★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146 > 427.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2013.4.11.モーニングバード・そもそも総研 『そもそも日米地位協定の本質って何?』 
http://www.asyura2.com/13/senkyo146/msg/427.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 4 月 14 日 00:19:00: igsppGRN/E9PQ
 

2013.4.11.モーニングバード・そもそも総研『そもそも日米地位協定の本質って何?』

そもそも日米地位協定の本質って何? 投稿者 tvpickup


首都圏の空をアメリカが支配。日米地位協定とは?
日本の民間機が自由に飛んではいけない領空がある。
それはいったい何なのか?


【日米地位協定入門】2013.4.11.モーニングバード・そもそも総研『そもそも日米地位協定の本質って何?』〜奴隷思考からの脱出
http://threechords.blog134.fc2.com/blog-entry-1934.html
04/13 12:00 Sekilala&Zowie


以下、キャプチャ付き文字起こし↓


2013.04.11そもそも総研『そもそも日米地位協定の本質って何?』


玉川氏「よろしくお願いします」


羽鳥「あれ?今日はなんか持ってますね」


玉川「これ、原発の問題もそうなんですけど、1度日本人って流れができちゃうと、それもしょうがないかなというふうになりがちなんですよね。このコーナーは、やっぱりそれじゃダメでしょと。なんか当たり前だと思っていることが、よくよく考えたり、調べたりすると、当たり前じゃないんじゃないかと。そういうのをやっぱり伝えて行きたいと常に思ってるんですが、たぶん、これはミサイルの問題もありますけれども、日本の安全保障とアメリカの関係というと、まさにそれじゃないかなというふうに私は思ってるんですね。


今日のテーマ『そもそも日米地位協定の本質てなんだ?』ということなんですが


今、私、これ持ってましたね。これですね、ここに地図があります。これ、首都圏の地図ですね

で、この首都圏、領土です。日本の主権が及ぶ。領土の上は領空ですよね。もちろん、日本の主権が及びます。しかし、日本の主権が及ぶということは、この中を日本の管制で日本の飛行機、自由に飛べるということだと思うよね。思いますよね。ところが、そうじゃないんですよ。


及ばない場所がこれだけあります。

じゃあここは、どこが管轄しているのか。実は、アメリカ軍なんですね」


羽鳥「自由に飛んじゃいけないということですよね」


玉川「日本の民間機は自由に飛んじゃいけません。これだけ大きなもの。もう新潟のほうまで行ってますよ。で、これが一体なぜなのか。これを今日はちょっと考えてみたいと思ってるんですけども」


羽鳥「羽田に降りるときに迂回するじゃないですか」


玉川「あ、ご存知ですか」


羽鳥「なんで迂回するのかなと思ってる人、いっぱいいると思うんですよ」


玉川「テレビ見てる方でも、例えば関西のほうから羽田に降りるときに、なんで千葉の上を通ってんだと」


高木「うん」


玉川「これなんですよ」


羽鳥「それを避けてるんですか?」


玉川「避けてるんです。日本の領空ですよ。言っときますけど」


高木「その地図がおかしいと思ってたんだ」


玉川「これです『日米地位協定入門』『本当は憲法より大切な日米地位協定入門』これ今5万部超えてるんですけども、この著者である前泊さん、沖縄国際大学の。地位協定に関して非常に詳しい方なんですが、この方に、わたし伺ってます。日米地位協定っていったいなんなんだろうということで、まずVTR」


<VTR開始>


玉川「端的に言うと、日米地位協定というのは何なんですか?」


前泊「つまり、日本が占領政策を終える。講和条約を結んだあとも、占領時代と同じように米軍基地を日本に置き続けるために結んだ協定ということが言えます。つまり、日本は戦争で負けて、アメリカが占領しました。占領するための政策として基地をたくさん置いたんですね。日本が悪さしないように、歯止めをかけたわけですね。


日本は武器を全部取り上げられて、そして軍隊を持つことを禁止をしたわけですね。その憲法も作りました。ところが、じゃあ講和条約を結んでどうなるかというと、本来、そこで占領政策を終えなきゃいけないので、日本の中にある基地は全部なくならなきゃいけなかったんですけども、基地は残しておきたいという思惑がアメリカにありますね。


そこでまず、地位協定を作ったんですね。行政協定という形で。今ある基地をそのまま残すための決まりを作ったんです。それをさらにオーソライズする(正当化する)ために日米安保条約を結んだと。

で、安保条約を作って、そしてこれを認めないのであれば、講和条約を結びませんよという形にして、そして日米安保を認めさせて、その裏側にある基地を固定するような地位協定も認めさせたと。

(前泊さんの話はサンフランシスコ講和条約と同日に結んだ吉田茂の時の安保条約の話で、岸信介の絵はおかしい)


そういう形になってますね」


<VTR終了>


玉川「私達の常識では、サンフランシスコ平和条約で主権を回復して、だけど平和憲法を作ったからアメリカに国防をやってもらうということで安保条約を作って、その細かい取り決めとして行政協定、今の地位協定を作ったと。こういうふうな順番です。たぶん、私達の常識は。


だけど、アメリカの国益は、まず米軍基地を置くために行政協定、地位協定があって、それを結ばせるために、安保条約があって、安保条約を認めるんだったら主権回復してもいいよと。これがアメリカ側の思惑だったというふうに前泊さんはおっしゃってるわけですね。全く我々の常識と逆ですよ、ということなんですけども。

これ、本の中に、日本は未だに占領下にあるのと同じじゃないかというふうなことの記述もあります。どういうことかというと、さきほどのこの横田空域ということになるんですが、じゃあこれ、横田空域ってどういうもんなんだ。はい、VTR」

<VTR開始>


玉川「その占領の状態をなるべく長く続ける。つまり、日本のなかに米軍基地を置き続けるということがすごく大事だったと。そのための地位協定だったというふうなことなんですけども、じゃあ、実質的に、占領の状態が続いている部分というのは、今でもあるのか」


前泊「例えばですね。横田にラプコン(管制区域)というのがあります。これ管制区域を未だに米軍が支配してるんですね。今、目には見えないけど、富士山よりはるかに高い5,000メートルぐらい上空までを米軍がすっぽりと首都圏周辺も抑えるかのような形で、管制区域を持ってます」


玉川「入っちゃいけないんですか?」


前泊「入っちゃいけないです」


玉川「民間機は?」


前泊「はい。これは許可が必要ですね」


玉川「領空、領海、領土。これはその国の主権の及ぶところということになってますよね」


前泊「はい」


玉川「ところが、領空も、特に首都圏の上の領空が日本の領空じゃないという形に実質上なってるということなんですかね?じゃあ」


前泊「日本の領空じゃないです。米軍の領空になってます」


ナレーション<日本の空なのにもかかわらず、アメリカ軍の許可がなければ、民間機は飛行できない横田空域。現役パイロットが指摘する問題点とは?>

<VTR開始>


航空安全会議事務局長・高橋拓夫氏「羽田を出発してすぐ西に飛んで行くには、そこの建造物(横田空域)に当たってしまいますから、十分な高度が取れないわけです。ですから、直行できずに、一回東側なり海側に出て、十分に高度をかせいでから、その横田空域の上を通過せざるを得ないですね。

ですから、それによりますと、時間がかかりますし、その分やはり燃料もかかりますし、昨今の話で言うとCo2とか、環境の問題とかもありますから、そういうことを含めると、やはり非常に国民生活にとっては大きなデメリットがあるというふうに私は考えます」

<VTR終了>


玉川「まあ現役のパイロットの方からすれば、この横田空域というのは建造物なんですよ。つまり、中に入れないから。建物があるのと一緒だよということなんです。だから直接こう行けないのでこう回ってからこう行くとか」


羽鳥「そのまま、もしそれがなくて西に行けたらもっと早く行けるということ?」


玉川「早く行ける。安く行ける」


羽鳥「燃料もかからない」


玉川「はい。ただ、この経済的なことだけじゃない。デメリットは、というふうな話なんです。VTR」


<VTR開始>


高橋「わたしもパイロットとして仕事をしてるんですけども、夏場など大きな積乱雲がたった時には、積乱雲のなかにはげんこつ大ぐらいの大きなひょうが隠れていたりしますので、その中に入ってしまうと、やはり飛行機が、ひょうが翼に当たったり、エンジンに当たったりしてしまうと、非常に大きな安全上の影響が出ちゃいますから、パイロットは必ずその大きく発達した積乱雲は避けて飛ばなければならないんですが、避けようと思って軍事空域(横田空域)の中を飛行させてもらうように、許可を申請しても、断られることがあります。


実際、わたしもありましたし、それでやむを得ず、機内のレーダーを見て、一番雲のレーダー反射の弱い、いわゆる活動の弱いところをベルトサインをつけて突っ切るというような運行をせざるを得ないということがやはりあります。実際に」


<VTR終了>


玉川「こういうこと知ってました?」


羽鳥「危ないですね」


赤江「知らな…」


玉川「こういうなかで私たちは羽田から飛んでるんです。そういう飛行機に乗って」


高木「無理を強いられちゃうってことですか?」


玉川「強いられるんです。はい。それはもう現実なんです。今のは領空の話。空の話ですね。じゃあ、今度は、領空じゃない、領土のほうですけども、実は米軍は空だけじゃなくて、私有地ですら勝手に封鎖できる。

何ですか、これは?ということなんですが、VTR」


<VTR開始>


前泊「沖縄国際大学にヘリが墜落をしました。その時に、実は現場を全部米兵たちが封鎖したんですね。日本の警察も、沖縄県警も入れなかったんです。その中に。それから消防も消火作業だけは手伝わされましたけど、そのあとは中に入れてもらえないです」

玉川「それだけの大事件だから、きっと報道もやってきたと思うんですけど?」


前泊「はい。報道も入れませんでした。取材を拒否されると。カメラを止められてしまう」


<ナレーション:9年前の取材テープには、その衝撃的な事実が残されていた!>

琉球朝日放送・実近氏「ぶつかった衝撃でしょうか。火災の熱の影響でしょうか。校舎は壊れています
下から米軍関係者が出て行け、出て行けと先ほどからしきりに叫んでいます」

ナレーション<このあと取材班はアメリカ軍から撮影したテープを提出するよう求められたという。

さらに、規制線の外でさえも>

琉球朝日放送・謝花氏「いま、アメリカ軍がずっと私達のビデオをフィリミングをしないように、止めるようにずっと訴えています」

日本人取材クルー「Why?」


米兵「This is too dangerous right here right now. Let’s Go! C'mon!! Let’s Go!!」

日本人取材クルー「No Danger now!!」


米兵「Go!!!」


日本人取材クルー「No Danger Now!」


米兵「C'mon!!」


日本人取材クルー「Why?」


米兵「Out!!! Let’s Go!!! I told you C'mon!」

日本人取材クルー「米軍の関係者に引き戻されて、なかなか現場に近づくことができません」


<ナレーション:こういったことは沖縄だけに限らず、日本中、どこでも起こりうると、前泊教授は言う。その理由とは>


前泊「地位協定上、この米軍の財産については米軍が管理することができると。それから、落ちたものについても、これについても米軍は財産とみなすわけですね。米軍のヘリも落ちたあとでも、米軍の財産とみなして、それはアメリカが押収することができるので、その現場を封鎖して管理することができるというふうになってるんです」


<VTR終了>


玉川「これは、沖縄国際大学って民有地ですからね。これ、米軍基地のなかの話じゃなくて、そこにヘリが落ちて、もうその中には警察も入れないんです。つまり、ある種、日本の主権がもうその瞬間から及ばなくなるわけですよ。どんな場所であっても」


松尾「落ちた残骸が財産だという解釈で。そうすると、周りにある建物や日本の土地は日本の財産ではないんですか?」


玉川「その瞬間から」


松尾「その日本の財産を管理するのだということでも近づけないわけですか?」


玉川「そうです。なんか無法な感じがするでしょ。でも、無法じゃないんですよ。それは決められてるんです。日米行政協定。これ、地位協定の前。同じものですけどね、基本的には。

52年にですね、『日本国の当局は…所在地のいかんを問わず、合衆国軍隊の財産について』これヘリの場合ですね。落ちたヘリ。『捜索または差押を行う権利を有しない』


これはさすがにやっぱりまずいだろうということで、行政協定が地位協定に変わりました。その時に、削除されました。しかし、じゃあ削除のまま、今まで続いてるのかというと、それは違います。違うんです。


どうなったかというと、この52年と60年のあいだに、合意されてる

合意されてる議事録というのがあるんですが、そのなかにほぼ同じ文言、どころか、プラス『検証を行う権利』もなくなっちゃったと。だから、協定上はなくなったんだけども、その協定の下にある日米合同委員会とか、そういうところが決めるんですけれども、まあお互いの両国の政府同士が決めた決めごとで、こういうふうなことはできるんだと。


だから、アメリカ側としては、普通に当たり前のことをやってるというふうな感覚なんですよね。こういうふうなことで、行政協定では、日本の国土、領土であっても、場合によっては、それはもう日本の主権が及ばなくなるよということは、お互いOKと」


高木「すいません、その53年に『検証を行う』というのを付け足されたのはなぜなんですか?」


玉川「そこは分かりません。そういうふうな部分というのは、なぜとかっていうのは出てこないんですよ。やり取りの中身というよりも、こういうふうに決まりましたよで、出てきます」


羽鳥「付け加えられましたよってことでしか」


玉川「はい。結果がでてくるだけ。じゃあ、これ地位協定っていうのは変えられないのかと。これもまた常識なんだけど、どうせ、変えられないんでしょ?と思ってる方もいらっしゃるかもしれないんですけど、なぜなんだ。なぜなんだということで、かつてこんなことがありましたって、また先ほどのパイロットの高橋さんですけど、聞いてください。VTR」

<VTR開始>


高橋「数年前に実際にあった事例なんですが、グアムの上空で日本の航空機が米国の戦闘機と異常接近しまして、緊急回避操作をとって、これは非常に安全上、重大な事例なんですけれども、後日、私どもパイロット組合のほうは国土交通省ならびに外務省に、その事実があったのかどうなのか、その後の対応について要請を行ないました。


ところが、非常に反応が遅くてですね。

我々としてはしょうがないので、直接、米国大使館のほうに、その事例について同じ要請を行ないました。そうしたところ、1、2週間のうちに、やはり、この事例が実際にあったと、これ非常に重大な事例だということで、謝罪とともに、その後の対策までしっかりしていただきまして、これは非常に評価できる内容でした。


その米国大使館の担当者が私たちに言ったことが非常に印象的だったんですけども、本来、これは国の外務省ならびに国交省の方が対応すべき案件であるのに、なんであなたたちパイロット組合の方が、こんなことをやってるんだというふうに、彼らに言われたことは我々としては非常に印象的でした」


<ナレーション:日本政府は、本来やらなければいけないことをやっていないだけではないかと、高橋さんは言う。一方で、日本以外の国々は地位協定を変えてきたと語る前泊教授>


前泊「訓練するときはイタリア軍に事前に許可をもらえと。そうでなければ訓練をさせないというふうに言ってきたんですね」


玉川「それは、地位協定は変えたんですか?」


前泊「地位協定を変えました」

玉川「イタリアで?」


前泊「はい」


<ナレーション:さらに、アメリカ軍を撤退させることができた国まであるというが、いったいなにが違うのだろうか>


前泊「たとえば、そのイタリアの場合ですけれども、いまオスプレイの問題で、低空飛行訓練を日本中でいま展開しようとしていますね。これについては、イタリアでは、低空非常訓練を禁止してるんですよ。


かつてこれは、ゴンドラを低空飛行訓練で切っちゃって、たくさんの人が犠牲になったんです。そこで、イタリア国民は怒って、今度から訓練をするときは、イタリア軍に事前に許可をもらえと、そうでなければ訓練させないというふうに言ってきたんですね」


玉川「それは地位協定を変えたんですか?」


前泊「地位協定を変えました。それから、フィリピンの場合でもそうでしたけれども、彼らは、それこそ基地をどけるということで決めてしまって、そして、どかすことが実際に上院で決めたら、それが通っちゃいました」


玉川「要するに、フィリピンがフィリピン国民として、もう米軍基地はなしにするというふうに決めたら、米軍は出て行ったということですか?」


前泊「出て行ったんです」


<VTR終了>


玉川「ということなんです。これ、ちょと早いですけど、結び行きますね。

地位協定が変わらないのは、日本が主張しないだけなんじゃないのかというふうに思えて仕方がないんですね。いかがですか?」


高木「さっき、パイロット組合、安全委員会?の方が、アメリカ大使館に行って、言われたことというのがあったじゃないですか。なんで、あなたたちがやってるんだと。例えば、その行かれたときに、外務省なり、担当省庁の人たちは、付いて行ったりとか、発言とかなかったんですか?」


玉川「いや、どうも『いた』らしいですよ。後ろのほうに」


松尾「え?『後ろにいた』ってどういうことですか?」


高木「『いた』だけですか?」


玉川「いや、ちょっとこれ以上、言っていいのかどうか、ちょっと、あれなんですけど、いないことはなかったです。だから、もしかすると、大使館の人は、パイロット組合の人にそういうふうに言ってた、組合といっても労働組合じゃないですからね。有志の集まりみたいなもんなんですけど。彼らに言っていながら、実はうしろにいる人にも言ってたんじゃないですかね」


松尾「ひょっとしたら、そのあたりでぼやっと、想像ですけど、つまり、日本の外務省は、アメリカに対してなんか言うということは、もうタブーになってるっていう状況なんじゃないですか」


玉川「可能性は非常に高いですね。僕もいろんな人から話を聞きますけれども、そういうふうなニュアンスは非常に強いですね。ええ、いつのまにかそうなっちゃったと。昔はそうじゃなかった。でも、いつのまにかどうなったと。


だから、主張すれば変わるんですよ。オスプレイだって、低空飛行して、嫌だって言ってる人、いっぱいいるわけです、日本のなかに。騒音の問題もあるし。イタリアはやめてるんですから。やめろって言ってやめたんですから。だから、できない話じゃないんです。


もう、地位協定は変わらないんじゃないし、もうなんでも変えられるんですよ。もう、変えられないと思っている常識が間違ってる。私はそういうふうに思うんですけどね。なんとかしてほしい、今日のそもそも総研でした」


羽鳥「んん〜、そうですね。はい」
(毎回、厳しい現実を知らされるたびに「アホ」のふりする羽鳥くんの困り顔は、『そんなアメリカに嫌われるようなこと言って自分の仕事がなくなっちゃうのはやだなー』と、それこそ権力側の顔色伺う『奴隷』思考の表れとお見受けしますな、毎度毎度(笑))


*ちなみにアメリカ大使館の対応に関して、一見、我々日本国民に対して配慮している善良な米国の側面を感じさせるような部分(パイロット組合の人がそう感じているようなニュアンス)がありますが、アメリカは非常に狡猾です。日本の一般国民に対して言ってることと、実際に裏でやってることは全く違います(トモダチ作戦がいい例)。アメリカが日本のことを占領している属国だとして紛れもなく扱っていることは、彼らにとって日本の外務省は、自分たちの部下みたいなもんです。つまり、会社に例えればよく分かる話で、顧客(カネを払う日本国民、ここでいうパイロット組合)に対して、自分の部下(日本の外務省、国交省官僚ら)を叱っておいて、社会的な体裁を取り繕いつつ、外ヅラ的には相手を納得させるクレーム処理みたいなもんで、あとで自分たちの部下に恩を着せ、さらなる従属を強いる。『お前たちのせいで俺がこんな目に遭ってるんだぞ』と、自分が蒔いた種のくせして、そういう不条理なことを平然と従属国の日本に対してやるのが、戦後ずっと続いている占領国に対するアメリカの占領政策の一環であり、間接統治のひとつの手法であり、唯一、日本にだけ工作が成功したとのたまうほどのアメリカ様の本質です。それを許しさらに助長させてるのが、まさに日本国内の官僚ならびに学者、マスメディアなどのエスタブリッシュメントたる利権化した特権エリートたちの『国民を犠牲にしても、自分たちだけが生きのびるためには長いものに巻かれる』が『賢い人間』のすることだという思考であり、そのための支配構造が構築されたのが今の腐りきった日本の上層部社会であり、そのヒエラルキーをある意味、知らず知らずのうちに『お上』意識として容認するよう刷り込まれた『お任せ主義』的無関心、放置してきた僕ら国民のせいでもあるとも言えそうです。じゃあ、何をすればいいか、もう分かるでしょう。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 増税反対 2013年4月14日 01:11:56 : ehcoR2LmdzYII : D9cvjI5T92
民放で唯一見る価値のあるコーナーです。

それにしてもこんな重大な事実すら我々は知らされてこなかったというか、

マスコミは知らせてこなかったなんて、国民を愚弄するにも程がある・・・


02. 2013年4月14日 02:06:04 : sUpHQ8Q75g
まずはタブーに挑戦し続ける玉川氏とプロデューサーに感謝

玉川氏は色々な意味で腹を決めてこの手の問題を提起してるんだろうが
この番組の司会者やコメンテータたちはそうではないようだ

関東空域の西の壁問題は戦後一貫してある問題で
石原慎太郎が初めて都知事に当選した時にも繰り返し言ってたから
政治に疎そうな赤江や高木は知らなくても松尾は知ってるはずだが
この問題に踏み込むことを恐れる気持ちが顔に出まくりw
恐る恐るコメントするくらいならこのコーナーがある日は外してもらえ
根性なしがw


03. 2013年4月14日 03:07:49 : cgZcN8213o
まぁこれを機に「横田幕府」の存在も知られてほしいですね。
メリケンうざい。

04. 2013年4月14日 04:22:15 : HILqDlL5LE
『<玉川徹氏>を守ろう!応援しよう!』

<玉川氏>は私の知る限り、<テレビ朝日>生粋の、正札つきのプロデューサー・ディレクターであり、その実績は‘濃い〜’のである。
そんじょそこらの‘ギャラ目当て’の‘薄〜い’コメンテーター輩とは、素養も教養も分析力も段違いだし、何と言っても、そこの掛ける‘気合=魂’が全くお話にならないほどの相違がある。
それは、映像を見れば一目瞭然でしょう?<松尾クン>でも<高木チャン>でもいいし、アナウンサーの<ナンタラくん>でも<カンタラちゃん>でもかまわないけど、雁首並べて「あっ、そう?!」の連発…自分の意見すら持っていないことがモロバレしている‘寒〜い’情景だけがオイラの印象に残るってことさ。

<テレビ>を、お目当てのスポーツかドキュメンタリーか、偶〜に映画やドラマしか殆ど見なくなったオイラだが、所謂<局制作番組>の“劣化振り”には凄まじいものがある。いずれ、<バカメディア>が(珍聞も含めて)総倒れ・再編せざるを得ないことは、欧米の先例を挙げるまでもなく、自業自得&時間の問題なのである。
また、<02〜sUpHQ8Q75g様>がクールにご指摘のように、今や<アルツハイマー・老害爺さん> と化した似非政治家が「横田空域返還・空港共同利用」をぶち上げた“初めての都知事選公約”を、オイラは忘れていないぜ?<イシハラくん>nどうなってるんだい?

<玉川徹氏>の思いを代弁すれば、「訳の解んない<憲法改正>よりは、訳の解る<日米地位協定改正&日米安保条約改定>が先!」ってことだし、「アメポチ<TPP>よりは東アジア共同体志向の<ASEAN>貿易協定が先!」ってことさ。


05. 2013年4月14日 06:28:48 : 7vkGiDDoeQ
自分たちを占領してる宗主国様を「思い遣る」日本、何様だ。
日本語解るアメリカの政府関係者は文句言わないの?それとも、負け犬の遠吠えって感じで大目に見てるのか?
沖縄国際に突っ込んだパイロットの腕前を、自民の議員がほめたよね。民家に突っ込んでだら大惨事。東大や皇居の堀に突っ込んでも、死傷者が出なきゃ褒めるんだな。

玉川さんが偉いってことは、玉川さんを遣い続けるテレビ朝日が偉いってことか。やるやん、テレビ朝日。


06. 2013年4月14日 06:34:09 : GaMimxuPMk
マスコミのガス抜きと、アリバイ工作なんだろうけど、結局、すべてが決まった
あとに批判的な意見を小出しにする今まで通りの手法じゃないかと思うね。


07. 無段活用 2013年4月14日 06:39:39 : 2iUYbJALJ4TtU : 6MIcfD8YQs
どうなりますやら…。

-------------

https://twitter.com/magosaki_ukeru/status/321204989882142722

孫崎 享 ‏@magosaki_ukeru

TPPとテレビ朝日:懲りないテレビ朝日の「そもそも総研」。「そもそも総研」でTPP話したのを契機に国会で大西議員がNHK会長に孫崎を使うなと圧力。で、テレビ朝日は静かにするかと思ったら、いやいや、18日(木)また私にTPP話させるよう。ただし最強のTPP推進派論客を呼んでくるそう

2013年4月8日 - 19:16


08. むやうのすけ 2013年4月14日 07:58:55 : ltsuShGwyUDcQ : DhwcLLETGA
羽鳥アナは、「そんな大事なことを今初めて知って呆然としている国民」の姿を演じているのだから、彼のことをそんなに悪く言ってはいけない。

09. 2013年4月14日 09:10:02 : Q1AShcAlNU
フィリピンやイラクでさえ米軍基地を撤退させた。その理由は簡単。これらの国々は「思いやり予算」を出せない、出す金がないからだ。米国は財政赤字のため世界の米軍基地の縮小を実施しているが、それも日本を除いてだ。
日本の米国への思いやり予算は、世界の米軍基地を受け入れる国々の50%以上を負担しているそうだ。

菅政権は2011年、年間1881億円の思いやり予算を5年間、継続することを決定した。従来の3年から5年に延長した。この金額は日本の米軍基地維持費の80%に当たるという。米政府にとってこんな美味しい話はない、日本から米軍を撤退させるなんて考える方が馬鹿だ。

私は米国政府では日本政府を非難する。
米国の圧力におどおどし、日本国民の血税を犠牲にして日本の財政赤字を増やしてまで米国に貢ぐ日本政府は政府の役割を果たしていないと思うからだ。

今、アメリカに対等に物いえる政治家、日本の国益を優先する政治家は生活党代表の小沢一郎氏しかいないと思っている。 


10. 2013年4月14日 09:12:46 : Q1AShcAlNU
>09です 訂正

X  私は米政府では日本政府を非難する。
○  私は米政府でなく日本政府を非難する.


11. 2013年4月14日 09:29:53 : hLWy48CiCA
痔民党の何とかと言う馬鹿議員に玉ちゃんも珠ちゃんもつぶされなかったのね。

良かった良かった。

いつもながらそもそも総研鋭いね。
他の民放馬鹿番組では絶対取り上げないだろう
池上あたりで適当にごまかすだけだろう。

しかし木曜日はコメンテーターもしっかりしていて
番組がキリリと締まる。
羽鳥など珠ちゃんの根性に比べたらどっちが女性キャスターかわからん


12. 2013年4月14日 09:46:47 : AjT2wU6UUk
日本にアメリカ駐留軍はいらない。

出て行ってもらいましょう。
沖縄同様逃げて貰いましょう。
が、逃げないだろうな、、協定を盾にとって。

日本は、米軍を思いやり予算で養っており、米軍にとっては金ずるなのです。
しかし、日本が金払っても、日本を守ってくれませんよ。

どうも、皇室は守るため、首都を固めているようです。
戦後体制は、昭和天皇の意向が重要視されていたようです。
日本人暴動の可能性があり、、、、、、
昭和天皇は、米に身を預けた?

真実を国民は知るべきと思います。
アメリカ国会公文書が公開され、真実が分かってきています。
マスコミは、なかなか公表しないね。
マスコミは、国民の敵にいつからなったのでしょうか?
マスゴミと呼ばれています。納得しますね、残念ですが、、、、



13. 2013年4月14日 11:14:24 : g9jLm1zljE

そもそも総研の玉川さんに心から拍手を送り致します。。。毎週見てますよ〜


14. 2013年4月14日 11:43:03 : pSDL5jW0m6
非常に勇気あると思います、他の政治番組は非常に低レベル

15. 2013年4月14日 13:34:51 : cWIBtbognM
そもそも総研だけを楽しみに番組を観ています
政治家の圧力に負けないで頑張ってください。

16. 中田のみや 2013年4月14日 15:07:38 : Ppx1BoMyX1YIQ : vecfdCa5Dk
このブログは良い。小生海外でビジネスして来て言える事は、日本人は、ディベートに慣れていないので、意見で戦えない、結果折れてしまう。あとの反応を恐る故、スポーツが良い例だ、戦っているとこは敵、しかし終われば友だ。こちらから、物言わねば、相手は地位協定を変えるはずがない。外務省のエリート意識はおれはアメリカ通で出世街道歩める故、アメリカは批判しない。日本の行政府は、アメリカに認められている事が、敗戦後の存在、変な意味で忠誠心を誇示し、全く独立は忘れてしまった。まあ、自分たちの力を知っているから、日本での出世の道筋で生きているだけだ。司法までが、國民の敵であるこの国故、何も変われないのだ。

17. 2013年4月14日 18:09:54 : BDDFeQHT6I
自民党の大西のあまりに露骨な言論統制圧力にテレビ局が切れたのか番組プロデューサーが切れたのか、ネット世界では誰でも知っているがマスコミではタブーの首都圏制空権の問題をついに出してきた、これから日米地位協定の問題点が次々と法曹されるだろう。
大西問題で自民党もマスコミに強く出られない今の状況を的確に捉えた「そもそも総研」の大ヒットだ、今がチャンスだ、どんどん行け!!。

18. 2013年4月14日 19:28:21 : mZJm7R4ISw
日米地位協定は、日本憲法より上にある。
日本憲法より上にある日米地位協定の改定が先である。このことは、日本国民にとっての常識だ。
日本憲法を改正しようと大騒ぎする、自民党、維新、みんなが、なぜ、日本憲法より上にある日米地位協定を改定しようとしないのか?利権か?

日米同盟を強固にしたいなら、日米地位協定を改定しなければならない。
まともな人間ならだれでも考えることだ。

自民党、維新、みんなは、何もわからず、日米同盟、日米同盟と騒いでいるが、強烈な不平等条約である今の日米地位協定をそのままにして日米同盟の遂行なんかできるわけがない、

自民党、維新、みんなが日米地位協定の改定に手をつけようとしないのは。利権か?

日本国民であれば、日本憲法より上にある日米地位協定を改定しなければならない。
以下の本を立ち読みでもいいから読んでみてください。目から鱗ですよ。
如何に日本のことを何も知らないかがわかりますよ。


本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (「戦後再発見」双書2)
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AF%E6%86%B2%E6%B3%95%E3%82%88%E3%82%8A%E5%A4%A7%E5%88%87%E3%81%AA%E3%80%8C%E6%97%A5%E7%B1%B3%E5%9C%B0%E4%BD%8D%E5%8D%94%E5%AE%9A%E5%85%A5%E9%96%80%E3%80%8D-%E3%80%8C%E6%88%A6%E5%BE%8C%E5%86%8D%E7%99%BA%E8%A6%8B%E3%80%8D%E5%8F%8C%E6%9B%B82-%E5%89%8D%E6%B3%8A-%E5%8D%9A%E7%9B%9B/dp/4422300520


19. 2013年4月14日 19:28:35 : mvurMTJIK2
>「支配構造が構築されたのが今の腐りきった日本の上層部社会」

この財・菅・政・報(ゴミウリ)の上層部を占めているのが「バカモン"東大"閥」だ。(バカモン=赤門)

(米国から)与えられた解のある問題をそのとおりこなすことだけで自らの利権を維持するバカモン罰が日本を支配し続けている。

■植民地だったフィリピンだって米軍を追い出したんだ!

ドイツやイタリアで日本のような屈辱的なことが行われているか?ありえない!

フィリピンだって見てよ、この本を!
     ↓
「フィリピン民衆vs米軍駐留 基地完全撤去とVFA」(凱風社)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2012071502000178.html

−−−−−−−(引用させていただきます)

「民主主義の番人」であるはずの米軍、そして米国という国の“正体”を告発する超弩級(ちょうどきゅう)の著作である。
(略)
戦後、米国の植民地支配から脱し主権と民族自決権を手にしたはずのフィリピン。だが、実際にはその後も米国の横暴な経済的・軍事的支配が続いた。そこで、比国民は脱米軍を決断。米政府高官からの「経済援助と軍事支援打ち切り、国際社会からの排除、貧困化」という恫喝(どうかつ)に怯(おび)えながらも米軍基地撤去に果敢に挑み、実現する。本書は脱米軍の手段と手法、課題の克明な記録書である。
(略)
 本書を読み進むうちにSF恐怖映画「エイリアン」が脳裏をかすめる。知能のある異星生物が、体内に入り込み、寄生し、宿主を操る。排除しようとすると強酸性の体液で宿主の命をも奪う。繁殖と支配というエイリアンの狙いが、一四七カ国に兵を駐留させ、三八カ国・地域に六六二カ所の基地を展開する米軍・米国の世界戦略と重なる。エイリアンから主権と民主主義、人権と生存権、自決権と自立を取り戻す実戦的マニュアル本として活用したい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

このやっかいな「海賊」国家の米国は地球のガンであり、エイリアンである。


20. 2013年4月14日 21:08:14 : sUpHQ8Q75g
>>19
> このやっかいな「海賊」国家の米国は地球のガンであり、エイリアンである。


映画のエイリアンに例えるなら
米国といってもそれは米国民ではない

英米を拠点に世界を撹乱する油堕屋国際金融資本財閥=油堕菌だ
こやつらは国際政治の裏で策謀を繰り返し世界を不安定な状態にし
それをいいことに武器を売り付け更なる不安定化を狙う

逆らう者があれば自殺や病死に見せ掛けたり
時にはこれ見よがしに大衆の目前で暗殺する
ケネディやチャベスなどの政治家のみならず
ジョンレノンやマイケルジャクソンやホイットニーヒューストンなどのエンタテイナーに至るまで
邪魔者は容赦なく殺す

油堕菌こそ地球の癌巣でありこやつらを排除できれば地球は平和になる


21. 2013年4月14日 21:31:26 : Nt7JxSVgFQ
4月8日朝日新聞、読者投稿欄「声」東日本版
「改正が必要なのは地位協定」
 
 日本維新の会は、現行憲法が日本を孤立と軽蔑の対象におとしこめたとし、改憲を目指す綱領を採択した。
 
 石原共同代表の「国家・民族の自立の実現」「すべての元凶である占領憲法」という意向を踏まえたものという。

 だが、憲法の何処が「国家・民族の自立」を否定しているのだろうか。

 私は日本の自立を危うくしているのは日米安保条約に基づく地位協定だと思う。
 そのおかげで、米軍が日本各地に基地をもつことができりる。

 首都圏には米軍が管制する「横田空域」があり、今後、羽田空港が増便されてゆけば、民間機がそこを迂回せざるをえなくなる。

 また、米軍人が公務中に犯罪を起こしても、原則、米側が一時裁判権を持つ。

 憲法、特に第9条を改正し、自衛隊が「国防軍」となった場合、その状況は変わるのだろうか。

 「国防軍」が米軍の補完部隊とされ、海外で戦争できる部隊になるだけではないか。

 今、日本で優先されるべきなのは改憲より、不平等な安保条約と地位協定の改正だ。

 そして憲法の平和主義を世界に訴えてゆくことが日本が尊敬される基盤となるだろう。


22. 2013年4月14日 22:08:34 : FfzzRIbxkp
民主党は先の政権時に日米地位協定の改正案出してますよね。
こちらも紹介してください。

日米地位協定に手をつけない自民党が、ステルス戦闘機F35A
(1機あたり189億円)を調達だってさ。ほらね、政府のマッチポンプはいつも軍事マフィアと金融マフィアに税金献上。

硫黄島パフォーマンスで、またごまかし。


23. 2013年4月14日 22:12:38 : EB8sHfJ2sQ
TPPで孫アさんを呼んで説明をさせたり(それでも番組で継続しての継続出演は 無い様だが)日米地位協定で前泊教授にインタビューをしたりで、玉川氏のこの
番組・コーナーは大手メディア・TVキー局のものとしては珍しく真実を追求
している。

前泊教授の日米地位協定入門を読んだが、良く検証された真実に肉薄する内容に
なっている。我々も高校の歴史の授業で何故か戦後史の部分(現代史)が授業で
先生からの説明もなく教科書にも本当にサラッとしか書かれていないのを不思議に
思った記憶がある。
そうだったのか・・・、本当の戦後史上の売国奴は(岸よりも)吉田茂だっとのか
・・と孫アさんの戦後史の正体と併せて読むとハッキリと対米従属の日本戦後史が
今でも続いていることが納得される。故高坂正堯という京大教授が吉田をヨイショしたがいい加減な奴だ、それが前原の恩師だそうだ。後はおして知るべし。
なお、高坂教授の死因はエイズだったという噂も出ているが、何故だろう?

腐った似非保守政治家・腐った似非エリート官僚・真実を報道しない堕落した大手
メディア・会社経営において社会的責任を果たそうともしない多くの腐った企業トップらに鉄槌がくだされんことを願って止まない。  


24. 2013年4月14日 23:20:31 : RLE8SNa6Jo
>>04. 2013年4月14日 04:22:15 : HILqDlL5LE 様


もしかして、タケシさん?

「オイラ」だからってわけではないけど、最近のタケシさんは目が違ってきている。
やっぱ、根っからの江戸っ子
出世欲なんてかなぐり捨てて、とことん正義の道を進むべし

それの方が菊次郎父さん、さき母さんも喜ぶと思うよ。


25. 2013年4月15日 00:44:36 : cCz4ye6Qk7
米犬、おじゃまテメエら何とか言ってみろ!
アメリカの腰巾着め。
クソ右翼も何とか言ってみろ!
自民党から貰っているからこの奴隷野郎たちは何も言えないだろ。

26. 2013年4月15日 08:00:46 : hqfbQuCuIg
>しかし、日本の主権が及ぶということは、この中を日本の管制で日本の飛行機、自由に飛べるということだと思うよね。思いますよね。ところが、そうじゃないんですよ。
  ↓
これって坂本九さんや日本OSトロン開発のキーマンなどを乗せて撃墜された(といわれる)日航機の事件と関係ありですか?
  ↓
●『日航機123便撃墜事件から27年 再考察 ユーチューブログ』
http://www.youtube.com/watch?v=4MNA4zL3TTI

「日本は(米国の)不沈空母である」といっていた総理大臣の頃ですね。

救出された人もいたと思いますが一切その後の消息がニュースにならないのも、ハイエナマスゴミの習性からすれば不思議だ。


27. 2013年4月15日 08:02:11 : sYQGxwJagA
1960に地位協定なく米軍が撤収したとして

当時のソ連がどういう行動を取ったか予想できないバカがいるのか?


28. 2013年4月15日 08:13:00 : FNCF2Tj0TU
奴隷根性、植民地人根性の政治屋、日本政府、外務省、そしてイカサマ右翼(実際は一般庶民を脅し恫喝するただの街のゴロツキでしかない)だ。

日本は今なお独立国家ではないのである。


29. 2013年4月15日 08:15:52 : vZX6AjBlvo
近いうちに政府の官房機密費と引き換えに、このモーニングバードという番組は消滅することになるのだろうか?まともに物申せば、消されるのがこの世界。想定内の中での、そもそも総研。毎夜、マスゴミの経営者とお土産付の豪華な会食を重ね、政権維持への根回しを続ける張子の虎。中身がない上、民主党よりも酷い運営に、国民は根を上げている。何一つ生活が楽になった兆しはない。振り向けば、値上げラッシュ。だから消費税は反対だとまともな政党が声をあげても、そ知らぬ顔で突き進む。懲りたはずの宴会芸の延長線上の自民党政権。やはり、任せるべきじゃなかったという本音もちらほら。違法選挙による張子の虎政権は、ただただ首振るしか能がない。いち早く、解散し、国民の支持を得た上で中身のある虎の出現を望む。-浅吉-

30. 2013年4月15日 08:36:03 : rrhrFN6JLd
27) 占領され続けるほうが好みか? 外務官僚(アメポチ)と同じ感覚だな。
鬼畜米英とはよく言ったものだと思う今日この頃。

31. 2013年4月15日 11:14:16 : 1iHOsg8vsU
占領されるならアメリカが良かったか
ソ連が良かったかの2択だろ?

100人に聞いてこい


32. 2013年4月15日 15:46:35 : PFj2dhlRAk

もうすぐ中国の領土になったりして、この日本という国が…。


33. 2013年4月15日 20:50:58 : KO4C9oEhYU
>27
お話のピントがずれていませんか。

34. 2013年4月15日 20:52:52 : KO4C9oEhYU
>31
住んだこといまさら聞いてどうするの。

35. 2013年4月15日 20:55:48 : KO4C9oEhYU
>32
どこの国の方ですか。日本人なら、中国怖いと誰に言われたのですかと聞きたいね。新聞ですかテレビですか。

36. 2013年4月15日 21:51:12 : hsIp70NvIw
地位協定よりも日米安保をはやく破棄しろ

37. その辺の人 2013年4月16日 01:03:53 : rs/SArK16GRv. : WYHMgguGEo
地位協定よりも日米安保をはやく破棄しろとおっしゃってる方がいらっしゃいますが、中国・北朝鮮から侵略行為(軍事攻撃)があった場合、日本もどうやって自国を守るつもりなのでしょうか?日米安保条約があるため、尖閣諸島に対しても、ぎりぎりの威嚇はするけど、侵略行為はまずしません。日米安保条約が適用されると、アメリカが言っているからです。本当に、日米安保条約を破棄するなら、最強の防衛兵器である核兵器を日本が保有することさえ検討しなければならなくなります。真面目に国際情勢を勉強してください。

38. 2013年4月16日 01:06:33 : Res1TKTuyM
テレ朝の玉川氏も報道デスクも記者の方も素晴らしい人材が存在するのに、それをきちんと応援できない朝日グループの腰砕けは何だ! カルトの太鼓持ちで高給で気持ちええクスリを買ってご満悦か? テレ朝調子がいいから昔の矜持も棄てマスか? まともな奴がアホンダラをしっかり駆逐せえよ! 正論かそうでないかは一目瞭然なのだから! 朝日本来の精神が何故現在に必要なのか痛感出来ない人間から淘汰の原理でリストラせいよw

39. 2013年4月16日 01:46:13 : rWn9PLlcps
「人類最悪の反人道無慈悲核兵器使用犯罪者世界最低下劣無法占領国家アメリカの、日本をエタ非人拝金スパイを使って政府干渉内部分断腐敗させ内戦誘導する下賤外道戦争外交」

全身憲法違反汚職腐敗日本政府に対して、
「江戸時代以前の美しい日本人社会を取り戻す日本国憲法の三種の神器とその使い方」

1.「日米地位協定破棄」で統一原理教会と源田実731部隊旧帝国軍人の利権を根元から断ち切る。幸福実現党は次の破防法も併用して消却する。

2.「破防法」で前原誠司創価学会と公明党を消却する。

3.世界最高の匠日本人の知恵と工夫で「福一石棺桶化して放射能無害化」を達成する。

:原発=原爆=核兵器だから、福一石棺桶化達成で世界中の核兵器を廃棄して無害化する技術を日本人が確立し、その技術で
地球上からすべての核兵器を無毒化廃絶して核のない平和な地球を太陽系宇宙に日本人の力で打ち建てる。


参照>奴隷根性丸出しの安倍首相  孫崎 享 
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/403.html#c186


40. 2013年4月16日 08:48:24 : rrhrFN6JLd
37)日米安保があってもアメリカは手出ししないよ。アメリカは中国と絶対にやらない。日本をすっ飛ばして裏で手を握っている。そうでないと田中がロッキードで国策捜査されるわけがない。対外的に日本を植民地にしようとしているのはダメリカであり国会なんか横田幕府がすぐに占領できるだろ。一番怖いのは日米安保を隠れ蓑にしたダメリカだろ。広島長崎東京で一般市民を100万人も虐殺しているんだぜ。南京なんかあったかどうかも分からんが日本がやられたことは事実。

41. 2013年4月16日 09:37:42 : hsIp70NvIw
37様へ

国防については世界に冠たる日本国憲法に書いてあります。国際紛争は話し合いで解決します。当然でしょう。竹島。尖閣諸島の領土問題はそうやっています。

国防軍、核武装の話しは日本憲法の下、止めたほうがいいでしょう。不満なら貴方の力で憲法改正、新憲法の制定などやってみた上の話しになります。日米安保の下ではこれ以上の軍備、核武装はアメリカが許す筈もありません。

日米安保の下では何を言っても無駄なことで、犬の遠吠えみたいなものです。


42. 2013年4月16日 11:24:09 : MICzyijtoc
ようするに外務省アメリカスクールがへたれだということだ。中国が攻めてきたらどうするなんちゃらかんちゃらで思考が停まってしまう彼らは不要。攻めてきたら戦えばいいだけのこと。

43. 2013年4月20日 22:45:25 : hsIp70NvIw
日米安保条約は首相が兵舎の中に幽閉され強制的に調印させられた。地位協定より日米安保の方が先だぞ。アホか? まず日米安保を破棄せよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧