★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146 > 353.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
佐高信が孫崎享のトンデモ本『戦後史の正体』を一刀両断に斬って捨てたぞ!(kojitakenの日記)
http://www.asyura2.com/13/senkyo146/msg/353.html
投稿者 オロンテーア 日時 2013 年 4 月 11 日 20:50:20: LjwfVSkSJX/2w
 

2012-10-30
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20121030/1351601669


杉山真大@大震災被災者さんのTwitterより。

https://twitter.com/mtcedar1972/status/262848388981198848


佐高信氏が『サンデー毎日』で孫崎某の著作を斬って捨ててた。曰く「リベラルな視点が欠如」「憲法に鈍感」「いささかならず有害」よく言った!やはり佐高氏は違った。


某所で杉山さんからこの『サンデー毎日』の記事を教えてもらったので、今日立ち読みしてきた。確かにその通りで、『サンデー毎日』2012年11月11日号掲載の佐高信の連載コラム「政経外科」に、「孫崎トンデモ本」に対する痛烈な批判記事が出ている。

最近、ちょっと疑問符のつく文章も目立つ佐高信だが、これはGJだ。『朝日新聞』にネオリベIT文化人・佐々木俊尚がこの本をおちょくった「書評」が載ったことはあったけれども、情けないことに朝日が「訂正」記事を出す羽目になったことは皆さまよくご存じの通り。そして、リベラル系の文化人によるまともな「孫崎トンデモ本批判」はもしかしたらこれが初めてなのではないか。

惜しむらくは、佐高信によるこの孫崎本批判がネットにほとんど紹介されていないことだ。『サンデー毎日』が部数10万部あるかないかの「零細」に近い週刊誌に落ちぶれているせいだろうか。こんなていたらくなら、いつか同誌に載った「西山事件」に言及したナベツネの「寄稿」を紹介した時みたいに、この週刊誌を買い込んで佐高氏の文章を要約して紹介しようかと思う今日この頃である。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年4月11日 20:56:26 : DRLSGgQqoE
孫崎氏が本に書いてあるようなことは、孫崎氏が外務省に就職する前から考えていた固定観念なんじゃないでしょうかね。そう思えるほど結構古い噂が多い。

02. 2013年4月11日 21:00:50 : gNE9FZCURM
反小沢ストーカーkojikenは孫崎が小沢や鳩山派だから嫌いなだけだろう。

小沢のことを書いてなかったら、なーんにも関心を持たなかったろうに。


03. 2013年4月11日 21:04:09 : nzEG1IEQiA
季節外れの虫がうるさいようだ
セコーセコーさこうさこうと騒いでる
無視無視ムシムシ

04. 2013年4月11日 21:08:00 : FmaOIraJGg
西松事件の時、散々小沢を叩いていたっけね、週刊金曜日。小沢事件の大検証記事を佐高は金曜日に書いたのか?

05. 2013年4月11日 21:09:21 : 558YZ3fhxE
こりゃあ、左翼も右翼も駄目だなw
掃除が必要だよ大掃除が

まあ左翼は、放っておいても消滅するが
右翼はそんなことないからな。しかも似非だ
その危機感が佐高信にはない
自分がオマンマ食えて、プライドも維持できていたら満足なんだろう

まあ関口の朝の奴に出てるくらいだから
本当に左翼かは怪しい

「リベラルな視点が欠如」で
「憲法に鈍感」だから
「いささかならず有害」という事なのだろうが

これはいつもの似非左翼の思考で
非常に排他的で独善的

======================
「リベラルな視点が欠如」
「憲法に鈍感」
こんなことは、孫崎の主張からは最初から伺われること

それが、「俺以外、誰もわかってない」と悦に入るだけなのが
乞食犬や佐高の限界

見限られんうちに、まあ改めはできんだろうから
ひっそりと死ね


06. 2013年4月11日 21:09:29 : Q3qbpnbECo
雑誌読んでないけど
全部を否定してるのではなくて
一部について意見の相違があるんでないの?

07. 2013年4月11日 21:24:57 : 3sxeYg5P9U
リベラルな視点!???
あまり笑わせるな。こいつらのいう「リベラルな視点」というのは
富裕層の存在を忘れるな。かれらも人間だ。富裕層と貧困層、ともに仲良くやろうじゃないか。これがこいつらのいう「リベラル」な視点だ。
ばかばかしい。富裕層のたいこもち丸出してことだろうが。佐高よ。

08. 2013年4月11日 21:30:56 : IFAsDokcaU
佐高か
こいつの顔見れば、よくわかりますな(笑)

09. 2013年4月11日 22:02:39 : QmyrjoZuIs
週刊金曜日は小沢裁判の事について一言も書いた事は無い。
その代わりに裁判所のいろいろな都合の悪い事を見つけては掲載している。
尤も大きい司法の問題点である小沢裁判に付いては何時書くかと北愛していたがとうとう書かず仕舞。
それで私は習慣金曜日の購読をやめた。
佐高信なんて輩は未だに小沢金権政治かと信じ込んでいる時代に遅れた評論家である。
週刊金曜日の購読を辞めよう運動が掟もおかしくない。

10. 2013年4月11日 22:09:57 : cIkmTyypTY

 愛です

 パワー・ポリチックス の一言ですね〜〜

 20世紀は そうだった いまも その名残が残っているけど

 ===

 アメリカの没落と グローバリズムが TPPを生み出そうとしている

 太平洋が パートナーシップ つまり アメリカと同格になることを意味する

 アメリカが 上司から 同僚になることを意味する

 ===

 孫崎の書いた世界は 既に 過去になろうとしている

 愛は 考える それが時代の流れなんだ!!
 


11. JohnMung 2013年4月11日 22:13:24 : SfgJT2I6DyMEc : FSFWArxijs

 またまた、kojikiken(乞食犬)とオロンテーア=真相の道=Vakaの暗愚魯鈍コンビ!

 孫崎享氏の当該著書は、日本の戦後史をアメリカによる占領・支配の視点から政治行政等に関わった人物の立ち位置・役割を示しながら分かりやすく解説した好著である。

 佐高信は、「リベラルな視点が欠如」「憲法に鈍感」「いささかならず有害」とまで指摘しているそうだが、思い上がりも甚だしい。
 悔しかったら、佐高流のオリジナルな視点から戦後史を著書にしてから、モノを言え。
 評論家とは、人の褌でメシを喰らう人種であることから、「リベラルな視点」が欠如した佐高信のような輩は、「評論家」(他者を批判はするが実社会の役には立たない者の代名詞)といって蔑まれることになるのである。


12. JohnMung 2013年4月11日 22:16:43 : SfgJT2I6DyMEc : FSFWArxijs

 そうかそうか、cIkmTyypTY=愛は、「パートナーゴシップ」になるのかね(笑!

13. むやうのすけ 2013年4月11日 22:16:50 : ltsuShGwyUDcQ : DhwcLLETGA
何だこれ、今さら去年の11月11日の古雑誌を読めってか? 

14. 2013年4月11日 22:28:38 : QmyrjoZuIs
> 2013年4月11日 22:09:57 : cIkmTyypTY
>アメリカが 上司から 同僚になることを意味する

おめでたい人だね。
アメリカ企業が日本に国を支配する事が判らないとは。
愛→変に名前を変えた方がよろしい。

15. 2013年4月11日 22:49:01 : 3i12rkYjeM
>10. 2013年4月11日 22:09:57 : cIkmTyypTY

ヴァカじゃんwww

一人合点と思い込み、それにしてもこのご仁、アタマの悪さだけは図抜けてるなwww


16. 2013年4月11日 22:49:13 : no31X615y2
>>09 それで私は習慣金曜日の購読をやめた。

私もやめようと思う。今回は年間購読の継続を見合わせていたのだが、>>09さんや>>11さんのご指摘通りでやめるのを決心した。他のジャーナリズムの方にカンパを回したい。


17. 2013年4月11日 23:12:56 : Leq45E6jPg
佐高にはがっかりだな。

私も金曜日の更新は見合わせよう。


18. 2013年4月11日 23:14:09 : YxpFguEt7k
孫崎享氏
「デモクラTVトークライブ+交流会、
 4月18日午後7時ー9時、
 場所:モビーディック、六本木、
テーマ:「アメリカと日本ーTPP、原発、そして基地」
出演者:孫崎享
司会:横尾和博
会費:2000円、交流会別。
予約 090−8081−1293、mail:event@dmcr.tv」
https://twitter.com/magosaki_ukeru/status/321616114977234944

何かとディープな話が聞けそうですなぁ…


19. 2013年4月12日 01:10:49 : DX2VGQrUnY
今見つけたので書き込み。
オロンテーア様この投稿はどうなったんだ。

小泉進次郎まさかの「ゲイ疑惑」報道 ネットで腐女子たちが「萌え」上がる
http://www.asyura2.com/13/senkyo146/msg/273.html
投稿者 オロンテーア 日時 2013 年 4 月 09 日 03:32:18: LjwfVSkSJX/2w
2013/4/ 8 18:58
http://www.j-cast.com/2013/04/08172659.html

ランク急降下させないで最後まで責任もてよ。
何か不味いのか?。


21. 2013年4月12日 05:53:54 : LZizySKDDo
 何しろ安全神話が絶対権力の猛威をふるい、日本の優秀な技術者の誰もが問いかける一個の疑問の存在さえ決して許さないという、神国日本が作ってきた談合社会内部からの視点である。

昔ほど日本は国家権力が箝口令などと平気で言論の自由を奪い去り、権力行為の事実を隠蔽して国民を無知にしてきたのは真実の事実だろう。多くの国民が今まで国の政治権力に騙されてきたと言わざるを得ないという気持になることが一度ならずあったはずだ。

 戦時中の経験談でさえ、戦火を逃げ惑う一般国民の話と軍隊指導者らの話は激しく対立し、必ずと言っても良いほど権力擁護の言い訳をする人間が出て来るものだ。

しかし、時代の流れは当時の軍部権力側にいた人々の中からも重く閉じてきた口から反省の視点にたった過去の事実が語られ始めている。

太平洋戦争の前後を知る誰であっても一人一人が戦後史の正体となるべき貴重な経験があるはずだ。誰にも語ることなくこの世を去る日本人もいる今の世の中にあって、当時を語り事実を正しく継承することは勇気を持たずには到底無理なことと十分に推察できるだろう。


22. xyzxyz 2013年4月12日 06:05:01 : hVWJEmY6Wpyl6 : JI2Seycs4s
もとから大部分がソースの無い話に、こうに違いないって個人の思いを
上乗せしておもしろおかしくした話を、いやそれは違うって批判しても
たいした意味は無い。佐高さんと孫崎さんのプロレスでしょう。

23. JohnMung 2013年4月12日 07:13:00 : SfgJT2I6DyMEc : FSFWArxijs

 それって、クソもミソも同じにみるということだよね!

24. 2013年4月12日 08:33:21 : Fo2m8iQ2gk

「戦後史の正体」をちゃんと読んでないし、孫崎氏がいつどこでリベラルを気取ったことがあるの?佐高信がリベラルリストを気取りたい気持ちの裏返しに過ぎないやっかみだね。こりゃ、

評論家がいくら売れなくなってきたからって・・・。

注目の人、孫崎さんを叩けば売れると思っちゃったんでしょう。

なんか、悲しい話でしたね〜。


25. 2013年4月12日 11:14:18 : Y9dhobr5SM
佐高が「戦後史の正体」でケチをつけてるところは岸信介を対米自立派と孫崎が書いているところ。
安保否定派の佐高が許せないと憤るのはある意味当然だが、60年安保騒動は魑魅魍魎の世界であることを佐高が知らなかったとはいえまい。
安保肯定派も否定派(反対派)も主張は割れていたが、直接間接的に双方CIAの影響下にあったことは佐高も認めなくちゃいけないだろう。
その上で岸信介が占領国としてどういう対応をアメリカと安保改定を巡って折衝し受け入れ、あるいは譲らなかったかと言う細々な部分まで見ていかなければ、正否だけで歴史をぶつ切りに見てしまったら正体は見えてこない、つまり「戦後史の正体」が提起していることはそこにあると思う。
これは戦後史だけにいえることでなく、戦後史の基礎となった近代日本を作るきっかけとなった維新前夜の幕末にも当てはまる。
NHKで今「八重の桜」が放映されているが会津藩つまりは幕府側から見た幕末の視点という従来の大河路線ではありえなかった話である。
とはいうものの視聴率的には苦戦しているし、新しい視点と言うわりに従来の薩長史観におもねた部分や幕府側の開明的知識人が相変わらず勝海舟だったりと従来の域を出ていないが。
幕末思想の大きな核となった「攘夷」をめぐる思惑。交差する人々が藩を超えて織り成した縁やそれゆえの反駁が対立に至り、それら諸々が大きな運動体になって幕藩体制が揺らぎ歴史が変わっていく。
その歯車にあがなう者、動かす者の対比が京都を揺るがし戊辰へと向かうのだがそこには単純な佐幕や勤皇では片付けられない事実が眠っている。
歴史には正史はないわけで、とりわけ近代史は近いがゆえに容易に資料の掘り起こしができ、それらから個人がいくつもアナロジーできる。

そういう面からも佐高信は少々鈍感ではないのかと個人的に思っている。
だから検事総長の吉永祐介や住専の住宅金融債権管理機構社長で弁護士だった中坊公平を平成の鬼平などと持ち上げて、後で彼らが起こした問題で突き上げを喰らう赤っ恥をかくことにつながるのではないか?
一時期、佐高信の発言に信を置いていた者(今は覚めている)として蛇足ながらそう思う。


26. 2013年4月12日 12:50:08 : pVAsWEyNGA
>一時期、佐高信の発言に信を置いていた者


一時期にしろ、おまえはアホだ。w


27. 2013年4月12日 15:54:10 : ui5nlaZSlg

佐高某は典型的な職業左翼だから、最近売れっ子なのが気に喰わないんだろうな

28. 2013年4月12日 17:32:41 : TkpLu4nTZQ
kojikenって人、ブログ見たけど孫崎、小沢の件になるとレッテル貼りに終始するのな。言ってることに間違いがあったとしても全体的に見て有害か?多くのエントリーで有害だと言うばかりで、その理由を述べたエントリーが殆どなかった。
逆に孫崎さんの有用性が際立つ。

29. 米犬 2013年4月12日 17:41:33 : PUHl6PtDGaXFs : 4Q80R8Zler
政治・経済 相場の世界 戦争 日々大変化している。巷の相場の似非評論家は結果を見て後付けのから薀蓄をたらす。

孫崎の政治論も正にその結果論の薀蓄。つまり何の役にも立たないということ。
孫崎の頭は20年前からすでに止まったまま。

大切なことは将来を見通すこと。小沢はどんどんダメな策士を使っては沈没していく。見る目がないということだが、どんどん劣化していて、それも政党支持率に現れている。

終わりだ・・・南無阿弥陀仏

私が言うのだから間違えない


30. 2013年4月12日 17:57:50 : hVMxm8EJZI
>>29. komeinu よ、お前そのうち地獄に落ちるぞ。

今どきの時代に題目を間違えるな! 分かったか!! これはジョークではない。

俺についてこい!!


31. 2013年4月12日 18:00:43 : AiChp2veWo
5番様、はい大祓へですね。

32. JohnMung 2013年4月12日 18:14:21 : SfgJT2I6DyMEc : FSFWArxijs

29. 米犬 2013年4月12日 17:41:33 : PUHl6PtDGaXFs : 4Q80R8Zler
     ↑
 米犬=鮮犬、アメポチ・攪乱工作員! 人間社会の汚物!
 米犬はまもなく、母国に帰って「タンコギ」として貢献することになっている。
 それで、「終わりだ・・・南無阿弥陀仏」
 「私が言うのだから間違えない」(爆笑!!

33. 2013年4月12日 20:13:23 : s0PBPWHvjs
32.も、偏狭なナショナリズムを撒き散らす「害虫」であるという点では、29.と似たりよったりだ。阿修羅には、こうした、下品・無教養な、輩が、最近、増えているな。情けない事である。

34. 2013年4月12日 20:22:22 : ZArU3zxb0E
>>28
孫崎を有害だと言っているのはブログ主ではなく佐高。

35. 2013年4月12日 20:51:34 : eS5CPZpets
そもそも「トンデモ本」って言葉がなぜよく知られるようになったか知ってる?


90年代の半ばにSF小説家の山本弘というのが仲間と一緒に
「トンデモ本の世界」という本を書いて、その中でだれがどう見ても
非科学的だったりオカルトだったりするような本を紹介して、
そこそこヒットしたわけ。その後も続刊が出ている。

で、その中にはいわゆるオカルト陰謀論を書いた本とかも含まれていて
「世界の全てを誰かが牛耳っているなんて、そんなことがあるはずがない」とか
「根拠なく非科学的なことを書くと差別に繋がる」とか指摘していた。
当時これを読んで「陰謀論=デタラメ」と刷り込まれた人間も多かったはず
(まあさすがにじつは宇宙人が支配しているとかいうのはオカルトだけど)。


ところが面白いことにこの山本という作家、じつは自分が書いた小説
『MM9』の中に放射能を帯びた怪獣を出して「放射能も一種の毒だし、
市民には毒を持った怪獣だと説明したらどうだ」なんてセリフを書いている。
それどころか、事故直後もしばらくの間「放射線しきい値説」を
喧伝していたらしい(引っ込めたみたいだが)。

出来過ぎていると思わないか? 事故前に放射能について自分の小説の中で
それとなく触れていた人物が、いざ事故が起きたら放射能で騒ぐなと言い始める。
しかもその人物が長いこと「陰謀論=デタラメ」と言い続けていて、
人工地震についても否定する著作を出している(!)。


――もしも、だ。この人物が何らかの意図を持って「陰謀論=デタラメ」だと
広めていたんだとしたら。何かを疑ってみること自体が悪いことであるかのように
若い人間に吹き込んでいたんだとしたら。

それによって、じつはかなりの数の人が「念のため警戒してみた方がいいこと」さえ
まともに考えず、大事なことを見逃していたということはないんだろうか?

「この世に陰謀などない」と大勢の人が本気で思い込んでしまっているとしたら、
「本当に陰謀を企んでいる人間にとって好都合」なんじゃないの?

ちなみに『MM9』という小説、はっきり言ってラノベより劣る拙い文章だが、
何故か以前ドラマになっているし、去年アメリカで英訳版が出版されたらしい。


36. 2013年4月12日 21:08:14 : Kse53zYp5s
 
と学会の中心メンバー、皆神龍太郎は朝日新聞社員。

やはり中心メンバーだった植木不等式(本名:木元俊宏)もやはり朝日新聞社員
(元朝日新聞記者・編集者(岐阜支局、横浜支局、科学部、出版局科学朝日編集部、出版企画室、電子電波メディア本部、文化部、NIE事務局、科学医療グループ)。

この「植木不等式」こと木元俊宏は、中心メンバー唐沢俊一の盗作騒動に絡んだ
「と学会」内部の内ゲバの末に退会したが、こいつの母ちゃんは原発売女の木元教子w

ちなみに皆神龍太郎は唐沢の盗作を事実上擁護した、新聞社員としては失格者w


37. 2013年4月12日 21:56:27 : ZO3mf2YxFs
佐高信って底が浅いんだよね、昔小沢氏がパンツをはいていないとか批判していて、何か凄い理由があるのかと思ったが、ただ単に小沢氏が改憲論者だったから叩いていた、

その後も小沢氏とちょっと話しただけの本を大々的に売り出したりと、批判的なことをいう点はあるが、人間の器が小さいところがある、

井の中の蛙のような人物だと思う、


38. 2013年4月12日 23:32:09 : qN1P5OkZfE
「この週刊誌を買い込んで佐高氏の文章を要約して紹介しようかと思う今日この頃である。」ということですが、思わせぶりに、自信の無さが感じられますね。扇動疾患でもありますか?(失礼…)。

39. 2013年4月12日 23:41:28 : FnsgwNyZyU
”デモクラTV”に佐高氏をコメンテーターで出演依頼しようと思ったが止めた。

40. 2013年4月12日 23:48:56 : 89vzKqQtjM
http://sgwse.dou-jin.com/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/%E5%AD%AB%E5%B4%8E%E4%BA%AB%E3%80%8C%E6%88%A6%E5%BE%8C%E5%8F%B2%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93%E3%80%8D%E3%81%AE%E8%8D%92%E3%81%A3%E3%81%BD%E3%81%84%E5%88%86%E9%A1%9E%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%81%E5%9C%A8%E6%97%A5%E3%81%AE%E7%AB%8B%E5%A0%B4%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A8%80%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84%E4%B8%80%E8%A8%80
孫崎享「戦後史の正体」の荒っぽい分類について、在日の立場から言っておきたい一言

孫崎の例のトンデモ本について、在日朝鮮人の立場から一つ言っておきたい事がある。同書では岸信介が対米「自主派」としているそうだが、そもそも岸は日帝傀儡国家である満州国の実権者、すなわちアジア侵略の急先鋒の一人だったという事だ。韓国の朴正煕(満州軍軍人の親日派出身であり、言うまでもなくその娘は現韓国大統領選有力候補)政権と日本の間で植民地支配の責任追及と賠償がおざなりにされた不平等条約である日韓条約が成立したのも、朴と岸をはじめとする「満州人脈」がものを言ったのは周知の事実である。岸信介を代表とする旧満州国支配者達と朴正煕ら朝鮮人の満州系親日派達は旧知の間柄だったからだ。

1945年8月15日の日帝敗戦後、アメリカ占領軍は昭和天皇を含む旧大日本帝国の高級人脈のかなりの人数を自らの手駒とする代わりに免罪した。巣鴨刑務所から出所して、弟の栄作とマグロのトロを肴に祝杯を挙げた岸信介という人間は対米「自主派」どころか、アジア侵略の罪を見逃してもらう代わりにアメリカに身請けされた「免罪人」だったのである。岸信介の「戦後史」を語るのであれば、まず第一に問われなければならないのはこのアジア侵略に対する「免罪人」としての側面であろう。朝鮮や中国に対する残虐非道な侵略の罪を、アメリカによってチャラにしてもらえたおかげで岸は首相にまで上り詰め、その子孫(安倍晋三ら)の政界における繁栄もあったのだ。実際に安倍晋三は祖父譲りの韓国ロビーの利権で、民団系のパチンコ業者から多大な便宜供与を長年に亘って受けている。
もちろん韓国においても植民地時代の親日派の多くは免罪されたが、それはやはり占領米軍の方針を起源とするものだった。日本と南朝鮮の旧日帝残滓勢力は、どちらも戦後アメリカによって免罪と引き換えに買い取られたのである。

岸信介に限らず、真に「戦後史の正体」を問うのであれば歴代首相や有力政治家達のアジア侵略の罪業またはそれに対するスタンスをこそ問わねばならない。孫崎の本にそのような視点があるのか? 噂の真相元編集長だった岡留安則や社民党党首の福島瑞穂(に限らず孫崎の本を絶賛している左派・リベラル系の連中)に問い質したいのは、あんたらは日本の「戦後史の正体」を日帝の侵略被害地民衆の立場から捉える視点があるのか、そもそも日帝のアジア侵略をどう思っているのかという事だ。

日本はかつて朝鮮や中国などのアジア諸国を侵略して残虐行為を働き、戦後にその侵略責任をより巨大な帝国主義国家アメリカに免罪してもらいました。
で、アジア侵略の責任に目をつむったまま、2010年代になって突然アメリカに対して日本が自主的なのかどうかをさも大事に論ずる日本人って何?

真に問われるべきは戦後日本の「免罪史の正体」だろう。だが孫崎にはそのような本は書けまい。孫崎は日本が駄目になったのは何もかもアメリカが悪いと言わんばかりだ。だが、大日本帝国の免罪史、すなわちアメリカのおかげでチャラにしてもらったアジア侵略責任を真摯に暴いたら、孫崎の専門分野はたぶん完全に論理崩壊するだろう。釣魚島にせよ独島にせよ、国境問題全て。孫崎が言っているのはどこまで行っても「アジア侵略史抜きの戦後史の正体」に過ぎない。

戦後日本はアメリカの圧力で動かされて来ただって? だとしたらそれは何が原因なのか? 戦後日本の支配層というのは、戦前の戦争犯罪人達がアメリカに利用される事を条件に免罪された連中かその後裔(血族的・思想的問わず)ではなかったのか? そういう連中ではそもそもアメリカの言いなりになるのは当たり前だろう。日本の首相が従米派か自主派かどうかを問う前に、そいつらがどれだけアジア侵略地の民衆に対する清算をしたかを問えよという事だ。

一介の在日朝鮮人の視点からすれば、戦前も戦後も同じ系統の奴らが日本の支配者になって戦争犯罪を無視し、在日を差別抑圧してきたに過ぎない。そんな連中を親米派か自主派という物差しだけで分けるなど、何とたわけた物言いか!

孫崎とその信者連中に言っておきたいのは、だったら戦後日本の政治家や指導者達を「従アジア派」か「反アジア派」で分類して、なおかつ前者を肯定的に取り上げてみろという事だ。んな事は絶対に出来ないでしょ、という事だ。
孫崎の著書では首相を対象に取り上げていたが、それも根本的に間違いの元だろう。例えば東條内閣の大蔵大臣だった賀屋興宣のように、戦後首相にならなくとも日本の右傾化・治安立法・再軍備に大きな役割を果たしたファシストは何人もいる。賀屋は戦後終身刑の判決を下されながらも、岸信介と同様に結局はアメリカに身請けされる形で無罪放免されて政界復帰し、大蔵省の天下り人事の支配者として君臨した挙げ句、日本の原子力発電政策の予算にも大きな力を振るった。反原発運動においても、この男は中曽根康弘と並ぶA級戦犯の一人である。ちなみに賀屋は、先日東京都知事を辞職した石原慎太郎の師匠格の政治家であったという点も付け加えておきたい。
仮に孫崎の言うように戦後日本の首相達がアメリカの圧力で仕方なく行動していたとしても、時の首相以上に、自ら進んでアメリカの後ろ盾と「ガイアツ」を奇貨としながら日本の再軍拡化を「自主的」に推し進めた「大日本帝国の亡霊」が日本政・官界には他に山ほどいる事を忘れてはならない。賀屋興宣はその一例に過ぎない。孫崎はアメリカに身請けされた元アジア侵略者・賀屋興宣の事を一度でも「従米派」と批判した事があるだろうか? たぶん孫崎の事だから、岸の巣鴨刑務所仲間だった賀屋すらも単純に「自主派」と肯定的に分類しそうだが。

結論としては、アジア侵略の罪を問わない「戦後史の正体」など歴史的に何の価値もないという事だ。この本はどこまでも日帝のアジア侵略の歴史を無視した、日本とアメリカの戦中戦後史しか眼中にない「日米世界観」による妄想の産物に過ぎないだろう。


ちなみに佐高信が「戦後史の正体」を批判したらしいが、そんなものをわざわざ相手にしても仕方あるまい。だって、考えてごらんよ。佐高はそうやって佐藤優とも仲良くなったんだから(笑)。佐高も最初は佐藤優の事を批判していたが、結局はその反論に妥協してその後ベタベタでしょ? 佐藤優もそうだが、孫崎も週刊金曜日の常連ライター兼対談者なのだから、佐高がそれと本気で喧嘩出来るはずもない。遠からぬうちに佐高は孫崎への評価を変えてほめだし、週刊金曜日誌上で両者のほめ合い対談が載る事になるだろう。
孫崎を批判する側も、佐高の記事を論拠に引用する必要など全くない。後で佐高が「変節」して、引用した側が恥をかくだけだから。そもそも孫崎への批判論拠など、佐高の言い草をわざわざ引用しなくてもいくらだってあるでしょ?


41. okonomono 2013年4月13日 00:28:25 : ufgCmUGS6CG6M : We8QQnYmOC
>>40
長いけれど読みやすい、堂々たる文章だ。
なぜか「日本人」への逆説的な応援メッセージのように感じる。
日本はまがりなりにも「帝国」だったのだ。
それを勝手に放棄してしまったが(われわれは放棄させられたと思いこんでいるが)、責任が残りつづけるのではないかということを、年とともに感じるようになった。
ぜんぜんおいつかないが、日本近代の歴史をもっとよく勉強しないといけない。

42. 2013年4月13日 00:51:13 : TkpLu4nTZQ
>34 この人(kojitaken、でしたね名前)、ことあるごとに孫崎さんの名前だしてるよ。記事の最後の方とかにちょちょっとね。「吉田茂を支持するトンデモ〜云々」。でも、吉田茂を支持してることが、そんなに問題なことか?そのことが、今の国民に、アメリカからの支配を知らしめた功績に、敵うことなのか?この人が批判してる根拠って、吉田茂云々くらいなんだよね。それなのにいつもわざわざ名前を出す。ブログを読み返してれば分かる。
自民党支持のウヨブログは、工作員系多いみたいだしね〜。・・・別に不思議なことじゃない、この人がわざと書いてるってことが。
あと、28の文意味分かりづらくてすいません。

43. 2013年4月13日 01:09:27 : TkpLu4nTZQ
42の文、間違った。吉田茂じゃなくて、岸信介ね。(大事なとこを・・・。)

>40 あなたがめっちゃ在日だってことは分かった。3回言ったからね。あなたが言う視点も大事ですね。忘れちゃならない。

でも、
〜「戦後史の正体」など歴史的に何の価値もないという事だ。この本はどこまでも日帝のアジア侵略の歴史を無視した、日本とアメリカの戦中戦後史しか眼中にない「日米世界観」による妄想の産物に過ぎないだろう。

これは変。今の問題見たら、アメリカの支配が全部関わってるじゃん。原発、TPP、尖閣。あなたにとっての、「歴史的な価値」はなんだか知らないが、今日の現実に有用な本であることはその通りでしょ?この本が、「妄想の産物」なら、この今の現実も妄想?アメリカが日本を単独で直接に強圧的に支配し、密接に関わってきたというのは間違い?そこに至るまでの道筋が大事、というだけなら分かるよ?

阿修羅じゃ通用しない。


44. JohnMung 2013年4月13日 02:46:59 : SfgJT2I6DyMEc : agzxASejqU

33. 2013年4月12日 20:13:23 : s0PBPWHvjs
 >32.も、偏狭なナショナリズムを撒き散らす「害虫」であるという点では、29.と似たりよったりだ。阿修羅には、こうした、下品・無教養な、輩が、最近、増えているな。情けない事である。
     ↑
 PCに向かう時間がなく、レスが遅れたが、一言。
 ID=s0PBPWHvjsは高潔無欠の人格気高いご立派な方のようですな(笑!
 度々ご指摘いただくようだが、昨年5月下旬の「荒らし」論議以来、29>のような輩には言葉も表現も選ばないことにしているので、「情けない」思いをしないためには、小生のコメはペンネで分かるので、スルーされたらよいではないかね。

46. JohnMung 2013年4月13日 04:05:18 : SfgJT2I6DyMEc : agzxASejqU

 45>さん 基本同意!

47. 2013年4月13日 11:19:30 : MGIkaLiu9I
45なんか無いじゃないか

40は集団血痕だろ
マニュアルドーリのスリカエだな


51. 2013年4月14日 02:01:41 : nEmoQoX8TI
>>9,16,17
週刊金曜日なんて読んでる人、本当にいたんだね・・・驚いた。
佐高も孫崎もどっちもどっちだな。両者とも貧相な顔だね。
37に同感。佐高って底が浅い。昔の社会党レベルの言説から進歩がない、生きた化石だな。何がなんでも反体制・反権威、少数者・弱者優遇、憲法守れ、自虐史観、反自衛隊、反米っていってるだけでしょ。

52. 2013年4月14日 03:30:59 : Kse53zYp5s
>>51
>週刊金曜日なんて読んでる人、本当にいたんだね・・・驚いた。

    ↑
  ってゆーか、阿修羅に縋っている凡夫の分際で、
   こんなことを書いてる身の程知らずがいたんだね。・・・爆笑だわw

 
>佐高も孫崎もどっちもどっちだな。両者とも貧相な顔だね。

                  ↑
               >>51の爺さんは鏡もってないのかw
                貧相なのはテメエの顔だろw
 


53. nnnnhls 2013年4月28日 07:56:06 : tZ38gMRCXhh.Y : 0orIfCVdZs
40)
40で表明されている見解について、日本の歴史家と政治家、さらに普通の人々は正面から熟慮し、議論するのがよい。

韓国や中国らと日本の外交関係はうまくいっていない。

翻って見るに、大日本帝国のたち位置から、国際法的に日韓併合や満州国建国を言いつくろうことはありうるであろうが、隣国の立場からその主張が容易に受け入れられない。これが現実のようである(参照、40)。国際連盟からも脱退してしまったのです。

当時、欧米列強国はいずれも植民地支配を行っていたのに歩調を合わせて、大日本帝国の為政者もまた同様の政策をとった、という抗弁は、隣国に受け入れられるのであろうか。植民地政策が当時流行していたという理由など免罪符になりえないというのが、隣国の主張である。欧米によるアジア植民地を日本が解放したという事跡は、日本人が吹聴する必要はないのではないだろうか。

台湾の人々の一部が寛容な理由は、第2次大戦直後から越境してきた国民党の為政と大日本帝国の為政と比較したうえでの判断であろう。台湾の人々が全員、日本の植民地政策を大歓迎し好意的に評価しているわけではない。台湾に出かければ、そのような両側面はすぐに感得できるであろう。

これと対照的に、
ナチスドイツは、オランダを一時期占領していた。しかし、現在、両国は、良好な隣接国である。人的交流も経済取引も盛んである。隣国の人と結婚し、ドイツで子供を育てている家族は多い。その子を指して在蘭(<−−在日)だなど陰口をたたくことなど、ありえない。(ただし、トルコなどは例外であったが、今日ではその傾向はすっかりうすれているのではないでしょうか。)

戦後のドイツBRDでは第2次大戦時とナチス時代について日々繰り返し記録映画がテレビ放映され、いわば反省の意が表されている。隣国はそれ以上に現在のドイツを批判しにくいのではないかと、思うほどである。

ドイツは、隣国と友好関係を築く努力を怠っていない。1,2例を挙げておこう。
ドイツの住宅街の邸宅の門前には、ガス室おくられたユダヤ人の氏名と生存期間などを表示した標識が文化史跡として固く打ち込まれている。忘却の彼方に置き去らぬようにであろう。

ドイツの大統領が隣国の戦没者墓地などで哀悼の意を表される事実も、日本で報道されているであろう。

過去の懺悔と恒久的な平和への姿勢が信頼と好感を呼ぶのではなかろうか。

日本政府と政治家の皆さんは、隣国の信頼と好感を得るために、何をなしうるかを考えていただきたい。そうすれば、相手国も、それに応えてくれるであろう。

投稿者の論題よりも、40)の見解のほうが取り上げるにふさわしい。


54. 2013年4月28日 20:25:15 : Q82AFi3rQM

佐高信氏の著作には随分前に関心を失いましたので今現在なにを発表されていても関心はありません。

 佐高氏が孫埼氏の著作を「一刀両断」にできるとは考えにくい。
孫埼氏の著作内容は実際的な外交を知る立場にあったひとの話であって、佐高氏は外務省にいたわけでもなく、詳細がどこまでおわかりか疑問がある。

 しかし、だれが「佐高氏が孫埼氏の著作を一刀両断」と評したのですか?

 そういう評価ができるひとはだれか?

 過去の外交についてそういう評価ができるひとは誰なんですか?

 一体だれが、佐高氏と孫埼氏についてこういうばかばかしい話を作っているのでしょうか。佐高氏がなにを(たとえ)言おうと、孫埼氏の著書の内容をどうこうできるとは、私には、思えない。思えるひといますか?

 佐高氏は馬鹿じゃない。
 佐高氏が孫埼氏を(批判したのなら)どういうことで批判したのか、ここでも明治されなければ、なんのことかわかんないじゃん。

 佐高氏は孫埼氏の言説のどこを批判しておられるのですか。



55. 2013年6月28日 00:42:42 : nPFw8HIZXU
>>53
(1)ドイツは戦争責任をナチスの責任と定義し国の罪として戦争の反省をしておらず、戦争責任としての賠償も一切行っていない。対して日本は国全体の罪として受け止め、支払う義務のない追軍売春婦などにも「見舞金」の形で出来る限りの補償をした事。特定アジアはそれを「いつでも日本にユスリ・タカリが出来るカード」としか受け止めなかった事
(2)ドイツが行った程度の懺悔は日本もとっくに行っており、それを政治カードとして使う特定アジアと、表向きには使わないヨーロッパ諸国の違いでしかない事

ドイツを見習え!とは朝鮮人がよく言ってるセリフなんですが、「あの戦争は大日本帝国がやった事でうちらは関係ないでーす」とうそぶいて戦争の罪を放棄し、自衛隊ではなく国防軍を組織すれば満足なんですかねえ。ドイツを見習うってそういう事なんですが。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧