★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK147 > 354.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
田原総一朗は誰に向かって総括せよと言っているのだろう (天木直人のブログ) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo147/msg/354.html
投稿者 笑坊 日時 2013 年 5 月 07 日 07:56:22: EaaOcpw/cGfrA
 

http://www.amakiblog.com/archives/2013/05/07/
2013年05月07日 天木直人のブログ

 一線を退いてなお、メディアにしがみつこうとしている今の田原聡一朗の言動を見ていると、その劣化振りに目を覆いたくなる。

 きょう発売の週刊朝日5月17日号に掲載されている「田原総一朗のギロン堂」の記事もその一つだ。

 彼は靖国問題について強硬姿勢を繰り返して中国や韓国との関係を悪化させている安倍政権を批判した後で次のように書いている。

 「・・・私は満州事変や日中戦争は日本の侵略戦争だが、太平洋戦争は、侵略国と侵略国の戦争であったととらえている。世界最大の侵略国はイギリスであり、アメリカ、オランダ、ロシアなどいずれも侵略国である・・・」

 このような当たり前のことを書いて、太平洋戦争は日本の侵略戦争だったとする東京裁判を戦勝国の決めつけだとする安倍首相や右翼にも迎合してみせる。

 しかし無意味な迎合だ。そんな事を言ってみたところで、日本が中国や韓国を侵略した事には変わりはない。

 そして田原氏は日本人が今でも歴史認識について一致できないのは、日本人が自らの手で戦争を総括していないからだと次のように書いている。

 「・・・もちろん勝つ見込みのない戦争を起こし、多くの犠牲者を出した末に敗れた国家の責任者たちの罪は問われなければならないのだが、なぜ日本人はそれを回避したのか、いや総括から逃げてしまったのか。今からでも総括すべきである」

 田原氏は誰に向かって総括しろと言っているか。

 国民はみなそれを望んできた。

 しかしそれを許さなかったのはこの国の為政者たちであった。

 それを行うと天皇の責任にまで行き当たるからである。

 それを田原氏が知らないはずはない。

 よくもこんなもっともらしい事が言えるものだ。

 週刊朝日はよくもこんな記事を掲載できるものだ。

 こんなガス抜きの記事を書く田原総一朗とそれを掲載する朝日新聞は、読者をバカにしている証拠である(了)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年5月07日 08:13:17 : k4VgzXDZ12
>それを行うと天皇の責任にまで行き当たるからである。


天皇もそうかもしれないが、最大の理由ではない。この国の官僚機構・マスコミ・財閥大企業を含めた体制そのものだろう。


02. 2013年5月07日 08:19:12 : IrU2CrFuwo
田原総一朗というジャーナリストは年金未納騒動の時に死んだ

僕らが今見ているのは腐臭をまき散らしながら蠢くゾンビだ


03. 2013年5月07日 08:52:48 : JfFbs5hoTk
>しかし無意味な迎合だ。そんな事を言ってみたところで、日本が中国や韓国を侵 略した事には変わりはない。
-------------

こーゆー単純な決め付けが 単純なのだ

日本にも それ相応の言い分がある。
当時の中国や韓国にもそれ相応の責任がある。

歴史を単純に決め付け、自国の過去を指弾する、こりを自虐史観と言う。


04. 2013年5月07日 10:34:47 : cIkmTyypTY

 >こーゆー単純な決め付けが 単純なのだ


 太平洋戦争は 日本の侵略戦争だった そういう事だ

 これは 韓国や中国の言い分だよね 

 日本は「敗戦国」 で 自分たちは「戦勝国」なのだ

 ===

 この事実は いかなる ウヨでも 変更できない 歴史的事実
 


05. 2013年5月07日 10:56:29 : JfFbs5hoTk

中国は ま、戦勝国の仲間に入るだろうね、が、韓国は違うぞ。
韓国は戦っていない。むしろ日本兵として戦った。

侵略戦争の一言で片付ける、○×思考。二者択一、こりわいけんゆーとる
先の大戦は、複雑な面があるのだ。日本にも言い分がある。

いまの中国のやり方をみてみろ、戦前もおなし、生真面目日本がアタマに
きたってとこあるのだ。

 馬鹿わ二者択一のクソ頭から抜けられない、馬鹿の馬鹿たるゆぇんだ。


06. 2013年5月07日 11:47:16 : cIkmTyypTY

>05 さん

 残念ですが オバマでも 日本の侵略戦争と 慰安婦問題で

 安倍を 諌めています!!

 ===

 残念ですが あなたの 意見は 却下されました!!
 


07. 2013年5月07日 12:42:03 : UQlyJXi6zF
>>06

オバマの個人的意見よりも歴史的事実がどうだったか?が問題だね。
韓国は戦勝国じゃないのは、ただの事実だろうが。


08. xyzxyz 2013年5月07日 13:51:20 : hVWJEmY6Wpyl6 : JI2Seycs4s
侵略国と侵略国の戦争という話は的を得てるでしょう。

結局当時は今のような国際常識はなく、力ある国が植民地を持つのが
当たり前の世界だっただけですね。
それを今現在の国際常識で善悪を考えるからおかしいことになる。

今の常識に照らして過去の行いの善悪を考えれば、戦国時代等を
どう総括するんだろうか?地域でかってに軍事力を持って殺し合いしてた!
それぞれの国の統治者は民主主義でなく力で選ばれていた!

こんな総括を下して過去の歴史を断罪して回るんだろうか?
戦国時代も第二次大戦も同じ、今の常識からは掛け離れた時代の話としか言い様がない。
こんな話は左右云々の話ではないでしょう。


09. 2013年5月07日 14:18:38 : Ibgka5Tm7s
馬鹿原総一朗が何ぬかしとんねん?

10. 2013年5月07日 14:43:24 : Vcy4cSxavc
欧米列強が多くの植民地を持ち侵略をした、そうとおりである。

しかし不思議なことに、日本ほど旧植民地から攻撃されていない。なぜだろうか。もちろん個人的に恨みや反感を持っている人は多いだろうが、今なお旧宗主国として君臨している。法律も行政の形態も経済のやり方まで手本になっている。
一部の国では言葉(=英語)宗教(=キリスト教)まで定着した。

シンガポールなど契約条件は欧米のやり方そのもの。中東でも図面は英語で設計も施工管理も欧米のやりかた。インドは多言語の国歌だが共通語が英語になった。

日本の植民地経営期間が短かったこともあるが悪いというよりまずいことが多かったと考えるべきである。公平な見方でいい点悪い点をあげると
よかった点
・住民全員に初等教育をやった、またやろうとした。読み書きそろばんが基本。韓国台湾がいち早く成長軌道にのったのはこの点が大きい。
・国土に鉄道網を整備したこと。満鉄には莫大な資金を投入した。
・同様に社会インフラの整備には熱心だった。今なお北朝鮮には日本が作った橋、ダムが稼働し役には立っている。

悪かったこと
・日本の善意(?)の人は現地の住民つまり朝鮮人だがこの人達を日本人として扱おうとした。これはいいと思ってやったことかも知れないが人が大事にしているものを踏みにじる行為でもあった。創氏改名など最悪。
・同様に天皇崇拝を強要し各地に護国神社を作った。
・当然ながら露骨に利益を日本の権力者集団に配分した。
・また根拠も提示せずやたらといばる軍人が多かった。

契約書を表に立て、それによって正当性を得るアングロサクソンのやりかたには到底及ばなかったということだ。加えてアングロサクソンは改宗を強要しなかった。それ以前の侵略者スペインやポルトガルとはその点が異なっている。オランダもアングロサクソンのやり方に近い。

今なおこの点に全く気がつかない連中が靖国神社に参拝して喜んでいる。ある意味反感・反発を買うように努めている。馬鹿が。


11. 日高見連邦共和国 2013年5月07日 15:08:14 : ZtjAE5Qu8buIw : C7Wqvb1wZA

>10さま

主に台湾経営に参画し重要な役割を果たした『後藤新平』や『新渡戸稲造』が、
逆賊・賊軍と蔑まれ、遅れた後進地と虐げられ東北・岩手出身と言う“視点”を終始忘れなかた事は特筆すべき事実です。
これは、日本と台湾の関係における“不幸中の幸い”と言ってよいでしょう。


12. 2013年5月07日 15:29:03 : ABv9JAteKA
 総括「できない」のか「する気がない」のか、どっちなんだろう。
 ドイツとよく比べられるよね。

 日本人の国民性なんだろうか? 
 日本特有のムラ社会の習性かな? 一連托生。 あの人だけが悪いんじゃない みんながみんな悪かったんだ。 でも、村八分というイジメはあったんだよね。 
 日本人はみんながお人好しってことかな?
 偉い人を罰するなんて思いもよらぬことだったのか?
 なんでもかんでもお上まかせだったのか?
 庶民はただただ無知だったのか?

 それにしちゃあアクドイ奴もいるよねえ


13. xyzxyz 2013年5月07日 15:47:35 : hVWJEmY6Wpyl6 : JI2Seycs4s
>>10
いや、創氏改名は選択制でしたよ。
軍人の中でも将校まで出世した人ですら朝鮮名のままだった人もいます。
朝鮮半島での改名率は10%を切っていたとする数値もあるし、あちらの主張する20万人の
人狩りが横行する強権的な植民地経営がされていたなら、100%改名させられていたと思います。

>・当然ながら露骨に利益を日本の権力者集団に配分した。
>・また根拠も提示せずやたらといばる軍人が多かった。

この二つにしても疑問をもつ部分は多々あります。
朝鮮半島でのインフラ整備で、日本側が持ち出しを多くなってるのは今更言うまでもないだろうし
朝鮮半島には、警察どころか将校に至るまで朝鮮人出身者も勤めています。
中国人が朝鮮人を蔑視して呼ぶ言葉に高麗棒子という言葉もある通り、当時の朝鮮半島では
朝鮮人も役人、軍人として勤務していた人は多々います。
勿論、朝鮮半島へのインフラ整備を恩着せる必要はないだろうし、あちらも着ないでしょうけど。
単純に悪辣な日帝の収奪型植民地経営みたいな話ではないと思います。


そもそも中韓以外のアジア諸国とは、各種各国好感度調査に出てる通りありえないぐらいの
友好関係を維持も出来てるんだから欧米列強の植民地支配と比べて殊更に失敗して悪辣だったと
するような話はちょっと違う気もします。


靖国参拝にしても、中韓以外のアジア諸国が殊更に騒ぎ回っているという話は殆どないのではないかな。
中韓に関しては反日を国是としてる限り、何をどのようにしても日本は叩かれるという前提で
物事を考えたほうがいいと思います。


14. 2013年5月07日 17:49:44 : cIkmTyypTY

 >氏改名は選択制でしたよ。

 その悪名高い 政策」だよね〜〜〜

 ===

 日本人は 「悦にいる」 韓国人は「恨みに思う」

 ===

 結局 日本は 「おせっかいバアさん」 だったわけだな〜〜〜
 
 笑っちゃうよね〜〜〜
 
 それで 結局は 我々後世の世代に 「おせっかいな創氏改名」という

 大きな お荷物を 残しちゃった 

 ===

 日本のバカが 「選択制だった」な〜〜んて 火に油を注ぐもんだから

 タダでさへ 言いたい韓国人を 更に怒らせる

 それをまた ウヨは 喜ぶ  <= 迷惑な話だ
 


15. xyzxyz 2013年5月07日 18:18:40 : hVWJEmY6Wpyl6 : JI2Seycs4s
>>14

>それで 結局は 我々後世の世代に 「おせっかいな創氏改名」という

> 大きな お荷物を 残しちゃった 


あなたはTPPは大賛成の立場でしたけど、これだって後の世には
おせっかいなTPPに賛成した売国工作員、ネトウヨがいた!と
されてる可能性はあるんですよ。

けど現時点のあなたは国益に照らしてTPP参加がベストだと思って賛成してるんでしょ?
それを数十年後の結果論で、当時の cIkmTyypTYさんは、アメリカに騙された
アホで間抜けのネトウヨ老人だって罵詈雑言を浴びせられても困るでしょう。
もう一つおまけに、TPPは売国法案だと知ってて cIkmTyypTYさんはアメリカの犬として
日本を破滅に追い込んだネトウヨ兼スパイだった!みたいな悪意ある嘘のレッテル貼られても
何言ってんだ、名誉毀損だ!と思いませんか?


個人に当てはめればこんな理不尽な言いがかりもないのに、こと対象を国にすると
自分は無関係、国に対しては冤罪、憶測の言いがかりはOKって人が一部いるのは残念です。
それが cIkmTyypTYさんのような人生の酸いも甘いも噛み締めてきた人だと尚更に。。


16. 2013年5月07日 18:33:47 : 4TlWUtQPfg
13

右翼雑誌の読み過ぎか。毎月そんな同じようなことが書いてあるわな。

独りよがりの価値観の押し付け・強要が恨まれる原因だとまだ分からないのが日本のウヨ。

もちろん平均的に日本人が温厚で。規則正しい行いをすることには同意するが、人が大事にしているもの価値観を平気で踏みにじることに対する無神経さは今の安倍首相も同じ。「自虐史観」などと騒ぎ立てなくても日本人の多くが歴史の中で思いやりの気持ちを持って懸命に生きてきたことは理解するしその点では十分誇りの持てる国のはず。


17. xyzxyz 2013年5月07日 18:45:37 : hVWJEmY6Wpyl6 : JI2Seycs4s
>>16
んー、価値観の押し付けでなく事実の確認ですね。創氏改名はよかったなんて言ってませんよ。
つまり価値観の押し付けではありません。

創氏改名はあった。これは事実です。
強制するような制度とは建前上にしろなってなかった。これも事実です。

これを韓国人が感謝しようが憎々しく感じようが、それについての
言及はしていません。この歴史として現実にあった、なかったと
恨みに思った、感謝したを混同してるから話が捻れるんじゃないかな。>>14さんも同じ思考。

安倍首相にしても、先の大戦における戦争自体に対しては反省と
謝罪を礎とした談話の踏襲なり、新しい談話を出すことでしょう。
ですが、反省したからといってなかったことをあったとはなりません。


18. 冷徹な人 2013年5月07日 21:49:38 : tcgFDe61JhAvA : jFeTsdCmSk
>田原氏は誰に向かって総括しろと言っているか。

 国民全体にでしょ。

>国民はみなそれを望んできた。
>しかしそれを許さなかったのはこの国の為政者たちであった。
>それを行うと天皇の責任にまで行き当たるからである。

 わたしは、そうではなく、東京裁判の批判と米国の非のある部分に触れるからでしょう。
 つまり、戦勝国(特に米国)が抑制している(または、戦勝国に対して気を使っている)からだと思います。


19. 2013年5月08日 00:59:02 : ruh0fVo3UU
 
 
田原総一朗よ

お前が自民党からもらった官房機密費の総額はいくらだ。

国民から集めた血税を掠め取ってきたお前が何を言おうと

ウ ル セ ー!
 
 


20. 2013年5月08日 22:47:06 : 5bUWjRyecA
>>8

当時の国際常識の国際ってほぼ欧米列強じゃん。それに少し南米諸国があるか。アジアアフリカはほぼ列強の植民地下。その中でそれら地域の世論なぞ上げようもないし、結果それらが反映されてない国際常識などと言っても。仮にあなたが言った通りの常識の中でなら、終戦間際ソ連が北方領土に兵を進めて占領したとてそれを非難する道理がないではないか。じゃあ今度は兵を鍛え、軍事力にて押し返し、勢いかつての海外植民地まで復活させるか。満蒙は日本の生命線とか。いくらなんでもそこまではいわんだろうが。じゃあなぜだめ?いつからダメになったの?北方の地がソ連に占拠された途端に国際常識が変わった?そうじゃないでしょ。いつからと時間を区切る事などできない。徐々に徐々にだ。すでに植民地化にあってそれを不当と言う声はあったのだよ。独立への希求があり、それへの運動があった。そういう声の高まりがあったからその方向へと国際世論なるものが動いていった。今自由主義国と言われる国においては自由と民主主義を基調とし、それを犯す国があれば国際的な非難を浴びる。あなたも安部晋三氏を支持するのであれば、そういう価値観を共有するのだろう。であるなら世界史というものを、その価値観が主流となるにいたる過程と言うものを歴史の中で捉えていくのが必要なんじゃないか。歴史が断絶していないと思う限り。少なくとも戦国時代ほどの隔たりがある事じゃない、自分より二代三代前、もし家の中に親、祖父曾祖父の写真があるならその人たちの経験した歴史であるのだから。


21. 2013年5月08日 23:29:39 : 5bUWjRyecA
>>18
戦後の旧支配層のあり様を見る限り、アメリカに対する復旧の想いを保ち続けた様子がない。そんなもの戦後になったらどうでもよくなったのだ。ただ支配層としてこの国のに居座る事のみ、特権を維持する事にのみ関心があったのである。
面従腹背でもない、進んで彼らの御用を勤める事が新たに彼らの行動規律となった。信念でもない。ただ彼らは自分たちが誤ったとは思わなかっただけである。
国民に対していくらかでも責任を感じたならもっと行動を自重しただろう。しかしそんな考えは持たなかった。彼らは国民がどんな犠牲を払おうがそんな事は毛ほども関心を持たない。国民と言うものはあくまで彼らの言いなりに生きるべき存在であり、彼らに対して責任を問うなどありうべきことではないからだ。
彼らは国民に対しあくまで抵抗せよ、死ねよと命じたことなどすっかり忘れた。まずは彼ら自身が戦後それなりの地位に復活して、たとえば電通などの企業のしかるべきポストについて今度は新しい支配者のもと、忠勤を励んだのである。
別に彼らはアメリカに対し直接物申したわけではない。ただ国民向けのポーズとして内向きに強がりを言うだけの事である。

22. xyzxyz 2013年5月09日 04:29:27 : hVWJEmY6Wpyl6 : JI2Seycs4s
>>20

>当時の国際常識の国際ってほぼ欧米列強じゃん。それに少し南米諸国があるか。アジアアフリカはほぼ列強の植民地下。その中でそれら地域の世論なぞ上げようもないし、結果それらが反映されてない国際常識などと言っても

いいたいことはよーくわかります。憤りたくなりますよね?自分も同じです。
でも列強の声しかまかり通らない。それが当時の国際常識だったんじゃないんですか?
そりゃ植民地にされてる民や、弱小国の声もすくい上げてくれるような
国際社会ならみんなニコニコでハッピーだったと思います。

でも現実では、今現在ですら分離独立を求め、弾圧を受けているチェチェンやチベットにだって
国際社会は素知らぬ顔をしていますね?人権意識の進んだ今ですらこれなら、過去はどうだった
んでしょう?想像することすら恐ろしいですね。


>仮にあなたが言った通りの常識の中でなら、終戦間際ソ連が北方領土に兵を進めて占領したとてそれを非難する道理がないではないか。

実際、世界の国々はこの問題を無視してるじゃないですか。取り合ってくれてますか?
日本は日本の言い分があるからロシアに文句は言い続けるでしょうけどね。


>すでに植民地化にあってそれを不当と言う声はあったのだよ。独立への希求があり、それへの運動があった。そういう声の高まりがあったからその方向へと国際世論なるものが動いていった。


そうした国際世論が主流であったとするソースを提示してもらっていいでしょうか?
人権意識の進んだ今日にあってすら世界中で少数部族を力で抑えつけて併合してるような国は
いくらでもあり、まかり通る国際社会です。第二次大戦以前の植民地を是とする国際世論が主として
あったとしても極一部にはそういった人権意識の進んだ人はいたかもしれませんね?同じことです。


>あなたも安部晋三氏を支持するのであれば、そういう価値観を共有するのだろう。

これは早合点しすぎです。政策ごとで見れば支持出来るものもあれば、出来ないものもある。
焦って宣言してもいないことを決め付けてはいけません。


>であるなら世界史というものを、その価値観が主流となるにいたる過程と言うものを歴史の中で捉えていくのが必要なんじゃないか。歴史が断絶していないと思う限り。

まさにその通りです。ですが第二次大戦以前においては、植民地をもち弱小国を
併合するのがまさに当たり前だったのは誰も否定出来ない事実でしょう。
もしあなたの言う独立への希求を後押しするような世論がメインならば
当時の国際社会が朝鮮併合を許すはずありません。だいたい日本が引き払った後の
東南アジア諸国にまた日本から植民地を奪還してやろうと連合軍のいくつかの国が
軍隊を送り込んでるんですよ?そうした行為が殊更、今をもって国際社会で批判されてるなんて
話は聞いたことがありません。

>>20さんは納得しかねると思いますが、やっぱり植民地や力による併合に対して
国際社会が否定的な見解を持ち出したのは第二次大戦以降になってからだと思います。


あと、どうも憶測で誤解されそうなんで言っておきますが、自分は覇権主義万歳!なんて
露ほども思ってません。今の日本に今の中国みたいになってくれとも全く思っていません。
過去の大日本帝国すげー!またやってくれないかなー!とも思ってません。


23. 2013年5月09日 09:53:13 : Xwlemfst1A
xyzxyzはただうるさいだけ。人の揚げ足とって喜んでるだけか。

24. xyzxyz 2013年5月09日 11:36:08 : hVWJEmY6Wpyl6 : JI2Seycs4s
>>23
こういった話になると必ず出てきて書き捨てて逃げる人がいるけど
揚げ足をとってるとする部分を指摘してもらってもいいんですよ?

>>10さんや>>20さんには反論をして議論をする形になってますが、それでも
自分の考えはこう思う。どうなんだ?と自分なりのロジックで意見を述べて
くれてる事に誠実さを感じています。

>>23さんは>>10さんや>>20さんに比べて、己のどこがそれらの人と違うのか
一度振り返ってみてください。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK147掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK147掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧