★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK145 > 707.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
“特捜”による政治家の葬り方〜陸山会事件でも踏襲の“常套手段” 成瀬裕史(JanJanBlog) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/707.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2013 年 3 月 28 日 16:20:33: AtMSjtXKW4rJY
 

http://www.janjanblog.com/archives/94106
2013年 3月 24日 22:15 成瀬裕史 JanJanBlog


■特捜「ストーリー」の“追認”に終わった「陸山会」控訴審

 3月13日、東京高裁で小沢一郎氏の資金管理団体「陸山会」の土地取引で、石川知裕議員ら元秘書3人が政治資金規正法違反に問われた事件の控訴審判決があり、飯田喜信裁判長は、3人を有罪とした1審の東京地裁判決を支持し、元秘書側の控訴を棄却した。

 全国紙の報道では「高裁判決は、2004年の土地取引の際に小沢氏が出した4億円の処理について、3人が陸山会の政治資金収支報告書にうその記載をしたと認定した」と報じたが、
この「うその記載」とは、土地購入代金は2004年に支払ったが、登記は翌年だったため、土地購入の報告を2005年にしたという、報告年が1年ズレただけの「期ズレ」である。

 こんな事務処理上の“ミス”のようなものを、「禁錮2年」の“大罪”に仕立てるには、「ストーリー」が必要である。

 高裁は、石川知裕氏が中堅ゼネコン「水谷建設」から5千万円の裏金を受け取ったとの1審判決を追認。それが石川氏の動機形成の一因になったと指摘した。

 しかし、この1審判決では、水谷建設の元社長の証言だけで、石川氏と大久保氏が各5千万円の裏献金を受領したと「推認」。

 この裏献金授受の事実が争われる筈だったが、高裁は、裏献金はなかったとする証人申請を含め弁護側の証拠請求の大半を却下し、新たな証拠調べは実質的に行わず、1審の「推認」判決を「追認」した…。

■「刑事裁判の絶対権力者」による「ざまあ見ろ」判決の傲慢

 この判決には、「検察の正義など」の著作がある元・検事の郷原信郎氏が自らのブログで、
「「刑事裁判の絶対権力者」による「ざまあ見ろ」判決の傲慢」と題し、
東京高裁の姿勢に「怒りを顕わ」にしている。
http://nobuogohara.wordpress.com/

 曰く、「刑事事件の控訴審というのは、一体何のためにあるのだろうか」
「裁判所は、弁護側の証拠請求を、情状関係を除き全て却下し、事実関係に関する審理は一切行わず結審した」
「このようなデタラメな判決が出された背景には、控訴審の裁判長が絶対的権力を持つ、刑事司法の歪んだ構図がある」
「今回の事件は、そのような恐ろしい日本の刑事裁判の現実を示すものと言える」

 郷原氏は、昨年11月に小沢一郎氏の無罪が確定した控訴審判決において、
陸山会事件の1審の判決では認められた
秘書3名の虚偽記入の犯意や、4億円の銀行借入の隠蔽の意図が否定されたことから、

これらの地裁、高裁の審理経過、判決を踏まえて、慎重な見直し判断が行われるであろうと「誰しも思ったはず」にも拘わらず、
控訴審裁判所が、一審の事実認定を見直す気が全くないことが明らかになった、とし、

「刑事事件の控訴審というのは、一体何のためにあるのだろうか」と憤っている…。

■「時効前」政治家を「時効後」贈賄証言で挙げる“常套手段”

 この「控訴審裁判所が見直す気が全くない」一審の事実認定こそが、
地検特捜部の“常套手段”、時効の「2年差」を活用(?)した「贈賄側の証言」である。

 今回の石川知裕氏らが有罪となった「決め手」は、
水谷建設の元社長の「石川氏と大久保氏に各5千万円を渡した」という証言だけである。

 この裏献金の授受は2004年とされているが、石川氏逮捕は2010年の1月15日。
 「贈賄」の時効は3年であることから、水谷建設の元社長は2009年の取調べ時に
「5千万円を渡した」と証言しても、“時効成立”で罪には問われないのである…。

 逆に、特捜側から、時効が成立していない「余罪」の追求をほのめかされたりしたら、
政治家の立件に有利な証言をしてしまう可能性は否定できないのではないか…。

■「疑惑の総合商社」も「時効後」証言で“実刑”に

 かつて「疑惑の総合商社」と揶揄された鈴木宗男氏は、
1998年8月に官房副長官就任祝いとして政治資金規正法に則って受領した400万円を“贈賄”とされ、実刑判決を受けた「やまりん事件」について、
当時、東京地検特捜部の取調べで「贈賄」を認める供述をした、やまりん株式会社・山田哲社長が、
後に供述を否定し裁判所に提出した「陳述書」を、氏のホームページに2010年9月21日付けで掲載している。
http://www.daichi.gr.jp/html/diary201009.html

 「贈賄」の時効が成立した2002年6月に、地検特捜部から取り調べを受け、4年前の盗伐の事件を持ち出され「時効は10年だ」と脅されながら、官房副長官就任祝いを「贈賄」と認めた調書にサインした経過が、生々しく陳述されている…。

■「ロッキード事件」も司法取引による「時効後」証言

 元祖「政治とカネ」、田中角栄氏が1976年7月、受託収賄罪容疑等で逮捕された「ロッキード事件」も、同年に米国上院で行われた公聴会で、当時のロッキード副会長・コーチャン氏が、
1972年に児玉誉士夫氏に対しコンサルタント料21億円を渡し、彼から小佐野賢治氏や丸紅などを通じ、当時首相の田中氏に5億円が渡されたことを、「時効成立」の4年後に証言した。

 しかも、コーチャン氏の証言は、「米側証人が日本側の要請で証言する場合、
どんな犯罪行為を喋っても、日本側は絶対に刑事訴追しない」という
日米政府間の「司法取引」による“嘱託尋問”として、特捜側の証拠として採用された…。

 どうも、我が国の“特捜”は、「陸山会」であれ、「やまりん」であれ、「ロッキード」であれ、時効や刑事取引による「罪に問われない者」の証言で、政治家を「追い落とす」のが“得意技”のようだ…。

 ちなみに、当時の日本社会党・成田知巳委員長は、「政敵」田中氏を追い落とす裁判にも拘わらず、この司法取決について、「日米間の国家機関を通じて決まった、一種の条約であるにも拘わらず、関連資料の提供を捜査機関のみに限定するのは、三権分立を定める憲法違反である」と指摘した…。

 
■「或る国」の利益を脅かす政治家が“特捜”に葬られる国

 田中角栄氏は、「或る国」の意向に反して、中国との国交正常化を実現した…。

 鈴木宗男氏は、「或る国」が打込んだ日ソ間の“楔”、北方領土問題の解決に尽力していた…。

 そして、「政権奪取確実」の民主党代表であった小沢一郎氏は、「或る国」と新たに覇権を争う中国と、「政治の父」角栄氏譲りの太いパイプを持っていた…。

 「或る国」による占領下、旧日本軍の隠退蔵物資を摘発しGHQの管理下とすることを目的に設置された「隠匿退蔵物資事件捜査部」としてスタートした“特捜部”…。

 そんな“特捜”を擁する検察との「判検交流」による人事交流を続ける“裁判所”…。

 そんな“特捜”と“裁判所”との「連係プレー」により、一審の「推認」が「追認」された、
今回の「陸山会事件」控訴審…。

 そして、そんな、弁護側の証拠請求を殆ど却下し、事実関係の審理を一切行わず結審した高裁の姿勢を、一部夕刊紙を除き、一切批判しない、我が国のマスメディア…。

 そんな、郷原信郎氏の言う「恐ろしい日本の刑事裁判の現実」は、氏が自らのブログで訴えない限り、世の中には伝わらない…。

 しかし、そんな郷原氏や、同じく「小沢裁判」を司法関係者の「当たり前の視点」でツイートする江川昭子氏が、テレビのコメンテーターから「退場」させられて久しい…。

 「或る国」に、司法も、行政も、そして「第四の権力」メディアも支配された国に、TPPやオスプレイを跳ね返す力は、果たしてあるのだろうか…。

成瀬裕史記者のプロフィール

1960年生まれ。北日本の一地方在住。一次産業を主とする“地方”の復興のため、明治維新から続く中央集権・官僚主導の国家体制の“CHANGE”を志す。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年3月28日 18:48:08 : Q1AShcAlNU
期ずれは、一年遅れたのではなく正確に言えば、2004年10月29日から翌年の登記日1月7日までの70日遅れである。会計年度上は一年遅れといえるかもしれないが. 

石川さんは独自の判断でしたのではなく売り手側の司法書士のアドバイスに従ってそうしたまで。公判で筑波大学院の弥永教授も石川さんのやり方が正しいと証言している。

民主党政権は司法改革をする絶好の機会だったのに、小沢氏裁判が捏造と知りながら無視をきめつけていた執行部は犯罪者以外の何者でもない。特に玄葉にいたっては義父の元福島知事が冤罪で有罪にさせられたことの経験を生かしていない小心者だ。


02. 2013年3月28日 19:46:04 : 0wxIAuUZpw
本当に納得のいかない裁判です。石川さんを救いたい。

03. 2013年3月29日 08:20:28 : vgQVMWdybs
 東京地検特捜部は、もともと、日本人の所有する宝物を探し出し飼い主であるアメリカ人へ献上する猟犬として飼育されたが、今でも、その姿勢は同様。
 石川氏ら秘書は最後まで戦うべきだったが、何か別の考えがあるのだろうか?
それにしても、「勝ち誇ったかのようなマスコミ」の態度には反吐が出る。
きっと、近い将来、彼らマスコミには天の采配が下るだろう!

04. 中田のみや 2013年3月29日 09:44:21 : Ppx1BoMyX1YIQ : vecfdCa5Dk
特捜になるやからが、アメリカの日本大使館の書記官として、行き、アメリカの教育を受ける。数年でも海外でくrAスト第二の故郷になるものだ。現役の最高裁判所長官、竹崎が、何しにアメリカへ、小沢氏の裁判後に行ったのか?それは報告だろう。この国はアzメリカの植民地から抜けられない。上級官僚も結構、食についてからアメリカ留学したり、外務省さえ、アメリカ大使が出世する。我々は不幸なこの国に生まれた一般国民でしか無い。

05. 2013年3月29日 12:40:08 : mvurMTJIK2
『日米地位協定』で日本をアメリカに売り渡した吉田茂。

『指揮権発動』で陸山会事件を創り民主主義を破壊した吉田の孫麻生太郎。

吉田茂と麻生太郎という爺さんと孫が2代(3代?)に渡って大バカ仕事をやってくれた。


06. 2013年3月29日 12:43:26 : Aply9KcASU
成瀬裕史記者のような人が
市民の市民のためになる
真のジャーナリストの一人ですね。
JanJanBlogの存在をもっと多くの人に広めたいと考えています。

07. 2013年3月29日 13:34:45 : mKYkYu7pLc
日本国憲法にうたう「国民主権」とは全くの嘘。
この国はあの悲惨な敗戦を経ても天皇支配の国であることに変わりが無い。
北朝鮮の金王朝と同じで、天皇制で特権を貪る連中が主権者なのだ。
アメリカも自国においては国民主権、民主主義を実践するが、他国についてはあくまでアメリカの都合次第だ。
アメリカが他国に対して民主化を要求するのも全くのご都合主義だ。
対日占領政策の転換をみればよくわかる。ソ連との冷戦遂行の為にアメリカは日本の旧来の支配・統治体制を温存した。
戦後の救世主のように言われている吉田茂氏は「臣茂」と公言して憚らなかった。
日本の天皇制の上に戦後はアメリカが居座っただけだ。

08. 2013年3月29日 15:33:05 : X57vQPwEqE
>>7
>日本の天皇制の上に戦後はアメリカが居座っただけだ。

この言葉は日本の現実を直視した正論である。この言葉で日本の全てが語りつくせるだろう。

特に居座ったとの表現は実に深い意味を持った言葉である。

戦後は今も続いている。果たしていつまで続くのであろう?


09. 2013年3月29日 18:24:00 : 4wCv06mQSg
全部、そのとおりです。
一国の司法権力を他国に委ねている国は何と呼べばいいのでしょうか。

植民地
属国

そんな上品な名前では呼べません。

国家もどきのニセ国家とでも呼べばいいのだろうか。

いづれにしても、このままでいいわけはない。


10. 2013年3月29日 18:41:28 : xete4hjatg
今も朝鮮が司法を統帥してますよね
それがアメリカに変わるだけですよね
ならTPP賛成

11. 2013年3月29日 20:23:34 : S2ksoSFczA

>小沢一郎の疑獄事件には、この国の利権構造が集約されている。壮絶なバッシングのモチベーションは小沢が掲げていた政策をみればあきらかなのであり、政界、財界、官僚、米国、報道これら全ての既得権益の解体を目指したことに他ならない。
>この国の報道は主権侵害の排除という英雄的行為を評価するのではなく、むしろ愛国者を背徳者として葬ろうとしているのだが、執拗な攻撃は社会正義ではなく、私欲によるものであることは語るまでもない。
>慄然とするのは国会という機関が国家利益と国民福祉ではなく、他国の利潤とインセンティブ(成功報酬)を目的化していることだ。
http://alisonn.blog106.fc2.com/blog-date-20121115.html
http://alisonn.blog106.fc2.com/blog-entry-377.html

正義が実現されず悪が蔓延る世の中。しかし、ただ嘆いてばかりはいられない。何か行動しなければと自分自身を奮い立たせています。私たちの日本、その未来が崩壊する前に、微力ですが自分にできることをやるしかないと思っています。7月には参議院選挙があります。

*「新党浸透作戦U」への参加のお願いhttp://ozawakakumei.blog.fc2.com/
*ポスター
http://senkyoku.skr.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=118&comment_flag=1&block_id=13#_13


12. 2013年3月29日 20:39:56 : I2uRUFqzqs
いつまでたっても、自己中心的国民ばかり溢れる国民は、
合法的に殺される。
陸山会事件を事務所秘書らの有罪事件だと思っている連中は
合法的に殺されるんだよ。

ネットがあってもいつまでたっても自己中心的思考なんだから。

裏金も裏帳簿も見つかっていないのに有罪にされたんじゃ、
日本全国民誰でも犯罪者にされるぞ。

自己中心的思考の連中君達。
お前らいつまでも自己中心的思考だと合法的に上に殺されるぞ。
オイ。



13. 2013年3月30日 03:40:53 : diGuyGZWeo
国家公務員は古今東西 みんな利己主義
今に始まった 日本に始まった訳ではない。
それをうちやヴるがマスコミ
日本のマスコミは腐れ
腐れた マスター米諸ン
    スッカラ菅
    コンコンチキ
    ミミズに小便 
マスコミの正体はこの通り、くさりもの。
困ったものだ。    

14. 2013年3月30日 12:58:23 : 1G8pAgjtPQ
おくやみ
石渡 鷹雄氏 元科学技術事務次官、元動力炉・核燃料開発事業団理事長

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/obituaries/CK2013033002000156.html

何かが起きているぞ。


15. モンロー 2013年3月30日 16:43:26 : ChtbDLxjY18cE : ucUfZk3vzM
皆さんなにがなんでも最高裁の国民審査には行ってバツつけましょう。
特捜も片山さんを起訴してしまったのでどうでしょう?
変な判決ならば罷免請求しましょう。

16. 2013年3月31日 01:54:08 : jvn0q4GtRw
辞め検には司法取引する奴がいると以前聞いたことがある。一審の時、どう云う基準で選択したのだろう。結果的に禄でもないクソを掴んだことになる

裁判官はどんな判決を出しても、退職金をたっぷり貰って退官すれば後のことは知ったこっちゃー無いのだろう(赴任先でその後も生活する訳ではないのだから)
⇒親族のいる地元で、こんな悪い奴だと街宣でもやれば効果はあるだろうけど、こんな奴らには・・の面にしょん便だろう

腐りきった官僚共を排除する為には、やはり政治家の力が必要です


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK145掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK145掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧