★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板5 > 717.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「小保方博士バッシング報道事件」の真実(山崎行太郎、2015-01-07)
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/717.html
投稿者 南青山 日時 2015 年 1 月 08 日 17:15:28: ahR4ulk6JJ6HU
 

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20150107

★真相(事の次第)、そして真の実行犯がかなり見えてきたのではないか。
★今回のSTAP細胞騒動には不自然なところが多すぎる。そこをきちんと解き明かしていかないと真相にはたどり着けないだろう。
(南青山)

「小保方博士バッシング報道事件」は、科学的事件だが、純粋に科学的事件ではない。人間の嫉妬心や権力欲、猜疑心などが複雑に絡み合っている。科学事件だから事実だけが重要だという奴らは、嫉妬心や権力欲を暴きだされたくないだけである。

この事件は、凡庸なボンクラ科学者にはわからない。もちろん、凡庸なジャーナリストでしかない江川紹子ややまもとイチローにも、メイロマ(谷本真由美、元国連職員 、英国在住)や片瀬久美子のような、人を見る目を持たない者にも、分からない。事実と真実は異なる。事実を並べただけでは真実には至らない。多くの専門の科学者たちも、騙されていたのである。

この事件の真相が「盗作」や「捏造」だという「調査委員会」などは、問題の本質を見ていない。だから、調査委員会などが、何回、小保方博士の「個人犯罪」=「捏造事件」として幕引きを図っても、問題は解決しない。これまで、内部情報のリークを鵜呑みにしていたマスコミも、騙されていたのである 。しかし、マスコミは気付き始めている。若山照彦とその周辺の女性研究者たちが怪しい、と。これまで内部情報リークし続けてきたのは、彼女たちである。

「STAP細胞事件」を捏造事件だと思う人はいない。前日のBlogの続き(doraのブログ)を引用=紹介する。事実の暴露の裏に、何かが隠されている。それを知っているのは、若山照彦とその周辺の女性研究者たちである。

=================================

理研内部の対立。
2015/1/2(金) 午後 1:07

それでは、次にこの事件の全貌を推理してみたいと思います。
まず、2014年6月18日。2ちゃんねるに載った、あまりにも有名な怪文書。‥‥
「世に倦む日々の人、竹市のこと信用してたのね。御愁傷様」
「竹市は本件をここまで深刻にした張本人です」
「CDBの小保方擁護筆頭、未だに現実を受け入れられない。今日も相澤研までわざわざ小保方に会いにいっちゃったり」
「もうホント馬鹿じゃないかと」
「で、細胞の調査をすることには絶対反対ね。認めてもしぶしぶ。CDBは5月末になってからやっと細胞の調査を始めた」
「けれど、若山にプライマーの配列聞いてたから、一瞬で元のESが同定www」
「もっと早くやってればCDBこんなことにならなくて済んだんだよ。氏ねって感じ」
「小保方が引越しのどさくさに若山の所から盗んだ細胞が箱ごと発見されたことも公表しろよ」
「丹羽のTSもたくさん出てきただろ」
「相澤も小保方さんを励ましてあげようなんて言ってるんじゃねーよ。お前、監視役として検証チームを組織したんじゃなかったのか?陰でこそこそ再現実験させてどうするつもりだ?また手品か?」
「小保方〜地獄の底はまだまだ深いぜwww」
‥‥さて、この書き込みをみて、確実に言えることがあります。
(1)これを書いた人物は、若山研あるいはCDB内部の人物であり、内部の事情にかなり詳しい。
(2)これを書いた人物は、小保方さんに対して激しい憎悪感情を抱いている。
(3)この怪文書にあるような、小保方さんが「引越しのどさくさに細胞を盗む」必要性はまったくありません。したがって、小保方さんの冷蔵庫にES細胞を置いたのは、まさにこの人物ではないかと強く推測される。
(4)この人物は、この後も、小保方さんを陥れるために様々な画策を行ったであろうことが強く推測される。
ちなみに、「2014年6月18日」という日付が、若山氏の記者会見(6月16日)の直後であった、ということも興味深い。
さて、おそらく、小保方さんの冷蔵庫にES細胞を置いたのは、この人物である。しかも、この人物は、若山氏ときわめて親しいか、あるいは世間によく知られた人物である。若山氏は、それに気づいた。だからこそ、冷蔵庫のES細胞について、若山氏は「知らない」としらばっくれたのである。真実が知れたら、あまりにヤバイからである。
若山研にある、STAP細胞関連サンプルを、ES細胞にすり替えたのも、おそらくこの人物である。
したがって、この人物は若山研に所属すると考えられるが、あるいは、CDBに所属する重要人物で、若山研に内通している人物であるとも考えられる。
いずれにしても、若山研とCDB内部には、「反小保方」の大きな集団が形成されていると、強く推測される。
今回の調査報告は、そのような集団によるでっち上げの産物である。
ちなみに、この怪文書の口調から受ける個人的な印象をいえば、この人物はおそらく女性ではないだろうか。


理研内部の対立(2)
2015/1/2(金) 午後 3:34

ナイス!1
では、彼ら(彼女ら)は、なぜそれほどまでに、小保方さんを憎悪するのか。次のような理由が思いつきます。
(1)そもそもSTAP実験そのものが、当初から理研内部で極秘に行われ、他の理研の研究者は蚊帳の外に置かれたため、強い疎外感を抱いた。
(2)笹井・竹市・相澤をはじめとする理研上層部が小保方さんを囲い込み、寵愛したため、それが彼ら(彼女ら)の激しい嫉妬をかった。
(3)しかも、万一STAPが本物なら、世紀の大発見であるため、巨額の予算と報酬と栄誉が小保方さんに与えられる。それが妬ましい。自分たちはその栄誉の影で片隅に追いやられる。
(4)しかも、小保方さんがあまりに杜撰な研究者であることが判明したため、「なんであんな奴をチヤホヤするのか」「あんな奴に手柄をたてさせてたまるか!」「許せない!」という憤りと不満がつのっていった。
‥‥まあ、こんなところでしょうか。ある意味当然だと思います。
小保方さんに対して、このような憎悪を抱く人間(主に女性)は、理研内部に相当数いたと考えられます。
いえ、おそらく、「小保方さん+理研上層部」vs「理研・若山研の女性研究者グループ」という様相を呈したのではないでしょうか。
で、女性研究者を中心とする「反小保方グループ」は、激しい内部リーク攻勢と、捏造証拠でっち上げ作戦を、平行して展開した。この激しい攻勢に耐えられず、まず笹井氏が自殺する。笹井氏は、「反小保方グループ」の首魁である女性研究者の研究室の前で首を吊り、「小保方さん、あなたのせいではない」と言い残した。その意味するところは明白である。
こと、ここに至って、野依氏を頂点とする理研上層部は、ことの真相と事態の深刻さを認識した。しかし、もはやどうすることもできない。若山研にある貴重なSTAP関連サンプルは、すでに「反小保方グループ」の手に握られていた。サンプルをすり替えるのは彼ら(彼女ら)の思いのままである。したがって、STAP関連サンプルの調査についてどのような結果を出すのかも、彼ら(彼女ら)の思いのままである。理研上層部は、STAP関連サンプルの調査結果について、どのような調査結果が報告されるか、すでに予想がついた。「捏造」という結果が出るのは確実である。理研上層部は窮地に追い詰められた。l

理研内部の対立(3)
2015/1/2(金) 午後 4:12

ナイス!1
そもそも、今回のSTAP関連サンプル調査を行ったのがなぜ「理研有志」なのか。まず、そこに疑問を感じるべきである。本来ならば、今回の調査はあくまで中立な第三者機関でなくてはならなかったはずである。それが「有志」によって行われるのはおかしい。「有志」といえば聞こえはいいが、ようするに、特定のバイアスのかかった人間の集団に他ならない。
桂勲氏は、「真実を追求ようとする理研内部の自浄作用」といったけれども、理研内部のドロドロを考えれば、とてもそんな奇麗事ではないことは明らかであろう。その本質は、「反小保方グループによる捏造証拠でっちあげ作戦」だったのである。それが、今回の調査の正体である。
さて、このような「反小保方グループ」の画策が進行する中、理研上層部は難しい判断を迫られる。進められている調査は、いずれ「捏造」の結果が出る。それがわかりきっているのに、このまま小保方さんに再現実験をやらせて、はたして意味があるのか。残されたSTAP関連株の調査結果は「捏造」、一方、小保方さんの再現実験は「成功」では、事態の混乱を招く。ここはいったん「STAPはなかった」ということで決着させるべきではないか。‥‥これが理研上層部の判断であったように思われる。小保方さんの再現実験があまりに不自然な失敗に終わったのは、「反小保方」の画策とも思えるが、理研上層部がそのように仕向けたとも考えられる。
理研上層部は、やむなく「論文は捏造」「再現実験は失敗」というシナリオを組んだ。しかし、それを知らずにシナリオどおりに失敗することがわかりきっている再現実験に取り組む小保方さんが気の毒でならなかった。それゆえ、野依理事長は、小保方さんの退職に際し、慰めと励ましの言葉を贈ったのである。
‥‥「STAP論文が公表されてからこの十ヶ月あまり、小保方晴子氏にはさまざまな心労が重なってきたことと思います。このたび退職届けが提出されましたが、これ以上の負担が増すことを懸念し、本人の意志を尊重することとしました。前途ある若者なので、前向きに新しい人生を歩まれることを期待しています」‥‥

=================================  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年1月09日 10:33:07 : egVuu3RhZY
《 残されたSTAP関連株の調査結果は「捏造」、一方、小保方さんの再現実験は「成功」では、事態の混乱を招く。ここはいったん「STAPはなかった」ということで決着させるべきではないか。‥‥これが理研上層部の判断であったように思われる。小保方さんの再現実験があまりに不自然な失敗に終わったのは、「反小保方」の画策とも思えるが、理研上層部がそのように仕向けたとも考えられる。 》
     ↑
かな〜り、無理筋ではないか? 面白いけど。

02. 2015年1月09日 10:45:15 : nbLx0eVkgs
オボちゃんの再現実験が不自然な失敗に思える自分の見込みが不自然なんだけどね。どうして未だに気が付かないのだろう。そもそも生物学の歴史を覆す発見と言われてたわけだから、やっぱりねでしょ。不思議

03. 2015年1月09日 19:49:02 : efYYgyF3F6
>事実と真実は異なる。事実を並べただけでは真実には至らない。

自分の妄想が、いかなる事実よりも上回るってことですね。
はい解散。


04. 2015年1月10日 18:13:13 : gczbERW2nA
実験ノートが物語っています。
モルの計算も苦手とか?それがもし本当ならそのことも物語っています。
自殺者が出たことも物語っています。
大学入学や奨学金選考のことも物語っています。
海外留学推薦の選考のことも物語っています。
小保方氏が学生のころからシナリオは出来ていたのでしょうね。
小保方氏は誰かが敷いたレールの乗っけられたのかもしれませんね。
彼女が再生医療のことに対して造詣が深ければ、レールには乗らなかったかもしれませんね。
かなり信じている人も乗っけた人たちのお仲間だったのでしょうね。
それにしてもあまりにも不自然にもマスゴミが取材をしようとしないSTAP細胞とつながる大学や企業や再生医療検討委員会や神戸市のバイオタウン構想関連やアベノミクスの戦略にからんだところにこの事件の本質があるのでしょうね。
小保方氏を指導した教授たちも沈黙とか雲隠れとかお休みいただくなんて、実に物語っていますね。
証券取引監視委員会もだんまりだなんて、実に物語っていますね。
権力者たちはやりたい放題ですね。
国立大学も法人化され、小泉竹中政権以来、大学自体がもう腐敗しきってきているわけですよ。
学問の世界が、新自由主義の影響を受けて、特に理科系では「強欲拝金学問」になり果ててしまったと言うことですな。
だって金の奪い合いですもん。
カネのためなら何でもありですよ。
着眼点はそのあたりから置いていかないと、この事件の本質には迫れませんね。
この投稿者の視点は、大局を全然見ていないし、あまりにも頓珍漢で妄想に思えてなりません。

05. 2015年1月13日 13:41:18 : yWmP4yp86Y
おっしゃる通り、物語っていることが多すぎますね。
大局的な見方もうなずけます。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板5掲示板  
次へ