★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK150 > 264.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
スノーデン元CIA職員による内部文書暴露事件、安倍晋三首相は日本版「国家安全保障局」を創設できるか (板垣 英憲) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo150/msg/264.html
投稿者 笑坊 日時 2013 年 7 月 03 日 08:03:21: EaaOcpw/cGfrA
 

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/bdb1b8ad9da69b500190253d8cd743a2
2013年07月03日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆米中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員は、現代社会においても、「重要情報キャッチが命運を決める」ということと、「人材や資金を惜しんでは第1級の情報はつかめない」ということを改めて多くの人々に痛感させている。オバマ大統領は、中国北京政府による軍事機密に対する「サイバー攻撃」に頭を痛めており、習近平国家主席との首脳会談で、徹底的、かつ厳しく習近平国家主席を尋問、取り調べたと言われている。

その矢先に、このザマである。紀元前480年ごろ、中国・春秋時代末期の武将・孫武が残した名著「孫子」の珠玉の名言が、次々に思い浮かんでくる。

 世界各国の情報機関、つまりスパイ組織は、仮想敵国を含めて対象国にスパイを放って、重要情報のキャッチに凌ぎを削っている。米CIA、英MI6、ロシアKSB、イスラエルモサドなどなど。いわゆる諜報合戦は、凄まじい。

 しかし、スパイ活動は、「見えざること、陰の如く」でなくては、何の意味もなさない。この意味で、エドワード・スノーデン元職員によって、スパイ活動の実態をバラされた米国は、間抜けの最たるものだ。それも「味方」であるはずの元職員に秘密を暴露されたのでは、スパイ機関は、メンツ丸潰れである。手の内が、明かされては、今後のスパイ活動の支障は、計り知れないからである。

◆孫子が言うには、スパイ=間には、「郷間、内間、反間、死間、生間」の「5間」がある。いまエドワード・スノーデン元職員は、自国を裏切る「反間」になり下がっている。つまり、敵国に利用されるスパイになっているからである。現在、米CIAは、エドワード・スノーデン元職員を「暗殺」してしまおうと、懸命に追っていることであろう。持ち出されたパソコン、データを取り戻さなくてはならない。敵国に渡してなるものかと懸命である。だから、エドワード・スノーデン元職員は、帰国しようと、帰国しまいと、「暗殺」されるのがわかっていて、ノコノコ帰国するわけがない。

 エドワード・スノーデン元職員の父親は、「息子は可愛い、本当は、早く帰ってきて欲しい。だが、米国政府が裁判以外のことは絶対にしないということを書面で約束してくれないと帰ってくるなと息子に言っている」という。父親も、「暗殺」を最も恐れているのだ。

◆今回の事件を見る限り、日本政府が、「スパイされること」にいかに寛容であるかをさらけ出している。朝日新聞が7月1日付け夕刊1面で「米、日本を含む38公館盗聴か 英紙報道 スノーデン氏曝露」と報じているのに、まったく深刻さがない。「アメリカにスパイされ、盗聴されているのは、百も承知。情報機関が盗聴するのは、当たり前だ」とまったく気にしていない。本当に、長閑な政府だ。

 日本は、陸軍中野学校というスパイ養成学校を持っていながら、大東亜戦争(日中戦争、太平洋戦争など)に敗北した原因の一つに、「スパイ情報をあまりにも軽視しすぎた」ことが挙げられているほど、スパイを大事にしてこなかった。同盟国スペインのスパイが、せっかく米国に潜入して、何人ものスパイが殺されるという犠性者を出しながら、たとえば、ネバダ州で原爆実験が成功し、実戦に使われるという重要情報をスペイン経由で、大本営に送ってくれていたにもかかわらず、これをまったく無視して、その結果、2発の原爆を落とされてしまった。

 また、東北大学の八木秀次教授が、「八木アンテナ」を開発していたのに、これを見過ごし、米英の情報機関が、敵の動静を探る「電波探知器」を開発して、戦争に活用した。シンガポールに進撃した山下兵団が、占領地で押収した書類のなかに、やたらと「YAGI、YAGI」という言葉でてくるのに、理解できず、英軍捕虜にその意味を教えられて、初めて、八木アンテナのことであったことを知ったという話もある。この矢木アンテナによって、大日本帝国陸海軍の兵団、潜水艦などが探知されて、待ち伏攻撃を受けて、多大な損害を被っている。

 安倍晋三首相は、憲法改正により、「国防軍=皇軍」創設を図ろうとしており、スパイ防止法なども制定しようとしている。また、アメリカ国防総省の諜報機関である「国家安全保障局(National Security Agency、NSA)」の日本版を創設しようとしているけれど、果たして、日本は「スパイ機関」を創設できるか否か?

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 米犬 2013年7月03日 09:34:53 : PUHl6PtDGaXFs : 4Q80R8Zler
>安倍晋三首相は、憲法改正により、「国防軍=皇軍」創設を図ろうとしており、スパイ防止法なども制定しようとしている。

当然のことをなぜ今までやってこなかったのか・・そのためには戦後レジュームを変えなければいけないからだ。戦後70年を皮切りに安倍首相を先頭に新しい日本に変化していくことが決定されている。

その時には自ら大国だと言っている中国・韓国への援助などすべてが終わりとなる。ざまー味噌漬けだ


02. 2013年7月03日 10:01:47 : 1SqMl03XUQ
徳川幕府は「忍者」という優れたスパイを持っていたのにね。

忍者ブームで一般にも知られるようになったが、本物の忍者は頭巾をかぶり刀を担いで
走り回っていたわけでは決してない。多くは行商人などとして目立たず諸国を歩き回って
情報収集をしていた。

人目に付かぬことが大切で、戦闘行為が必要になったら任務失敗だった。

江戸の文化を何でも否定したのが明治政府だから、まあ仕方ないんだろうね。
欧米のものも表面しか真似しなかったわけだし。


03. OVNI43free 2013年7月03日 13:47:11 : IhyfVrYJsi8bA : JA9ugOqKig
日本が自国のための諜報機関を持つべきだとは思う。
ただ今までのように一々アメリカの意向を伺うような国では、結局アメリカ諜報機関の東アジア支部になってしまう。あらゆる意味で本当の独立国になるのが前提だね。

04. 2013年7月03日 16:53:33 : FaBMKRH42g
開国・明治維新そのものが、黒船に始まる米国の作戦通りに進んだものらしいからなぁ。

坂本龍馬と三菱財閥なんて、まるっきりアメリカべったりだったわけだし。

太平洋戦争が筋書き通りだったのか偶発的事故だったのかはよく分からないねえ。
真珠湾あたりまでは作戦通りだったがその後の展開は、
日本人があまりに戦争の仕方を知らなかったために大火事になったのかも知れない。

アメリカさんも、戦争をおっ始めるのは得意だが終戦は苦手だからね。


05. 2013年7月03日 22:12:18 : FgMBP4cKOI
大本営板垣

最近つまらない記事ばかりだな〜


06. 2013年7月03日 23:26:08 : dmkMWIGdew
 売国奴の安倍が創るのは「国家不安全無保障局」だな。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK150掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK150掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧