★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK152 > 395.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
共産党が躍進したのではない、99%の側に立つと表明した野党がなかっただけだ。(日々雑感) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo152/msg/395.html
投稿者 笑坊 日時 2013 年 8 月 11 日 20:56:39: EaaOcpw/cGfrA
 

http://km2295.iza.ne.jp/blog/entry/3155558/
2013/08/11 14:32 日々雑感

 7月の参議院選挙では共産党が党勢拡大したが、それは共産党が票を獲得したからだが、共産党が国民の支持を得たからではない。それが証拠に共産党の機関紙「赤旗」が購買部数を減らしている。

 野党再編を御用評論家たちは自民党の圧勝を得て、余裕を以て千日談義を弄している。つまり、どんな発言をしようと野党再編は出来っこないから責任をとる必要はない、ただ出演したテレビで少数分裂野党を愚弄して安心して遊んでいる。

 ただ余りに無定見過ぎる議論遊びをしているのには腹が立つ。少なくとも評論家たちはもっと現代日本社会の死に到る病の病巣の所在を示すべきではないだろうか。

 そうしなければ永遠に野党は少数分裂野党として政治を弄んでいれば飯のタネにしているだけだと思われかねない。国民はチマチマとした野党政党が掲げる公約に何も期待していない。

 維新の会の掲げる大阪都構想やみんなの党の道州制は行政区分の変更に過ぎず、それが行政改革の起爆剤になるとは到底思えない。むしろ複式簿記を全国の公的機関に採用させて、会計システムを全国で統合する方が遥かに効果は大きいだろう。

 それが困難なことでないことは全国に一万軒以上のフランスャイズを抱えるコンビニがポスシステムにより一瞬にして売り上げから在庫の把握まで行っていることに鑑みれば明らかだ。それらのシステム改革に莫大な金が掛るというのは官僚の根拠なき脅しであって、コンビニのシステム担当を国会に招聘して話を聞けば簡単に解ることだ。

 つまり与野党が対決すべきマターはそうしたチマチマとした行政のテクニックの問題で終始してはならないということだ。政治家が政治的命題として現代社会のありようを選択すべきは1%のための社会か99%のための社会かだ。

 明快な意志を持って自らの不利益を承知の上で99%の側に立つと宣言したのは「消費増税」の民主党から反対を貫徹して離党した小沢氏たちだけだ。共産党は常に与党提案に反対してきたから、消費増税にも反対なのは考慮するほどのことでもない。他の野党政党は社民党を除いて明快に「消費増税」に反対していなかったことを忘れてはならない。

 TPPに反対していなかった政党も信用してはならない。原発に関しても即時廃炉を主張しなかった政党も信用してはならない。

 テレビで出演料稼ぎの商売評論家たちは論点をわざとぼかして、国民に政治が1対99の対決の局面に到っていることを知らせない戦略のようだ。彼らもまた1%の勢力に奉仕する走狗に過ぎないのだから。


関連ニュース
真夏の“怪”? 共産党「躍進」なのに『赤旗』は大幅減 (10:53)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/676030/

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年8月11日 21:28:16 : W18zBTaIM6
小沢があくどいから、共産党に入れたんだね。

[削除理由]:アラシかも
02. 2013年8月11日 22:06:11 : ITcxbkH7JQ
共産党は消極的選択だった。それは確かだ。

03. 2013年8月11日 22:37:44 : x7sAk2C9HU
小沢党や山本太郎に票が入らないように”協賛党”に票が流れるように仕組んだ。

それに乗せられただけの事。

でも化けの皮は剥がれる。


04. 2013年8月11日 22:48:13 : Sz0ZTMVhEk
共産党がガス抜きの効果をはたし何十年も本当の民意が反映しないようにする役割をはたしてきたのは事実である。

もう一つは共産党が反対しているから、自分は賛成にまわろうと考える層もかなりいる。原発事故に対する姿勢でもその傾向が見られる。

共産党がなければ日本はずっと良くなるし変われる可能性が高い。


05. 2013年8月11日 23:06:16 : dzSvvl4VUI
01ゲリゾーがあまりに汚く、低脳なので清水の舞台から飛び降りるつもりで共産に入れたんだよ。バカウヨ君。

06. 2013年8月12日 00:02:18 : il7axXETZk
そうか、そうか。

07. のんぽり 2013年8月12日 00:12:32 : 7p9CCripgLT3w : Xwj79mb5Vs
 まぁ何でこうアカ=悪というステレオタイプナな意見ばかりが出てくるんだろうね。この投稿そのものもそうなんだが。
 今の自民党に対する対立軸を明確に共鳴しているのは共産党と生活の党、社民党ぐらいだろう。社民党は護憲以外の明確な主張が見えないから選択肢には入らない(おいらの見解に過ぎないが)。
 共産党はガス抜きと言うが、それでもいいではないか。対立軸が見えない政党や公約を守らない政党に比べれば。

 おいらも共産党そのものを支持しているわけではないが、適当なところへソフトランディングさせるためには、そういった選択肢もあるのだと言うことを有権者が明確に意思表示しなければいつまでも政治は変わるまい。
 いつまで政局や英雄待望で有権者をたぶらかそうとするのか。
 もっと自分や子ども達の将来を真面目に考えろ。
 


08. 2013年8月12日 00:42:32 : KsXAz5aZmg
複式簿記は石原の主張で、小沢からそんな話は聞いたことはないが。
小沢のは一括交付金。政治家の予算分捕り合戦だね。
橋下の税源移譲の方がはるかにマシ。

09. 2013年8月12日 02:43:27 : NLq0eebCKY
誰の手柄かなんてどうでもいいよ
どこの党なんてどうでもいいよ
とにかくキチガイを止めろ
クズを排除しろだよ

10. 2013年8月12日 08:12:44 : RufpgDo1AM
共産党が、反原発なり反TPPなり反消費税増税で
国民的「統一戦線」を作ろうという意思がないのは、
あまりにも明確。

とにかく何が何でも、正しいのは共産党だけであって
社民党とも生活の党とも、協力しようという気が
さらさらないどころか、売国検察、最高裁事務局の
でっち上げで強制起訴され、無罪判決を受けてもなお
小沢氏には「ゼネコンから裏金をもらっており」
国民に対しての説明責任は引き続き存在する、
などと、相変わらず売国組織の一翼を担う始末である。

こういう売国奴との協力には努力を惜しまない共産党なのだが
反原発、反TPP、反消費税増税では一致協力しようとはしない。

たしかに、先の参議院選挙では、他に候補者がいないので
共産党に投票せざるを得なかった有権者が相当数だったと思う。

何を隠そう、私もそうだったのだ。

しかし、国民の大多数の声を代弁し
統一組織にまとめあげて、売国組織、反国民組織と戦うには
傲慢不遜で唯我独尊、上から目線で、検察組織の友党である共産党では
国民の期待に答えられないのは言うまでもないだろう。


11. 2013年8月12日 09:36:18 : AzYzWnxf1U
☮日本共産党創立91周年記念講演会
http://www.youtube.com/watch?v=LKAOKn1uvyA&feature=youtu.be

12. 2013年8月12日 10:29:49 : Gq5jq1HIjc
共産党も小沢一郎も、さんざマスゴミの世論操作の餌食にされてきた。
共産党に対する偏見操作など、私が物心つくころからずーとそう思ってきた。

そんな共産党と生活の党がピーチクパーチクお互いを罵り合っても何にもならない。

私は根っからの生活等支持者だが、選挙区に候補者がいない場合は迷わず共産党立候補者に投票する。

民主公明維新などもってのほかと思っている。

みんなの党は、渡辺が江田を切って民衆等に戻れば期待できる。



13. 2013年8月12日 10:52:55 : Gq5jq1HIjc
>12
訂正

×私は根っからの生活等支持者だが、選挙区に候補者がいない場合は迷わず共産党立候補者に投票する。

○私は根っからの生活党支持者だが、選挙区に候補者がいない場合は迷わず共産党立候補者に投票する。


14. 2013年8月12日 12:37:28 : AzYzWnxf1U
“第3の躍進”を本格的な流れに
参院選勝利うけ 党創立91周年講演会
東京・日本青年館 志位委員長が講演

 開始した“第3の躍進”を、日本の政治を変える大河のような流れに―。日本共産党は10日、東京・日本青年館(新宿区)で党創立91周年記念講演会を開き、志位和夫委員長が「“第3の躍進”を本格的な流れに」と題して講演しました。東京都議17氏が勢ぞろいし、吉田信夫団長があいさつ。参院選で当選した紙智子、小池晃、井上哲士、山下芳生、仁比聡平、吉良よし子、倉林明子、辰巳孝太郎の8氏がそれぞれ決意と抱負を述べると、躍進を喜ぶ割れんばかりの拍手と大声援に沸きかえりました。講演で志位氏は「選挙結果」「歴史的意義」「躍進を維持・発展させる努力方向」という三つの主題で今回の選挙を解明し、「さらなる前進・躍進に力をつくそう」と力いっぱい呼びかけました。第3会場まで満杯となり、約2千人が参加しました。会場は猛暑を吹き飛ばすような笑いと大歓声に包まれ、展望にあふれた集いとなりました。全国1千カ所近くで視聴会が開かれ、1万7千を超える人がリアルタイムで見るなど、史上最大規模の取り組みとなりました。


--------------------------------------------------------------------------------

全国1000カ所で視聴会
選挙結果―

「自共対決」が鮮明に

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-08-11/2013081101_01_1.jpg
(写真)講演する志位和夫委員長

  講演の第一の主題「選挙結果」について志位氏は、(1)比例代表で「5議席絶対確保」の目標実現(2)東京・大阪・京都の3選挙区で議席獲得(3)都議選の躍進が参院選に連動した―という特徴をあげ、「全国は一つ」で奮闘し、47都道府県すべてが勝利者となったと強調しました。政治論戦では、「自民と対決、抜本的対案を示す」という立場で日本政治の「四つの転換」を訴え抜き、それが評価されたことを選挙の出口調査やジャーナリストのコメントも示して明らかにしました。

 そのうえで、選挙の結果、「自共対決」の政党地図が鮮明になったと語り、その最大の特徴は「自民党と共産党との間の自民批判票の『受け皿政党』が消滅したことにあります」とズバリ解明しました。


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-08-11/2013081101_01_1b.jpg
(写真)志位和夫委員長の講演を聞く会場いっぱいの参加者=10日、東京都新宿区の日本青年館

 志位氏は、国民を裏切った民主党や、自民党より「右翼」に立つ「第三極」が「受け皿政党」としての地位を喪失するもとで、「共産党は自民党への批判、国民の願いを託せる唯一の党になっています。戦後日本の政治史を見ても、こうした地図はかつてないものです。自民党政治への唯一の対決者、変革者としての党の姿を鮮明にし、さらなる躍進を目指す決意です」と表明しました。

 また、今回の選挙の結果、現実の力の上でも「自共対決」に一歩近づいたことは重要だと語りました。10都道府県と550市町村で比例の得票率が10%を超えたことにふれ、この流れが全国に広がれば「自共対決」が政治的・政策的対決にとどまらず、現実の力の上での対決になると力説し、民主連合政府に向けた展望が開かれてくると語りました。

歴史的意義―

“第3の躍進”の始まり
  第二の主題として志位氏は選挙結果の持つ「歴史的意義」について言及し、1960年代終わりから70年代にかけての「第1の躍進」、90年代後半の「第2の躍進」に続く「第3の躍進」の始まりだと位置づけました。

 「この躍進は、自然に起こったものでも、『風』が吹いて起こったものでもありません。この十数年の全党と後援会の不屈の活動の積み重ねが実ったものにほかなりません」と強調したうえで二大政党による政権選択論」など反共作戦に立ち向かい、敗北から学び、鍛えられる過程を振り返りつつ、今後に生かすべき教訓を三つあげました。

 第一の教訓は、綱領を土台に、政治的・理論的に大きな発展をとげたことです。

 志位氏は、反共作戦の逆風が吹くもとで、情勢を根底からとらえ、希望と展望を持って頑張り抜くことができた根底に新しい綱領の力があったと力説。「経済提言」「外交ビジョン」「即時原発ゼロ提言」「賃上げ・雇用提言」―綱領を土台とした政策提起が参院選で威力を発揮したと指摘しました。

 第二の教訓は、さまざまな分野の「一点共闘」が画期的に発展し、日本共産党への信頼と支持が広がっているということです。

 保守の立場だった人びとが「一点共闘」を通じて公然と共産党を支持し、温かいエールを送った数々のエピソードを紹介した志位氏。民主連合政府を目指すうえで「日本共産党と無党派との共同」を本流にしつつ、同時に「一点共闘」をたたかう保守だった人のなかからも「連合」の相手が生まれるという展望を持ってもよいのではないかと語るとともに、そうした動きともあいまって政党戦線でも必ず「連合」の相手が生まれてくると確信しているとのべ、さらなる運動の発展に尽力しようと訴えました。

 第三の教訓は、草の根で国民と結びついた強く大きな党づくりへの努力です。

 なかでも志位氏は、選挙戦で大きな力を発揮した二つの分野に言及。若い候補者が自らの体験や思いと重ねて党の姿を訴えぬいた奮闘が多くの有権者に「日本共産党の未来」を感じさせたと強調。解禁されたインターネット選挙でも「発信力」「拡散力」の点で「草の根の力」「内容ある政策」が威力を発揮したと述べ、さらなる開拓と発展を呼びかけました。

躍進を本格的な流れに

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-08-11/2013081101_01_1c.jpg
(写真)志位和夫委員長の講演を聞く会場いっぱいの参加者=10日、東京都新宿区の日本青年館

 講演の第三の主題として志位氏は、始まった“第3の躍進”をいかにして本格的な流れに発展させるのかについて、「三つの努力方向」を示しました。

 第一の努力方向は、抜本的対案を掲げ、安倍政権の暴走と正面から対決することです。

 消費税大増税、雇用破壊、社会保障改悪、原発再稼働、環太平洋連携協定(TPP)、集団的自衛権の行使・憲法改悪、米軍基地問題―。安倍政権の数々の「暴走リスト」を示した志位氏は、どれも国民多数の声に逆らっていること、首相がこれらについて何も語らず参院選をやり過ごした結果、どれ一つとっても国民の信任を得ていないことを厳しく指摘。空前の規模で国民運動を起こし、この暴走を包囲、孤立させ、破綻に追い込もうと力強く呼びかけました。

 第二の努力方向は、日本共産党の路線、理念、歴史を丸ごと理解してもらう活動を、日常不断の活動として強めるということです。

 綱領が示す日本改革の方針を国民多数の声にする―「共産党を丸ごと好きになってもらう」努力として、「綱領を語り、日本の前途を語り合う集い」を日本列島すみずみで開き、発展させていくと表明。「旧ソ連、中国と同じでは」「党名を変えないわけは」などの疑問にも答え、党の全体像を縦横に語っていきたいと述べました。

 第三の努力方向は、希望ある未来を開く、強く大きな党をつくるということです。

 この点で志位氏が率直に訴えたのは、参院選でつくりだされた党の政治的影響力の広がりと、党のもっている自力―党員や「赤旗」読者などの党勢との間には、大きなギャップがあるということです。「どんな情勢が展開しようと自力で前途を切り開く強く大きな党をつくることにこそ、開始された“第3の躍進”を一過性のものに終わらせず、大きな流れにする最大の保障があります」と強調しました。

 そして志位氏は、選挙をともにたたかった後援会員や支持者、党に関心や期待を寄せたすべての人に向けて、“第3の躍進”の流れを大きくし、民主連合政府の樹立という歴史的大事業にともに手を携えて進もうと訴え、入党と「赤旗」の購読を心から呼びかけました。

 韓国の著名な映画監督が、今回の党の躍進に対し「韓国の進歩政治に勇気を与える一大快挙」「日本政治の新たな主役」になってほしいという熱いエールを寄せてきたことにもふれつつ、「共産党の躍進はアジアと世界の平和と進歩にとっても大きな意義のあることです」と語りました。

 志位氏は最後に次のように訴え、演説を締めくくりました。「開始された“第3の躍進”を、日本の政治を変える大河のような大きな流れにすることができるかどうか。『変革者の党』としての私たちの真価が試されています。この事業を成功させることは日本国民に希望と幸福をもたらすことはもとより、アジアと世界の平和と社会進歩への貢献ともなるものです。そのことを胸に刻み、さらなる前進・躍進に力をつくそう」

 講演後、「共産党」コールが鳴りやみませんでした。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-08-11/2013081101_01_1.html


15. 2013年8月12日 13:08:36 : vtaXSg5Mqs
>1
 御熱心にも一番に張り付いているが、少しは内容を書いてはどうだ。
 小沢氏を貶める文言だけで済ますのはテレビで「政治とカネ」攻撃を繰り返したコメンテータたちと同レベルだ。もしかしたら1も官僚下請け広報機関マスメディアに雇われたバイトの一人なのか。

16. 2013年8月12日 18:55:03 : Xga0fEtqUw
12さん、
共産党は変わったけど、小沢一郎は変わってないんだよ。
一緒にしないでくれ。

17. 2013年8月12日 20:04:52 : BhGoHCqSiE
>>16

何を云っているのか判らん。

自分でも何を言っているのか判らんのならば、コメントしないでくれ。


18. 2013年8月13日 00:14:36 : x2e9Qrw4bk
ブログの趣旨がわからない。酔ってるのか?

>明快な意志を持って自らの不利益を承知の上で99%の側に立つと宣言したのは「消費増税」の民主党から反対を貫徹して離党した小沢氏たちだけだ。共産党は常に与党提案に反対してきたから、消費増税にも反対なのは考慮するほどのことでもない。他の野党政党は社民党を除いて明快に「消費増税」に反対していなかったことを忘れてはならない。
> TPPに反対していなかった政党も信用してはならない。原発に関しても即時廃炉を主張しなかった政党も信用してはならない。

だから、共産党な気がするが。言いたいことを論証できてない。
それとも99%は消費増税Okだと言いたいのだろうか。。。


19. 2013年8月13日 09:44:45 : NfylIml73I
ここで共産党を非難する人は、理由も書かずに頭ごなしの人ばかりだ。

私は長年のマスゴミの洗脳による偏見だと思っている。

どなたか、素人にも理解できるよう簡潔に、共産党非難の理由を述べていただきたい。

できれば、推論とか一方的な思いつきはご遠慮願いたい。


20. 不眠症 2013年8月13日 13:46:44 : nYRH.ca0zYtKk : mBqEoVAF7k
19.様 

『ベルリンの壁で殺された人はいない。アメリカや西ドイツの悪質なデマだ!』

 中部電力課長や高市政務調査会長も驚きの失言をする某国際空港勤務の日本の  空しか飛ばない航空の共産党労組員整備士が30年前に存在してました。

 138名虐殺を見ざる言わざる聞かざるの東側の犬は所詮自壊する運命です。


21. 不眠症 2013年8月13日 14:12:23 : nYRH.ca0zYtKk : mBqEoVAF7k

同じ共産党員でも学生運動や労組出身のそれは東側の犬だが、

高利貸しや不当契約と対抗する民主商工会参謀は保守層からも尊敬される賢物だ。

民商参謀に対する支持票であつても、共産党に対する支持票ではない。

ソ連軍不当侵略の昭和20年8月9日以降 共産党は自壊する運命だが、

誠の賢政は闘商軍師が存在する限り消滅しない。


22. 2013年9月21日 04:32:20 : QsfIogSx5w
>>20 21
何を言いたいんだ?こいつは


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK152掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK152掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧