★阿修羅♪ > 日本の事件31 > 296.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
笑い声と奇声、馬乗りで刺し続ける 防犯カメラに映像、割り出し急ぐ:逮捕者の証言を基にした記事
http://www.asyura2.com/13/nihon31/msg/296.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 3 月 06 日 04:56:57: Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 県警捜査1課会見一問一答 決め手は「防犯カメラの解析」 投稿者 あっしら 日時 2014 年 3 月 06 日 04:54:21)


笑い声と奇声、馬乗りで刺し続ける 防犯カメラに映像、割り出し急ぐ[産経新聞]
2014.3.5 08:34

 千葉県柏市の住宅街で3日深夜に発生した連続通り魔事件。刃物を持った男は笑い声を上げながら倒れた会社員の池間(いけま)博也さん(31)を刺し続けたという。わずか10分の間に50メートルの市道上での50メートルほどの範囲で池間さんを刺殺するなど4人の男性を次々と襲った。県警柏署捜査本部では防犯カメラの映像から男の割り出しを進めているが、発生から一夜たっても男は逃走を続けており、近隣住民に不安が広がっている。

 「すいません、ちょっと」。帰宅途中の女性が、サングラスにマスク姿の男に声を掛けられたのは一連の事件が起こる前の3日午後11時34分。「気持ち悪い」と感じた女性は現場近くの自宅に駆け込み「不審者がナイフを持っている。血を流した人が倒れている」と窓越しに外の様子を見て110番したという。

 現場から十数メートルのマンションに住む男性は、池間さんが刺される様子の一部始終を目撃した。午後11時半過ぎ、「おい、こら」という怒鳴り声に気づいて玄関から外を見ると、片側1車線の市道の中央付近で池間さんと男がもみ合っていた。
 男は黒ずくめの姿で、手に持った30センチほどの長さの刃物が暗闇で光っていた。男が突然刃物で池間さんを刺すと、池間さんはその場に倒れた。男は背中に馬乗りになり「ハハハ」と笑い声や奇声をあげながら、無抵抗の池間さんの背中に何度も切りかかった。

 男性は「あんな風に人を刺すなんて信じられない。本当に恐ろしい」と振り返る。

 男は池間さんと前後してほかに3人の男性の手を切りつけるなどした。「人を殺している。カネを出せ」と脅し、おびえる男性(44)から財布を奪ったほか、通りかかった車の男性運転手(47)を刃物で脅して車を奪い、東へ逃走したという。

 「キキーという車の急発進する音と男性の『待て』という叫び声を聞いた」。同時刻ごろ、現場近くのマンション住民の女性(38)らは異様な音と叫び声を聞いた。
 奪われた車は現場から北東へ約1・5キロのコンビニの駐車場でエンジンがかかったままで発見された。捜査本部によると、防犯カメラに男が事件直後に駐車場に立ち寄り、数分後に車を捨てて逃げた姿が写っていた。

 市道の両脇には住宅が立ち並び、街灯が多く、夜間でも比較的明るい。JR柏駅に近く、いつもは夜でも通行人は少なくないと言うが、事件から丸1日がたった4日午後11時半ごろには人の姿はなく、ひっそりとした様子だった。県警は夜から降り出した雨の中、市道で男の特徴を記したビラを配布。捜査員約10人が時おり通る車を止め、情報提供を呼びかけていた。


http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140305/crm14030508440001-n1.htm

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年3月06日 20:00:41 : YUlX54A6ss

>現場から十数メートルのマンションに住む男性は、池間さんが刺される様子の一部始終を目撃した。


この男が犯人だろう。捕まってよかったよ。こんな殺人鬼は死刑になれよ。



[12削除理由]:アラシ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 日本の事件31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧