★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK149 > 729.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
6月23日 最高裁が「審査員のいる東京第一検審」にも小沢事件を割り振ったのは「東京第五検審」の架空を見破られないため… 
http://www.asyura2.com/13/senkyo149/msg/729.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 6 月 23 日 23:59:01: igsppGRN/E9PQ
 

6月23日 最高裁が「審査員のいる東京第一検審」にも小沢事件を割り振ったのは「東京第五検審」の架空を見破られないためのトリック!
http://civilopinions.main.jp/2013/06/623_2.html
2013年6月23日 一市民が斬る!! [Civil Opinions Blog]


小沢事件は「審査員がいる東京第一検審」にも割り振られ審査された。
 これは最高裁が「東京第五検審」の「架空」を隠すためだった。

 「東京第五検審」と「東京第一検審」における審査員日当旅費支払や審査会議状況を比べてみる。

http://img.asyura2.com/us/bigdata/up1/source/14586.jpg

上記の結果を整理すると以下のようになる。


<東京第五検審(平成21年5月設立)での小沢事件審査(第一回目)>
 
容疑事実:「陸山会が小沢議員に借りた4億円」の04年収支報告書虚偽記載に小沢氏の関与があったかどうか。
申し立て日:22年2月
議決結果:起訴相当(11人全員が賛成)
議決発表:議決日
議決要旨(議決日に呈示)
http://www.kyudan2.com/opinion/ozawa06.htm
議決審査員平均年齢:34.55歳(男女の人数は公表せず)
日当旅費支払:4回分まとめ処理


 <東京第一検審(昭和23年設立)での小沢事件審査>

容疑事実:「陸山会が小沢議員に返した4億円」の07年収支報告書虚偽記載に小沢氏の関与があったかどうか。
申し立て日:22年4月
議決結果:不起訴不当("起訴しなくてもよい"ということ)
議決発表:議決日の8日後
小沢事件東京第一検審「議決要旨」.pdf(議決一週間後の審査会議で承認された)
http://civilopinions.main.jp/items/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E7%AC%AC%E4%B8%80%E6%A4%9C%E5%AF%A9%E3%80%8C%E8%AD%B0%E6%B1%BA%E8%A6%81%E6%97%A8%E3%80%8D.pdf

議決審査員平均年齢:49.3歳(男性4名、女性7名)
日当旅費支払:審査日ごとに処理

 
 <容疑事実がほぼ同じなので同じ議決結果が出てもよさそうだが、実際は大違い>

 04年分は4億円の「入り」の虚偽記載、07年分はその「出」の虚偽記載と表裏の関係にある。
 同じ議決結果が出てもよさそうだが、全く違った結果だった。
 東京第一検審の議決結果や審査状況は全て納得できるが、東京第五検審のそれは不可解そのものだった。

 
 <東京第五検審は男女の人数すら明らかにしない。幽霊審査員だからか。>

 東京第一検審の議決審査員平均年齢は49.3歳。成人の平均年齢はこれくらいだから、くじで選んだと推定される。
 ところが東京第五検審のそれは34.55歳。この年齢になる確率は1000回に1回しかない。
 東京第一検審が男女の人数を公表したのに対し、東京第五検審は、男女の人数は公表できないとした。
  幽霊審査員に男女の区別が付けられないということか。
 

 <東京第一検審の「不起訴不当」議決もうなずける>
 
 検察官が大捜査の上、不起訴にした事件だ。審査補助員や検察官がどんなに誘導しようが、東京第五検審の審査員全員が「起訴すべき」との結論になったのは解せない。
 実在していればまともな判断ができる人がいるはずだ。
これに対し、東京第一検審の審査員達は「不起訴処分は納得できない。もっと詳しく捜査した上で、起訴・不起訴の処分をすべき」と判断した。どんなに誘導されてもこの辺で落ち着くのが普通ではないか。

 
 <東京第一検審で議決書作成が1週間後になったのも納得>

 両検審とも7回の審査があっての議決だ。
 審査補助員が議決書を作成するようだが、議決してから、議決書作成し、その日に審査員に承認をもらうスケジュールは難しいと思う。東京第五検審の当日作成、当日サインは怪しい。
 東京第一検審の審査補助員が1週間後に呈示したというのはうなずける。

 
 <審査員がいたら日当旅費支払のまとめ処理はない>

 東京第一検審は、日当旅費の支払いを審査会日ごとに発議している。
 一方、東京第五検審は、4日分もまとめて処理している。これも異常だ。
 審査員がいたらこのようなことは起こらない。
 東京第五検審の職員が請求書偽造する日を忘れ続けていたということか。
 作成担当の事務官は金子政之という若者だ。性格も言葉使いも荒い。さもありなんと思う。
 

 <最高裁のカラクリをこう読む>
 
 2月に8件の小沢事件の申し立てがあった。割り振りを担当する東京第一検審事務局は8件すべてを「審査員のいない東京第五検審」に割り振った。
 東京第五検審事務局は、4月末「架空議決」ということで「架空審査員日当旅費請求書」等を作成した。
 4月に新たな小沢事件の申し立てがあった。もしかしたら,この申し立ては仲間内にさせたものかもしれない。
東京第一検審事務局は本来東京第五検審に割り振るべきなのに、意図的に「東京第一検審」に割り振った。「審査員のいる東京第一検審」で実際に審査し、それを報告することで、東京第五検審に審査員がいないと疑わせない意図だったと思われる。わざわざ、男女の人数まで公表するという念の入れようだ。

 このようなトリックにより、国民は東京第五検審の架空議決なぞ想像もしない。
 
最高裁の悪知恵には感心する。

 この知恵を国家のために使ってほしいものだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月24日 00:01:40 : JjSQKQLkmo
凄い!!

02. 2013年6月24日 07:06:56 : rCtfAvgnGE
第5で、男女比を出さなかったために、返って架空審査が濃厚になった。
「第1で、男女比出ているのに、なぜ出さないのか?」と詰め寄られたらアウト!
第5の男女比は、決して出せない。だって、審査員は実在していないのだから。
今からそれを細工したら、必ずボロが出るから、それは怖くてできない。
過去に平均年齢が二転三転して、大騒動になった苦い経験があるのでね。
頭が良いようで、実はバカ。

03. カッサンドラ 2013年6月24日 08:55:44 : Ais6UB4YIFV7c : glttGIfJko
 どうも検察審査会は一筋縄ではいかないことを皆が知っている現在だから、「第一と第五のちぐはぐな公表は、かえって疑惑を深めるだろう」と言えるのだ。 もし全員が検察審査会に疑いを持っていなかったら、「審査会はすべて独立しているから、第五はたまたま男女比の公表を忘れたのだろう」ぐらいに考えるだろう。 検審事務局は一部の国民の「しつこさ」を見誤っていた、かもしれない。

04. 2013年6月25日 02:30:30 : 3XxpwluUCc
 今後 解明すべき件。

 ・「“検察審査会”がある・・・。」と 石川前代議士へ のたまった元検察官。

 ・5月に強制起訴制度が施行された、経緯(3月に大久保氏逮捕事件があったばかり)。
 


05. 2013年6月25日 11:01:28 : unQyTvtWjo
ここまで解明してくれているのに、国会議員の有志達よ立ち上がって欲しい。
誰の為の議員なのだ。

06. 2013年6月25日 21:47:18 : LKsbV9DAQI
>検察官が大捜査の上、不起訴にした事件だ。審査補助員や検察官がどんなに誘導しようが、東京第五検審の審査員全員が「起訴すべき」との結論になったのは解せない。
>実在していればまともな判断ができる人がいるはずだ。
>これに対し、東京第一検審の審査員達は「不起訴処分は納得できない。もっと詳しく捜査した上で、起訴・不起訴の処分をすべき」と判断した。どんなに誘導されてもこの辺で落ち着くのが普通ではないか。

証拠捏造してでも捕まえるのが仕事のキャメルコート冤罪・佐久間が30億円も税金使って捜査してもあげられなかった小沢さんだった。

どう考えても「強制起訴」という結論はでないだろう。


07. のぼっさん 2013年6月25日 23:29:07 : fkt3FbbrckgTg : 3nzpJxSD7Y
市民T氏である志岐武彦さんの検察審査会の実態についての報告はまさに調査報道のピュリッツアー賞ものです。
つまり検察の犯罪である「小澤事件に関する田代検事の虚偽報告書」は検察審査会を不当に誘導するための報告書であり、裁判の中で「議決を誘導するような虚偽報告書の作成はあってはならない」と判決で示された、まさに検察の犯罪を判事が
断罪した「画期的な判決」にもかかわらず、マスコミは「一切報道も検察の追求もしない」まさに御用マスコミを露呈しています。
そのようななかで、志岐武彦さんは「検察審査会の闇の実態を暴露した」しかも
裁判所の行政権力組織の一旦である事務総局が検察審査会の闇の権力組織であると
公開された黒塗りにされた公文書をデータ整理し、事実データを丹念に科学的な統計分析手法で解析した結果から「結論を導いて」「架空議決」「架空の審査員」
と言う結論を出しています。
この仕事は本来新聞記者、ジャーナリストの仕事であり、小さな事実を積み上げて
新しい真実を見つける、こそこそジャーナリズムの醍醐味のはず。
定年退職の素人のおじさんにこんなに大きな特ダネを見つけられて動転したのか
新聞テレビは全く報道しない、調査もしないと言う、マスコミの本質を失っている。
少なくとも「司法の砦、正義の要」である最高裁が「架空議決、架空委員」であると指摘された、つまり検察の犯罪と同時に裁判所が犯罪を犯すと言う大疑獄事件です。一大スキャンダル、国家の命運を左右する正規のスキャンダルを全く調査もしないとはどういうことなのか。
少なくとも志岐さんは事実を科学的に推定しており、後悔された情報から推定しています。反論するならば具体的に応えるべき、国民も審査員の平均年齢の疑惑
性別の疑惑、議決時の議事録の疑惑にはなぜ答えられないのか、ここに胡散臭い
権力の闇を感じざるを得ない。
記者クラブの諸君、いい加減に政府広報でなく権力監視のジャーナリズムを「発揮する根性」を見せられないにか。
そろそろマスゴミと言われて軽蔑されている実態から改革できないのか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK149掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK149掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧