹細胞作成に成功していました。実験をはじめた当初はES細胞やiPS細胞は扱っていませんでした。後になってコントロールとしてES細胞を培養していました。

******************************************************************

疑問6 なぜ、より合理的な説明ができる「若山氏によるマウスの手交ミス」「手交マウスのコンタミ」の可能性を追求しないのか?

 この疑問は、上記の「疑問3 なぜ「若山氏が小保方氏に渡したマウス」が若山氏の説明通りという前提に立つのか?」の延長なのですが、上記の一連の材料からすれば、「ES細胞混入」では説明が難しい材料が多々ある中で、同じ遺伝子分析結果が得られる他の可能性として、「若山氏によるマウスの手交ミス」「手交マウスのコンタミ」の可能性になぜ思い至らないのだろうか?ということです。
 ES細胞を作製した親マウスの系統、種類のマウスを誤って使ってしまった可能性が多分にあるわけですが、親マウスの分析や、そういう仮説による検証はされていないように思えます。
 報告書のP13以下に、「ES細胞混入の根拠」について総括的に述べられていますが、
そこでは、あくまで、STAP、FI幹細胞の作製時にES細胞が混入したと認定しています。

「(1)ES 細胞混入の根拠
 (中略)
以上の論理を用いて、STAP 幹細胞や FI 幹細胞が ES 細胞に由来すると結論することができた。この場合、STAP 幹細胞や FI 幹細胞の作製時に ES 細胞が混入した可能性、ES 細胞作製時に STAP 幹細胞や FI 幹細胞が混入した可能性、の 2 つの可能性が考えられるが、今回の場合はいずれも ES 細胞の方が STAP 幹細胞や FI 幹細胞より早い時期に樹立されている。よって、STAP 幹細胞や FI 幹細胞の作製時に ES 細胞が混入したと認められる。」

 会見では、若山氏の手交ミス、交配ミスの可能性を念頭に置いてかどうかわかりませんが、質問がなされています。しかし、委員長はじめ他の2人は、質問の意味さえ理解できず、大きな戸惑いをみせていました。頓珍漢な答えになってしまっていますが、これは、そういう「手交ミス」「マウスのコンタミ」の可能性は、頭から排除していた証左といえるでしょう。
 以下、録画から起こしてみますが、戸惑いの雰囲気を実感するには、録画そのものをご覧いただいたほうがいいと思います(録画 1:11:00〜から5分間)。

Q ES細胞混入の可能性が高いという根拠で、遺伝子的特徴が極めて一致しているということだが、たとえば、FES1からキメラマウスと作って、そこからSTAP細胞を作ればここまで一致するということはないのか。
A(桂委員長) ええと・・・・ES細胞からキメラマウスを作り、そこからSTAP細胞を作れば、・・・かなり似たものができると思う。
Q そういう可能性は・・・そうすれば、ここまで極めて遺伝子特徴が一致するということはありえなくはないということか?
A (桂委員長)・・・(困惑して笑いつつ)米川先生どうですか? マウスの専門家として・・・。
A (米川委員)・・・・遺伝学の立場からすれば、そういった可能性はあまりないと思う。完全にないということはいえない。これは科学の世界では、何点何%という限られた事実でしか判定できないので、一般の方がいわれるように、たとえば99.9%、零コンマ零一%あるからそれは違うんじゃないかといわれても、そういったことは普通科学の常識としてありません。
Q 全く違う場合に極めて同じになることは確率的にありえないが、 今のようなやり方でやれば、極めて似てしまうことはありうるということでいいのか?
A(桂委員長)ES細胞とESを作ったと言われるマウスとが、かなり違った点がいっぱいあることがわかっている。
Q ということは、そういった方法で作れば似ているかもしれないが、そうした可能性はほぼあり得ないということでいいのか?
A(桂委員長)(戸惑いつつ)・・・伊藤先生、いかがですか?
A(伊藤教授)質問の趣旨がわかりかねているのだが、どういうことをお考えなのか、お聞かせ願えますか。
  〜〜〜〜質問の繰り返し〜〜〜〜
A(伊藤教授)すみません、申し訳ないです。それは今のお話では・・・・
Q 〜〜〜〜質問の繰り返し〜〜〜〜
A(伊藤教授)それは、STAP細胞が存在しても話として成り立つのではないかということか? もし仮にそうだったとしても、論文の記載方法とは全く違うと思うが、そんな面倒くさいことをしなくても、そのままやれば個体を発生させることはできるわけだが、それはできないことではないが、論文記載の方法とは全く違うということは言えると思う。
A(桂委員長) 伊藤先生は慎重に答えたとおもうが、今回の我々の例でみてみると、マウスからES細胞を作ったときにかなり変位が入るようだ。もしそうしても、全部がそうなのかは百%の自信はないが、かなり変位が入っている可能性が高い。
Q 一度キメラマウスを通していたら、ここまで一致しないと考えていうことでいいか。
A キメラからESを作るときに、新たな変位が入る例が多い。全く入らないかといえばわからないが、その程度の変位は次世代シーケンサーを使えば全部検出できる。

 質問した記者は、ES細胞から作ったキメラマウスから、STAP細胞が作られた可能性はないのか?と質問しているわけですが、ES細胞を作った親マウスが誤って使われたようなコンタミの可能性もあるでしょう。

 報告書では、

「これだけ何回も ES 細胞が混入したことは、培養器具の不注意な操作による混入の可能性も考えられるが、研究者の常識としては、誰かが故意に混入した疑いを拭うことができない。」(p13-14)

 と述べていますが、そんな何回も都合よく、ES細胞を混入できると考えるほうが不自然ではないでしょうか。2011年11月に初めてできて、「2012年1〜2月に特にたくさんできた」と桂委員長は述べていますが、その「たくさん出来た」たびごとに、小保方氏がESをせっせと混入していたというのでしょうか? そういう推定のほうが現実的でないように思えます。むしろ、多くの局面でES細胞の特徴がでているということは、もともとのSTAAP細胞作製に使ったマウス自体が、ESを作ったマウスと同系統、同種のものだったのではないか、と考える方が自然ではないでしょうか。
 この点は、若山氏作製のキメラとの比較分析などによって、判断材料が揃ってくると思いますが、そういう可能性について想定も検証もしなかったというのは、科学的真実を追求するはずの科学的調査としては不十分すぎるのではないでしょうか?


●とりあえず、考えたことは以上です。
 まとめると、

@論文調査だけでなく、科学的調査と称しながら、笹井氏や丹羽氏の指摘によるES細胞ではあり得ない材料を、論文解釈に関わるものであるにも拘わらず、完全無視しているのは明らかにおかしい。
A肝心の胎盤かどうかを論文の図だけで見て、残存のマウスはおろか切片さえもチェックせずに判断しているのは理解できない。
BES細胞混入であれば、一見すれば、大きさ、形態、増殖速度、シャーレでの状況(付着⇔浮遊)等から直ちに峻別できるはずである。若山氏にしても気が付かないはずがない。
C若山氏自身が、正しい系統であるはずのマウスから、一から作製に成功した際にできたSTAP幹細胞も、大阪大岡部研から導入したマウス由来というのであれば、若山氏の小保方氏への手交マウスも間違っていたと考えるのが普通の解釈ではないのか?
  実際、若山氏のマウスの認識と残存資料の分析結果は違っているものが
  あった。
D同じ遺伝子構成の一致がみられるだろうと各委員が述べた、ESキメラからのSTAP細胞作製の可能性や、ESを作った親マウスの系統マウスの手交可能性を想像もしないというのは、科学的調査としておかしくないか。若山氏の認識を正しいと所与のものとし、若山研側による「マウスの手交ミス」「マウスのコンタミ」をまったく想定もせず検証もしないのはおかしい。

 なにぶん門外漢なので、基本的勘違いもあるかもしれませんが、門外漢だからこそ、平気で感じたことを披歴できるという面もあります。科学者では軽々なことはいえないでしょう。しかし、ES細胞混入では説明がつかない初歩的材料を完全無視しているというのは、誰でもおかしいと考えると思うのですが、まことに不思議なことに、この点に触れる識者、マスコミはほとんど皆無だというのは、驚くべきことです。そういう様子をみると、「王様は裸だ!」と叫んでいる子供のような気分になってきます(笑)。
 最初ニコニコ動画で生中継をみていましたが、視聴者のコメントが流れますが、若山氏が一度、一から作製に成功していることを知らない人々が多いということに驚きました。マスコミも自分たちで2月に若山氏に成功の経緯をインタビューしているわけですから、その時の話との矛盾をなぜ問わないのか不思議でなりません。

 今回の桂調査委員会での質問も、追求が緩すぎました。ES細胞の大きさ一つ取り上げて、「すぐに気が付くのではないか?」という単純な問いを投げかけるだけでも違ったでしょう。あるいは、すぐ数日前の丹羽氏会見時の「ES細胞を混ぜたら、形状変化なく全壊した」という実験結果との関係を問う質問もあってしかるべきだったでしょう。最初の日経BPの記者や他の記者が、「笹井、丹羽両氏の指摘は、調査対象外です」と回答されて、あっさり引き下がるセンスがまったく理解できません。それが核心だったはずです。

 ES細胞混入では説明できないということが明らかになれば、マウスの手交ミス、交配ミスの可能性が浮上してきて、そうなると、一連の事件の構図は文字通り一変します。小保方氏及び若山氏の立場はまるで変わってきます。

 最も不思議なのは、識者やマスコミは、小保方氏のことをあれだけ、ミスが多い、研究者としての常識が欠けるといった批判をしていながら、捏造だということになると、まるで小保方氏が手品師のように緻密な捏造工作を行ったかのような言いぶりになることです。それはダブルスタンダードでしょう。あの一連の「たくさんできた」というSTAP細胞が、すべてES細胞混入によるものだとすれば、増殖力が強い細胞をタイミング良くもっともらしく偽装するために相当精緻な制御をしなければならず、ほとんどインキュベーターに張り付かなければならなかったのではないでしょうか(それでも、ES細胞とSTAP細胞は大きさがまるで違いますから、偽装しようがないでしょう)。

 心理学の世界では、「認知的不協和」という理論があります。社会心理学の教科書に出てきます。自分の考えや信念と相容れない事実に遭遇すると、不快感を感じたり、なんとか矛盾がなくなるように心理的操作を行うことを言います。
 このSTAP騒動も同じではないでしょうか。「STAP細胞はなかった」という考えと相容れない材料は、無視したり、ES細胞混入説や遠藤氏のES/TS細胞混合説、あるいは「若山研から渡したマウスからできるはずがない」との調査結果を聞き、そのたびに「やはりSTAP細胞はなかったんだ」と確認できて心理的平穏を得ていたように感じられます。「世界三大不正」という決めつけに拍手喝さいの趣きです。
 そういうと、「お前こそ、STAP細胞があるという期待が先行し、それが裏切られるような話は受け付けようとしないではないか」と言われそうですが、もちろん期待はありますが、別に、ないならないで仕方がないとおもっています。言いたいことは、「科学の世界のことであり、科学者であれば、科学的論点について科学的に冷静に詰めてほしい」ということです。科学者が率先してバッシングのみをしているようでは情けない限りです。

 笹井氏は亡くなってしまいましたし、丹羽氏は重要な材料を「ちょっと気になって」といって実験をやってみて提供しているものの、声高に自らそれを主張して他人の矛盾を突くというタイプではなく、問われたことに最小限で答えるという雰囲気です。それに乗じて、彼らの指摘を無視するというのは科学者としてあるべき態度ではないでしょう。

 小保方氏はガリレオなのか? STAP細胞は第二のドリーなのか?
 世間は忘却の彼方かもしれませんが、科学的決着が最終的に着くまで、時間は相当かかりるでしょうが、まだまだ紆余曲折はあるように思います。

 とりあえず、小保方氏への懲戒相当の判断がどうなるのか? それに対して小保方氏側がどう反応するのか? が直近の局面になりますが、その後、特許出願の扱いがどうなるのか?の件が来るでしょう。ハーバード大とかはどうするのかわかりませんが、もともと職務発明であることを考えれば、小保方氏らの特許として放棄には至らず、維持される可能性もあるでしょう。小保方氏に対して実験環境、資金を提供をするところが出てくるのかどうか、が気になるところです。
 引き続き要注目です。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 木の星 2014年12月31日 22:24:09 : pdTcyNrgHfBBQ : 8MrZamihWI
最初は科学雑誌からこの細胞の存在を知った。

増殖能力有る無しなど詳しい説明があった。
なのでいま、見分けが付かない、ES細胞が混入されていて驚いた、は
無いんじゃ無いの、て感じです。
知ってて書かない科学ジャーナリストも酷いと思いますけど。
最初からマウスの取り違えとかなんじゃないの、と思ってましたが、
報道は小保方さんの偽造だで
一色。双方疑うのが報道の基本なのに変だなと思いました。
今思うと、笹井博士への異常なバッシングは、細胞の特性を説明できる
笹井博士が邪魔だったのかな、と、勘ぐりです。


02. 2015年1月01日 01:08:14 : jKietnTSB2
議論の筋道がこんがらがってきている。
問題は、NATURE論文のもとになった実験でSTAP細胞ができていたのかという事。で、結論は、できていないと考えられること。ES細胞なら、概ね説明できること。
ES細胞で作ったキメラマウスをもとにSTAP細胞を作ったら、そういうこともあるなんていう議論もあるけど、なんか証明責任が転倒している。
もともと、論文を書いた側がSTAP細胞ができていることを積極的に証明すべきこと。つまり、元マウスとSTAP細胞を使ったテラトーマやキメラマウスが同じ遺伝子であることを証明すべきである。
何か、重箱の隅をつつくように、極端な場合にはSTAP細胞でも説明をつけられるみたいに調査結果を批判するのは、いかがなものかね。刑事事件みたいに、疑わしきは罰せず、完全にクロであることを検察側が証明する責任があるなんてことは、この科学論争に持ち込むべきではない。
真白であることを証明するのは、著者側である。今回、極めてクロに近いグレーにまで調査で改名されたのだから、真白であることを言わなくては、この件は終わり。

03. 2015年1月01日 13:01:28 : efYYgyF3F6
あのさあ〜、何度も同じ内容を言い方変えて書いてるから、無駄に長くなってて途中で読む気しなくなるんだけど、もしかして狙ってやってんの?ちゃんとまとめてから書けよ阿呆。まあ阿呆だから小保方を擁護できるんだろうけど。

>「最も不思議なのは、識者やマスコミは、小保方氏のことをあれだけ、ミスが多い、研究者としての常識が欠けるといった批判をしていながら、捏造だということになると、まるで小保方氏が手品師のように緻密な捏造工作を行ったかのような言いぶりになることです。」

違う。
「緻密な捏造工作」がバレた時に
↓言い訳として小保方(やその擁護者)が
「ミスでした」「常識を学ぶ機会がなくて自己流でやってしまいました」
って言ってるだけ。


04. 2015年1月01日 13:05:29 : efYYgyF3F6
>STAP細胞があることを前提としなければ説明できないという事象その他の科学的論点についても、科学的に合理的な解説がなされるものと考えていました。
>@「ES細胞をFI幹細胞培養条件下で混ぜたら、特段の形態変化なく、4〜5回の継代後に全滅した」「2月に観察したSTAP細胞の形態と今回できた細胞の形態は同じだった」との丹羽氏の12月19日の会見時の説明
>A笹井氏、若山氏らによる一連のSTAP細胞の存在(=ES細胞ではあり得ないこと)を推定させる諸材料
  http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/16114758.html 


もともとそんなものは一方的に小保方らが言っていただけで、すでに科学コミュニティの間では論破されている。ここの掲示板でも笹井会見後にそれらに関する話題がされているからそれを見ろ。そして、それに対する小保方らの反論は一切ないのだから事実上終わった話。(笹井氏に至っては寿命まで終わった)


>そういう期待に反し、STAP細胞の有無に関わる科学的論点は、ほぼことごとくスルーされていたように感じました

STAP細胞とされていたものの遺伝子情報を解析したわけだから当たり前。例えていうなら、「指紋」を調べたら別人であるはずの両者が一致した。そうなったら髪型なんかスルーでしょ。それと一緒。


>「小保方氏に手交されたマウスが間違っていた(汚染されていた)」

話にならない。
・小保方がわざわざ画像を捏造している事実
・若山氏が山梨に行ってから一回も成功していない事実
と矛盾するからね。


>「小保方氏による作製実験段階でのES細胞自体の混入」という先入観に立った推論

先入観じゃなくて、そこは確定情報なの。そこを確定するための調査だったの。ちゃんと理解してね。


05. 2015年1月01日 14:41:44 : u82R2ggCHw
>03、04

明確な反論ができないなら黙ってな。
「認知的不協和」の典型例。


06. 2015年1月01日 15:31:57 : efYYgyF3F6
>>05
それはお前。

07. 2015年1月02日 05:17:21 : 8MrZamihWI
画像の切り貼りは小保方博士でも、胎児の動画や写真は若山博士の担当でしょ。
小保方博士は論文のコピペで叩かれたのであって、実験捏造テクニシャンは他にいる。
その人を追及すると、今までの業績も崩壊するかも。

08. 2015年1月02日 10:21:53 : efYYgyF3F6
ES細胞を混入してSTAP細胞を捏造したのは誰か?
http://blog.goo.ne.jp/lemon-stoism/e/867098dd3a765ec3c48d657070e2dd4c

重要なのは小保方晴子が様々な細胞を使い分けて都合のいいデータを作った点[1][2]。
『この2つの図から描けるSTAP細胞像は、「元の脾臓細胞よりはES細胞寄りだが、
受精卵からできる桑実胚や胚盤胞よりはずっとES細胞に近い」というものだ。
というより、むしろこうしたストーリーを描くのに必要なデータを取るために、
一方では酸に浸けて遺伝子の発現が若干変化した脾臓細胞を、もう一方ではES細胞を用いた疑いが濃い。[1]』
と説明されたように、小保方晴子は多能性のない脾臓細胞とES細胞を使い分けて都合のいいデータを作った。
他にも細胞の使い分けによるデータ作成がある。

もしES細胞混入者が小保方晴子以外の人物だとして、多能性のない脾臓細胞を使った実験時にはES細胞が混入されておらず、
多能性を必要とする実験の時だけなぜかES細胞が混入されていたと考えるのは不合理だ。
そういう選別ができるのは使った細胞の正体を知っている場合しか考えられない。
即ち、小保方晴子はES細胞の混入者かその共犯だ。
また動機の点でも、この行為で一番利益を得るのは小保方晴子だから一番疑わしい。
また、これは私の主観だが、ES細胞を継続的に混入するのは
明らかに倫理意識が欠如した者による異常行為で、混入者は悪質な人物だと思う。
不正が認定されたテラトーマ画像の流用やデータ操作の供述、数々の不正行為を考えると、
小保方晴子の研究遂行は未熟ではなく異常だ。論文や実験ノートがそれを象徴している。
小保方晴子の研究遂行の異常さを考えると、ES細胞を混入して都合のいいデータを捏造しても不思議ではない。
また、多能性のデータは全て小保方晴子が作ったSTAP細胞をもとに得られたものだから、
小保方晴子がES細胞を混入し自分で使ったか共同研究者に渡していたと考えると自然だ。

他にも根拠はいろいろあると思うが、少なくとも小保方晴子がES細胞の混入者でないという合理的根拠がない。
小保方晴子はES細胞の混入を強く否定しているが、「STAP細胞はあります!」が大嘘だった事をはじめとして、


09. 2015年1月02日 11:08:18 : efYYgyF3F6
http://blog.goo.ne.jp/lemon-stoism/e/8cd0930694bc90662ec63dc46d7d6f9b
Scienceにリークされた2013年3月のNatureレビューにはChIP-seqのことは触れられていませんでした。従ってChIP-seq実験は2013年以降に行われたと推測します。調査委員会は実験の時期を把握していたはずですから,ChIP-seq inputの残存資料を調査するだけでなくこの実験がいつのものかを明らかにして欲しかったと思います。

ChIP-seq実験が2013年以降に行われたなら、若山研が山梨大に移った後に理研でSTAP細胞が作られた事になるので、若山やそのスタッフは被疑者からはずれ、小保方晴子の混入又はすり替えしかあり得なくなる。もっと調査した方がいいかもしれない。


10. 2015年1月02日 11:15:18 : efYYgyF3F6
>>07
http://stapcells.blogspot.jp/2014/02/nature-letter.html
胎児画像と同じLetter論文の疑惑画像5:について

朝日新聞の記事→ 共著者の山梨大学の若山照彦教授は、「同じマウスで角度が違う写真を2回使ってしまい、一方の削除を忘れた単純ミス」と説明した。若山教授はSTAP細胞を使いマウスを作製し撮影した。一つの胎児に対し向きを変えたりひっくり返したりして何枚も撮影。複数の胎児で計数百枚撮ったという。その結果、小保方さんが勘違いし同じ胎児の写真を使ってしまった。
-------------
つまり、写真を撮ったのは若山教授だが、それをフォトショップで加工して論文にのっけてるのは小保方。疑惑画像6:も同じことだろう。

11. 2015年1月02日 21:13:55 : u82R2ggCHw
>09

「ChIP-seq実験は2013年以降に行われたと推測します」

また「推測」。


12. 2015年1月03日 00:21:02 : efYYgyF3F6
>>11
この南アホ山の投稿自体がただの推測だからね。多少はね。

13. 2015年1月03日 00:27:24 : efYYgyF3F6
>マウスの手交ミス、交配ミスの可能性が浮上

>大きな「見立て違い」をしてしまっていないのだろうか?というのが、文系の門外漢ながら、説明を聞いての率直な感想ですと思いました。

>「小保方氏に手交されたマウスが間違っていた(汚染されていた)」
>と推論するのが、自然なのではないか

>「小保方氏へのマウスの手交ミス」「元々のマウス汚染」で説明するほうが合理的、と考える
>「やはりSTAP細胞はあったが、非常に制約のあった実験環境によって、再現には失敗した」という想定

可能性 感想 推論 考える 想定

都合のいい方だけ推測を許すご都合主義野郎 u82R2ggCHw


14. 2015年1月03日 04:53:20 : u82R2ggCHw
>13

都合のいい方だけ推測を許すのではなく、同じ推測を乱発しているのに、一方を断定的に持ち上げるアホを指摘しているだけ。
結局のところ、いまだ真相は不明。
それを都合の悪いところは目をそむける「認知的不協和」場かに用はない。


15. 2015年1月03日 10:48:04 : efYYgyF3F6
>>14
>同じ推測を乱発しているのに、一方を断定的に持ち上げるアホ
↑それお前だぞ。

南アホ山の「推測」に対する反論なんだから「推測」で充分なのに、
なぜか「推測だ!」とか噛み付いてきてるアホ(>>11)がお前。

そして遠藤氏や調査委の遺伝子解析は推測ではなく科学的な立証。


16. 2015年1月05日 16:36:04 : ACvz9SUcN2
>小保方氏のことをあれだけ、ミスが多い、研究者としての常識が欠けるといった批判をしていながら、捏造だということになると、まるで小保方氏が手品師のように緻密な捏造工作を行ったかのような言いぶりになることです。

女は馬鹿で悪党で・・・という世界が好きな者には、多少の不合理なんてどうでもいいのさ。


17. 2015年1月05日 22:43:37 : efYYgyF3F6
>>16
違う。
「緻密な捏造工作」がバレた時に
↓言い訳として小保方(やその擁護者)が
「ミスでした」「常識を学ぶ機会がなくて自己流でやってしまいました」
って言ってるだけ。

18. 2015年1月06日 01:35:55 : RIEj0Y1Zyw
この記事、誰がこう言った、彼がこう言ったという事実だけを時系列を無視して抜き出して、完全に文系の人のロジックだけで禅問答のような様相になってる。笹井さんも若山さんも丹羽さんも、彼女が「まさかそんな滅茶苦茶やる人」とは思ってなかったんだよ。だから騒ぎになってからも、Protocol Exchange投稿のお手伝いまでしたんだ。初めから分かってたら手伝うはず無いんだよ。STAP論文の共著者に名を連ねただけで、彼らは大きな傷を負ったんだ。信じていた時の彼らが何を言っていたかなんて現時点では意味ないし、今なら別の言い方をするだろう。なぜなら、その時はSTAP論文に掲載されたデータは大方正しいという前提で話してただろうからね。まあ、共著者になったことによる傷とか、投稿を手伝うはずないといった感覚は、科学研究に多少なりとも携わっている人じゃないと多分理解できないよ。だから、STAP問題に対する門外漢の突っ込みは永遠に終わらないと思う。例えば弁護士が「ここがおかしい」「辻褄が合わない」という感じで、科学的事実以外の外形的ロジックだけで生命科学に関して科学者と話をしても、話が一向に噛み合わないのと同じ。
最初の調査委員会の捏造と改ざんの判定で、「こんなこと(特にテラトーマ画像)する人の言うことは信用できない」と大方の科学者・研究者は思ったわけ。年末の調査委員会の結果公表で「(実験しなかったところは)適当にやった(造った)」と彼女自身が言ったんだな。もう「論外」なんだよ。これが論外と思えない人(大方文系でしょ?)がいつまでもグダグダやってる。生命科学の門外漢は仕方ないけど、人を見る眼もかなり脆弱。放置しかなし。

19. TOSHI 2015年3月09日 04:21:13 : shRtJPceTvgRg : Bc3dnTTeUA
ブログ主をボロクソに叩くようなコメントを入れる無知蒙昧な輩というか、ド素人レベルの頭しかないのに偉そうに居丈高にコメントする人が多いのには正直あきれています。
自分の頭で冷静に考えると、マスコミの報道自体がおかしいことにすぐに気がつくはずだが、マスコミ報道にまんまとのせられてというか、マスコミ報道を頭から信じて、独善的、一方的に決め付けでものを言ってる人が多いですなぁ。

私はブログ主の意見は大変正しい面を持っていると思っています。
確かにSTAP現象はES細胞混入説では説明できない点も多々あり、調査委員会の報告で言ってるような、全部を完全にES細胞で説明できるなんてことは不可能だと思います。
その点ブログ主は正しい。
ブログ主も、世の中、自分だって理系でも専門家でもないくせに、ド素人が身のほど知らずに、偉そうに、居丈高にものを言ってるようなアホな連中ばかりじゃないことを知って、少しは安心して下さい。と同時にもっと自信を持たれてもよいと思いますよ。
ただ、私は、マウスの手交ミス説はちょっと無理がありそうに思える。
しかし、現状は、STAP細胞が遺伝子レベルでES細胞由来であることがわかったといっても、その事実と、STAP細胞がES細胞とは異なる特質を持つという事実との間で整合性がまったくとれないのも事実なので、マウスの手交ミス説も検討には値するのではないかと思います。
この点がもっと追及されないと、まだまだSTAP現象の謎ははっきりしてこないのではないですか。
現状では、私は次のように考えています。

遺伝子を分析したらSTAP細胞といわれているものはES細胞だった。
ゆえにSTAP細胞はなかった。全部インチキ、捏造だったと簡単に決め付けるのは科学的な態度とは言えないと思う。
そんなのはド素人レベルの判断でしかない。
専門家の視点からは、笹井氏や丹羽氏が言ってるように、STAP細胞にはES細胞にはない固有の特徴がある(それは単に胎児の胎盤に寄与するということだけではない。知らない人は会見で笹井氏や丹羽氏がどう言ってるか調べてみるといい。)。
若山氏も言っている。
「ES細胞などでは、細胞の塊を酵素処理し、ばらばらにして使うのが普通だが、その手法ではSTAP細胞はさっぱり胎児にならない。
失敗続きだった。
共同研究を始めて1年半たったころ、手法を変えた。
細胞の大きな塊を単細胞にばらさず、
20-30個程度の小さな塊にして注入する方法だ。
刃渡り1ミリの極小メスを顕微鏡で見ながら操作して切り分ける。
細胞工学初期の60年代の技術だが、
切り分けるのも注入も難しい。
僕はその技術を身につけていたからできた。
すると、いきなり成功。
体に取り込まれたSTAP細胞が緑色に光るマウスを見ても、すぐには信じられなかった。」
もし、STAP細胞がES細胞と同じものならば、ばらばらの単細胞の状態で胚盤胞に注入してすぐにキメラマウスができたはず。
ところが、実際には通常ES細胞でキメラマウスを作る単細胞注入のやり方では失敗続きだったのだ。
で、方法を、小さな細胞塊を注入する方法に変えたらそのとたんにキメラが作れた。
これはES細胞にはないSTAP細胞固有の特徴とみられる。
よく言われるようなES細胞、あるいはES細胞とTS細胞の混ざり物では細胞接着が上手く行かず、20-30個程度の小さな細胞塊には絶対にならない(笹井氏も丹羽氏も言っている。)。
したがって、実際には20-30個程度の小さな細胞塊の形で胚盤胞へ注入することすら不可能なのだ。
しかも、ES細胞なら単細胞の注入でキメラが作れるのに、STAP細胞の場合は単細胞の注入ではいくらやっても成功せず、20-30個程度の小さな細胞塊の形で注入してはじめて成功する。
ブログ主も言っているように、
笹井氏は、
「ES細胞と比べてもさらに小さな、核も小さく細胞質もほとんどない、特殊な細胞である。また遺伝子発現のパターンの詳細解析もSTAP細胞はES細胞や他の幹細胞とは一致しない」
「ES細胞は非常に増殖能が高く、分散培養すなわちばらばらにして一個一個の細胞から培養することが可能だが、STAP細胞は増殖力が低く、分散してしまうと死んで増えない。もしもそういったものを混ぜていればES細胞のような増え方をするはず。」
「Oct4-GFPを発現しない脾臓の血球系細胞からOct4-GFPを発現する『他の細胞では知られていない』形質を持った小型細胞の塊が生じる。」
等々。ES細胞ではどうしても説明のつかない事実がいくつも存在することを強調されていた。
遺伝子解析からSTAP細胞はES細胞だったことは間違いないと断定できるのなら、ES細胞をこっそり混入させさえすれば、簡単に笹井氏の言っている特徴を持った細胞を作れることを、実際に実験で証明してみせることができないと、科学的にはSTAP細胞はないと断定できないはずじゃないのか。
小保方さんにはあれだけ実験でSTAP細胞の存在を証明してみろ!と、居丈高に言っておきながら、自分たちは実験で証明もできないくせに「STAP現象は全部ES細胞で説明できる」と一方的に断定するのはフェアじゃないだろう。
小保方批判派はその程度のことすらわからないアホ人間なのか?
はっきり言って小保方批判派の独善的な正義感には辟易するね。
まるで無知蒙昧な輩と同レベルにしか見えない。
理研のSTAP調査委員会の報告書では、STAP細胞がキメラマウスの胎盤形成に寄与している事実を認めず、血液か胎盤以外のものを誤認している可能性が高いと書かれているが、
キメラマウスを作った若山氏自身が確かに胎盤形成に寄与していることを確認しているし、
ブログ主も言っているように、
丹羽氏も、STAP細胞がマウスの胎児の胎盤に寄与していることに関し、
会見で、記者から胎盤に分化していることを確認しているのか? 血管が光っているのではなく、細胞が光っていることを確認できているのか?
と問われ、きっぱりと、
自分自身もその点は、実験に参画した上で最も強いモチベーションだったこと、そして、
確かにSTAP細胞由来と思われるGFP陽性細胞が胎盤組織にインテグレートしていることを、切片を顕微鏡で自分の目で確認していると言っている。
つまり、事実誤認ではなく、厳重に事実確認をやった上で言ってることだ。
したがって、ブログ主も言っているが、
丹羽氏が、これだけ慎重に見極めをしているのだから、同じ切片を見せて、別の判断をする専門家がいるのであれば、
なぜ判断に相違が生じるのかを、突き詰めて検討する必要があるはず。
そういうこともやらずに、一方的に「胎盤は胚の一部を誤認したもの」とか「STAP細胞がES細胞にはない特徴を持つ細胞であることを言いたいために胎盤だと強引に断定しているだけだ」という言い方をして、「強引に断定」しているのは調査委員会の方だろう。
だいたい笹井氏はもちろんのこと、丹羽氏や若山氏のような世界的な一流の研究者が、はるか格下の研究者でも思いつく程度のことを配慮できていないとか、胚の一部と胎盤を見間違うような初歩的な間違いを犯すわけがないのに、胚の一部を胎盤と見間違ってるとかで問題を片付けようなどという笹井氏らを見下した態度がよく取れるものだとあきれる。
このように、STAP現象はES細胞で全部簡単に説明がつくような簡単な現象ではない。
遺伝子解析でSTAP細胞がES細胞由来であるとの結果が出たからといっても、現実にES細胞では説明のつかない事実が存在することとの整合性が全くとれないのも事実。
無理に整合性をとろうとしても論理破綻を起こすだけであるのが現状。
そこを考えると、STAP細胞はES細胞とは完全に同じものとはとうてい言えない。
ES細胞とSTAP細胞との関係から調べることが必要であるのではないか。
遺伝子情報がほぼ同じだとしても、違う特質を持った別の細胞が生まれていることは確かだから。
あくまでSTAP細胞なんてない、全部ES細胞だというのなら、
ES細胞から、実際にSTAP細胞と同じやり方で胎盤分化も確認できるキメラマウスができることを実験で証明してみせない限りはそんな断定はできないのが科学の立場。
いや、胎盤分化は誤認だというのでもよいが、しかし、それなら、ばらばらの単細胞の状態ではなく、若山氏のやったように20-30個程度の小さな細胞塊で胚盤胞に注入するというやり方でキメラマウスを作れるものなら作ってみせてもらいたい。
ついでにばらばらの単細胞で注入したらなぜキメラができないのかも解明してもらいたい。
それができないのなら、現在でも「STAP細胞はES細胞だ」説は一つの仮説にすぎないというのが科学の立場というものじゃないのか。
しかも有力な仮説でもない。
なぜならSTAP現象はES細胞では説明できない事実が多々あるから。
全部をES細胞で説明することはどう考えても無理があると言わざるを得ない。
やはり、ES細胞とは遺伝子レベルでは親戚かもしれないが、違う特質を持った何らかの細胞が生まれていると考える方が最も合理的。
iPS細胞だって遺伝子レベルではES細胞にかなり近いと言われているし、もともと多能性細胞というのは遺伝子レベルで共通性があるのかもしれないし。
というのは、万能細胞というものは、もともと未分化な初期化された細胞の状態であり、その状態というのは遺伝子レベルですべての万能細胞に共通する状態だろうから、もともと遺伝子レベルで共通性があってもちっとも不思議じゃない。
ほんのわずかの違いでES細胞になったり、STAP細胞になったりiPS細胞になったりするのではないかと思えるからだ。
つまり、依然としてSTAP細胞説が最も有力な仮説であることに変わりはないってことです。



20. 2015年3月13日 12:21:06 : efYYgyF3F6
>>19
まあ南アホ山の投稿全部論破してやったから個々の事例に関してはそれ見たらわかるけどw

>STAP細胞がES細胞とは異なる特質を持つという事実

そんな事実はない。
「STAP細胞」は一様ではなく、「異なる特質」に合わせて違うものをSTAP細胞だと言ってるだけだってのもバレてる。また、「異なる特質」を持つという事実を示すまともなデータはどこにもない。


>事実誤認ではなく、厳重に事実確認をやった上で言ってることだ。

記者会見で反論能力を持たない素人記者相手に講義してるだけ。そんなものはなんの科学的根拠を持たない。専門家が集まる学会に出て「STAP仮説」を報告して、反論をすべて跳ね除けてはじめて「仮説」になれる。


21. 2015年3月14日 05:54:53 : ATMBJ01a9w
efYYよ。オメエの書いたものなんぞ誰も読んでないぞ。
眺めるだけだ。

22. 2015年3月23日 16:43:45 : efYYgyF3F6
>>21
反論できないから読まなかったことにしてるんですねわかりますw

23. G3[1] gmaCUg 2016年2月26日 07:41:56 : ieUPsULMUE : Xb2IGqjAk1s[1]
若山氏の突然の論文撤回は今考えると、軽率だったのではないか?
あれだけスタップ幹細胞とキメラマウスに自信をもって発表したいた。
ところが急に自信を失った。
当時の理由が他からマウス持ち込み。
しかし、実は若山研マウスだったと判明した。
それ以降、明確な根拠を彼は話をしていない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板5掲示板  
次へ