★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK150 > 764.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
それでも小沢一郎氏を支援する。(日々雑感) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo150/msg/764.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 7 月 14 日 20:10:00: igsppGRN/E9PQ
 

http://km2295.iza.ne.jp/blog/entry/3130788/
2013/07/14 19:37 日々雑感


 生活の党は弱小政党だ。全国紙の調査による支持率ではヒトケタかコンマ以下だ。今回の参議院選挙でもマスメディアに取り上げられる回数は維新の会などと比べると圧倒的に少なく、ましてや自公や民主とは比べるまでもない。

 しかし「国民の生活が第一」の旗印を降ろさず、消費増税に反対し、TPP参加に反対し、脱原発を掲げている。真っ当な政党の党首として、小沢一郎氏の政治理念はブレルことなく途切れることない。

 いうまでもなく民主党の政権交代で小沢一郎氏は民主党政権の首相になるべき立場にあった。しかし姑息な検察とマスメディアによる捏造「疑惑」により党代表の立場を追われ幹事長の立場を追われた。

 そして「消費増税」を強引に進める民主党執行部に抗して小沢一郎氏は離党して新党結成したが、直後の総選挙で一敗地にまみれた。返す返すも残念でならない。

 この国は果たして民主主義なのだろうかと思うことがある。国民の代表として選ばれた国会議員が、取るに足らない「疑惑」をマスメディアが針小棒大に騒ぎ立て、国民世論を国民総白痴化と大宅氏が看破したテレビ報道により小沢一郎氏は「政治とカネ」キャンペーンにより国民に「天下の悪徳政治家」として刷り込まれてしまった。

 しかし実態は無罪判決を持ち出すまでもなく、小沢一郎氏は清廉潔白の身であった。しかし過ぎ去った時は逆戻りしないばかりか、バカな民主党政治家たちの自爆「消費増税」解散により、小沢一郎氏が創り上げた民主党政権ははかなく消え去った。

 身の程知らずの不見識な政治家たちが「小沢一郎氏は過去の人」とかほざいているが、今の日本で小沢一郎氏ほど必要とされている政治家はいない。

 短絡的な思考回路の人たちは「中国と国交断絶しても良い」と主張しているようだが、経済関係にせよ政治関係にせよ中国と良好な国交を結ばなくて良いことはない。愛想笑いする必要はないが、言うべきことをキチンと相手に伝えるし政治家が必要なのはいうまでもない。

 祖父の代から台湾派の安倍氏に中国との関係改善を望むべくもないが、日本は対中国貿易で年に3兆円の貿易利益を得ている事実も無視できない。

 小沢一郎氏は田中角栄氏以来、中国要人とは友人関係にある。バブル崩壊に向かって日系企業の資産と権利保全が大問題となるが、安倍政権では望むべくもない。小沢一郎氏ならそうした手を打てるだろう。

 そして何よりも小沢一郎氏は安倍政権下で実力を持っている新自由主義者たちと対抗する術を持っている。彼が民主党代表時に策定した2009マニフェストこそ「未来への投資」を具体化したこれからの日本の指針を示すものだった。

 何よりも少子社会に明るい未来は存在しないと明確に認識することだ。そうすれば社会保障を「世代間戦争」に矮小化したり「社会保障を全世代に」という誤魔化しは出来ないはずだ。

 社会保障は「負担は応能で、支給は一律」というのが大原則だ。そもそも社会保障は社会主義の産物で「富の再配分」こそが、その原理だ。

 現役時代に年俸で恵まれていた人が「多くの年金保険料を負担したから」多くの年金を受け取って良い、というのは社会保障の大原則に反する。現役時代は「応能負担」で負担し、年金支給年齢になれば「一律支給」というのが原理・原則であるべきだ。それによりすべての国民が社会セイフティネットに守られることになる。

 小沢一郎氏の政治理念と終始一貫してブレない政治姿勢を支持し支援する。アベノミクスを囃し立て、安倍氏を支援しているマスメディアも、あと半年と持たないだろう。円高のみしか実施していない安倍政権は輸入生活物資の値上がりに直撃され失速するだろう。

 TPPも11月の結果を待つまでもなく、安倍氏が説明していた「農業の聖域化」が嘘だったとバレ、早くも米国からかけられる「軽基準」撤廃圧力などにより日本国民の反感が募るだろう。

 アベノミクスの実態が枯れ尾花だと国民にバレて、安倍政権はそれほど長くないだろう。その後の日本を立て直す政治家は小沢一郎氏をおいて他に誰もいない。豊富な経験と類稀な実行力を持つ小沢一郎氏を日本は必要としている。


関連ニュース
ネット選挙 岩手 12日、投稿59件 「復興に全力」写真多数公開 (15:47)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/669253/


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年7月14日 20:58:46 : bd8RPI98q6
「支持する」ではなく「支援する」という言葉がすでに痛いですね。

支援も虚しく小沢党玉砕の運命ですが。


02. 無段活用 2013年7月14日 21:11:11 : 2iUYbJALJ4TtU : ddGVSlWexS
今の日本で「日中」を仕切れるのは小沢氏だけだろう。だからといって、小沢氏
が「日台」を疎かにするようなことはないと思う。

>少子社会に明るい未来は存在しない

とは必ずしも思わないが、若い人たちが安心して子供を産み育てられる社会、
現役を引退した人たちが贅沢さえしなければ思い思いの余生を送れる社会は
実現可能だと思う。

>社会保障は「負担は応能で、支給は一律」というのが大原則だ。そもそも社会
>保障は社会主義の産物で「富の再配分」こそが、その原理だ。

そのとおりだと思う。

>豊富な経験と類稀な実行力を持つ小沢一郎氏を日本は必要としている。

同意。ただ、もうちょっと待たなければいけない。


03. 2013年7月14日 21:40:56 : rPPtgFMACw
はっきり言って、小沢が悪いとは言わないが、

歴史の激動の中で英雄になるには、人が良すぎ、裏がわからなすぎ。

彼が民主党幹事長を自ら辞めた時点で、彼がトップとして立つ使命は終わったと思う。

彼は、自分が責任者・実力者として弁慶の仁王立ちすることより、民主党が参院選に勝つことを優先した。

そして、後継菅直人の人間性を十分理解していなかった。

彼の姑息な変わり身の速さは、彼流の現実主義でもあるわけだが、あの場面では決してとってはいけない策だった。

今後はせいぜい、達増、森らを後継として育てる仕事をきっちりやってほしい。


04. 2013年7月14日 21:44:25 : 37v53HTJaY
不正選挙をどうにかしないとね。

普通、得票数ってベンフォードの法則に従うものなのだが、以下、比較的ベンフォードの法則に従ってる北海道に比べ、小泉の地元神奈川や、橋下の大阪がベンフォードの法則からずれてるはずれてるは。


wikipedia ベンフォードの法則より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%ae%e6%b3%95%e5%89%87

ベンフォードの法則(ベンフォードのほうそく、英語: Benford's law)は、自然界に出てくる多くの(全てのではない)数値の最初の桁の分布が一様ではない、ある特定のものになっているというものである。この法則によれば、最初の桁が1である確率はほぼ3分の1にも達し、大きな数値ほど最初の桁に現れる確率は小さくなり、9になると最初の桁に現れる確率は20分の1よりも小さくなる。論理的には、数値が対数的に分布しているときは常に最初の桁の数値がこのような分布で出現する。以下に示したような理由により、自然界での測定結果はしばしば対数的に分布する。別の言い方でいえば、対数的な測定結果があらゆる場所に存在する。

この直感に反するような結果は、電気料金の請求書、住所の番地、株価、人口の数値、死亡率、川の長さ、物理・数学定数、冪乗則で表現されるような過程(自然界ではとても一般的なものである)など、様々な種類の数値の集合に適用できることがわかっている。この法則はその数値の基底によらず(十進法ではない場合でも)適用できるが、その場合1桁目の各数値の取る厳密な比率は変化する。

数字の法則が示唆する不自然な「票」と「カネ」(日経)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120628/233910/
第5回(最終回) 公開データで暴く政治をめぐる不正のありか


 ところで、古典的な選挙不正と言えば、投票結果の改ざんである。例えば、支持する候補者名を書いた投票用紙を何枚も追加したり、逆に対立候補の投票用紙を後から引き抜いたり、あるいは単純に集計結果を書き換えてしまうといった不正である。

 当然ながら、投票結果の改ざんを見抜くことは極めて難しい。しかし近年、米・ミシガン大学のウォルター・メベイン・ジュニア教授が興味深い方法を用いて選挙不正を研究し、学界の注目を集めている。それは、公表されている得票数が「ベンフォードの法則」に合っているかどうかを調べる、という実に単純なものである。同じ方法を筆者(福元)が日本のデータに適用したところ、なかなか面白い結果が得られた。それを紹介する前に、先ずはベンフォードの法則について説明しよう。


AKB48 総選挙の得票数はベンフォードの法則(Benford's law)およびべき乗則に従うか検証してみた
http://hosohashi.blog59.fc2.com/blog-entry-15.html

神奈川県市区町村別得票数(総務省データ)より集計
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/data/shugiin46/shikuchouson_14.html

(内は理論値)

公明党
最上位が「1」で始まる得票数 35.0%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 10.0%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 1.7%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 6.7%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 15.0%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 5.0%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 11.7%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 8.3%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 6.7%(4.58%)

日本共産党
最上位が「1」で始まる得票数 18.3%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 13.3%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 18.3%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 6.7%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 8.3%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 18.3%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 6.7%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 6.7%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 3.3%(4.58%)

幸福実現党
最上位が「1」で始まる得票数 26.7%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 33.3%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 16.7%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 10.0%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 5.0%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 3.3%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 0.0%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 3.3%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 1.7%(4.58%)

みんなの党
最上位が「1」で始まる得票数 58.3%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 6.7%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 6.7%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 5.0%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 1.7%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 6.7%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 3.3%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 6.7%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 5.0%(4.58%)

自由民主党
最上位が「1」で始まる得票数 28.3%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 40.0%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 8.3%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 10.0%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 3.3%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 3.3%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 1.7%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 1.7%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 3.3%(4.58%)

日本維新の会
最上位が「1」で始まる得票数 40.0%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 30.0%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 13.3%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 0.0%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 1.7%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 1.7%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 5.0%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 3.3%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 5.0%(4.58%)

社会民主党
最上位が「1」で始まる得票数 35.0%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 33.3%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 10.0%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 6.7%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 1.7%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 5.0%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 3.3%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 0.0%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 5.0%(4.58%)

民主党
最上位が「1」で始まる得票数 48.3%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 21.7%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 5.0%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 0.0%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 3.3%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 5.0%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 3.3%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 8.3%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 5.0%(4.58%)

日本未来の党
最上位が「1」で始まる得票数 10.0%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 15.0%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 13.3%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 8.3%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 13.3%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 16.7%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 10.0%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 6.7%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 6.7%(4.58%)


大阪府市区町村別得票数(総務省データ)より集計
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/data/shugiin46/shikuchouson_27.html

自由民主党
最上位が「1」で始まる得票数 38.9%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 6.9%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 8.3%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 4.2%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 5.6%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 6.9%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 12.5%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 5.6%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 11.1%(4.58%)

公明党
最上位が「1」で始まる得票数 30.6%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 11.1%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 12.5%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 6.9%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 11.1%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 9.7%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 5.6%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 4.2%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 8.3%(4.58%)

日本維新の会
最上位が「1」で始まる得票数 50.0%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 25.0%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 6.9%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 4.2%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 2.8%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 5.6%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 4.2%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 0.0%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 1.4%(4.58%)

民主党
最上位が「1」で始まる得票数 9.7%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 30.6%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 15.3%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 18.1%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 12.5%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 9.7%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 2.8%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 1.4%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 0.0%(4.58%)

みんなの党
最上位が「1」で始まる得票数 29.2%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 29.2%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 19.4%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 13.9%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 0.0%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 1.4%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 1.4%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 2.8%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 2.8%(4.58%)

日本共産党
最上位が「1」で始まる得票数 20.8%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 16.7%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 18.1%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 16.7%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 9.7%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 8.3%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 5.6%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 2.8%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 1.4%(4.58%)

幸福実現党
最上位が「1」で始まる得票数 50.0%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 15.3%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 6.9%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 4.2%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 4.2%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 5.6%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 5.6%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 1.4%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 6.9%(4.58%)

社会民主党
最上位が「1」で始まる得票数 12.5%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 12.5%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 19.4%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 12.5%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 12.5%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 9.7%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 8.3%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 6.9%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 5.6%(4.58%)

日本未来の党
最上位が「1」で始まる得票数 29.2%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 31.9%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 16.7%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 2.8%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 1.4%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 2.8%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 4.2%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 8.3%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 2.8%(4.58%)

北海道市区町村別得票数(総務省データ)より集計
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/data/shugiin46/shikuchouson_01.html

社会民主党
最上位が「1」で始まる得票数 31.9%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 18.1%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 12.2%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 12.2%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 10.6%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 4.8%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 4.8%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 2.7%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 2.7%(4.58%)

民主党
最上位が「1」で始まる得票数 24.5%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 18.1%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 14.9%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 10.6%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 11.7%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 6.4%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 4.8%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 3.2%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 5.9%(4.58%)

自由民主党
最上位が「1」で始まる得票数 28.7%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 14.4%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 14.4%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 2.1%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 8.5%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 10.1%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 5.9%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 7.4%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 8.5%(4.58%)

日本共産党
最上位が「1」で始まる得票数 30.3%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 14.4%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 8.5%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 14.4%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 8.5%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 7.4%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 8.0%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 5.3%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 3.2%(4.58%)

日本維新の会
最上位が「1」で始まる得票数 41.5%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 21.8%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 8.5%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 6.4%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 4.8%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 5.3%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 3.7%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 4.3%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 3.7%(4.58%)

公明党
最上位が「1」で始まる得票数 33.5%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 21.8%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 15.4%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 10.6%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 2.7%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 4.8%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 5.3%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 3.7%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 2.1%(4.58%)

みんなの党
最上位が「1」で始まる得票数 31.4%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 12.2%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 11.7%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 9.0%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 8.0%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 4.8%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 6.9%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 6.9%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 9.0%(4.58%)

幸福実現党
最上位が「1」で始まる得票数 36.7%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 20.2%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 10.6%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 6.4%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 6.4%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 5.9%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 4.3%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 4.3%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 4.8%(4.58%)

新党大地
最上位が「1」で始まる得票数 31.9%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 19.7%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 9.6%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 8.0%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 7.4%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 9.6%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 6.4%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 4.8%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 2.7%(4.58%)

日本未来の党
最上位が「1」で始まる得票数 25.5%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 20.2%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 11.2%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 12.2%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 9.6%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 9.6%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 4.8%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 2.1%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 4.8%(4.58%)

得票数計
最上位が「1」で始まる得票数 30.3%(30.10%)
最上位が「2」で始まる得票数 24.5%(17.61%)
最上位が「3」で始まる得票数 11.2%(12.49%)
最上位が「4」で始まる得票数 10.1%(9.69%)
最上位が「5」で始まる得票数 7.4%(7.92%)
最上位が「6」で始まる得票数 4.8%(6.69%)
最上位が「7」で始まる得票数 4.8%(5.80%)
最上位が「8」で始まる得票数 2.1%(5.12%)
最上位が「9」で始まる得票数 4.8%(4.58%)


05. 2013年7月14日 22:07:00 : dcFlTjDiHc
生活の党を、あざ笑ってはいけません。

>>01は、何処の党のどの政策に共感して、支持しているのですか?。

貴殿は、支配階級で、余程の生活基盤を持ち、富裕層なのでしょうが、子々孫々までそれが永遠続行と思えるのですか?。
子孫が放射能にまみれても、日本を脱出すれば済むとの、利己主義者?。

私は、大金持ちではないが、貧乏ではない、しかし、国民の生活を第1に考える生活の党を、あざ笑う気にはなれませんね。

また、生活の党の政策を、ほぼ全部共鳴し、支持している。

小沢氏個人を、どうのこうのという者には、側にも寄りたくはないですな。

当該欄にコメントするのであれば、政策論を述べよ。



06. 2013年7月15日 06:59:48 : xxpk44iSD6
01の馬鹿は間違いなく自民党支持の支配層。

07. 2013年7月15日 07:06:04 : dRWhKZuF1c
>>5
全く仰る通りです。
小沢を攻撃してメリットがある国民なんて殆どいません。
既得権益側の人間しかいないでしょう。
または特権階級か?
小沢を攻撃してる者の中には在日が大勢いる事は判明しています。
小沢が国民に支持されれば、既得権益や特権階級は力を失うから、必死に攻撃するのでしょう。
普通の神経では考えらえれないほど、一個人に露骨に粘着してる姿は異様ですね。

08. 2013年7月15日 10:12:49 : qaIkSde5AE
違うね、小沢の人間としての政治姿勢に疑問があるから大多数の善良な国民は
小沢を信じないんだよ。

まったく小沢信者は「政策」「政策」の一点張りだが、『実行責任が生じる可能性の
ない政党』の政策など、糞の役にも立たないのは自明の理。

オマエラが小沢を信じるのは勝手だが、善良な国民を巻き込むのはやめてもらいたい。
もうほとんど宗教じゃねえか、オマエラは。

選挙で負けても国民を恨むなよ。オウム真理教みたいにテロに向かうなよ。
今のオマエラはあの時のオウムとそっくりだぜ。


09. 2013年7月15日 10:38:29 : YZ4UG5ju5A
03さんのおっしゃることを否定できない。
小沢氏はある意味、ひとを見る目めがないようだ。
それにほとんどの人間が利と情で動くということをあまりにも軽視してしている。
そうは言っても小沢氏に比肩する政治哲学を持っている政治家はおらず、それが精神年齢12歳に日本国民には理解できないという現実がある。
過去もそうであったが、狡猾な連中による世論操作に踊らされ、日本は何度でも破綻の道に突き進むであろう。
強者のみが生き残るという地球上に生を受けたものの宿命なのだ。
あの菅直人を見よ! 
終始一貫、卑怯者を絵に描いたような生き方をしていながら日本国の宰相にまでなったのだ。

10. 2013年7月15日 10:47:43 : GzCuHSyuDI
06さん、小沢信者と言う言い方、「実効性がない政党」の政策など役に立たない、と言うか゛、それを実行させる為に楽な道があるにも関わらず、冤罪を受けてまで戦っているのが解っていない、自分こそが自民創価信者だろう。こちらが言いたい、善良な市民に、中身を全然理解してない人間が、知ったかぶって、腐ったマスコミ報道を信じて言うのはやめて欲しい。もつと政治の事実を勉強して欲しい。

11. 2013年7月15日 11:15:46 : UbT7cXOHDs
>アベノミクスの実態が枯れ尾花だと国民にバレて、安倍政権はそれほど長くない>だろう。

大手メディアが庇いだてするのは確実。
国民が真実を知って反感を募らせるのは事態がかなり悪化してからに
なるでしょう。


12. 2013年7月15日 11:35:34 : eDc34Dnuaw

一人で500万票集める男(by気弱な地上げ屋)の真価は

まったく変わらずどころか いや増している。

ぼんくら議員がしがみついた腐りきった政権党である民主党に

敢然と決別し、前代未聞の一大疑獄を乗り越えた小沢一郎。

投票する野党がないという体制マスゴミの生活の党隠しに騙されることなく

かわることのない支持を再確認しよう。


13. 2013年7月15日 15:05:08 : woVE5iWltY
7月21日が楽しみですね。

14. 2013年7月15日 21:08:05 : FkfFSSO4jw
01は小沢氏が怖くて怖くて夜も眠れない小心者。毎夜、毎夜阿修羅に張り付き、小沢ネタがないかと目をこらして見張り番。そしてでるや否や、真っ先に落書きを書くのである。そこまで怖い臆病者。官僚機構を破壊されては生活ができないと、アホノミックスの壷売り資金で、生業としている気違いだろう。ましてや覚せい剤にズフズブの身体で、夜も眠れず稚拙な文で根気も薄れてきているようだ。Vaka軍団の連中は01の見本。この国を破壊したい連中の、いかにも教養なき、恥ずかしくまた下品な男である。おそらく、日本人ではないのだろう。だから統一教会の親派、下痢三の配下にいるのだ。阿修羅は外国人によって荒らされている。

15. 2013年7月15日 22:04:17 : sKFXiaIjiw
>小沢一郎氏の政治理念と終始一貫してブレない政治姿勢を支持し支援する。

アッハッハ

態度がブレブレではないか!


16. 2013年7月15日 22:52:16 : LE7gnVrWZE
日本の将来のためには、自民党こそが過去の遺物であり、それこそ日本維新の会やみんなの党と共に、次第に雲散無消し、そっと静かに消滅させてしまう運命という真実を見透かせば、民主党にからすれば、この代償として、一旦は先進的解消ということで、こうした自民党や日本維新の会、みんなの党と共に雲散無消していく運命と、共産党を見習って建設的野党として出直し、政権交代直後の状態から出直しする勢力とに分裂し、公明党あたりと共に、建設的野党として乗り越えて行く様にすることで、生き残る道が残されているという運命に変えて行けば、アベノミクスにより円をドルと無理心中させ、日本国債を無理心中させて財政破綻させた上に、TPPによって、アメリカの99%と共に、日本の99%が、1%の金と権力の亡者の餌食にされてしまうなんてことに繋がってしまえば、「日本を取り戻す」どころではなく、日本が取り返しのつかないことになってしまう真実を見透かせば、この代償として、日本の1%の金と権力の亡者をアメリカの1%の金と権力の亡者と共に無理心中させ、日本の99%の中に潜む、1%の跳ね返りの抵抗勢力を、中国の反日活動家連中と共に、痛みを分かち合い、怨みを分かち合い、憎しみを分かち合いながら、何処か人目の付かないところで、勝手に子供の喧嘩でもさせて、共に仲良く勝手に無理心中させ、そっと静かに見捨ててしまうことで、日本経済を幾らでも衰退させ、安倍総理を幾らでも馬鹿にして、国際競争力も喪失させ、誇りを持って、韓国や北朝鮮にも敗北し、誇りを持って取り残され、誇りを持って、そっと静かにいないふりをしながら、誇りを持って身を縮めながら、ひっそりと自立して行く道を選択して、二度と変な戦争に巻き込まれることもなく、国際社会に与える影響力を小さくしてしまうことで、国際社会からの影響力も小さくすることで、ただひたすらに、のほほんとしながら、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、ひっそりと静まり返った社会の中で、共に幸せに暮らすことが出来ることだけを誇りとして、世界に見せつけて行く様にすることで、強欲で傲慢で卑劣な富裕層に対しては、誇りを持って辱め、大いに嫉妬させ、勝手に没落するのを、そっと静かに腹の底で嘲笑いながら見捨てていくと共に、跳ね返りの自爆テロ等を仕出かす様な連中に対しては、そっと静かに離れて行くことで、変なとばっちりを受けることもなく、誇りを持って、ただひっそりとした平和孤児となって、全人類に対して、明るい光を照らしながら、一部の富裕層や跳ね返りの危険な連中に対しては、物凄い不安や恐怖を与える真実の光を照らすことで、幾らでも血の涙を流して辱め、嘆き悲しみながら、勝手に没落していくのを、そっと静かに腹の底で嘲笑いながら、通り過ぎて行くだけの、ハレー彗星となってあげる様にして行けば良いのでは無いでしょうか。

17. 2013年7月15日 23:36:49 : 52TqHIjYUM
安倍政権の暴走を食い止めるため私たちに役割を与えていただきたい!

7月11日小沢代表千葉・新鎌ヶ谷街宣(前編)小沢代表は45分40秒辺りから
http://www.youtube.com/watch?v=9r-4UZ8C8so&feature=player_embedded#at=1302


7月11日小沢代表千葉・新鎌ヶ谷街宣(後編)
http://www.youtube.com/watch?v=mgmVyDrRO4I&feature=player_embedded#at=13


小沢一郎代表 千葉選挙区街頭演説(2013年7月11日)

 生活の党の代表をさせていただいております小沢一郎でございます。大変お暑い中、お忙しい中、このように大勢の皆様が街頭にお出でくださり、ご声援くださり本当にありがたく心から感謝を申し上げます。本当に皆さんありがとうございます。

 すでに太田候補、また、何人かの同志からも話があったかと思いますので、重複はできるだけ避けたいと思います。今日の安倍政権を見ていて、これからの国民の暮らしを、いのちを、日本をどういう国にしていきたいのか、私は本当に危うい感じを持っております。その一点に絞って今日は申し上げたいと思います。

 今、アベノミクスとマスコミがもてはやしております。何か国民の皆さんにとって良いことが起きるかのような期待感を抱かしておりますけれども、アベノミクスによる超金融緩和で株が上がり、円が安くなった。そんなことで一体、誰が得をしているのでしょうか。一部のマネーゲームに参加した方、また為替で円が安くなったことで一部の輸出大企業が非常に大きな利益を上げているだけであります。一般の国民にとっては円が安くなればなるほど油、食料、医療も高くなり、色々な物価はどんどん上がる一方でございます。皆さんの生活の実感からしてもお分かりと思います。なんら国民皆さんの生活の足しにはなっておりません。

 今日おいでの方にお勤めの方もあると思います。安倍さんは昨晩のテレビにおきまして雇用が増えたと自慢しておりますけれども、正規社員は減っております。非正規社員を増やしているだけでございまして、正規社員は減少の一途をたどっております。それを限定正社員とかいう名前を付けて、正規社員数をどんどん減らし非正規の枠をもっと広げ、人件費を安くし都合が悪くなれば解雇にできる雇用制度にしようとしております。

 それからまた、TPPが問題になっていますけれども、TPPは農業や漁業の話だけではないのです。大きな問題の一つが国民皆さんの健康に関する医療・健康保険の問題であります。これがアメリカの大きな医療企業の目的なのです。そうしたアメリカの意図がある中で、(日本は)TPPに頭を下げて参加させてもらっているわけです。

 しかしそれ以前に(日本)政府は、混合診療、自由診療の枠を広げる方針を打ち出しています。どういうことかと言いますと、アメリカでは5000万近い人たちが医療保険に入れない。医療サービスを受けられない実態があります。日本は皆保険なので色々な問題を抱えていても、誰でも保険を利用して医療サービスを受けられます。この皆保険制度は自由診療の枠が拡大するに従って制度を維持できなくなるおそれが多分にあります。

 この件について私は、安倍さんに何回か短時間お話しいたしました。「混合診療、自由診療とは言え高度な技術、医薬品の分野においてのみ認めるのだからたいしたことはない」というお答えでした。しかし、新しい技術、医療、医薬の分野に徐々に広がっていけば、結局自由診療を受けられる人は、それなりの所得があり、高額な医療費を払える人だけになります。残った一般の人たちは旧来と同様に保険適用を受けようとしても、新しい医療のサービスは受けられない。新薬の提供を受けられないことになってしまいます。最終的には医療保険の制度も皆保険の制度も維持できなくなる恐れがある。こういうことでございます。

 いろいろまだ例がありますけれども、要するに安倍さんは景気を良くする。経済を立て直す。そのために競争力のある大企業をどんどん大きくしていっぱい儲けてもらえばいいのだ。それを国民の皆さんに配分すれば皆さんの生活も楽になる。こういう議論でありますけれども、10年前に小泉さんもそう言った。確かに大企業はうんと儲けました。260兆円という想像もつかないお金が大企業の懐に入っている。しかし国民の皆さんの収入はそれ以来10パーセント以上減っております。配分されるはずのお金が配分されず、逆に(国民の)所得が減っています。先ほど申し上げましたように、この間に非正規のようにいつでも企業の都合によって解雇できる、そういう雇用の制度をどんどん取り入れてきたということであります。

 安倍さんもこれと同じ考え方をしております。このまま自民党政権、安倍さんの政権運営の考え方によって政治を行っていきますと、日本はますます格差の大きいいびつな社会になってしまいます。10数年前は先進国の中で日本は2番目か3番目の公平な平等な社会でありました。今や小泉政権以来、20数番目になりました。OECD先進国の中で20番も順位を落とすくらい非常に格差の大きい社会になり、それは今なおずっと続いている。安倍政権はさらにこれを助長しようとしている。

 安倍さんの政治は、大企業の論理、強者の論理、強い者の側に立った政治なのです。競争して強い者が勝って生き残ればいい。弱い者は仕方がないのだと。こういう政治の考え方であります。これだけは断じて許してはいけない。自由気ままに競争させて政治が傍観していたのでは、これはもはや動物の世界であり、政治ではありません。自由競争はもちろん大事だけれども、弱い立場の人たちも、多くの国民の皆さんも一定のレベルのきちんとした生活を何とかして守っていける政治、行政の仕組みにすることが政治の仕事であります。ただ好きなように弱肉強食の世界のままだったらもうめちゃくちゃな社会になってしまいます。

 今、内政のことに関して話しましたけれども、外国との問題も同じでしょう。皆さんもご承知の通り、中国とも話ができない。韓国とも話ができない。ついには今、アメリカと本当に腹を割って話ができない状況に日本はなりつつある。先日のサミットで安倍さんはオバマ大統領に会談を申し込んだ。「都合がつかなかった」と言っていますけれども事実上は断られた。いいですか皆さん。同じリゾートホテルの中にいてですよ、5分か10分の都合がつかないなんて馬鹿なことがありますか。そうでしょう。

 安倍政権の非常に極端な危うい考え方、憲法の問題、それに伴う自衛隊、国防軍の問題、また基本的人権を片隅に追いやって給料の問題だけを取り上げると、そういう非常に回顧主義的な右寄りの偏った考え方、政治のやり方に一番危惧の念を抱いているのが実はアメリカなのです。アメリカは一番こういう日本の政権を嫌っているのです。(安倍総理は)「日米同盟」、「日米同盟」と言いますが、その日米同盟が一番危うくなっている。やはり現政権の政治に対する姿勢、体質が(米国に)危惧を抱かせているわけであります。

 私どもはどうしても、多くの国民の立場に立った弱者も一緒にお互いに良い人生を、良い社会生活を送っていけるような政治を行うこと、また近隣の国々とも特にアメリカともしっかりと信頼関係のある二国間関係を作らなければならない。

 そのために参議院選挙が大事なのです。いろんなマスコミによりますと、多くの方々は「当然自民党が勝つだろう」と。「私たちが投票に行っても変わりはない」という感じを持っていると伝えられていますけれども、それは本当に大きな錯覚であります。大きな過ちであります。

 参議院まで自民党が過半数をとってしまったならば、今言った自民党の政治姿勢を、強者の論理の内政を、一人よがりの外交を、これを止める手段がなくなってしまうのです。どうか皆さん、この参議院選挙はそういう意味でも本来の参議院のチェック機能を果たすために、どうしても私どもが参議院において一定の基盤を、勢力を築いていかなければなりません。どうかその意味におきましても参議院選挙の重要さを皆様にお考えいただきまして、何卒皆様のご支援を頂きたい。それが今日の私のお願いでございます。

 特に、太田君は千葉県で唯一の女性候補であります。彼女は隣の柏で生まれ育ちました。私ごとを言えば私自身の母親も隣の昭南町の出身であります。そういう個人的な心情も含みまして、なんとしてもここで安倍政権の暴走を食い止めるための役割を私たちに与えていただきたいと思います。どうか皆さん、この参議院選、折り返し地点に差し掛かりました。後半のレースが残っております。何卒最後の最後まで生活の党公認、太田和美を宜しくお願い致します。


18. 2013年7月16日 00:07:18 : QKj2V8oUfM
小沢さんは強面すぎる。顔で損している。

選挙活動ではパフォーマンスも重要だ。

今人気の初音ミクのコスプレでもしたらどうか。

きっと人気が上がると思う。


19. 2013年7月16日 04:13:34 : mHWgZaLS4M
お前ら、自民党と心中して、世界中から孤立すればいいさ。そのうち、目を覚ますだろう。

20. 2013年7月16日 04:30:49 : hrpgJnJ7Wc
震災の時にあれだけ支援してくれた世界NO1の親日国家である台湾との良好な関係を維持することは、人間として大事なことだ。

台湾をないがしろにして、震災時に日本に何の支援もしない中国と関係改善など
本末転倒。

畜生道への道に進むだけだ。
小沢が、台湾よりも中国を優遇するというなら、絶対に許せない。

そういう政治家は誰であろうと人間ではない



21. 2013年7月16日 05:20:02 : dRWhKZuF1c
>>8
申し訳ありませんが、あまりの妄想に反論したくなりました。

「小沢の人間としての政治姿勢」について正確に把握してる人はいません。
僕らがわかるのは、政策や語る言葉だけ。
第三者が小沢を悪くいってるのは単なる主観です。
しかも、それはマスコミが作ったイメージであって、国民は印象操作されてるでしょう。

実行責任が生じている政党の政策が、国民を虐げるものならば反対して当然。
実行責任が生じる可能性のない政党でも、政権を取れば実現出来る可能性がある。
ならば、どちらを支持するか決まってるじゃないですか?

あと、小沢支持者は「信じてる」んじゃなく判断してるんですよ。
信じてるのはマスコミの印象操作を鵜呑みにする愚民。
マスコミこそが宗教です。

選挙で敗けても国民を恨みませんよ。
恨むのは国民を扇動する連中の方。
そして、小沢支持者がオウムに似ているという見解は否定しません。
「似ている」という感覚には大きく個人差がある訳ですから。
僕には、あなたこそマスコミに騙されてヘッドギアを付けたオウム信者に感じます。
まあ、あくまでも僕の見解ですがね。


22. 2013年7月16日 06:06:49 : hrpgJnJ7Wc
小沢氏は多数派形成のためには、朝鮮総連や民団とも組んでもいいという考え。

その結果、日本国民が知らないところで勝手に、在日外国人参政権を約束し
日本人との議論もなく勝手に国会に提出した。

これだけでも、小沢氏への信頼感は、全くないよ。
野党である現段階で、口先では何でもいえる。

一方で、野田民主党も、安部民主党も、維新の会もみんなの党も公明党も、
嘘つきだらけなので、1億%信頼できません。

どこが信用できる党かって?

亀井さんの党くらいかな。


23. 2013年7月16日 07:15:48 : STaDg67QrQ
>>21
小沢の政治姿勢は『過去の行動』から容易に推察できる。それともそれすら
全てマスコミが作り上げてきたものかな?
小沢ほど政策を反故にしてきた政治家も珍しいと思うがねえ(私観ですぅ〜)

実行責任の生じる可能性がない政党は票のためにオイシイ政策を並べ立てる。
そんなものを信じるのは愚かなことだと思う。特に小沢は選挙前だけ
今まで聞いたこともない、過去の行動と矛盾する政策を選挙期間中だけ出す。
選挙が終われば一切無視。。。というのが善良な国民の一般論だと思う。

小沢信者に『判断』などできない。その証拠に小沢が白を黒と言えば
屁理屈で無理矢理に納得しているではないか?ここにも大勢いるな。

『オウム化』を認めるんですね。。。テロだけは起こさない様にお願いします。


24. 2013年7月16日 07:19:14 : mHWgZaLS4M
小沢は、台湾はそのうち中国に併合されると思っている。残念ながら、今の日本は、中国無しでは生きていけない。

25. 2013年7月16日 07:31:36 : mHWgZaLS4M
よく言うよ。自民党がそれほどご立派か。テロだと?ふざけるな。検察テロはお前らだろうが。

26. 2013年7月16日 10:28:40 : hRAwN3TX1Y
24> 徹底的に反論する。
小沢信者はそこが怖い。
今、台湾があって、中国から離れたい民衆がいる。
そもそも、中国国民党が来るわずか60年前は、台湾は日本の、管理下にあり、
日本が敗戦の時独立すべきであった。
小沢が、もし、あなた方の言うとおりの人なら、台湾の独立を支援すべきであろう。
小沢は、韓国の大学で、日本人を馬鹿呼ばわりし、何故に歓声を上げさせたか?
小沢は「日本は、朝鮮の血が入らないと世界の笑いものになる」とは一体何をかんがえているのか?
小沢の朝鮮至上主義は、いったいなにゆえであるか?
朝鮮の血が日本に入るとはどういうことか?

考えて見るだに変だし、恐ろしい。

小沢は暗に、朝鮮色に変色する日本の未来の話しを言っている。
小沢の様な人を、売国奴という。
それを阻止したいと、日本国民は必死になって日本の未来を考えている。

外国人の参政権を言う政党は全て、日本の国民ではない。国民もどきだ。
日本の国政は日本人が行うべきであり、それ以外の何人もすべきではない。
在日韓国人や、中国人で、文句があれば、日本に正式に帰化し、遵法にサインすべきであろう。

平和主義とは、竹島を取られても、わらっていることか?
尖閣諸島を中国巡視船が脅しに来ても笑っていれば良いということか?
そもそも、日本領の竹島に問題の火をあげたのは韓国であり
日本領の尖閣諸島海域に無断で潜入し、日本の哨戒船に体当たりしたのは中国ではないか?

日本人はその全ての事件を決して快く思ってはいない。

先に、ルール違反した国中国や韓国の侵略行為を快く思い、平和を唱えるのは果たして、日本人だろうか?
違うね。
それは、日本人もどき人であり、明らかに左翼であり、明らかに在日韓国人たちなのだ。

日本人なら、答えなさい。日本は平和国家だから、日本を侵略されても笑っていなさいっていいますか?
中国、韓国が行っている、嘘の捏造歴史を信じさせるべきだとおもいますか?
ミャンマーの殺人や、中国が侵略し続けている南方諸国の破廉恥行為、あれは許されるのですか?

小沢は、日本国籍を持っている。しかし、悲しいかな、日本に立脚して政治を行おうと言う人ではない。
彼は、韓国に立脚して、韓国の為に、在日韓国人の参政権を勧めている人である。

私は、何度か、韓国の大学で行った講演会は間違いだったと謝れと言ったが、小沢はついに謝っていない。
日本国に対して忠誠を誓わない小沢に、何も期待できない。
日本人は、早く目覚めるべきだ。
まず、私の質問に真摯に答えてほしい。
http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=501393


27. 2013年7月16日 11:08:35 : QmyrjoZuIs
大宅壮一の言う「一億国民総白痴化」がここでも湧いて来ている。
自由民主党の様な国民から搾取だけを考えている政党を支持する輩はその「おこぼれ頂戴」の部類に属する人たちだろう。
>26も残念だが小沢一郎の政策には何ら触れていない。
政策が判らないのだろう。
国民から吸い上げる税金で生きている人には小沢一郎の政策、あえて言えば民主主義が判らないのだ。
民主主義がどのようなものであるかも判らない輩はTVに洗脳されて自分の頭でものが考えられなくなった可哀想な人たちだ。
このような人たちが日本から民主主義を消し去ろうとしている。

28. 2013年7月16日 11:38:12 : BTqWKm8Vgc
日本に、忠誠を誓わないのは

あべ、はしげ、いしはらら
朝鮮ブラク
出身者
こやつらを使って反日政策をうちだすCIA

こやつらはCIAのイヌ


29. 2013年7月16日 14:20:38 : hrpgJnJ7Wc
自民党と民主党は、日本の制度を破壊して日本を破壊する思想の人。例TPP

小沢は、日本人のDNAを韓国人のDNAと合体させて、日本を破壊する悲壮の人。

どっちも、恐ろしい。


30. 2013年7月16日 14:27:10 : hozlxYkHEs
昨日電話で参議院選挙の事前調査を受けたが
自動音声で「1:自民党 2:民主党・・・9:みんなの党 0:その他」
おいおい生活の党はその他扱いかよ!これじゃ政党支持率なんかわかるわけないだろ
もう嫌になりますね。この国

31. 2013年7月16日 15:14:17 : STaDg67QrQ
>>30
自動音声イイ仕事してるねえ〜♪その他扱いで問題はないはずだが、ベスト9にも
入らない生活の党って可哀想。小沢信者も可哀想。

32. 2013年7月16日 16:16:48 : hRAwN3TX1Y
27>>
まず、笑ってしまった。
小沢派の政策は十分承知だ。さすが、小沢さんは得票を読むのに、長けたご仁だ。
私は、TPPは反対だし、脱原発だ。

しかし、今、一番必要なのは国土の保全なんだよ。
韓国に竹島を侵掠され、中国に尖閣諸島を脅され、慰安婦問題や、南京問題で有りもしない戦争責任を追求され、嘘の歴史を世界中に撒かれて≪それでもニコニコ笑っていろというのか?≫

まず小沢に反対する者は、何も勉強していないという変則的発想は やめて頂きたい。
鳩山と同じように、日本人なのに、器用に中国人の気持ちを代弁したり
小沢の様に韓国人の虚栄心を満足させたりする必要がどこにあるのか?

そういうのをオノレの立ち位置がわからない人と言うのだ。
まず、私の素朴な質問に答えて頂こう。

日本の土地が侵されても、あなたは平和だから良いといいますか?
慰安婦問題を捏造されても、韓国の嘘の歴史の方がよいですか?
尖閣諸島を勝手に侵入されても、平和で、よいですか?
返事を下さい。


33. 2013年7月16日 16:33:14 : X7mxMMmRps
私は西松事件以来、小沢を支持し応援しています。
政策?
政策は弁護士に限らず、弁の立つ人なら立て板に水で語れるでしょう。

小沢さんを信頼するゆえんは偏に人間性です。


34. 2013年7月16日 19:44:02 : jvn0q4GtRw
安部ゲリゾウがいつまで首相で居られるかに興味が少しだけある
無能なくせに頑張っている姿は泣ける

小沢さんが復活するのは後3年後とはつらい


35. 2013年7月16日 21:30:56 : nKzU62jFqQ
どのようなる流言飛語があっても、小沢一郎を支持する。
いつか既得権益に群がるゴミどもを一掃できると信じる。
 消費税を合法的に払わない輸出大企業トヨタ。爪の垢ぐらいの利益でも貧民社員に還元せず適当な理由をつけ内部留保しているトヨタ。

富裕層は合法的に税金を払わない、何も考えられないメディアに簡単に操縦される真面目貧民社員はせっせと微々たる給与から税金をむしり取られる。
おめでたい有権者。


36. 2013年7月16日 21:32:23 : wo0YnNY19Q
岩上安身による、生活の党・小沢一郎代表インタビュー 2013/07/12
「自民党が描いているのは、昭和の大日本帝国のイメージではないか」
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/90095
陸山会事件以後小沢氏の動向に関心を持つようになり、擁護者の側に立つようになりました。
小沢さんのメッセージを聞く度に思いを強くするのは、プロの政治家であるという事です。
国外在住ですが、日本の事は非常に気にかかります。
小沢さんの語る事に深く共感出来るのです。
小沢さんが裏切られてきたのは、裏切る方に非が有ったと思っています。
思慮の深さの違いでしょうか。ボスの心子分知らず、というところでしょうか。
沈みゆく日本を支えるのも沈めるのも日本人です。
世界の覇権を争う列強がどれ程悪辣で手段を選ばないか、エジプトの例を見て分かるのではありませんか?

37. 2013年7月17日 00:07:02 : fh0nyQu4BI
どこが「清廉潔白」なんだ?

少なくとも裁判では自らの政治資金報告書を見ていないと公言している。
また秘書が勝手にやったと主張した。

現行の法では「明らかな共謀」が立証できないので罪に問えないだけであって、
その金がどこから出たかころころ主張が変わっているし、国会の証人喚問も
刑事被告人の立場をうまく利用して忌避している。

金の出どこを明確に証言していなれば「清廉潔白」とはいえない。



38. 2013年7月17日 06:31:37 : tIaP0Y5V9M
これから 期日前投票に 行く予定!
衆議院選のときのように またこんでいるのかなー?
でも 投票率は ものすごく低かったって?? 
また 同じことになるのであれば もう 行きたくなくなってしまう。

当然 生活の党! 比例でしか応援できない 残念!

あっ!37の方 よく調べてから書き込みましょうよ!
 


39. 2013年7月17日 09:54:31 : v37dCDN8L6
32の方
横やりすいません。

あなたのような考え方の人の声を大き拾いすぎるメディアがいけません。
今更ことありげに煽ってられますが、
尖閣、竹島、北方領土、慰安婦、南京などは全て大東亜戦争敗戦の遺産です。

戦後日本の自民党政治そのものではないですか?
私たちの祖先は国土の回復のために経済回復のため大変な努力をしてきました。
ただし、その代償として生まれた『対米追従』は、彼らの世界戦略に協力する
事のみを目的とし伝統的な日本文化や自律性を変質させています。

長い年月をかけてね。

これらの問題はアメリカに頼りすぎない経済的自立(日本内需の充実)と
外交(とりわけアジア諸国との連携、決してTPPではない)で地道に解決
する以外ないでしょう?

テレビゲームの三国志をやってもまずは内政充実の後外交ですよね。

小沢一郎ほか元祖民主党が言っていることはその事なんです。
勉強云々ではなく日本の姿を海外から一度眺めてみることをお勧めします。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK150掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK150掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧