★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK150 > 114.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
〈PC遠隔操作事件〉 捜査終結。裁判に臨む検察の陣容は、まるで大疑獄事件?!  江川 紹子 
http://www.asyura2.com/13/senkyo150/msg/114.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 6 月 29 日 11:52:00: igsppGRN/E9PQ
 

                逮捕を報じた時の新聞各紙


【PC遠隔操作事件】捜査終結。裁判に臨む検察の陣容は、まるで大疑獄事件?!
http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20130629-00026055/
2013年6月29日 11時32分  江川 紹子 | ジャーナリスト


東京地検は、PC遠隔操作事件で勾留中の片山祐輔氏について、神奈川県警から追送検されていた横浜市内の小学校襲撃の脅迫メールを送ったとする威力業務妨害事件や遠隔操作ウィルスを6人にダウンロードさせたウィルス供用罪など3件を追起訴。一連の捜査が終結したと発表した。2月10日の片山氏逮捕から138日。片山氏の身柄も、警視庁湾岸署から東京拘置所に移され、事件は舞台を完全に裁判所に移す。

■「自信」を語る検察だが…

6月28日午後4時から行われた地検の記者会見は、カメラ禁止、録音禁止の状態で行われた。稲川龍也次席検事は、自信ありげにこう語った。

「4人を誤認逮捕した経緯もあり、特に慎重に事案の解明を進めてきた。これがまた誤認となる事態は避けたい、ということをテーマにして、警察と一体となって捜査を行った。予断と偏見を持たずに証拠を見れば、誰でも片山さんが犯人と考えるはず。彼が犯人ではないとは考えられない。彼のPCが遠隔操作をされていたとも考えられない」

とはいっても、稲川次席が証拠について、どの程度理解しているかは疑問。彼自身、「(サイバー犯罪は)目に見えない、というのが難しい。ログの解析結果などは見てもよく分からない」と認めている。「我々の古い捜査では、ここまでできなかったろう。すごい時代になったな、と思う。本件が、今後のサイバー事件捜査の出発点になる」とも述べており、その自信の源は、自分で確認した事実というより、警察と部下の報告に対する信頼、ということではないのか。

しかも、今回の追起訴でも、犯行の場所は「東京都内又はその周辺」、使われたPCは「被告人が使用するインターネットに接続されたコンピュータ」としか書かれていない。今後、公判前整理手続きや裁判で詳細を明らかにする用意があるのかどうか、何度問われても、稲川次席は「具体的には差し控える」として明らかにしなかった。その稲川次席自身、「公訴事実は起訴状でできるだけ特定する。(犯行場所などは)起訴状で明らかにするのが望ましい」とも述べており、こういう曖昧な表現にとどめざるをえないのは、彼自身、本当は忸怩たる思いなのだろう。

また、ウイルス作成が立件できなかったことについては、「今ある証拠から立証が可能だということで、共用罪を選んだ。確実に立証できるものを選んでいる。第三者のPCを通じて犯行を行った、という点にスポットを当てた」と苦しい弁明。片山氏がウイルスを作成した証拠の薄弱さを認めた格好だ。

■録音をめぐる不明朗

本件の捜査では、片山氏側は録音もしくは録画を行えば黙秘権を行使せずに取り調べに応じるとしたのに、捜査機関がそれを受け入れず、結局途中から取り調べができなくなった。取り調べは自白を求めるためだけに行われるわけではなく、被疑者自身からできるだけ多くの情報を引き出し、客観証拠と照らし合わせるなどして、検察の見立てを補強したり修正したりするためでもある。それを行わなかった理由や結果について尋ねると、稲川次席は以下のように語った。

「録音録画については、現在検察庁の試行対象事件は決まっていて、この事件は対象ではない。ただし、法制度上は(録音録画は)可能。本人の弁解は弁録や勾留理由開示公判など聞く機会はあった。我々は聞く姿勢は常に持っていた。弁解があるなら言って下さいという態度だった。被疑者は取り調べ受忍義務があるが、留置場の房から引っ張り出して(取り調べを)やるか、ということについては、誤認逮捕の4人の中には自白の強要があったんじゃないかと言われているものもあり、客観証拠に重点を置いた」

これでは回答になっていない。弁護人は検察官の取り調べについては、録画までしなくても録音さえしてくれれば応じると提案したのに、検察側から拒否されたために取り調べに応じられなかった、としている。客観証拠に重きをおきつつ、録音を録って取り調べをするという選択もあったのではないか。そう重ねて問うと、稲川次席はこう言った。

「我々は録音してない、とは言っていません」

聞かれたことに答えず、聞かれてないことを述べるちぐはくなやりとり。稲川次席は、別の記者の質問にも、やはり聞かれてもいないのに、「録音していない、とは言っていない」と繰り返した。実際に録音したかどうかは、「弁護人が証拠開示請求するだろうから、その過程で明らかになる」と言葉を濁した。

これは、何を意味するのだろう。

検察は、2回目の逮捕の後、片山氏が弁解録取のために検察庁に赴いた際に、3時間半近く、事実上の取り調べを行っている。録音の要求が拒否された以上、弁解録取後の取り調べは拒否すると通告していた弁護側は、「だまし討ちだ」と激怒した。検察官はこの時に、弁護人にも片山氏に告げないまま、録音をしていたのではないか。もしそうであれば、なぜ堂々と弁護人や被疑者本人に録音していることを告げて行わないのか。検察のフェアネスが疑われる事態だ。

ただ、弁護側がすべての場面における録音を開示するように求めたのに対し、検察側は「録音は存在しない」と文書回答している。本当に存在しないのだとしたら、稲川次席の思わせぶりな発言は何なのだろうか…。4人の誤認逮捕を出した本件ではなおのこと、捜査はきちんと検証が可能な状態でなければならないはず。にもかかわらず、こういう不明朗さなことでは、再び捜査への不信を惹起しかねない。

■検察は5人態勢、しかも2人は専従

今回の捜査は、警視庁、神奈川県警、大阪府警、三重県警の合同捜査本部が行い、検察側は東京地検の検事が3人で対応した。今後の裁判には、なんと公判部副部長以下5人態勢で臨む、という。それも、2人はこの事件だけを担当する専従(うち1人は捜査も担当した検事)。秘書3人を起訴した陸山会裁判より多い。まるで大疑獄事件並みの陣容だ。

これには、午後6時半過ぎから記者会見を行った弁護団は、相当驚いたらしい。

「参ったね。こっちは、この事件に専従できる弁護士は一人もいない。一人回して欲しいよ」と軽口を叩きながらも、佐藤博史弁護士の顔は紅潮していた。「5人もいるのは、自信のなさの現れだろう。5人合わせて一人前なのではないか?」

■〆切りギリギリの検察側書面

検察は、主張の詳細を記した証明予定事実記載書面を、

1)被害状況

2)「犯人」の行動

3)被告人が犯人であること

という3部構成にして、順次提出する、としてきた。この日は、2)の書面の締め切り日。

佐藤弁護士によると、午前中に電話した時には、まだ「(書面は)まだ決裁が降りておらず、最終形になっていない」と告げられた。検察官請求の証拠についても、「今一生懸命整理しているところなんです」と言われた。結局、書面が実際に弁護側に渡されたのは午後5時過ぎ。夏休みの宿題を徹夜で仕上げるかのように、〆切りギリギリまで検討せざるをえない状態らしい。これは、検察の余裕のなさを示しているのではないか、と佐藤弁護士は見る。

弁護団によれば、この日の書面では、問題のウイルスを作成したプログラム言語はC#であることは明記されていた。「これで、検察は、片山さんがC#を使えることを証明しなければならなくなった」(佐藤弁護士)。

ところが、「犯人」の行動について明らかにするはずのこの書面には、「犯人」がウイルスを他人のPCに感染させ、脅迫メールなどを送らせるための操作を行った場所や使用したPCについては、まったく記載がない、という。あるのは、ネットカフェでウイルスの動作チェックをした、という点くらい。

それどころか、「犯人」が雲取山でUSBメモリを埋めたこと、江ノ島の猫にSDカード付きのピンクの首輪を取り付けたことも、首輪を購入した店についても、この書面には一切書かれていない、とのこと。こうした行為を「犯人」が行ったという証拠を、検察は持っていない、ということなのだろうか。それとも、次に提出予定の書面、つまり「犯人」が片山氏であるとの主張を明らかにする時まで先送りしたのだろうか…。だとしたら、なぜ…。

今回の書面を一読した印象を、佐藤弁護士はこう語った。

「暴走極まれり、だ。検察は立ち止まることも引き返すこともできず、最後まで行き着いてしまった」

検察側が片山氏を「犯人」とする根拠を明らかにする書面は、7月10日までに示されることになっている。

■メディアと検察との関係

ところで、東京地検の記者会見ではこんなことがあった。稲川次席と並んで、4月から捜査の主任検事を務めた倉持俊宏検事が同席。質問によって稲川次席に必要な情報をささやいたり、自身も捜査を終えた感想などを語った。

すると、一人の新聞記者がこんな質問をしたのである。

「あの〜、倉持さんのお名前を出してもいいでしょうか。それとも出されたくないでしょうか」

起訴は検察組織としての判断であるとはいえ、起訴状には倉持検事の名前が記されている。片山氏は倉持検事によって、訴追された。組織の一員として名前を出さずにおくか、強大な権限を行使した検察官として名前を出すかは、自分で、あるいは自社で考えて決めたらどうか。いちいち検察にお伺いを立てるようなことではあるまい。

稲川次席も、この質問にはちょっと戸惑ったよう。しばし言いよどんでから、「名前はできれば出さずに…」と答えた。

このやりとりは、検察とマスメディアの記者との関係を象徴的に現してはいないだろうか。

2月10日の逮捕以来、マスメディアを通じて、捜査機関から漏れたと思われる情報がたくさん報じられた。今回の追起訴についても、産経新聞が事前に報道。佐藤弁護士が検察に抗議をすると、「情報がうち(検察)から出たとは限らない。警察かもしれない」と反論した、という。

佐藤弁護士は、記者会見で報道陣に次のように注文をつけた。

「片山さんが犯人かどうかは分からないのだから、権力の情報を垂れ流しではなく、もっと情報を批判的に見ないと。4人の誤認逮捕があった事件であり、また同じことが起きているのではないかという疑いを持って臨んで欲しい」

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月29日 12:10:36 : 1ioo7h1uY6
■検察は 録音・録画やってます!

 これは 常識です

 (但し 隠し撮り・・・都合の良い所だけ使う予定)


02. 2013年6月29日 12:19:07 : c1ahCpcHFw
この事件が冤罪であることはすでに明確にわかっていることだ。

この本当の内容が公然とさらされれば日本の検察の「権威」は地に落ちることになる。そこが新しい出発点となる。

すでに小沢事件以前と完全に情勢は変わっている。検察は正義で神にも準じる地位にあったのがそれはすでに崩れている。大新聞の書き方も自分達は逃げを打って記事を書いているのがわかる。テレビも最近は2列縦隊で行進し90度曲がる場面も放送しなくなった。

追い詰められているのは犯人とされている片山氏ではなく検察の方だ。
こんな検察は大きな怒りを込め叩きのめすのみ。


03. 2013年6月29日 12:53:47 : KO4C9oEhYU
昨日も日本の救世主を罪人にした吉永が死んだ。検事に対する認識を変えねばならない。検事は日本の前途を捻じ曲げる売国奴だ。

04. 2013年6月29日 15:55:22 : RufpgDo1AM
悪徳冤罪製造検察の、
またまた恥の上塗り、
頭の悪さの表明会見。
「私たちはバカぞろいです。」
と言っているも同然。

これこそ税金・血税の無駄遣い。


05. 2013年6月29日 16:46:31 : QBrYpzDGwo
  次席検事「また誤認となる事態は避けたいので警察と一体になって捜査を行った」・・・。最初に結論ありき?もう誤認はしたくないので何としても片山氏を真犯人としなければならない?誤認は誤認、「またしても誤認でした」で一向に構わないではないか、納税者市民はその方が、慎重に捜査したのだな、また正直に公表してくれたな、として評価すると思う。
 司法研修所では検事になる者、判事になる者、弁護士になる者が一緒に研修を受け、判事、検事になる者は国に認められた、いわゆる国家のために働くエリートだという自負があるようだ。何のことはない、国家権力、統治機構としては唯唯諾諾と霞が関の意向に沿う人間を判事、検事として抜擢し、権力に異議を唱える可能性のある者の肩は叩かない、というだけの話なのだが。その肩叩きがいかに国家の進路をバランスの取れない方向に導くか、分かっていないのが霞が関だ。
 検事たるもの、市井の弁護士には絶対に負けられない、という気負いがあるのだろう。冒頭の、「誤認は出したくないから今度こそ犯人にする」というような、本末転倒の論理を立てて片山氏の弁護士に挑戦している印象だが、国家にとって何の意味もないどころかむしろ法治主義を忘れた損失だ。
 木を見て森を見ない、木だけを見て森は見ないようにするという検察、裁判所両疑似エリート集団は見栄を捨て、法と正義のみに基づく真の法治国家を建設する先頭に立っている、という誇りを忘れないで欲しいと思う。

06. 2013年6月29日 17:05:29 : 0lA2g9PaAc
吉永が死んだ。検事に対する認識を変えねばならない。検事は日本の前途を捻じ曲げる売国奴だ。◆□◆ 悪清和会〔検察支配〕の悪検事大鶴・佐久間・田代・民野と共に地獄へ言ってね!!

07. shige 2013年6月29日 18:45:16 : jWD4XLQfLRLiM : w9lCcGRyC2
江川さんは超本気だね。
文面は穏やかに見えるが、

『あの〜、倉持さんのお名前を出してもいいでしょうか。それとも出されたくないでしょうか』というわれわれには信じがたい新聞記者の質問を

「(新聞社という)組織の一員として名前を出さずにおくか、強大な権限を行使した検察官として名前を出すかは、自分で、あるいは自社で考えて決めたらどうか。いちいち検察にお伺いを立てるようなことではあるまい。」

と鋭く切り捨てている。仲間・同業者の行動に対し正論をなかなか言わないこの国の因習のような場面を鑑みるに彼女の意を決した勇気を是としたい。


08. 2013年6月29日 19:57:42 : ToCuiru1TM
検察の記者会見で、検察におもねるような記者は確かに情けない。
マスコミの記者がそんなことなら、フリーのジャーナリストにもっと頑張ってもらいたい。
ただし、冤罪は勿論だが犯罪だって減らさなければ、国民は自衛しなければならなくなる。
そうなる前に、フリーのジャーナリストを含めて、警察・検察の犯罪防止力強化に向けても意見して欲しい。

09. 2013年6月29日 21:25:57 : P9bWXFKhCE
本件は今後も大注目。参議院選挙なんか目じゃないね。この国の行く末が見えてくる。

10. 2013年6月29日 23:15:24 : mp6fw9MOwA
検察の冤罪作りの仕上げは検察の言いなりに動く裁判所で有るが、取り調べでは録音・録画が有効との指示を出した検察庁が、今回の調査では録音録画を拒否し・聴取も行わないでの起訴との明らかな捜査のイロハを無視した起訴にまで裁判所の良心を捨てて有罪判決を出せるかが問われている。
裁判所は検察の言いなりで、収賄額0円の秀在罪との有り得ない有罪判決を出すとの国民から嘲笑される判決を出したり、訴因に無い水谷からの収賄を認めて、期ずれが悪質で有り執行猶予付きの有罪とするとの失態も犯している。
ここで更に証拠の無いPC遠隔操作事件を推認で有罪とすればその存在価値は無くなるだろう。
登石が検察の捜査に違法行為が有ったと指摘しながらそれを不問とした有罪判決を出したと同じで、公判整理手続きに証拠を出さない検察に苦言を呈いしたPC遠隔操作事件でも検察の非を知りながら有罪判決を出すかもしれない。
この事件での裁判での関心事は裁判所が法と証拠との裁判のイロハを理解しているか否かを判断することぐらいだろう。
真実は片山さん無実で間違いなく、その証拠を検察が数多く示している。

11. 2013年6月30日 05:29:30 : ZrMDpsyito
検察のメンツのために有罪とされる片山氏が気の毒。
こういう奴らがかつての日本を戦争に引きずり込んで
300万もの国民を殺したのだ。

12. 2013年6月30日 08:49:22 : cCz4ye6Qk7
真犯人はどうしているだろうな。
片山氏が有罪になったら出番かな。
そして裁判所と検察と警察とマスコミが恥をかかされるということか。

国家権力を相手によく頑張るな。


13. 2013年6月30日 14:15:03 : yr6AnB4lpk
この種の犯人は捕まった場合は「参りました」と素直に白状するように思える。どうしても冤罪に思えてしまう。

14. 2013年6月30日 16:07:07 : nJcJGFOWn2
江川さん原発の労働者問題まだですか?あれだけやる気だったのに。ジャーナリストなら巨悪を追ってよ。資料集めて東電にいくらで売ったの?

15. 2013年6月30日 18:15:06 : PAFouILytA
真犯人は犯行声明まがいのことを行っている。それが正しいか誤っているかは別として、何らかの自尊心を持っていることは事実だろう。ならば、こんな今の被疑者のように検察に抵抗するのかな?

16. 2013年6月30日 19:12:23 : 7yhPPFY5yb
検察の発言が、大人に叱られて嘘に嘘を重ねる事でもっと叱られる頭の悪い子供レベルなのが何とも。検察側の大逆転はあるのかな

17. 次郎 2013年6月30日 19:57:27 : FV0BoL10KVXeM : JnP1nVrASU
無実だろう。検察は間違いをごますためにどうするかと思ったが要するに別件逮捕と同じこと。本星は他にいるだろう。

18. 2013年6月30日 20:04:52 : UHGR0Ro6ZU
前科ある片山君、もし今回も犯人なら、前回と同じく自供してただろうけど
犯人ではないから、しなかったのかもですね。

この遠隔事件の背景などについては↓参考になるかもしれません

黒子バスケ&コミケ脅迫、まどか画像、遠隔操作事件、児ポ法・TPPに関する考察
http://d.hatena.ne.jp/savecomic2010/20130622


19. 2013年6月30日 20:30:26 : mWWpIL3AKU

捜査終結、、、していないよ。お前達悪党の捜査はこれからだよ。
まあ、山ほどの余罪を→自分たちの罪名≠ノ付け加えたものよ!
対米奴隷の売国奴奴隷、偽法律家の殺人鬼共よ!

片山冤罪裁判を通じて、ネット監視強化、ネット言論規制のきっかけにしろというのが自国民弾圧ワシントンの指示なんだろう。あたらしい屁理屈の監視法の制定を実施したいと。だから無実の日本国民をひとり殺せと。さすがボストンマラソンテロ自作自演国家だけある。悪魔を越えている。しかし日本は悪魔の国にはならないぞ。


FBIが誰でも勝手に日本人を殺せるようになるということだ。アメリカのトップには既に国民殺害の特権があるらしいし。日本の警察にも留置所収容者殺害の特権?←「犯罪無感覚逸脱集団」が出現したようだし。
確実に、狂気の時代が日本国に来たことを国民全員が理解確信するにあまりある事
件だ。狂気の時代の始まり。


片山氏を、不特定日本国民サタニスト生け贄犠牲者の始めにする気か。


証拠不要で。誰でも有罪か。強いて言えば、警察と検察のメンツがあれば、無実の
国民の犠牲はやむなしという地獄に通用する法律の適用だな。鬼共よ。
どこが裁判なものか!ゲシュタポ、鬼畜生、地獄の悪魔ども、蛇ども。
おいおい、法曹界の異常者集団達よ。
公職の人間が共謀した職務逸脱好意で、無実の日本国民を殺すと罪はでかいぞ!
どうやら、大事にしてしまったいまは、本物の法律家のつもりでこの国家破壊共謀犯罪をしでかすつもりらしいな。江ノ島の猫の証言の採用だ。猫専門の検察官がやる。


 あきらかに主権者の日本国民の扱いを間違えているんだが。


スノーデンが、片山は冤罪だと言ったらどうする?
米国法を優先するのが日本の違法奴隷警察と違法奴隷司法だとばれるてるぞ!

→世界のワンワールド支配以外にどうして、自国アメリカ国民全員そして全人類の個人情報蓄積プリズムが必要になるんだあ?

☆正体がばれたら魔女裁判共謀変質者グループを、誰も許すことはないだろう。

日本の法律を無実国民殺害に使用する者ども全員、マスコミ警察検察裁判官FBI担当者他、キャットフードに加工されて江ノ島の猫に食われろ!

まともな日本の友人の友好国の、正しい裁判官が、正しい判決を出してくれて、正しい刑の執行も、極悪犯罪人達不法占拠司法不在の日本国してくれるだろう。つまり人類共通の敵としてマーキングされたお前等に。現代の世界各国なりすましナチス党員に対して。世界の良識人の願いがかなうのは時間の問題だ。

お前達は、ごまかしようの無い犯罪者達だからだ!全部ばれた!あとは、世界的規模で正しさが結合して、お前達を取り囲むだけの話だ。形勢は逆転しているんだぜ。


大嘘つきの人類の敵対者共め、情けない日本人奴隷のくずども!!


20. 2013年6月30日 22:01:33 : vEFWx1iFWI
何でもかんでもアメリカのせいにするのは飛躍しすぎではないか。そもそも、アメリカに頭を下げさえすれば、真犯人は簡単につかまってるでしょう。こんな事件にアメリカは興味ないでしょう。考えようによっては、政治的な意図を持った冤罪事件よりひどい。

21. 2013年6月30日 22:15:06 : VJJQdNZhoQ
大手マスゴミも橋下市長と一緒で人権感覚がないようだ。
こんなことで大丈夫なんだろうか・・恐ろし恥ずかし蒟蒻食べろ

22. 2013年6月30日 23:14:09 : NiER4whwmQ
検察は、犯罪者どもだ。

23. 2013年6月30日 23:33:13 : 4x9nYgv4Yf
>>21
>>大手マスゴミも..ネット犯罪というのが、ある一定の期間を置いて、定期的に話題となるのは何故か???

24. 2013年6月30日 23:34:26 : yJBTYRPmBo
雲取山のUSBメモリ、江ノ島の猫にSDカード付きのピンクの首輪は片山被告の実際の行動場所とは一致している。これを調べたら警察の尾行中に証拠捏造したという事になるのではないか。田中角栄逮捕以降、検察特捜部の成果としては国民が納得する事案が何も無いね。冤罪か強要無理押しばかりだね。国民に事実が分かると検察の思い込み作文ばかりだったね。
 検察、警察の裏金作り、公金横領で身内を全部お縄にしないと・・・元検事総長・吉永祐介氏も出てくるかも。

アメリカのIT捜査機関に依頼して片山容疑者が浮かんだらしいから、スノーデン氏にでも聞いてみること、検察にお勧めします。


25. 2013年7月01日 01:48:37 : z3zELmrkcg
>>アメリカのIT捜査機関に依頼して片山容疑者が浮かんだらしいから、
しかし、ここの工作員の幼稚さにもあきれるね。アメリカのIT捜査機関に依頼したの?この事案で?

26. 2013年7月01日 01:59:30 : yJBTYRPmBo
>>25 この案件で依頼したのは事実。
警察が、事件がアメリカにあるサーバー経由でウイルスが・・・らしい
でそのログの検索抽出を依頼したのは事実。まあたいていプリズムで可能なのはバレたが。

ところで、犯罪でなくてもネットを使えば全てアメリカだよ。
TCP/IPのプロトコルでは絶対そうなる仕組みになっている。


27. 2013年7月01日 02:06:58 : FfzzRIbxkp
2012年の10月からですよね。この騒ぎ。

ちょうど国会では、財務省官僚の勝氏が消費税増税法案を通したのち、
ITに天下りかという話題と、衆議院解散。
マイナンバー法で勝氏の天下り先のIT会社に6000億円渡りました。

海外では、アーロン・シュワルツが米国でインターネットの自由を奪う法案と戦い勝利したのが2012年5月。しかしその後、彼はなんだかよくわからない重罪犯のレッテルで裁判になれば35年の懲役だとかで追い込まれていたわけで。
2013年1月に自殺。


28. 2013年7月01日 04:21:41 : whC5Bwh4jM
証拠開示請求で検察に対して「被告人を録った映像と録音された声」を求めれば?

検察がないと言えばだまし討ちで以後証拠提示できなくなりますし、
さらにいえば「この事件にかかわる全ての証拠を」とすれば
開示されなかったものは証拠提示以前になかったはずとなるのではないでしょうか?
裁判でいきなりワケのわからないものを突きつけられて
さあ答えろなんて言われてはたまったものじゃありませんから。
「情報がうち(検察)から出たとは限らない。」って自らの犯罪を否定しないの?
検察を犯罪組織と思ってもかまわないってことでいいのでしょうか。


29. 2013年7月01日 13:16:50 : eGdNi2ps56
>>24 さん
ですね。片山君が雲取山に登頂したのは2012/12/01のようです。弁護士の調べでは
>雲取山に11月30日に入山し、車中泊→12月1日に登頂ということが分かった。

犯行声明はなんとそれから1ヵ月以上たってからの2013/01/01。非常に不自然。
なぜかハングル語も使用。
http://d.hatena.ne.jp/satoru_net/20130101

当日の12/1に実際に雲取山に登頂した別の方の写真もあり。他人に見られなかったの?
http://xn--g7q559c.com/2013/05/24/【pc遠隔操作】弁護団「警察によるでっち上げ/

なお犯人がメールで送った原三角測点横のUSBメモリ写真は露光もめちゃくちゃの合成の模様。さらに、登頂した別の人の12/16の写真では犯人が埋めた場所が、実はかなり削れて露出してしまってたご様子。本当に埋めてたのか?

警察は雲取山捜査で写真の場所すでにわかってても1/2の初回捜査では掘り出しきれなかった。が、なんと5ヶ月経った5/21に掘り出した。

ここだけみても鴨居から万年筆ならぬUSBメモリがでてきたと言ってるのと非常に良く似ていr(ry
5ヶ月の間にUSBメモリの内容を少し書き換えて細工した?「狭山事件」みたいに。

片山君が帰宅してるときに同社の工作員か、天井裏に隠れてた諜報部隊が降りてきてC#インスコしたりソース埋込めば完璧?!
「『スパイ失格? 天井が破れて落ちてバレた青森県の天井裏侵入米兵、所属は諜報部隊』
http://www.asahi.com/national/update/1005/TKY200810050176.html

「立件」という言葉を繰り返して印象悪化工作か。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/20130625-00025901/

こうしてみても不自然さで溢れてますね。


30. 2013年7月01日 20:36:06 : qLvmrrRHKI
mata mata yakkaka
ennzai sakuseiki niho no kennsatu,
saikou saibannsho
akireta kunida


31. 2013年7月02日 00:49:51 : fxR8AxVl9M
伝わるところからすると犯人は相当なテクニシャンのように思える。そんな奴がネット・カフェでテストなんてするのだろうか。わざわざ身分証明書提示してネット・カフェに行ってテストするなんてするの。ウイルスの作動チェックなら、払い下げのパソコンが3台あれば、自宅の閉じたネットワークで充分なはず。犯人は致命的なミスを犯したと行っているが、これはログの消し忘れのような単純な話ではないと思える。これについては、分かる企業には分かるはず。アメリカの協力なんてありませんよ。あれば白状しているし、専従なんてこんなにいらない。

他方、犯人がテクニシャンではないなら、こんなに大掛かりな体制なんて必要かね。簡単に動かぬ証拠をつきつけられるでしょう。


32. 2013年7月02日 01:44:59 : mByqJZNxmY
捜査に米国のFBIから日本の警察が情報提供受けたのは事実。
>>31の通りに犯行には相当なテクニシャンである必要あるなら片山容疑者は真犯人では無いね。松本サリン事件のように河野義行氏が冤罪で検挙されマスコミが確定犯の様に報道したのが思い出される。サリンが家にあった農薬から生成出来るかの様な報道がされていた。

33. 2013年7月02日 12:48:56 : ZrMDpsyito
マスゴミのお偉い記者の皆さん、少しは庶民の味方にならんかね。
官僚にゴマするばっかりじゃ、マスゴミの名が増すよ。

34. 2013年7月02日 13:22:19 : btOxAsl85U
…日本
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20061022
「1995年、日本サリン事件は政府の自作自演?」

…米国FBI
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2035.html
「ボストン爆破テロ容疑者も…FBIが育ててきたテロリストたち?」

片山君かわいそう…


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK150掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK150掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧