★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK143 > 697.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍首相が見せた「対中」外交姿勢の意味(門田隆将) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo143/msg/697.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2013 年 2 月 10 日 14:06:24: AtMSjtXKW4rJY
 

http://www.kadotaryusho.com/blog/2013/02/post_661.html
2013.02.09 門田隆将 ブログ「夏炉冬扇の記」


中国も安倍政権の予想以上の強硬姿勢に面食らったに違いない。中国軍艦船による日本の護衛艦への火器管制レーダー照射事件を「事前相談なし」に発表し、さらに中国側が反発するや、今度は小野寺五典防衛相が「証拠の一部を公開する」という意向を示したのである。

8日の定例記者会見で、中国外務省の女性報道官が、「日本の発言は完全なる捏造だ」と非難した上、「日本はわが国のイメージに泥を塗り、中国脅威論をアピールしている。そして、自ら緊張をつくり上げながら国際世論を間違った方向に導こうとしている」と痛烈な批判をおこなったばかりである。

これまでなら、親中派がしゃしゃり出て、「友好」を前面に押し立て、早々と日本側が矛(ほこ)を収めさせられるのがパターンだった。だが、安倍首相は、中国が強い態度をとれば、より“強硬な姿勢”をとったのである。

民主党政権とは全く異なる出方に、中国側も改めて日本は“厄介な”政権になったと認識しただろう。私は今回、安倍首相の注目すべき発言は、中国の行為を「国際ルール違反」と明言した点と、「謝罪」を要求した点にあったと思う。

予想以上の反応に、中国は「照射否定」をせざるを得なかったのである。それと共に会見での中国側の凄まじい反発は、日本と中国との間に尖閣をめぐって「友好」というものが成り立つ余地がないことを示している。

今回の事件で明らかになったのは、来たるべき軍事衝突に先立ち、中国軍が日本側の防衛能力について「試している」という事実と、もはや両軍の間で「いつ何が起こってもおかしくない」ということだろう。

昨年9月に尖閣諸島の国有化がおこなわれて以降、中国軍と自衛隊との間でお互いを牽制しあう「緊張」が常態化していた。だが、先月(19日)、ヒラリー・クリントン米国務長官が尖閣について「日本の施政権を侵害するあらゆる行動に反対する」と発言したことで、中国軍の不快感は、一層強まっていたのである。

その苛立ちが、今回の軍独断の照射事件につながったという見方は根強い。昨日、ちょうど在台ジャーナリストの片倉佳史氏が台北から帰国し、はるばる新宿の事務所を訪ねてくれた。片倉氏も、中国の覇権主義が引き起こす東シナ海と南シナ海の一触即発とも言える緊張状態を憂いていた。

片倉氏によれば、南沙諸島と西沙諸島でも、中国はフィリピンやベトナムとの間で極めて危険な状態に陥っているという。

一方、東シナ海では、すでに昨年12月、中国が「中国沿岸から沖縄トラフまで」を自分たちの「大陸棚である」と主張する大陸棚拡張案を国連に申請している。わかりやすく言えば、すでに事実上、地形や地質からみて、沖縄まで「中国大陸の自然な延長だ」と主張しているのである。

際限のない中国の権益拡大をストップさせるには、周辺国の団結と、不法行為は許さないという断乎たる姿勢が必要だ。安倍首相は、自ら唱える「自由と繁栄の弧」による外交成果を一刻も早く出さなければならないのである。

今回のレーダー照射事件は、そのことを改めて教えてくれる貴重な出来事だった。安倍首相には、毅然たる姿勢と、危機感に基づくスピード感のある外交を是非、お願いしたい。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年2月10日 15:19:52 : NLJvZkqOAg
安倍さんガンバレ !

02. 2013年2月10日 15:20:38 : mMYTPxNhyI
記事におおむね同意する。

「中華」という思想は、いわば周辺国を併呑してゆき、当事国の国民をも窮乏させてゆく魔性のキーワードなのだが、彼らはその病理性に気付いていない。

それは、チベットやウィグルの惨状、南シナ海の状況で、もう明らかなように思う。
彼らは、さながら、夢遊病者のように、その病的なシナリオを履行するしか術がない。

もう、彼らには当事者能力そのものが無いという前提で、ことを進めてゆかなくてはならないように思う。


03. 2013年2月10日 17:51:07 : JfFbs5hoTk

もし開戦となった場合、在中日本人はどうなるのか、人質みたくなるのか。
そーであれば、在日中国人100万人を監視下におかねばなるまい。


04. 2013年2月10日 19:04:25 : 83rfHnpKBE
色々聞いて、『いつ何が起こってもおかしくない』程の事態ではないと認識しているが、尖閣のみならず、東シナ海全体を通して、中国側に一定のけん制が必要な点は理解できる。ま、煽られずに冷静に状況を分析したいところ。

05. 2013年2月10日 22:10:49 : 5RwEdcX39Q
戦争になれば核戦争になっても文句はいえないのですぞ

現在 中国軍部を完全に掌握していないので 戦争はさけるべきだ

水爆を実戦で使いたい軍人がうようよしている

日本に二発落としているアメリカは 中国が核ミサイルを日本に落としても

文句を言わないだろうと確信しているようだ

戦争になればいたるところでゲリラ戦が始まる


06. 2013年2月10日 23:52:24 : inPbZNmeXg
>>05.
>… 戦争はさけるべきだ

戦争は避けたいが、中国がいまのままなら、残念ながら不可避なのではないか。
かりに、安倍氏が総理に立っていなかったとしても、だ。

今回の一連の話は、日本人にそこまでの覚悟を求めるもののように思うが。

一番悪い選択は、戦争を避けるために、安易に妥協して、譲歩してしまうことだ。

日本人と中国の考え方、反応は違う。
彼らは、日本の下した譲歩を、自らの正義にすり替えて、その(やがて紛争に行き着く)駒をさらに一歩進めてゆくだけだろう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK143掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK143掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧