★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK151 > 144.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
(安倍首相の脱税疑惑など)旧首相時代に安倍氏は相続税3億円を脱税していた!?他にも原発事故予防対策を拒否したり、統一教会
http://www.asyura2.com/13/senkyo151/msg/144.html
投稿者 運否天賦 日時 2013 年 7 月 18 日 22:52:14: cfG/B1oSgAPhQ
 


【安倍首相の脱税疑惑など】旧首相時代に安倍氏は相続税3億円を脱税していた!?他にも原発事故予防対策を拒否したり、統一教会に祝電を送ったり・・・(真実を探すブログ)
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-281.html


第一次安倍内閣の時は体調不良で安倍氏が総理を辞めたという話になっていますが、実は脱税疑惑を避けるために首相を辞めたという話があります。以下に安倍氏の脱税疑惑に関する情報を紹介します。


☆週刊現代
URL http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/article/070917/top_01_01.html

☆本誌が追い詰めた安倍晋三首相「相続税3億円脱税」疑惑(全文保存)
URL http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/1134.html
引用:
週刊現代9月29日号
緊急ワイド
史上最低の「無責任な官邸」全真相

突如辞任を発表、翌日には緊急入院―「安倍首相をここまで追い込んだ」と、発売前から永田町、メディアを騒然とさせたのは、本誌のこのスクープだ。


週刊現代9月29日号 P26〜30
(1)本誌が追い詰めた安倍晋三首相「相続税3億円脱税」疑惑
     亡き父・晋太郎の「遺産」6億円と“出資者不明”の巨額献金
                   ジャーナリスト 高瀬真実と本誌取材班

発売前から永田町は騒然

「なぜ参議院選挙大敗の責任を取らなかったのに、内閣改造のおわったいま辞任
するのか」
「インド洋の給油活動延長に職を賭す、といっていたのに逃げではないのか」
「所信表明をした直後で辞めるのは前代未聞」

 9月12日午後2時より開かれた安倍晋三首相(52歳)の記者会見では、本会議の直前までやる気を見せていた首相が突然、心変わりした理由は何か、納得のいかない記者たちから質問が相次いだ。しかし、最後まで首相は納得のいく説明ができなかった。

 その同日、首相の辞任を知らせる毎日新聞夕刊は、その辞任理由を「今週末発売の一部週刊誌が安倍首相に関連するスキャンダルを報じる予定だったとの情報もある」とー面で報じた。一部週刊誌とはいささか失礼な表現ではあるが、社会面にははっきり『週刊現代』と名前が出ている。

 そう、安倍首相を辞任に追い込んだスキャンダルとは、本誌が9月12日中に回答するように安倍事務所に質問をつきつけた「相続税3億円脱税疑惑」のことなのである。政治団体をつかった悪質な税金逃れの手口を詳細に突きつけられて首相は観念したというわけだ。

 
〜省略〜

国税幹部は「脱税」と断言


 繰り返しになるが、これらの「消えた寄付金」を含めると、首相は、亡父が政治団体に寄付した6億円の個人献金を政治団体ごとそっくり相続したことになるのだ。

 安倍首相は、これまで主な相続資産は、山口県長門市の実家と下関市の自宅のみとしてきた。相続した'91年以降の高額納税者名簿には首相の名前はない。

 政治団体に投じられた6億円の献金が、そのまま晋三氏に渡っていれば、これは政治活動に名を借りた明白な脱税行為ではないのか。

 財務省主税局の相続税担当の幹部に、連結収支報告書の数字を示しながら聞いた。政治団体を通じた巨額の資産相続に違法性はないのか?

「政治団体に個人献金した資金が使われずに相続されれば、それは相続税法上の課税対象資産に該当します。政治団体がいくつもある場合は、合算した資産残高のうち献金された分が課税対象になります。たとえ首相でも、法律の適用は同じです」

 そう説明した幹部は、連結収支報告書の数字を見比べてきっぱり言った。

「この通りなら、これは脱税ですね」

 仮に、政治団体を通じて相続した遺産が6億円とすれば、当時の税制ではー億円以上の最高税率50%が適用されて、相続税額は約3億円になる計算だ。

 もちろん、税法上は相続税の脱税の時効は最大で7年。首相が罪に問われることはない。しかし、これまでー億円以上の脱税は、政治家でも逮捕されてきた。重大な犯罪であることに変わりはない。

 主税局幹部は、個人的な意見と断って、こう言った。

「本来は、国税庁がきちんと見つけておくべき問題ですが、時効になった今は、税法上の徴税はできません。しかし、財政の窮状を行政の長として考えて、ぜひ時効の利益を放棄して、自発的に納税していただきたいですね」

 政治資金を国に寄付することは、公職選挙法で禁止されているが、過去に未納分の納税をする場合は、適用外なのだという。

 実は先の「緑晋会」は、'97年に名称を「東京政経研究会」と変えて今も平河町の首相の個人事務所として機能している。'05年末時点の東京政経研究会の預金残高は3億円ある。3億円の納税にちょうど困らない。

 本誌は政治資金報告書などから作成した資料を示したうえで、安倍事務所にこの相続のカラクリを指摘し、どのような処理をしたのか、脱税ではないのか、というA4にして5枚の質問状を送った。そして回答期限が迫った12日の午後2時、安倍首相は突然、辞任を表明したのである。しかし、いまもって質問状への回答はない。

 内閣改造に際して、首相は「政治とカネに関して十分な説明ができない閣僚は去ってもらう」と言い放った。その言葉が自らにはねかえってくるとは、安倍首相もゆめゆめ思ってはいな
かったのだろう。(了)
:引用終了

☆立花隆『週刊現代』に寄稿 安倍首相「三億円脱税疑惑」水面下の攻防 (権力とマイノリティ)
URL http://www.asyura2.com/07/hihyo6/msg/451.html
引用:
■週刊誌とブログの陰の情報戦
 新しい自民党総裁に、福田康夫氏が決まった。国会開会中に、何で自民党総裁選が行われたかといえば、安倍晋三首相が突然、辞任したからである。
 昨日発売の『週刊現代』に、立花隆氏の緊急寄稿がある。一部、引用しておこう。

 偶然の機会から、この騒動のはじめから終わりまで、核心に近いところからウォッチしてきた私が、いま確信をもっていえることは、さまざま他の要因があったにしろ、最後にとどめをさしたのは、「週刊現代」前号の「安倍晋三首相『相続税3億円の脱税』疑惑」だったということである。

 発売日まで、安倍事務所と週刊現代の間で激烈な暗闘が2日間にわたってつづいた。金の流れのデータがたっぷりつまった質問状に安倍事務所は動転した。安倍事務所は週刊現代の質問状を内々で全公開して、それに安倍事務所の全否定論をつけて配布するということをはじめた。

 編集長を口説いて、週刊現代がつかんでいるネタは、かつて安倍(晋太郎)事務所にいた人物など内部から出たもので、きわめて信頼性が高いこと。ほとんど帳簿を再現したに等しいぐらいの内容があること、財務省の相続税の専門家に見せて「それは脱税です」のコメントを得ていることなどを聞き出し、これを雑誌が出る2日前から、日経PBの私のブログのページで次々明かしていった。

(投稿者注:正しくは日経BP)

 この記事は2日続けて、アクセス数130万ページを記録したのである。マスコミも政界関係者もみなこのページを見て、安倍事務所の敗北を確信した。マスコミの論調も変わった。週刊現代は陰の情報戦に勝ったのである。安倍首相は早々と病院に入院した。

■ジャーナリズム精神を取り戻せ
 何だ、そうだったのかぁ(^g^)
『週刊現代』(9月15日発売)を読んだが、立花隆氏のブログに書いてあることと同じじゃ〜ん! と思ったのは、わたしだけではあるまい。活字媒体の週刊現代と、ウェッブの立花隆氏が連動した「情報戦」が、安倍首相を辞職に追い込んだということになる。
 週刊現代あっぱれ! こうした権力に媚びないスクープこそが、週刊誌の醍醐味ではないか。新聞も「マスゴミ」なんて言われないように、本来のジャーナリズム精神を取り戻して欲しいものだ。

http://garasu2005.exblog.jp/6509295/

----------------------------------------
立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」
週刊現代が暴いた“安倍スキャンダル”の全容
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070914_scandal/index.html
:引用終了


旧自民党時代の安倍さんは急に首相を辞めたのが私も気になっていましたが、脱税疑惑を避けるためと考えると辻褄が合いますね・・・。
事実、財務省の相続税の専門家は「それは脱税です」と述べていますし、このような問題が表面化しないことが不思議です。安倍氏らはマスコミ等に多数のお金を費やして、報道をしないように圧力をかけ続けているのでしょうか?

また、安部氏に関しては、上記の脱税疑惑以外にも色々な問題があります。たとえば、原発事故予防対策を拒否し続けてきたことや、統一教会との関係、脱原発への反対など。


以下続く

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年7月18日 23:54:45 : piGNkVfnWo
検察が追求すれば立件は簡単、小沢につぎ込んだ労力の1000分の1でも有罪は勝ち取れる。しかしやらない。

何せ若狭などが自民党から立候補している。ズルズルべたべただ。

それが日本の現状だ。


02. 2013年7月19日 07:16:54 : Un6heX4IUI
在日コリアンが住みにくい日本にしていく安倍首相を叩くに色々と難癖つけるネタがあっても

小沢党や民主党にも同じことが言えるからいまいち思い切ったことができず長文で誤魔化す工作員の滑稽なこと 笑


03. 2013年7月19日 19:34:54 : BIgfJMRMNE
自民党には捜査の手は及ばない。by検察

04. 2013年8月29日 09:13:26 : JIJRbvm69Q
“脱税”ウソの答弁させる、国税調査官逮捕


http://www.news24.jp/player/wm/300k.html?m_url=20130829_0004

 大阪国税局OBによる脱税の指南事件に絡み、税務調査の際にOBの顧問先にウソの答弁をさせたとして、大阪地検特捜部は、国税局の調査官を逮捕した。

 法人税法違反の疑いで逮捕されたのは、西税務署の上席調査官・平良辰夫容疑者(43)と、国税局OBの税理士・細名高司容疑者(61)。大阪地検特捜部によると、2人は2011年、平良容疑者らが細名容疑者が顧問を務める会社に対し、税務調査を行った際、社長に脱税額が小さくなるよう、ウソの受け答えをさせたなどの疑いが持たれている。平良容疑者は、細名容疑者に国税局の内部資料を漏えいした疑いも持たれている。細名容疑者の逮捕は4回目。

 特捜部は2人の認否を明らかにしていないが、動機を詳しく調べるとともに、金品のやり取りがなかったかなど捜査する方針。

http://news24.jp/articles/2013/08/29/07235202.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK151掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK151掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧