★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK145 > 734.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「粉飾」とはなんだったのか:特捜が普通の市民をターゲットにする恐怖 (八木啓代のひとりごと) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/734.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 3 月 29 日 11:25:00: igsppGRN/E9PQ
 

「粉飾」とはなんだったのか:特捜が普通の市民をターゲットにする恐怖
http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-680.html
2013-03-29 八木啓代のひとりごと


 モノトーンの大きなゴシック体の「粉飾」という文字が、目に飛び込んでくる。
 インパクトのあるタイトルとデザインである。
 そして、グレーで、「特捜に狙われた元銀行員の告白」というサブタイトルが浮き上がっている。
 元検事が自ら冤罪を作ったことを告白した「検事失格」、陸山会事件をめぐっての田代虚偽報告諸問題についての検察の対応の救いの無さを対談という形で白日に晒した「検察崩壊」に続いて毎日新聞社から出た、検察シリーズの第三弾がコレ、ということだろうか。
 ある、中小企業と共に歩み救おうと奮闘する良心的な経営コンサルタントと、懸命に経営を黒字化しようとしている熱心な経営者が、検察の、まさに「見栄」のために、罪に落とされるその経過が生々しく描かれている。

 じつは、この事件は、すでに拙ブログでもご紹介した「四〇〇万企業が哭いている ドキュメント検察が会社を踏み潰した日」(講談社)で描かれている、会社社長とコンサルタントが逮捕された、検察のでっち上げに近い「粉飾詐欺事件」と同じテーマなのだが、そこは、当事者として、寝耳に水のように特捜に呼び出され、検察ストーリーとメディアへのリークのもと、根も葉もない「悪徳コンサルタント」に仕立て上げられ、さらに、そのような状態で、実刑判決を受けつつ、最高裁に最後の望みを託して控訴審を闘う当事者である佐藤真言氏の語る物語は、まさに、背筋が凍るような怖ろしさがある。

 大物政治家や大企業の経営者でもない、長引く不況の中で喘ぎながら日本経済を支えている中小企業の経営者。それを支えようと経営改善をアドバイスしてきただけの人が、どこにも被害者がいないにもかかわらず、検察のストーリーの中で「大悪党」に仕立て上げられていく恐怖が、そこにあるのである。
 そして、言うまでもなく、それはそれだけでは終わらない。逮捕され、起訴され、有罪実刑とされ、収監され、人生を破壊されてしまうのである。
 まさに、検察官の「見栄」と、裁判官の「怠慢」のために。

 これを読んで、日本の司法に、素直に正義を信じられる人はもういなくなるかもしれない。しかし、残念なことに、私たちが生きているのは、その現実なのである。そして、であるからこそ、特捜が、「普通の市民に刃を向けた」この一冊は、必読とも言える。

 この書の出る少し前、佐藤氏と共に逮捕された朝倉亨さんの最高裁への控訴が棄却され、実刑が確定した。
 

 これ迄 興味もなく無縁だった世界を初めて見聞し、また 自ら体験した視点から
「私は この国の刑事司法を 一切信用致しません」


 朝倉氏から頂いた棄却を知らせるメールにあった、この一文は重く、痛い。

 見栄と怠慢のために、人間の人生を(時には国の運命までをも)狂わせる怖ろしさを、彼らは、一体、どうすれば理解できるのだろうか。


文中リンク
粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告白
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4620321907/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4620321907&linkCode=as2&tag=yaginobuyooff-22

検事失格
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4620321141/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4620321141&linkCode=as2&tag=yaginobuyooff-22

検察崩壊
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4620321478/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4620321478&linkCode=as2&tag=yaginobuyooff-22

四〇〇万企業が哭いている ドキュメント検察が会社を踏み潰した日
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062178842/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4062178842&linkCode=as2&tag=yaginobuyooff-22


       ◇

『粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告白』(佐藤真言 著、毎日新聞社)が2013年3月29日(金)に発売されます
http://www.supportingsato.com/pubinfo/20130329/
2013年3月17日 佐藤真言さんを応援する会

 「私は刑務所に入ることなどしていない!」

 “粉飾詐欺”で懲役2年4ヵ月―最高裁で争う元銀行員が明かす、この国の検察、裁判所の矛盾。
 粉飾決算に手を染めざるをえない中小企業の現実に、真正面から踏み込んだ問題作。

 第一章 疑われたコンサルタント
 第二章 銀行員時代
 第三章 中小企業の社長を支えて
 第四章 逮捕
 第五章 奪われた日常

 「中小企業のために、まだできることがあるはずだ」

 経営コンサルタントとして第二の人生を歩み始めた男が目のあたりにしたのは、明日の資金繰りにも頭を抱え、やむにやまれず粉飾決算に手を染める中小企業の姿だった。懸命に社長に寄り添う日々に生きがいを見いだしていくが、突然、自宅が特捜検事らの強制捜査を受けることになり……。

 ついに東京地検特捜部が、一般市民に刃を向けた!

 郷原信郎弁護士推薦!!


郷原信郎 @nobuogohara
経営コンサルタントの佐藤真言さんの本『粉飾‐特捜に狙われた元銀行員の告白』が月末出版とのこと⇒http://amzn.to/Zb6YhB  中小企業をめぐる粉飾決算と融資の実態を無視し、融資詐欺で社長と佐藤氏を逮捕・起訴して踏み潰した特捜部の不当捜査を真正面から描いた問題作です。


       ◇

特捜検察が「普通の市民」に牙をむくとき :2012年9月30日  郷原信郎が斬る
http://nobuogohara.wordpress.com/2012/09/30/%E7%89%B9%E6%8D%9C%E6%A4%9C%E5%AF%9F%E3%81%8C%E3%80%8C%E6%99%AE%E9%80%9A%E3%81%AE%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%80%8D%E3%81%AB%E7%89%99%E3%82%92%E3%82%80%E3%81%8F%E3%81%A8%E3%81%8D/

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年3月29日 12:48:40 : gCaZqSDeLI
事件の経緯とその背景
2012年10月1日

◆特捜部の「誤ったシナリオ」

東京地検特捜部によって想定された事件のシナリオは、次のようなものでした。
すなわち、「今回の事件は、中小企業が『粉飾決算』をすることによって『銀行をだまし』、『融資金を引き出した』」という筋書きです。このシナリオを大々的に実演するため、「東日本大震災緊急保証制度(震災保証)」という、いわばマスコミの注目を集めやすい融資制度を受けていた中小企業――朝倉亨氏が経営する潟Gス・オー・インク――が狙い撃ちにされました。

この企業にコンサルタントとして関与していた佐藤真言氏は、「実質破綻の中小企業を利用して震災復興などの保証制度を食い物にした」とされました。また、佐藤氏が所属していた会社に対しても、「銀行員崩れが集まって、潰れそうな中小企業に粉飾決算をやらせて融資金を引き出してやり、金を吸い上げていた。業として詐欺をやる詐欺株式会社のようなものだ(検察幹部の言葉)」と、あたかも融資詐欺の首謀者であるかのような言明が特捜部によってなされました。またテレビでは、「コンサルタントは分け前をもらって大もうけできる」といったコメントが全国放送で流されました。



◆無視された事実

しかし、この検察の筋書きにはいくつもの無理がありました。
まず、佐藤氏が企業から直接の利得や裏報酬、成功報酬を得ていなかったことです。通常、詐欺罪が成立するには直接利得が必要であり、これは検察首脳が逮捕当時、「間接利得で起訴なんかできっこない」と言っている通りです。
しかし、どうしても立件に持ち込みたい特捜部は、直接利得があったという当初の筋書きをねじ曲げました。すなわち、佐藤氏が自身の会社から得ていた給与を「間接利得」とみなし、あたかも「給与」が「粉飾決算の対価」であったかのように意味づけ直したのです。

また、佐藤氏が企業の粉飾決算を主導していたという特捜部のシナリオとは異なり、佐藤氏の担当する顧問先で粉飾決算を行っていたのは全体の25%にすぎませんでした。佐藤氏が所属する会社には歩合給がなく、社員全員同額の給与であったことも、佐藤氏を「カネ目当ての不良コンサルタント」とみなす特捜部の見立ての誤りを如実に示しています。
さらに、この事件で問題となった企業の粉飾決算については、佐藤氏と出会う前からすでに会社が独自で行っていたことも判明し、「佐藤首謀」という特捜部のシナリオは、いよいよ破綻を余儀なくされます。

しかし、特捜部は、自らの筋書きに狂いが生じても撤退しようとはしませんでした。特捜部は、「佐藤首謀、立件ありき」という強硬な姿勢のまま捜査を進め、ついに、真摯な一経営者である朝倉氏と、赤字にあえぐ中小企業の復帰を必死で支援していた佐藤氏を逮捕し、そのすべてを奪ってしまいました。



◆中小企業と「粉飾決算」――その構造的背景

中小企業と粉飾決算というテーマは、社会の構造的な問題です。決算書が赤字や債務超過の会社には、銀行はお金を貸そうとしません。しかし、赤字や債務超過の会社が実質破綻かというと、必ずしもそうではありません。日々の必死の努力によって従業員の雇用を守りぬき、会社をも守ろうとする、たくましい400万もの中小企業が日本にはあります。
そんな会社が銀行からお金を借りられなくなるということは、人間でいえば血液が止まってしまうことに等しく、会社の倒産を意味します。したがって、中小企業が粉飾決算に手を出してしまう背景には日本経済と社会の構造的な問題があり、また、倒産か、粉飾決算かを迫られる中小企業の抜き差しならぬ立場があるといえます。

「粉飾決算をする会社は、実質破綻会社なのだから潰れて当然」、とある検事は言いました。
この言葉は、日本社会や経済の実情をまったく見ようとせず、ただ法律と自らの筋書きだけに忠実であろうとする検察官の姿を象徴的に表しています。
しかし、検察官としての任務とは、法律を盲目的に遵守するあまり、必死に働く市民の生活を破壊せしめることなのでしょうか。むしろ彼らがすべきであったのは、粉飾決算によって受けた融資を運転資金として使い、利益を生んで借りたお金をきちんと返す、そんな中小企業の実情を直視することだったのではないでしょうか。

郷原弁護士は、ご自身のブログで次のように語っています。

「刑事事件の公訴権(起訴権限)を独占するとともに、訴追裁量権が与えられている日本の検察は、犯罪事実が認められても、起訴を見送る『起訴猶予』の処分を行うことができる。世の中には、形式上は法令に違反し、罰則の対象となる行為であっても、それを敢えて刑事処罰の対象にする必要はない行為が無数にある。
形式的には犯罪が成立しても、事件の実体からして処罰する必要のない事件を不起訴にする権限が与えられている検察は、独自の判断で事件を立件し捜査の対象としていく場合にも、事件の中身を的確にとらえ、刑事処罰に値するものなのかを適切に判断することが求められる。
検察が判断を誤り、立件すべきではない事件を立件し、起訴すべきではない事件を起訴してしまった時、裁判所が無罪の判断を下すことは困難であり、しかも、形式上『弁償されていない財産上の被害』があれば、量刑も軽いものではすまない」

自分の会社から支払われる定額の給与以外には一銭の報酬も受けることなく、ただひたすらに中小企業を救おうとした佐藤氏と、リストラを断行して日々会社の改善に涙ぐましい努力を重ねていた朝倉氏。この二人が実刑で刑務所に入らなければいけないような犯罪を犯したと、誰が言い切れるのでしょうか?

http://www.supportingsato.com/background/


02. 2013年3月29日 19:48:33 : FfzzRIbxkp
シナリオ依存型が症状の精神疾患があったのだが。
うーーん。思い出せない。

シナリオがないと、自分の意思をコントロールできない。正常でいられなくなる。
常に誰かを追い詰めている状態でないと、自らを維持できない。

薬物依存症みたいな症状。うーーんおもいだせない。
どちらにしても、検察で働いている人はリハビリが必要ですよ。

検察そのものも、リハビリしましょう。


03. 2013年3月30日 09:43:11 : P7TVgQDj2U

頭狂痴犬 吐糞〜部。最高罪犯所。再講罪恥部総局。

密室でうごめく鬼畜ども。

リハビリが効くやからではない。

鬼畜は駆逐するしかない。


04. 2013年3月30日 10:08:27 : mvurMTJIK2
●懐かしい三題話を・・・

『ある検察の発言』

@捜査とは操作なんだぞ!:
「お前ら記者たちは、捜査というのは正義と真実を追及するところだと思っているだろうが、それは違う。捜査というのは一定の筋書きに沿った供述を集めて、事件を造ることなんだぞ」(ジャーナリスト魚住昭さん)

A小沢さんの場合:
「若い検事たちは『小沢をやれば一生めしが食える』を合い言葉に頑張ってるよ」といっていた。(あるジャーナリスト)

B村木厚子さんの場合:
「政治家がダメなら高級官僚をやるしかないわ!」と言っていた。(倉木被告、週間朝日)


05. 2013年3月30日 10:36:08 : mvurMTJIK2
04追加
>「若い検事たちは『小沢をやれば一生めしが食える』を合い言葉に頑張ってるよ」といっていた。(あるジャーナリスト)

小沢をやれば栄転のハズだった"赤レンガ派"のエース佐久間は30億円もの血税を浪費したあげくに起訴できなかった。

しかし・・・・・

小沢捜査で失敗した佐久間だけどちゃんと税金で食い続けてるんだよね。
      ↓
『西松・陸山会捜査を指揮] 哀れ…佐久間元特捜部長左遷された』
http://www.asyura2.com/11/senkyo117/msg/328.html

『佐久間達哉・元東京地検特捜部長は、何故、逮捕されないのか?』
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20120524/1337794054

『特捜検事「虚偽」報告書問題、最高検の処理に説得力なし』
(検察当局の判断、佐久間元部長は「シロ」、田代検事は「灰色」?)
http://astand.asahi.com/magazine/judiciary/jiken/2012071200006.html



06. 望郷 2013年3月30日 12:07:27 : TZl1iY5e9auIs : jaAuTPSdC6
人を助けることが犯罪なら

もう、誰も助ける人はいないだろう。

アメコの様に大金持ちが、善意と称して

金を恵んでやると言う様な社会は必要ない。

司法は潰す。


07. 2013年3月30日 12:14:21 : cCz4ye6Qk7
侍は昔の公務員だ。何か不始末があれば切腹や家禄没収だ当たり前だ。

今の無責任時代は植木等より前で敗戦の責任を取らない軍人が始まりだ。
いわゆる軍人公務員が今の公務員のお手本だ。


08. 中田のみや 2013年3月30日 12:24:30 : Ppx1BoMyX1YIQ : vecfdCa5Dk
一般人には、粉飾というと、悪のイメージ、しかし、金融機関は裏ではそれを勧めている。雨の日には傘を貸さない、なんていっていたら議員光やっていけない。また、資金が足りないのはもうかっていないから、中小企業というのは、ほとんどその様な状態、大企業だって赤字を隠すために、連結決算やっている。どうして中小企業は検察に潰されるのか?税金で食っている奴らには解らない。借りたお金は返せばいい。それがルール、返す前に、粉飾だといって捕まえる、銀行だってお金が戻ってこなくなるのに、銀行は権力者に何も言えない、何か隠しているのか?捕まってから、銀行に被害届を出させる検察のバカども、少しは世間の勉強でもしてこい。

09. 2013年3月31日 02:32:18 : Glt7A88w6E
今の日本に正義は無いですね。裁判所も検察も腐りかけている。
この現実を変えるためには、この事実を先ず知ることだろう。

人の人生を破壊してしまうことに鈍感になっているんだろう。
こいつらは何時かは罰があたるだろう。
こいつらを操った奴ら共々。


10. 2013年3月31日 15:31:40 : QBrYpzDGwo
 やくざのみかじめ料と同様、今や高級公務員の天下りの一人や二人を招き入れなければ仕事が繋がらない中小企業が多いのではないか。
 法治国家でありながら法務省人事に絡め取られた裁判官ではまともな訴訟も出来ず、結局は認可や行政指導をかわすためには天下りを受け入れ、役所の論理で事業を回すしか方策はないのが実態だろう。
 そしてみかじめ料を拒否するようなまともな店は陰に陽に嫌がらせを受け、到底店を維持出来なくなるようだ。今や国家の最大権力となった行政機関という怪物が検察、裁判所も巻き込んでどんな嫌がらせも中小企業には出来るということだ。
 行政部内そのものも堅いヒエラルキーに支配され、理不尽だとか、納得が行かないだとかの異議を唱える末端公務員には冷遇が待っているため生涯を棒に振りたくないがために上部の不正も黙認する構造となっている。
 やくざに見こまれたと同様、行政の意向を快く受け入れないような中小企業は潰される。かくして癌細胞にやられた身体のように、日本全体が死滅することで癌細胞も死滅する、それまで我慢するしかないのかもしれない、泣く泣くみかじめ料を払う店や天下りを受け入れる中小企業がある限り。

11. 2013年3月31日 21:39:47 : i2eP5GOIsg
  これはTVのニュースや特番と同じだね。
 先に台本があり、それに沿った映像を探して 番組を創る。
 初めに結論ありきでも、視聴者には事実の積み重ねで○×になったのだ!
 なるほど現実はこうなんだ!と納得させる事が TVのお仕事なのです。
 リアリティのある架空情報を 編成と言う名目でいくらでも言い訳は
  出来るしね! 気楽な商売ですよね
 田代検事の架空調書とやり口は同じ。
 検察とメディアが意外なところでお仲間でした。
 しかし とても 怖い 話ですが・・

12. Haguregumo 2013年4月01日 15:37:28 : PiKXIf2DjqrLQ : FsYaXD4epw

現代の特捜には戦前の特高に近い臭いがする。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK145掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK145掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧