★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板5 > 886.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「若山研に送付された大田ES細胞」(EJ第4082号) Electronic Journal
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/886.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 7 月 23 日 08:10:12: igsppGRN/E9PQ
 

「若山研に送付された大田ES細胞」(EJ第4082号)
http://electronic-journal.seesaa.net/article/422783455.html
2015年07月23日 Electronic Journal


 桂勲委員長による理研の調査委員会は、STAP細胞関連残存
試料──次の3種類のSTAP幹細胞とFI細胞の遺伝子解析を
行った結果、それらはいずれもES細胞であったと断定し、ST
AP細胞は最初から存在しなかったと結論づけています。
─────────────────────────────
  STAP幹細胞/FLS →  大田マウスESと確定
  STAP幹細胞/AC129→ 若山マウスESと確定
  STAP幹細胞/GLS → GOFマウスESと確定
    FI幹細胞/CTS →  大田マウスESと確定
─────────────────────────────
 なぜ、STAP細胞ではなくSTAP幹細胞なのかというと、
STAP細胞それ自体には増殖力がなく、そのままのかたちでは
死滅してしまい、残存できないからです。そのため、特殊な培養
を行い、幹細胞化して残しているのです。FI細胞というのは、
胎児だけでなく胎盤にも分化する幹細胞です。ここでいうFI幹
細胞はSTAP細胞由来のものとして残されていたのです。
 実はもうひとつ「FLS─T」という幹細胞が2株あるのです
が、これについても調査委員会は遺伝子解析をしているものの、
この幹細胞については公表していないのです。実は、これがST
AP細胞事件の真相に迫る重要なカギになると私は考えているの
で、後から取り上げます。
 桂調査委員会は、STAP細胞由来とされるこれらの幹細胞は
遺伝子解析の結果、すべてES細胞であり、「STAP細胞は最
初から存在しなかった」と結論づけたのです。その調査委員会の
結論をNHKをはじめとする各メディアと日経サイエンスなどの
科学雑誌は、何の疑義も挟まず、そのままトレースして報道して
います。「完全無欠であり、疑いの余地なし」として、いわゆる
STAP細胞事件の幕引きをしたのです。数多くの疑問を置き去
りにしたままでの幕引きです。
 STAP細胞「AC129」の2株は若山研のマウスから作ら
れたES細胞、STAP細胞「GLS」の13株は、小保方氏が
若山研から譲渡されたGOF─ES──若山研の元留学生李氏作
製のES細胞です。これらのES細胞については、本当にやった
かどうか、やれたかどうかは別として、小保方氏がそれらのES
細胞を混入させることはできたはずです。
 しかし、STAP幹細胞「FLS」の8株とFI幹細胞「CT
S」については、大田マウス由来のES細胞であるというのです
が、既に述べているように、大田氏の作製したアクロシンGFP
が組み込まれたES細胞は、大田氏が若山研を転出するさいに全
部持ち出しており、若山研には存在しないはずのES細胞です。
それがどうして小保方氏の冷凍庫から見つかり、STAP細胞に
化けていたのでしょうか。
 ここに重大な疑問が生じます。調査委員会は、STAP幹細胞
「FLS」の遺伝子を解析し、大田氏が作製した「FES1/F
ES2」の解析結果と一致したといっていますが、「FES1/
FES2」をどのようにして入手したのでしょうか。それは若山
研にはないはずのES細胞だからです。
 既に述べたように、若山教授が理研CDBから山梨大学に研究
室を移転させるさいに交わした「試料提携契約書(MTA)」に
も作成者大田氏の細胞、2005年作製の細胞の記載はなかった
のです。それなのに、調査委員会が遺伝子解析をするときには、
若山研にはそのES細胞は存在していたことになります。
 「小保方博士の不正報道を追及する有志の会」というのがあり
ます。小保方氏への人権を無視した科学的根拠に基づかない不当
な報道に抗議する有志の会だそうです。
 この会は、上記の疑問を若山研究室に問い合わせたところ、次
のような重要な情報を得ているのです。これは、NHKをはじめ
日経サイエンスなどの科学雑誌も一切報道していない事実です。
彼らは、小保方氏にとって少しでもプラスになる報道は一切しな
い方針のようです。
─────────────────────────────
 「FES1と2」の移動経路について、若山研究室に二度問い
合わせたところ、「京大、大田博士から取り寄せた」という回答
があり、大田博士からも「2014年6月に若山研究室に冷凍状
態で送った」との回答を得た。     http://bit.ly/1ff6XJ7
─────────────────────────────
 はじめて聞く情報です。なんと若山教授は、2014年6月に
第三者機関で遺伝子解析をしてもらうため、大田氏からアクロシ
ンGFPが組み込まれたES細胞を冷凍状態で送ってもらってい
たのです。桂調査委員会が遺伝子解析をしたのは、このES細胞
なのです。それならば、そのES細胞がなぜ小保方研の冷凍庫に
入っていたのでしょうか。
 これは完全に謎です。小保方研の冷凍庫からES細胞が発見さ
れたのも、若山教授が記者会見をしたのも、2014年6月16
日なのです。しかし、少なくともその16日以前には山梨大学の
若山研究室には、大田氏のES細胞は存在していたのです。
 したがって、既にその時点では、体調を崩し、自分の研究室に
は出入りしていなかった小保方氏以外の誰かが、悪意を持ってそ
のES細胞の一部をチューブに入れ、小保方研の冷凍庫に入れる
ことはできたはずです。STAP細胞の研究に嫉妬し、小保方氏
の足を引っ張るグループも理研内部には多数いたからです。
 「小保方博士の不正報道を追及する有志の会」は、日経サイエ
ンスの報道姿勢を批判し、次のように述べています。
─────────────────────────────
 日経サイエンスは、STAP幹細胞の「元」だったとする「F
ES1と2」の「移動経路」を調べず、いつも必ず若山研究室側
の視点でSTAP幹細胞の解析をドラマ仕立てで報じている。
                   http://bit.ly/1ff6XJ7
─────────────────────────────
             ── [STAP細胞事件/055]


≪画像および関連情報≫
 ●残存ES細胞に関する若山教授との一問一答
  ───────────────────────────
  ──解析結果に見合うES細胞というのは、若山研にあった
    のでしょうか?
  若山:FLSと一致するES細胞は、僕の研究室にはありま
     せん。
  ──AC129とGLSに関してはどうですか?
  若山:AC129は系統が違ってしまっているんですが、1
     29B6F1というバックグラウンドになってしまい
     ますが、これに関しては、僕の方でFLSが成功した
     後、そのFLSのコントロールとして受精卵ESを作
     製して、小保方さんに渡しています。
  ──GLSに関しては?
  若山:GLSは、Oct4GFP、全身が初期化されると光
     るマウスなんですが、これも僕の研究室でES細胞を
     その時期に使っていたという記録があります。
  ──そこは御記憶ということですね
  若山:僕が覚えているというよりかは、僕の研究室の学生の
     人がその実験をしていて、ES細胞をつくっていたと
     いうことがわかっています。
  ──それを、その方がES細胞を小保方さんに渡したかどう
     かというのは、わかっていないのでしょうか?
  若山:本人は渡したということを言っています。学生さんで
     すが。           http://bit.ly/1CJfE9K
  ───────────────────────────



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年7月23日 15:45:52 : efYYgyF3F6
>大田氏が若山研を転出するさいに全
>部持ち出しており、若山研には存在しないはずのES細胞です。
>それがどうして小保方氏の冷凍庫から見つかり、STAP細胞に
>化けていたのでしょうか。

大田氏は2010年3月に他大学に転出し,その際にES細胞は「すべて持ち出したつもりだが,同じ株がCDBにあったのなら,置き忘れたかもしれない」と話している。
http://www.nikkei-science.com/201503_034.html


>この会は、上記の疑問を若山研究室に問い合わせたところ、次
>のような重要な情報を得ているのです。これは、NHKをはじめ
>日経サイエンスなどの科学雑誌も一切報道していない事実です。
>彼らは、小保方氏にとって少しでもプラスになる報道は一切しな
>い方針のようです。
>─────────────────────────────
>  「FES1と2」の移動経路について、若山研究室に二度問い
> 合わせたところ、「京大、大田博士から取り寄せた」という回答
> があり、大田博士からも「2014年6月に若山研究室に冷凍状
> 態で送った」との回答を得た。     http://bit.ly/1ff6XJ7
> ─────────────────────────────

どこが重要なの?小保方にプラスになってる?

> したがって、既にその時点では、体調を崩し、自分の研究室に
>は出入りしていなかった小保方氏以外の誰かが、悪意を持ってそ
>のES細胞の一部をチューブに入れ、小保方研の冷凍庫に入れる
>ことはできたはずです。STAP細胞の研究に嫉妬し、小保方氏
>の足を引っ張るグループも理研内部には多数いたからです。

そう思うんだったら、なぜ「小保方博士の不正報道を追及する有志の会」はじめ擁護派の連中はだれも告発しなかったの?小保方批判派はちゃんと告発したよ。
ていうか遺伝子解析をやって細胞の正体をつきとめようとしたのもみんな批判派だよね?お前ら何にもしないよね?ねえねえなんで?(笑)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板5掲示板  
次へ