★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK144 > 614.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
拡散希望!!米国市民団体『パブリック・シチズン』がTPPの危険を暴露。必見!! (神州の泉) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/614.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2013 年 3 月 03 日 06:31:37: AtMSjtXKW4rJY
 

http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2013/03/post-287b.html
2013年3月 2日 神州の泉



 下のニコニコ動画を是非ともご覧になっていただきたい。(時間は全部で15分20秒)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20197441


 この動画はアメリカ人にもTPPの理不尽さに大いなる危機感を抱いて訴えている人々がいることを示すが、重要な内容がコンパクトに分かりやすく説明されていて、相当な訴求力がある。日本人の控え目な表現とは違い、アメリカ人は直截に物を語るからかなり分かりやすい。動画では、TPP草案のリークが教えるところによれば、TPPとは1%が大多数の人々の生存権を奪うツールであると、市民団体「パブリック・シチズン」のロリ・ウォラック女史が怒りを込めて語っている。女史によれば、TPPのリーク・ドキュメントを見ると、表向きは貿易協定になっているが、実質は企業による世界統治であると喝破している。加盟国には例外なくすべての規定が適用され、国内法も規制も行政手続きもTPPに合わせなければならない。


 全26章のうち貿易関連は2章だけであり、他はすべて企業にのみ特権を与え、各国政府の権限を奪うものであると言っている。約600人の企業顧問はTPPにアクセスできるのに、米国の議員はそれができない。内容がひどいだけではなく、冒頭に書いたように1%がわれわれの生存権を奪うツールであるとも言っている。600人の企業顧問には草案へのアクセス権を与えながら、上院貿易委員会のワイデン委員長はカヤの外に置かれている。実に見事なトロイの木馬であり、通りのいい看板の裏で表に出せない内容を仕込む。


 製薬大手の特許権を拡大する条項も入手した。これは医薬品価格を急騰させる。TPPはドラキュラであり、陽に当てれば退治できる。米国やすべての交渉国で反対運動が起きる。女史は民主主義と説明責任に反する企業権利の世界的強制など、私たちは許さないと語る。米国通商代表部(USTR)から(この番組に)届けられたコメントでは、十分な透明性を持ち説明責任を果たしていると書いてあるが、これに対しロリ女史は、説明会で意見を言うことはできるが、環境、消費者、労働者など、公益団体による意見は何一つ草案には反映されていないという。


 1990年代のFTAA(米州自由貿易協定)では、2年かけて34カ国が協議し、全草案が各国で公開された。ところがTPP交渉は3年目になるが一行たりとも公開されていない。おまけに締結後4年間は非公開という密約もあった。カーク通商代表(USTR)に「なぜ公開しないのか?」と聞いたら、彼の答えは「FTAA交渉では公開したら暗礁に乗り上げていた」と言ったそうだ。以上、動画に出ている内容の一部分を書いたが、皆さんも15分ちょっとの時間なので是非ともご覧になっていただきたい。これほど短時間でTPPの本質的な概要を説明したものは他に類例がない。


 ロリ女史は「TPPは強制力のある世界統治体制に移行する恐れがあります。」と断言していることは本質を衝いている。この動画を見て、TPPに賛成する日本の知識人や政治家が、どれほど野蛮で愚劣極まる盲目性を露呈しているか目に余るものがある。「美しい国へ」とか「強い国家・国防」を唱える安倍晋三首相は、コーポラティズムの猛悪な世界支配に対して、何の危機感もないばかりか、米国金融マフィアに対する一層の隷属体制を取ろうと必死になっている。この動画を見ると、米国の一般市民と米国政府の感覚が如何にかけ離れたものであるかがよく分かる。


 TPPについては「マスコミに載らない海外記事」様の、2012年8月26日の記事、「TPPは貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具Democracy Now!書き起こし」がとても詳しい。


http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/tpp-dec7.html



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. JohnMung 2013年3月03日 07:26:38 : SfgJT2I6DyMEc : 8Nq1e32F8M

 希代稀なるペテン師・大嘘つき安部晋三は国賊・売国奴である!!

 第2次安倍自公売国政権は、断じて赦しがたい。打倒あるのみ!!


02. JohnMung 2013年3月03日 07:30:15 : SfgJT2I6DyMEc : 8Nq1e32F8M

 なにをどう言い繕おうと、ペテン師・大嘘つきの安倍晋三は赦しがたい奸賊である!!
 オオカミ少年軍団・安倍自民党と股座膏薬・山口公明党の言うことなんか信じられるか!?

”自民党のポスター(ウソつかない。TPP断固反対。ブレない) はウソ”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/530.html
 投稿者 gataro 日時 2013 年 2 月 28 日 20:11:08: KbIx4LOvH6Ccw

”山形2区自民すずきのりかず氏、TPP絶対反対を訴えて当選!安倍氏も応援に駆けつける(5秒に一人、飢餓で命を落とす子ら )”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/465.html
 投稿者 JAXVN 日時 2013 年 2 月 26 日 23:24:27: fSuEJ1ZfVg3Og

”「自民党 TPP 断固反対」ポスターが爆笑を呼んでいる(ざまみやがれブログ)”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/430.html
 投稿者 鬼畜ユダヤ 日時 2013 年 2 月 25 日 22:49:47: fd9zY2zPWt.BQ

”小沢一郎代表「TPPでのアメリカの狙いは農業ではなく保険、医療、知的所有権というデカいものを狙っている!」”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/574.html
 投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 3 月 02 日 08:10:00: igs

 TPPだけでは、ありません!
 福島では、原発再稼働について、福島県民をペテンに掛けました。もちろん、票と議席を掠め取るためです。
 とにかく、安部晋三という奴は、日本人にはあるまじき、破廉恥極まりないことを平気でするのです。

“原発狂の自民党が、福島の人らに約束したこと!ど〜ん!”
 http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/368.html
 投稿者 mainau 日時 2012 年 12 月 19 日 19:35:26: GgaPs4QXWLwO2


03. JohnMung 2013年3月03日 07:35:29 : SfgJT2I6DyMEc : 8Nq1e32F8M

”米国市民団体がTPP秘密交渉を告発した驚愕の報道内容(天木直人のブログ)” 
 http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/594.html
 投稿者 笑坊 日時 2013 年 3 月 02 日 20:32:45: EaaOcpw/cGfrA

 アメリカの市民団体はTPPについて驚異の内容を報道しています。

 “アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは”
 http://www.youtube.com/watch?v=HLVKAalmD48
 公開日: 2013/02/26
 20120614字幕

 民主党政権時に「バスに乗り遅れるな」「世界から取り残される」とばかり、殆ど得体の¬分ってなかった当時から、政・官・業・メディア・一般国民を慌てさせ、世界では破綻し¬たに近いグローバル時代を持ち出し、新聞・テレビは今でもその騙し文句を貴重にした、¬参加のテーブルに付いて議論と交渉するのが正しいとして居ます。既に参加のテーブルに¬着いてる国々との交渉が予定通りに進んでない状況もあり、閉塞状況の打破の必要性から¬関税聖域無し撤廃を引っ込めたものと思われます。ただ、抜け出せなくするラチェット規¬定が残されてます。このTPPは、悪質グループ訪販が商品の中身の全部を見ず、クーリ¬ングオフの無い契約書類に直ぐにサインしなければ、世間から取り残されると言ってるに¬等しい話

 また、TPPは「貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具」と言われています。

“TPPは貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具”
 http://democracynow.jp/video/20120614-2
 放送日: 2012/6/14(木)  再生時間: 19分

 日本では昨年から危険な秘密貿易協定として大騒ぎになっているTPP。環太平洋パートナーシップとか環太平洋戦略的経済連携協定とかいろいろに呼ばれていますが、中身が分からないのに一旦参加したら抜けられないと言われる馬鹿げた国際協定です。米国でも一般には知られておらず、通商代表部が企業側と連携しながら進めているので国会議員でさえ内容を知ることができない始末です。交渉の草案がリークされて、ようやく議論に上るようになりました。2011年3月に「知財関連の条項」(2月時点での米国の要求の完全版)がリークされたのに加え、今回(2012年6月)には「投資条項」の草案がリークされました。リーク文書を掲載している市民団体パブリック・シチズンのロリ・ウォラック氏は、「これは貿易協定ではない、企業による世界支配の道具です」「1%の富裕層が私たちの生存権を破壊する道具です」と断罪します。
 今回のリークで特に問題視されるのが、外国の投資家が現地政府を協定違反で訴えることのでき、いわゆるISDS(Investor State Dispute Settlement)条項です。外国企業は事業を展開している国で政府を相手どり協定違反による損害を賠償せよとの訴訟を起こし、現地の法律や行政手続きにはしばられない海外の仲裁法廷に持ち込むことができます。政府による賠償は、その国の納税者の負担です。世銀や国連に設置される仲裁法廷で判事を務めるのは民間セクターの法律家であり、企業の顧問弁護士を生業とする人々です。明らかな利益相反にもかかわらず、仲裁法廷の裁定が国内法に優先され、主権が制限されます。
 他にも様々な問題が指摘されるとんでもない協定ですが、こんな過激な案になったのも一部の利害関係者だけが集まって密室でこっそり進めたせいです。そんなものはドラキュラと同じで、日の光にさらせば一気に衰弱し、生き延びることはできません。国際条約の名を借りた悪法が、国民をだますような形でどんどん決められていく最近のパターンに対しては、情報の開示こそが最も声高に求められるべきことでしょう。
 それにしても、米国側でも外国企業による国庫の収奪とか国内法規制の無力化への懸念が指摘されていることは注目すべきです。日本のTPP論議では、とかく「国益を守る」という言葉が国と国の間の貿易競争で有利な位置に立つという意味に変換されがちですが、産業界の利益と国民の利益は必ずしも同じではありません。あくまで国民の利益を守るという意味の国益の追求を論じて欲しいものです。(中野真紀子)

 英語スクリプトはこちら
 http://www.democracynow.org/2012/6/14/breaking_08_pledge_leaked_trade_doc

 ゲスト:*ロリ・ウォラック(Lori Wallach) 市民団体パブリック・シチズンのグローバル・トレード・ウォッチ代表
 字幕翻訳:田中泉/校正:大竹秀子/全体監修:桜井まり子・中野真紀子


04. JohnMung 2013年3月03日 07:47:49 : SfgJT2I6DyMEc : 8Nq1e32F8M

”TPPは貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具 Democracy Now!書き起こし”
 http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/tpp-dec7.html

 より詳細について、公正な貿易を求める市民団体パブリック・シチズンのグローバル・トレード・ウォッチのディレクター、ロリ・ウォラックさんにご参加頂きます。
 漏洩した文書は彼女が所属する同団体のウェブサイトに水曜朝早々掲載されました。

ロリさん、Democracy Now!にようこそ。文書は何を表しているのか、そしてこの条約の正体は一体何かをお話ください。

ロリ・ウォラック: 表向きは通商条約ということですが、実際は大企業による世界統治の施行なのです。条約は、全ての加盟国が、全ての法律、規制、管理手順を、26章の極めて包括的な規定に合わせることを要求しています。その規定のうちたった2章だけが貿易に関連するものです。他の24章は、大企業に対して多くの新たな特権と権利を与え、政府規制を制限し、政府を束縛するのです。公正貿易を求める全国連合、私たちのシチズンズ・トレード・キャンペーンのウェブサイトに漏洩したTPP投資条項によれば、実際、外国人投資家に対し、TPP条約をたてに、全ての米国企業が守らなければならない同じ国内規制を守るための費用を巡り、米政府に対し民事訴訟をおこし、米財務省を略奪する権利を含め、新たな権利と特権を設けるというのです。実にとんでもないことです。

フアン・ゴンザレス: ロリさん、こうした進行中の交渉の秘密的な性格に関しては、議会にすら非常に不満がありますね。約600人程の企業顧問は情報にアクセスできるのに、米国議員さえアクセスできないのですね? 一体どうしてこういうことになったかお話頂けますか?

ロリ・ウォラック: 条約になる可能性があるものの草案を漏洩で知るなどということは実に理不尽なことです。これは単にひどい通商条約などではありません。これは私たちの基本的なニーズと権利を破棄してしまいかねない、1パーセントの連中用のツールです。こんなことが起きたのは、交渉が極秘で行われてきたからです。それで二年半、この漏洩文書が暴露されるまで、人々は一体何が起きているのかと疑わしく思ってきました。ゴンザレスさんが、言われた通り、アメリカの法律の下で、600人の公式顧問はTPP草案を見る権限を与えられていて、過去にこれに似た条約を提出した人物達が、TPP文章を見て、アメリカの立場について助言するのです。一方、TPPを巡る権限を持った委員会、上院通商委員会の委員長の、ロン・ワイデン上院議員は草案にアクセスすることを認められていません。彼のスタッフも、機密情報にアクセスする権限を持っていて、過去にこれに似た条約を提出した人物が、彼が監督するべき条約を見る権利があると要求しているのです。彼は諜報特別委員会のメンバーで、機密情報にアクセスする権限があり、アメリカの核の秘密情報を見ることもできます。その彼ですら、通商条約という名前のもと、こっそり発効させようとしているこの大企業の権利章典を見ることができないのです。実に見事なトロイの木馬戦略です。通りのいい看板をつけ、日光のもとでは生き延びられないような内容を、その条約に仕込むのです。

特許に関する条項の一部も入手ができました。医薬品価格をつり上げる、製薬大手の特許権延長です。そして、私たちのウェブサイト、tradewatch.orgに、その分析と、反対運動に参加する方法についての情報を載せてあります。この条約は、ドラキュラのようなものですから、日光の中に引きずりだせば生きのびられません。アメリカ、そして全参加国で、基本的に"我々はこんなものはいらない。我々は世界的に施行可能な大企業の権利などいらない。我々にはもっと民主主義が必要だ。もっと説明責任が必要だ。"と主張する市民運動が起きています。

エミー・グッドマン: ロリ・ウォラックさん?

ロリ・ウォラック: しかも、この条約はまったく逆なのです。

エミー・グッドマン: 今日の番組への参加を呼びかけた際に、アメリカ通商代表事務所からもらったコメントの一部を読ませて頂きます。こう書いてあります。そのまま読みます。"オバマ政権は、TPP交渉に前例のない透明性を確保してきた。私達は議員達と協力しており... [また]毎回の交渉に利害関係者を招き、そこで彼らはプレゼンテーションを受け、交渉チームのメンバーと会っている. ...我々は常に透明性と国民の参加を高める方法を探し求めてきた。" ロリ・ウォラックさん、御意見は?

ロリ・ウォラック: ええ、まず最初に、現在の交渉担当者の透明性に対する考え方は、一方向からしか見えないマジックミラーです。私たちは基本的に、彼らに意見を言い、プレゼンテーションをすることができます。しかし、この漏洩草案が示している通り、公益団体の、宗教団体から消費者団体、環境、労働に至る非常に多くの団体の意見は何一つ反映されていません。この交渉でのアメリカの姿勢は、私たちが要求したことを何一つ反映しておらず、残念ながら、極めて極端なものです。条約中の、金融制度の安定を確保する為、加盟国が金融規制を施行できるようにしようという案にさえ、アメリカは反対しているのです。アメリカの立場は、私たちが要求してきたことを反映していませんが、我々は彼らに意見を言うことはできるのです。

歴史的な観点で見てみましょう。最近の大規模な地域協定の交渉、つまり、1990年代の米州自由貿易地域(FTAA)は、非常に複雑な条約で、34ヶ国が二年間協議し、全草稿文章が各国で公開されました。TPPは、8ヶ国で、もう3年も交渉しているのに、文章一つすら公表しようとしません。実際、交渉がおえた後いかなる草稿も四年間は非公開という特別協定に署名したことが、とうとう漏洩しました。秘密をさらに秘密で隠すのです。通商代表ロン・カークは、一体なぜかと問われて?過去に、アメリカも草稿文章を発表しました。お世辞にも透明性のお手本などとは呼べないWTOさえ、草案を公開しました。"一体何が起きたのか?" と彼は質問されました。彼は答えました。"過去に、例えば、米州自由貿易地域FTAAは文章が公開されて、我々は暗礁に乗り上げた。" 今、彼らが秘密裏にこそこそやっているのは、我々を閉じ込めてしまう計画を、その結果を甘受することになる大衆や議会が知ったら、何とかして頓挫させてしまうことになるからでしょうか? この条約で理解すべき本当に重要なことは、TPPの狙い貿易ではなく、セメントのような作用です。TPP条約のセメントが一度固まってしまえば、全加盟国が条約変更に合意しない限り、規則を変えることが出来なくなるのです。

この漏洩した章について、私たちが主張しているのは文字通り、司法の二重構造です。国民は国内法や裁判所を使って、権利を守り国民の要求を通そうとしています。大企業は別建てに、利害相反の規制法などおかまいなしに、民間の弁護士を三人雇うのです。この大企業いんちき国際法廷に、アメリカや他の加盟国の政府を引きずり出し、この三人の勝手に集めた弁護士が、規制によって生じた経費を還付すべきだと主張したり、自分たちがいやがっている規制が、アメリカ国内の企業全に適用されるものと全く同じであるかどうかと、全く無関係に、それで不当な扱いを受けていると主張したりする大企業や投資家に、無制限の額の我々の税金で、アメリカ政府が賠償するよう命じる権利を持つのです。これに似幾つかのものを含むNAFTAの制度のもとでさえ、有害物資規制、都市区画法、材木規制を巡って、既に3億5000万ドルが、政府から大企業に対して支払われています。これは卑劣な侵害です。もし人々が実際にこれを明るみに出せば、阻止できます。

フアン・ゴンザレス: それでロリさん、お伺いしたいのは、8ヶ国が交渉に加わっているとおっしゃいますが、どの国々ですか? それと、交渉方法の問題や将来的に加盟国が劇的に増える可能性についてお話頂けますか?

ロリ・ウォラック: ええ、この条約漏洩が非常に重要な理由は、これが最後の条約交渉になる恐れがあるからです。NAFTA以来、政府規制を押さえ込み、どん底への競争を煽る、貿易協定を姑息に利用する大企業に、多くの視聴者が巻き込まれてきました。こうした新条約は、益々大胆、大規模に、政府規制を緩和し、大企業に権限を拡大してきました。この条約は最後のものかも知れません。いったん成立させてしまったら、広く参加国を募ろうと彼らは狙っているのですから。このTPP条約は、究極的には、企業の新権利と特権を保証する世界的協定になりかねません。決済制裁と貿易制裁がその強制手段です。占拠運動や世界中の運動が、さらなる権力と支配力を要求しているまさにその時に、TPPが強制力のある世界統治政権に発展する恐れがあると言っても誇張ではありません。大企業側の反撃です。これは旧来の悪弊を更にひどくするものになります。また更に、条約交渉のゆくえによっては、これらの規定は、既存の国内法の改変を要求するだけではありません。進歩的な良い法規は廃止させられてしまいます。また将来、新たな法律さえ制定できなくなります。

現在、条約参加国にはオーストラリア、ブルネイ、ニュージーランド、シンガポール、チリ、ペルーとベトナム、そしてアメリカ、更にマレーシアが加わりました。またTPP条約は、NAFTA式の海外移転を推進するあらゆる企業の特権を含んでいます。より徹底的で、あらゆる種類の新たな大企業特権が含まれており、医薬品価格をつり上げるための、医薬品や種子の独占権を延長する権利や、後発医薬品開発や医薬品共同購入を阻止する権利さえあります。例えば、オバマ政権が医療制度改革法案に盛り込んだ医薬品についても、彼らは他国で使う権利を奪おうと密談しています。また金融規制も緩和させられます。加盟国は危険な金融商品やサービスを禁止することが許されないのです。アメリカ政府が、金融制度改革でも規制を強化しようとしている時にです。またTPPは我々が地方財政についてまで干渉します。全米中の、搾取労働撤廃運動や、生活賃金を求める運動や、グリーン購入運動をしている人々にとって、TPPは、地域産業優先を禁じます。納めた税金を自分の州へと再循環させる"バイ・ニューヨーク"州優先も、"国産品愛好" も許されず、製品が含むべきリサイクル成分等の環境への配慮やら、搾取労働でなく作られた制服といった人権への配慮も許されません。こうした類の条件もう訴えられかねません。TPPは大企業に途方もない権力を与えます。ここまで過激になれたのは秘密だったからです。他国の国民もこんなものを望んではいません。主としてアメリカが、最も過激な条項を推進しているのです。だから、どなたでもその分析がtradewatch.orgで読める、TPPの文章を公表し、実際一体何が起きているか、皆さんに知って頂くことが非常に重要なのです。

エミー・グッドマン: ロリさん、通商条約の最新の交渉はダラスでおこなわれました。現地滞在中、オバマが任命した通商代表ロン・カークが、現地財界向けイベントで講演しました。(反TPP活動集団の)Yes Menがそのチャンスを利用して、元ダラス知事のカークにニセの賞を贈呈しました。これがビデオ・クリップです。

ギット・ハヴァーサル: こんにちは。ご参加有り難うございます。私はギット・ハヴァーサルと申します。テキサス州大企業権力パートナシップを代表して、2012年大企業パワー・ツール賞受賞者が、アメリカの通商代表部であることを喜んで発表させて頂きます。交渉担当者の方々には、皆様の容赦ない尽力に対し、個人的にお礼申しあげたいと思います。この国や他のいかなる国の国民が正しいと考える意見とも無関係に、我々が企業利益を最大化する為の偉大な方法となる様、TPP条約がまとまりつつあります。

エミー・グッドマン: 次回TPP交渉は、7月4日の祭日の週末に予定されています。ロリ・ウォラックさん、これについてコメントいただけますか? それと、オバマ大統領はどう対応するのでしょうか。おそらく今晩、サラ・ジェシカ・パーカー邸で資金集めパーティーをするようですが。金融業界はこれまでミット・ロムニーに3700万ドル献金しています、オバマ政権への献金は、480万ドルで、ウオール街の元支持者達すら今はロムニーについていますから、こうした連中の気を引こうとして、ロムニーがするより、うまくやっていますよと言いそうですが。

ロリ・ウォラック: オバマ大統領にとって、二つのシナリオがあり得ると思います。一つは、彼がこうしたTPP担当者達がしていることを掌握していなかったというものです。実際見過ごされてきたのです。それで議会や大衆に警告することになりますから、最終的にTPP文章が明らかになることはきわめて重要です。基本的に彼は通商代表部の監督が甘かったのです。彼らの多くが、クリントン政権時代に、アメリカをNAFTAに加盟させたのと同じ連中が通商交渉チームに復活したのです。もう一つのあり得る説明は、お金の問題で、つまり、これは1パーセントが愛する条約だということです。これはいわば1パーセント連中の夢なのです。周辺でも、政府でも、あらゆる資金とロビー活動をつぎ込んで戦い続け、欲しいものを入手しようとしているのです。これで未来永劫、彼らの力を固定できることになります。

エミー・グッドマン: パブリック・シチズン、グローバル・トレード・ウォッチのディレクター、ロリ・ウォラックさん、ご出演有り難うございます。今後も注目し続けけます。

記事原文のurl:www.democracynow.org/2012/6/14/breaking_08_pledge_leaked_trade_doc


05. 2013年3月03日 11:05:25 : DYO6vdSoGE
TPPの見える化は必要です!

06. 2013年3月03日 11:06:41 : zBYc960RaI
見事なトロイの木馬どころではない。
"トロイの木馬"と大書してあるトロイの木馬だ。
それをTPP賛成派は、「開けてみなければわからない」と言って城内に
持ち込もうとしている。


07. 2013年3月03日 11:11:23 : DYO6vdSoGE
>>06
>TPP賛成派は、「開けてみなければわからない」と言って城内に
>持ち込もうとしている。
?
どちらかというとTPP賛成派かなと思いますが、
TPPの見える化は必要です!!

08. 2013年3月03日 11:14:30 : DYO6vdSoGE
>>07
米国もTPPで既得権益格差社会とかを是正したいのかもしれません?
TPPの見える化は必要です!!!

09. 2013年3月03日 12:02:27 : cWIBtbognM
米国市民はTPPを知らないし反対しているのに
誰がTPPを無理矢理推進しているのか、それは湯田金だ
TPP=NWOだ

10. 2013年3月03日 12:49:31 : EGFY7zcmP1
安倍首相ばかりけなしてみても、的外れであろう。
思い起こしてほしい。

菅首相が就任と同時に第三の開国と言いつつあの仙谷と一緒に騒いでいたことを。
そして野田首相も歯切れは悪いがTPP推進であった。

日本の首相でTPPに代表される国際的な資本戦略に反対できるだけの権力基盤を持つ政治家はいない。

鳩山内閣は発足と同時にこうした罠から抜け出そうとしたが、保身にまい進するマスコミと官僚によりみごとに退陣に追い込まれた。

おおらく原発も同じ構図であろう。
福島医大に赴任した有名な医師が震災直後に原発被災者への放射能による人体への影響を長期にわたり疫学的に調査するプロジェクトに1000億円近い税金を全く国会での議論もなく投入できたのはIAEAやWHOなどの国際機関とその背後にいる資本家が日本政府にある種のルートを使って働きかけたからであろう。

日本も米国も金とマスコミを使った罠に政府は絡め獲られている。
この罠から抜け出すには、ドラキュラを太陽の光に当てて自らの毒によって殺すしかない。


11. 2013年3月04日 07:21:34 : cCz4ye6Qk7
アメリカの1%の支配層が自分達の利益の為にTPPを進めている。
FRBも1%の支配下にありアメリカのカネは彼らに握られている。

民主党も共和党も政治は彼等達の都合のいい方にもっていく為の道具。
大統領さえも彼らの話し合いで決まる。

歴代大統領もケネディとオバマ以外は1%の出身。
この1%に逆らえばケネディさえ殺される。


12. 2013年3月04日 11:28:58 : oLYPlmPKz6

 TPPは貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具

 TPPは貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具

 TPPは貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具 

 たとえば 医薬品値上げのためのカルテルのようなもの?


13. 2013年3月04日 12:48:03 : hOlEebSCRA
酷い話だ!
いつの時代?
まるで奴隷制度時代と同じ感覚!
金持ちだけが人間!ってことか

14. 2013年3月04日 15:21:43 : HIitXaOrNk
>>06
言い得て妙ですね。

僕も第三者に対してTPPの危険性を説明する時の最初の一言として使わせてもらいますね。


15. 2013年3月04日 17:31:53 : bQBr5v4B66
TV.Radio・新聞等の各報道機関の報道・経済評論家を生業としている論客がTPP
賛成・反対を論評する際、当該米国のリーク ニュースを踏まえた報道・論評セズ!
不可思議だな! 推理してみると
1 当該リーク ニュースの信憑性に疑いを持っている。
2 当該リーク ニュースは嘘だから無視している。
3 労咳リーク ニュースを全く知らない!
4 何が有ろうとTPP条約批准に持って行きたい!
各報道に当該ニュースを知っているか? 皆で問合せよう!

16. 2013年3月04日 23:53:33 : B70CLr8dyI
この事実をどんどん拡散させましょう。どうせマスゴミはスルーだろうけど、そのうち色んなソーシャルメディアで火が着くはず。皆さんの努力次第だと思います。
こういうところは、アメリカの市民の行動力を見倣いたいものです。

17. 2013年3月05日 01:25:05 : yj5FnYZ31o
TPPが 企業による世界統治〜世界政府の構想で企業が草案しているっていう
事実を政府が知っていないのではないのか、またマスコミも外伝ばかりの情報だけ
で新聞かいていないのか?その道の先生がたに話を聞いただけで記事を書いている
んじゃないのか?その道の先生がたもろくに情報も知らずに自分の知っている身内
だけの情報だけで話をしているんじゃないのか?  という疑問があります。

よく会社などでも現場だけが 現場がかわってきていることを知っていても、二つ
三つ上の課長や部長という上司はじつは現場をわかっていないことが日常茶飯事だ
し、ましてやトップなんていうのは現場を把握できている会社などは珍しいという
ことがままあるからです。

そこで私はいま下記のように取り組みしはじめています。
1官庁あてに意見書を送付してTPP交渉を慎重にしらべ不参加も検討すること
2テレビ局をえらび、NHKとテレビ朝日ですが同じように意見書を郵便物の
 文書にて実名で意見
3政治家もよりの指示する政治家あてに意見書を文書にて送付

自分の耳。目で確かめてゆきたいからです。
(戦時なら逮捕もあったかもしれないでしょうがいまは大丈夫でしょう)

ここで長い整理された文章でコメントをされているかたもぜひご自分で意見なり
質問なりされていかれるといいのではないかと思います。

昔私は総理大臣に介護の問題を論文30枚をおくり、総理大臣から介護制度を
つくりますと返事をいただいたこともあります。やってみるもんですよ。

皆さんのひとことが政治を動かすかもしれないので、ぜひ頑張りましょう。


18. 2013年3月05日 10:29:24 : bQBr5v4B66
皆でTwitter,ソーシャル メデイアを活用して拡散しよう!

19. 2013年3月05日 15:34:47 : BnPQDnro5g
●いわゆるTPP=環アメリカ経済隷属誓約凶定=コーポラティズム(メガグローバル企業翼賛政治、メガグローバル企業完全統治体制)

●「貧乏人は水を飲むな!」、南米ボリビアにおける政変(モラリス政権誕生)の契機となった、米巨大企業による、水資源独占支配構図の典型例!

●世界最大のゼネコン、ブッシュのベクテル社による、'02年ボリビア・コチャバンバ市の水道事業(インフラ)買収民営化にまつわる、恐るべきワナの実態!

http;//alternativereport1.seesaa.net/article/103393812.html



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK144掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK144掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧