★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK153 > 280.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
野党勢力皆無、独裁政治の恐怖 手遅れだこの国の民主主義は終わった (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo153/msg/280.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 8 月 31 日 08:00:00: igsppGRN/E9PQ
 

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-9704.html
2013/8/30 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ


消費増税を巡り、60人の有識者から意見を聞く「集中点検会合」で、霞が関の役人がこうボヤいている。

「反対論者を集めるのが難しいんだよなあ」

初日の「総論」の部では賛成4人、反対2人。2日目の「金融・経済」専門家の部は賛成5人、反対4人。3日目の国民生活・社会保障の部では賛成7人、反対1人、産業界代表の部では賛成7人、反対1人(総理に任せるが1人)。

本当は2日目のように賛否を均衡させたかったのにそうならない。これじゃあ、せっかくの茶番劇も「盛り上がらない」ということだ。で、会によっては、これといった意見も出ずに30分も早く終わっている。麻生財務相が時計を見ながら「もういいだろっ」とか言って、打ち切ってしまった。

◆経済オンチの胸三寸で決められる恐怖

茶番も茶番、これほどふざけた会合もないのだが、こうした手続きを経て、安倍首相は10月にも消費増税の是非を決断する。どういうふうに決めるかというと、安倍が勝手にひとりで決めるのだ。自民党の総務会も通さないし、たとえ、有識者全員が「反対」しても、安倍が「やる」といえば、それまでだ。国民生活と日本経済を左右する大増税が、経済オンチの首相の胸三寸で決まってしまうのである。

「そりゃ、閣議決定くらいはやるかもしれませんが、すでに来年4月に8%、再来年10月に10%という法案が通っている。変更がなければ、安倍首相が会見で『やります』というだけです。ま、民主党政権が3党合意で決めたことなので、安倍さんにしてみれば、そのまま『やります』では面白くない。法人減税や住宅減税など何らかの景気対策をセットにするかもしれませんが、それも安倍さんが決めること。今や、日本経済の浮沈は安倍さんが握っているようなものです」(官邸関係者)

自民党内には党税調もあるし、与党税制協議会もある。総務会も一応、議員が集まり、意見は言う。しかし、実は機能していない。消費増税とセットになるはずだった社会保障改革は、社会保障国民会議が高齢者の負担増メニューを並べると、すぐに安倍政権はプログラム法案を作って、秋の臨時国会に出すことを決めた。その際、自民党の総務会は見事に素通りされたのである。

「これまでは自民党の部会、政調会を通じて、議論し、最後は総務会が了承した後、与党責任者会議を経て、閣議決定という流れでした。ところが、プログラム法案は形だけ自民党の厚労部会にかけたものの、直前に議員に中身を知らせて、“これでいいですね”みたいな感じで決めてしまった。野田聖子総務会長は文句を言うどころか、『(従来の手法では)手続きが二度手間になる』とか言っているのですから、驚くべき様変わりです」(自民党政調関係者)

それを大新聞は「官邸主導」とか言って、褒めちぎっているわけだ。極右のナショナリスト、経済オンチの官邸主導なんて、悪夢としか思えない。

◆いつのまにか独裁を完成させたナチスと酷似

実際、安倍の“暴走官邸”主導は増税や社会保障だけではないのだ。

安倍は私的諮問機関、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」を使って、集団的自衛権の行使容認に舵きりする。懇談会の結論は年末の防衛大綱に反映され、当然、法案になっていく。

安全保障戦略も外務、防衛OBで作る有識者会議に練らせ、首相、官房長官、外相、防衛相の「4大臣プラス1」で決めていく。これが今後、日本版NSC(国家安全保障会議)の核となる。こうやって、有識者を隠れみのにすれば、やりたい放題ができる。省庁が逆らおうとしても、内閣法制局長官の人事じゃないが、幹部人事はすべて、官邸が仕切っている。逆らうヤツはクビ。すでに恐怖政治は始まっているし、そうした実態に怒った役人がリークすれば、これまた、秋の国会で成立必至の秘密保全法違反で捕まってしまう。

ナチスはワイマール憲法下で独裁を完成させたが、安倍も同じだ。なるほど、この手法を使えば何でもできる。できるのではなく、やろうとしている。そのために、意図的に政治システムを変えようとしている。そこが恐ろしいところだ。

「経済財政諮問会議など有識者を使った官邸主導といえば、小泉政権の手法ですが、結果はどうだったか。格差が拡大し、デフレが長期化した。有識者が企業経営者の理屈で、勝手な政策を推し進めたからです。民主主義とは手間暇がかかるもので、トップダウンの決め方は一見、効率的に感じても議会制民主主義においては邪道なのです。まして、安倍首相は方向性があまりにも危うい。東アジア外交は行き詰まり、国際的には孤立しているし、アベノミクスもバクチ政策でしかない。ブレーキがない上に、右ハンドルしか切れない暴走車が、有識者を使って、トップダウンで物事を決めていけばどうなるのか。官邸主導ではなく、官邸独裁、官邸専制になってしまう。恐ろしいことになりますよ」(法大教授・五十嵐仁氏=政治学)

◆モーロク爺さんたちはすっこんでろ!

しかも、その有識者たるや、経済ブレーンのエール大名誉教授・浜田宏一氏(77)や安保懇談会の柳井俊二座長(76)を筆頭にモーロクしたような爺さんばかりだ。何を決めたって、自分は今後、生きていないのだから、イイ気なものだ。

本来であれば、こんな無責任な横暴政治は野党が体を張って止めなくてはならないのだが、国会情勢は絶望的。ならば、メディアが頑張るべきだが、こちらも安倍応援団というか、ほとんどグルだから、どうにもならない。

かくて、この国の民主主義はほとんど死滅し、あろうことか、もっとも危険な政治家によるファッショ政治の暴走が始まってしまったのである。新著「日本を疑うニュースの論点」でメディアの腐敗堕落を鋭く指摘した元外交官の孫崎享氏はこう言う。

「大メディアの役割は権力の暴走をチェックし、批判することなのに、この国の主要メディアは統治機構の一部と化している。安倍政権になってからの異様な右傾化の責任の多くは、こうしたメディアにあると思っています。安倍政権が行おうとしている右傾化路線は今や、世界で危険視されている。国連の潘基文事務総長が日本の政治指導者の歴史認識を批判し、日本国内からは『中立性を欠く』という非難が相次ぎましたが、潘氏は百も承知でしょう。『日本が異常だ』というのが国際認識で、それを踏まえた発言なんです。米国も安倍右傾化路線には『戦前回帰の危惧がある』と警戒心を強めています。民主主義に逆行し、戦後の国際社会のあり方を壊しかねない言動が目立つからです。それなのに、主要メディアが何も書かないのは極めて異常なことです」

◆人権無視法案が次々可決の悪夢

大メディアがこの調子では、安倍はますます図に乗り、秋の臨時国会では人権無視法案を次々に出してくるだろう。秘密保全法案が筆頭で、最終的には憲法改正に行き着く。

秘密保全法を審議する作業部会の座長、町村元官房長官はわざわざ、「基本的人権を不当に侵害することがないような法律にしなければならない。また、報道の自由を確保するため、正常な取材活動は問題ないことを法律上明確にしたい」とか言っていた。

取材活動の前に「正常な」という形容詞があるところがミソである。すでに、この国の民主主義は死んだも同然だが、この法案が通ったら、いよいよ、戦前の暗黒時代に逆戻りだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年8月31日 08:06:14 : 6lEL0QePhA

 注目!掲載がなぜ今なのかも解明できるか

 おはようございます。【お知らせ】「生活の党代表小沢一郎インタビュー記事新聞掲載のご案内 2013/08/31」是非一読を!『MAX超拡散願』http://t.co/d5GcbzPtbi

02. 2013年8月31日 08:47:23 : vhCbTUK4KA
官僚の天下り構造批判も、特別会計の闇も、特殊法人、公益法人への税金垂れ流しなどに対する批判も。

新聞紙面から消えた。

これが小沢一郎を追い落とした結果だ。


03. 2013年8月31日 10:20:45 : nkHzYhswAc
これが小沢が民主党を破壊した結果だ、この先10年は自民党一党支配が続く日本の2大政党化の流れを止めた政治家として永久に歴史に刻まれる。

04. 2013年8月31日 10:32:31 : dmkMWIGdew
 情報操作と権力者への批判記事が全く消え去った日本の新聞・テレビの「ジャーナリズムが崩壊した」のが原因だ。

05. 2013年8月31日 11:00:56 : Jb26LcokIQ
まあ、存在感ゼロの民主党、海江田をクビにすることから始めるしかないでしょう。こんなに影の薄い政治家も珍しい。シリア攻撃反対くらい言ってみろよ。

06. 佐助 2013年8月31日 11:17:41 : YZ1JBFFO77mpI : TUhrPgEJIU
テレビ新聞などのマスコミ報道には,必ずなにか,かくされたトリック・マジックがあるのではなかろうかと疑うことが必要不可欠。我々はものごとを表面だけで判断せず,歴史の裏にうごめくものに注意して,どのようにしたら,現実を一歩一歩前進できるかを求めるべきであるのかも知れない。

鳩のようにすなおな人ほど,用心していてもなおトリックに,ひっかかりやすいものであろう。つねに鳩のようにすなおな柔軟さを持つとともに,歴史のトリックを見抜く,蛇のようなさとさを,常に持っていなければならないだろう。大新聞の消費増税云々や社会保障云々には間違いなくトリックやマジックがある。なんとも情けないが見抜く力を養うことが大切である。


07. 2013年8月31日 12:23:22 : DZhcVQqAeo
 野党は有識者会議に普通は公的な会議等には反論者若しくは社会生活影響を一番強く受ける生活弱者(特に障がい者)などの人員を多く揃えて会議などに参加しなかったのか追求や会見などでコメントすべきだ。

08. 2013年8月31日 12:31:19 : yqOWZey7zc
ペンは剣よりも強ですな。
「権力のもとではペンは剣よりも強い。」

09. 2013年8月31日 20:36:16 : agt0YH2Aiw
第一次世界大戦に敗戦後のドイツの選挙で、ナチス、ヒツトラーが台頭した当時と日本の今の政治状況は同じと言えます。敗戦後のタカ派国民の心理として旧連合国への報復戦争の意図は、「偽装した仮面で隠し」ながらも心の底では「いつの日か、戦争に明け暮れた強い時代の体制を取り戻し戦争準備をして、報復してやる」。と言うタカ派は存在しているものです。日本は「ナチスに学ぶ」方式でいつの間にか「平和主義と国民主権と自由、人権と民主主義」憲法は事実上白骨化しており、「ナチズムとフアシズム」体制へ 、「軍国主義と国家主義体制」回帰へ「明治憲法下的体制」への回帰路線へと大きく舵を切つたと社会学的に見ています。国民がタカ派大手メデイア扇動されて軍部の尻を叩き「進軍ラツパ」を吹き鳴らし「いけいけどんどん」になつた過去の侵略戦争時代と同じように、タカ派大手メデイアが「尖閣戦争も辞さず」の安倍自民党や維新、石原らを支持し、戦争をあふつたために、日本の極右化が確実になつた。ナチスと同じトレンドです。今後日本でもナチスの「全権委任法」の日本版で国民が我にかえつたとき「戦争が廊下の奥に立つていた」と言う川柳の句を目のあたりにするでしょう。コアな反戦平和政党所属国会議員はすべて数えても衆、参,あわせて、日本には50人もは存在しないのです。今後日本の戦争熱を防ぐことは難しいでしょう。

10. 2013年8月31日 20:40:07 : 0iV4CDdLGc
>手遅れだこの国の民主主義は終わった (日刊ゲンダイ)

ネバーギヴアップ!

判っている人間も大勢いるはずだ。
日本人はまともな知能を持っている。

まずは、流れを起こすきっかけがほしい。 


11. 2013年8月31日 21:42:42 : Uyo2YtCAAs
安倍政権は、助けを求めるのが下手クソなんだよ。
BRICsに助けを求めるしかないだろう。安倍政権は、政権の座から降りて。


12. 2013年8月31日 22:21:16 : ILiTPGkN7Y
大半の国民は、地獄を見るまではたちあがらないのだ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK153掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK153掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧