★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK153 > 736.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
25%の民意依存政府でも倒すには団結と戦略必要 (植草一秀の『知られざる真実』) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo153/msg/736.html
投稿者 笑坊 日時 2013 年 9 月 14 日 07:15:33: EaaOcpw/cGfrA
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-efe6.html
2013年9月14日

政治を転覆された代償は極めて重い。

日本の政治制度では国政選挙の3連勝すると政治権力を完全に掌握できる。

自民党が政治権力を奪還できたのは、2010年参院選、2012年衆院選、2013年参院選に3連勝したからだ。

その前の2回の国政選挙は民主党が連勝した。

この民主党は小沢一郎氏と鳩山由紀夫氏が率いた民主党である。

この国政選挙2連勝で小沢−鳩山民主党は、政権を奪取した。

日本には二つの政治勢力がある。

ひとつは、既得権益の勢力。米・官・業のトライアングルの利権を守ろうとする勢力である。

もうひとつは、主権者国民の勢力である。既得権益のための政治を打破し、主権者国民のための政治を実現しようとする勢力である。

小沢−鳩山民主党は後者に属する政治勢力である。

日本の歴史上、初めて主権者勢力が政治権力を掌握したのが2009年の政権奪取だった。

この主権者勢力が、もう一度国政選挙で勝利を重ねていれば、主権者勢力が盤石の政治基盤を形成できた。

ところが、主権者勢力にとって、政権基盤を盤石にするための最後の戦いで勝利を得ることができなかった。

民主党内で既得権益勢力に寝返った菅直人氏がクーデターを起こし、政治権力を不正に、そして不当に強奪してしまったからだ。

そして、この背徳の菅直人政権が突然消費税率10%への引き上げを打ち出して2010年参院選に臨み、大惨敗したのである。


この菅直人政権を野田佳彦政権が継いだ。既得権益側に寝返ったクーデター政権が二代続いたのである。

野田佳彦氏の使命は民主党政権を破壊することであったのだと思われる。

「シロアリ退治なき消費税増税」を強硬に推進したうえで衆議院を解散して、民主党を壊滅的な敗北に追い込んだ。

自爆解散だった。

この流れが持続して、自民党に国政選挙3連勝を献上し、いまの政治状況を創設してしまったのである。

主権者政権は破壊され、完全なる既得権益政権が組成された。

最大の問題は、この体制が3年間持続する可能性が高いことである。


主権者国民の前には、日本の命運を分かつ最重要問題が差し迫っている。

原発・憲法・TPP

そして、

消費税・沖縄

の各問題である。

本来は、国政選挙の際に、この五つの問題が徹底的に論議され、主権者国民が熟慮して判断を示さなければならなかった。

ところが、マスメディアはこの五つの最重要争点を隠し、「ねじれ」、「景気」、「アベノミクス」などの、些末の事項が選挙争点であるとの情報操作を行ったのである。

その結果として、主権者国民は五つの最重要問題について深掘りして考察することもなく、安倍自民党による政治権力完全掌握を許してしまったのである。


この選挙結果を受けて、国民論議のないままに、安倍政権が五つの最重要問題を独断専行で決定してゆく可能性が高い。

まさに、「暗黒の3年」がいま始まっている。

自公の与党勢力は衆院でも参院でも圧倒的多数議席を確保したが、見落とせないのは、国政選挙で自公を支持した主権者が、全体の4分の1しかいないという事実だ。

投票率が5割。選挙に行った者のうち、半分が自公に投票した。全有権者から見れば、その4分の1の人しか自公に投票していないのに、その自公が国会の絶対多数議席を占有してしまったのだ。

この与党勢力が、これからの3年間、独断専行で政治運営してゆく。

主権者から見れば、悪夢の3年が到来することになる。

それでも、国政選挙を経て国会の絶対多数議席を占有したのであるから、これを全否定することはできない。

4分の1の民意にしか支えられていない政権与党であると言っても、議会多数を占有した以上、国権の最高機関である国会の意思決定は、重大な意味を持ってしまうから、これを全面否定することもできないのである。


主権者の4分の1が結束して選挙に臨み、全員が確実に投票所に足を運んだなら、自公勢力に拮抗する国会議席を獲得できたはずだ。

ところが、主権者の半分は選挙に行くことすらせず、しかも、五つの問題に共通の判断を持つ政治勢力が多党分立して選挙に臨んでしまった。

これでは、主権者国民のための政権を再樹立して、主権者国民のための政治を実現することなど不可能になる。

暗澹たる気持ちに陥りやすい3年間を迎えるが、この状況を生み出した原因の一端が、主権者国民の側の行動にあったとの反省が必要である。

この反省なくして、新たな戦略構築は不可能になる。

結果を省みて、正すべき点を正さない限り、リベンジは不可能になる。

「やられたらやり返す!倍返しだ!」

の意気は必要だが、その前に、選挙の総括と自己批判が必要である。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年9月14日 09:45:14 : 6lEL0QePhA

 小沢氏が死闘で勝ち取った民主党政権もつかの間、
自民党政権を復活させたろくでもない菅直人と野田は、党の財産と最高顧問の席で
のうのうと議員を続けている。


 

 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
 菅直人元首相、野田佳彦元首相は、さぞかし「満足」でしょう。⇒東京新聞:消費税 来年4月8% 首相決断 社会保障目的どこへ:政治(TOKYO Web) http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013091202000277.html


堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
2012年6月の「三党合意」は案の定、空手形でした。当時民主党内であれを批判し、その後離党する事になった議員たちが正しかったわけですよね。⇒東京新聞:消費税 来年4月8% 首相決断 社会保障目的どこへ:政治(TOKYO Web) http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013091202000277.html


  堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
「社会保障と税の一体改革」とは、いったい何だったのでしょう?結局、消費税分をまるまる還付される輸出企業が得をして、ほくそ笑むのは株主ばかりなりか…。⇒東京新聞:消費税 来年4月8% 首相決断 社会保障目的どこへ(TOKYO Web) http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013091202000277.html


02. 2013年9月14日 13:21:08 : vEYeMFwYoA
なんで植草は、鳩山批判ができないかねー?

植草自身が自身の言動と戦略(笑)について
総括と自己批判が必要だろ。


03. 2013年9月14日 14:49:50 : oSrMprFwsw
ムサシ・不正選挙って言わなくなったね。

明らかに異常な選挙結果だったのに…

圧力が掛かっているのか?

それから「景気」は「些末の事項」ではない。

人々の生活が掛かっているのだから。


04. 2013年9月14日 16:14:12 : QVjAd3ggDI
03さん
『それから「景気」は「些末の事項」ではない。人々の生活が掛かっているのだから。』

いやもちろん植草さんだって単体で見れば些末の事項とは思っていないと思いますよ。
全体の文章からして『原発・憲法・TPPそして消費税・沖縄』の5大争点と比すればという話であって。
あ、これ03さんに対する批判ではなく私の推論です。気を悪くしたら申し訳ありません。


05. 白いかぶ 2013年9月14日 17:38:26 : AjiEPCVeCvbKU : SE1PunQq9k
選挙の総括と自己批判が必要と主張されている植草さんのご意見に大賛成だ。
ただ一方、このようなネット上の論壇の主導者の多くは、選挙はもちろん、政治改革運動に
関して実践の経験がなく、議論が頭でっかち(自己中心の主観論)になりがちであるように
思う。
まず、人は皆いつも同じ意見のままであるとは限らないこと、一つの党にも、いろんな意見があるということ、これらと合わせて、同時に「政治情勢も変化するものであること」を考慮し議論したい。
従って、原発、憲法、TPP、消費税、沖縄の5大争点すべてにおいて一致するもののみを糾合するという考え方では、いつまでたってもそういう目標は達成できないように思う。
第一、5大争点といっても、それぞれの理解が、その題目だけでなく細部の内容で一致しているのかは不明なのだ。(細部が重要になることもある)
第二に、より大きく長期的に考えて、政治勢力の結集をはかる観点からするならば、いまの
自民党、公明党は全てひとまとめに敵として扱うのではなく、そのなかの一部は必ず、変化するはずと考えるならば、彼らの中にくさびを打つことも重要な政策とするべきである。
私は選挙運動の経験はない。こういうことをいうと怒られるかもしれないが、先の衆議院選挙のその前の選挙の時に、民主党は、公明党の太田代表を落とすための刺客をその選挙区に立てたが、こういうことは長い目で見た場合間違った戦略だったと思う。いたずらに公明党の敵愾心をあおり、自公のあいだにくさびを打ち込むことを不可能にしてしまった。
そして、その後の選挙では、その恨みを買った生活の党が同様の戦略で公明党にさんざん
やられた。
私は5大目標に賛成だが、現時点ではその中の一つだけ、すなわち、「原発反対」のみを
目標とした、共闘組織を作り、運動を行うべきだと思う。

06. 2013年9月14日 18:02:39 : oSrMprFwsw
>05
ひとつだけならTPPにすべきだ。
「原発反対」だとネオリベのみんな・維新と組む可能性がある。
もっともムサシ・不正選挙をどうにかしないと勝ち目はない。

07. 2013年9月14日 19:51:25 : YxpFguEt7k
「原発・憲法・TPPそして、消費税・沖縄の各問題である。」

共産党
「『4月からの消費税増税中止』の一点での共同をよびかけます」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-09-13/2013091304_01_1.html

共産党は攻めたねぇ。その攻めの姿勢は嫌いじゃありません。
まとまれる勢力はまとめておこう。
野党各党は、話し合いのテーブルについたらどうか。
せっかくの呼びかけですし。

植草氏、がんばってください。応援しております。


08. 2013年9月15日 11:50:06 : sy9aFtnJag
植草氏のおっしゃる通りと思います。あたり前の様な事が何処かに追いやられ、国民の一部の支持しか得ていないにも関わらず、自分達の思うまま事を進め、決めてしまって、さも大多数の国民の意見の様にしてしまう独裁自民党。このまま三年もの間安倍総理の顔を見るだけでもうんざり。消費税増税で益々日本の経済が、落ち込むのでは、と素人ながらに思う。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK153掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK153掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧