★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146 > 174.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「特捜検事が自分で何も判断してはならないのは「被疑者調書にとる内容が初めから上に決められている」から」 (晴耕雨読) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo146/msg/174.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 4 月 05 日 23:30:00: igsppGRN/E9PQ
 

http://sun.ap.teacup.com/souun/10521.html
2013/4/5 晴耕雨読


Tiger Mods氏のツイートより。

佐藤真言さん著「粉飾」(毎日新聞社)を読んでいる。

特捜検事とのやりとりを読むと、検事は、被疑者からちょこっと話を聞くとすぐに部屋を出て主任だか上司だかに報告しに行くのがわかる。

この本に限らず、特捜検事の取調場面はどれも同じ。

下っ端に「自分の判断、裁量」が全くないことがわかる。

特捜検事が自分で何も判断してはならないのは、要するに「被疑者調書にとる内容が初めから上に決められている」からだろう。

自分の判断で勝手に調書をとって、後で他の調書と合わないと公判でもめる火種になるからだ。

が、何も決められない検事って、検事なんだろうか。

関係者の(ほぼ)全員の(ほぼ)全ての調書の中身がキレイに一致した調書をせっせととり貯めていく、こんなのが「捜査」の名に値するのだろうか。

また、こんな仕事が面白いのだろうか。

ダメ検事だった自分は、ここまで裁量を奪われて仕事をさせられずに済んだ。

警察が送致した大事件を、主任の指揮の下で応援として捜査したことはあった。

が、主任が求める供述がどうしても出ないときは「そこまで言わせるのは無理です」「そんな調書はとれません」と「意見」を述べたことがある。

主任から見れば「使えない奴」だろうが、できないことはできないと言うのも検事。

そもそも、被疑者なり参考人と真剣に向き合い、自分なりにギリギリまで取り調べると「主任の言う筋は違うんぢゃないのか?」と思うものだ。

他方、取調官は総じてこうした心境になるので、主任としては無条件に下っ端の意見を容れるわけにもいかない。

ここに検事同士の建設的な衝突が生まれる。

優れた主任は、部下の心証を尊重しつつ、最低限度は手綱を引かないといけない。

頭ごなしに部下の意見を潰すと、部下はやる気をなくす。

なぜなら、それは検事が「主任の手足、道具」に成り下がることになるからだ。

そんなの、ばからしくてできない。

これは検事と警察の間でも同じ。

特捜検事は、不本意だとしても「主任(または上司)の道具」に自らを貶めなければならない立場だから、まともな検事なら消耗すると思う。

また、自分が他人の言いなりにされているから、かえって被疑者や参考人を自分の言いなりにしても、おそらく短期間は良心の呵責を感じないのだろう。

つまり、特捜部では、そもそも検事の間に建設的な衝突が認められづらいシステムが構築されているため、最後に自由意思を奪われるのが被疑者や参考人という悲しいオチになるのだろう。

もっとも、ダメ検事の想像だから、正しいかどうかはわからない。

いささか誤解を招く表現だが、捜査とは、証拠を積み上げて一定の事実(けっして「真実」とは言いたくない)を創造する営みだと思う。

果たして特捜部の捜査は「創造的」なのだろうか?

検事が検事として「燃える」何かがあるのだろうか?


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年4月06日 07:01:31 : q7ipKCIhLo
検事が上のいいなりである、それ以外の結論はない。

政治的な意図を持って始めた件はすべてそうである。

小沢関連だけでも

・大久保元秘書西松事案
・村木厚子厚生労働省事案
・石川議員ら3人の陸山会事案
・小沢本人の強制起訴なる事案

全部、内容が全くないでたらめだった。それでも膨大な取り調べが行われマスゴミは数年間風を吹かし続けた。そんな取り調べをしていてよくあほらしくならないものだ。


02. 2013年4月06日 21:30:15 : CF9GERiMMw
人はそれが自分の為になると思えば平気で人を踏みつけに出来るものなのですよ。どうやらそれが日本人の本質のようです。
一人殺せば殺人者、100人殺せば英雄の例えの通り、一人踏みつぶせば良心が痛むかもしれないが、100人踏みつぶせばそれが当たり前になる。
強い者のご機嫌を伺い、弱い物を挫くのが現在の日本人で、それが普通になってきている。
↓この記事等は正にその象徴的な事例では無いでしょうか?
 
大阪・橋下市長 独裁に拍車 ますますヒトラー化してきた
(日刊ゲンダイ2013/4/5)
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-8441.html
大阪市でまたも“職員いじめ”だ。3月から、給与明細に仰天の「脅し文句」が印刷されるようになったのだ。
この文章、橋下氏が発案したのかと思ったら、実は市の人事室が独断で作成したらしい。
 
結局人間性の劣化は全国規模で起きており、東電、マスコミに限らず立法、行政、司法、企業、すべての分野で劣化している。
こんな日本にもう住みたくない。

03. 2013年4月08日 00:03:13 : ZrMDpsyito
02の方のコメント、まったく同感。
日本にいるのが嫌になる。
私はもうすぐあの世に行くから我慢するが、
若い友人には海外移住を勧めているよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧