★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK153 > 737.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
マスコミが報じない陸山会・虚偽報告書事件に対する隠ぺい捜査の実態とは(2) 前田恒彦(元特捜部主任検事) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo153/msg/737.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 9 月 14 日 07:30:00: igsppGRN/E9PQ
 

               陸山会・虚偽報告書事件の関係者一覧


マスコミが報じない陸山会・虚偽報告書事件に対する隠ぺい捜査の実態とは(2)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/maedatsunehiko/20130914-00027799/
2013年9月14日 6時59分 前田恒彦 | 元特捜部主任検事


前回記事
マスコミが報じない陸山会・虚偽報告書事件に対する隠ぺい捜査の実態とは 前田恒彦(元特捜部主任検事) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo152/msg/344.html


私は、昨年(2012年)5月8日、田代政弘元検事やその元上司が刑事告発されていた陸山会・虚偽報告書事件に関し、中村孝検事の取調べを受けた。

中村検事は、この事件の捜査を取りまとめ、田代元検事らに対する刑事処分を決する主任検事だった。

不起訴処分後に告発人が検察審査会に対して審査申立てをし、審査会から出席を求められた場合には、審査会の会議に出席し、意見を述べる立場にもあった。

田代元検事について

【虚偽報告書の件】

私は、中村検事に対し、石川知裕氏らの逮捕状取得に際して田代元検事が作成したという1通目の虚偽報告書のことや、田代元検事の告白を他の関係者にも伝えたことなどを一通り説明した。

また、この1通目の虚偽報告書の件と告発されている2通目の虚偽報告書の件とは事件の構図が全く同じであることや、田代元検事に「記憶の混同」などあり得ないことなど、事件の背景事情についても包み隠さずに供述した。

具体的には拙稿「マスコミが報じない陸山会・虚偽報告書事件の背景とは」に記載しているとおりであるが、中村検事に対しては、この記事で触れていない細部や関係者の実名などについても言及した。

その上で、私は、中村検事に対し、田代元検事は「黒」であり、検察が不起訴で落とすのは困難ではないかと率直に述べた。

また、「記憶の混同」といった子供じみた弁解に終始せざるを得ない田代元検事が誰よりも一番苦しいのではないかとも述べた。

中村検事の話では、田代元検事は検察庁の公用パソコンを使い、ワープロソフト「一太郎」で虚偽報告書を作成していたが、既に文書データは消去されており、データ復旧もできなかったとのことだった。

最高検の捜査開始が遅すぎたため、証拠の隠滅や散逸を招いたことは明らかだった。

他方、パソコンのログ記録から「一太郎」のアクセス日時が特定できており、田代元検事は石川氏の取り調べを行った2010年5月17日に報告書の作成を始め、陸山会事件の捜査主任だった木村匡良検事らから指示を受けつつ、3日後くらいまで改訂を続け、最終完成に至っているとのことだった。

ここから分かることは、この報告書が二重の意味で虚偽のものだったということだ。

報告書に記載されている石川氏の供述内容は隠し録音という客観証拠と食い違っていた上、文書の作成日かつ完成日が5月17日とされている点も、同じく客観証拠から特定される実際の完成日と食い違っていたからだ。

5月17日に作成を始めたとしても、作成者が署名押印して公文書として完成させたのが20日であれば、報告書の作成日かつ完成日も20日としなければならない。

例え形式的なことであっても、一つ一つ正確を期して作成するからこそ、公文書に対する社会の信用性が保たれる。

取調べ日と同じ日を報告書の作成日かつ完成日としたのは、取調べの直後から作成を始め、かつ、その日のうちに完成に至ったという方が、記載内容の信用性を高めるからにほかならなかった。


「別の報告書のねつ造を伝えられ…黒であって不起訴で落とすのは困難」(5/8の獄中ノートより)
http://rpr.c.yimg.jp/im_sigg8N4GaKkG0_HktSZ9SNvSYg---x280-n1/amd/20130914-00027799-roupeiro-002-28-view.jpg


【偽証の件】

田代元検事は、小沢一郎代議士の公判に証人出廷した際、偽証したという疑いでも告発されていた。

偽証の主眼は虚偽報告書の作成状況に関するものだったが、むしろ私が気になったのは、田代元検事が拘置所で他の検事と情報交換をしていないという趣旨の証言をしていたことだった。

しかし、実際には私と田代元検事は情報交換を密にしていたし、お互いの立会(たちあい)事務官を介し、担当被疑者の供述調書のコピーを交付し合っていた。

立会事務官とは、検事とペアを組み、捜査に従事するとともに、取調べに立ち会ったり、書類整理やコピー作業などを担当する検察事務官のことだ。

東京拘置所に詰めていた検事は、私や田代元検事に限らず、皆、それぞれの立会事務官を介してお互いに担当被疑者の供述調書のコピーを交付し合い、担当外の被疑者の供述状況を確認しながら捜査を進めていた。

小沢代議士の供述調書も、秘密保持の観点から幹部や主任以外の捜査員にはコピーを配布しない性質のものだったが、田代元検事と並行して石川氏の取調べを担当していた吉田正喜副部長の判断により、中核となる拘置所の検事にだけはコピーが配布され、内容を確認することができていた。

田代元検事の証言は事実に反するものであり、供述調書のコピー作成や配布を担当した複数の立会事務官らから当時の状況を聴取すれば、簡単に証言の虚偽性が裏付けられる話だった。

ただ、供述調書のコピー配布は「身柄班」の判断だけで行っており、表向き「やっていないこと」になっていたので、田代元検事もこの建前を前提として証言したものと思われた。

私は、こうした事情についても中村検事に一通り説明した。

田代元検事の元上司について

特捜部長や副部長、主任検事ら田代元検事の元上司らは、検察審査会に事件記録を提出する際、起訴方向に傾く田代元検事作成の虚偽報告書を含ませる一方、不起訴方向に傾く一部の証拠を記録から外して隠し、検察審査会を騙した上、小沢代議士の起訴相当議決を導いたという偽計業務妨害の事実で告発されていた。

ただ、検察が強制起訴を導くために違法不当な手段を使って検察審査会を騙し、実際にその目的を達したとしても、その後の公判遂行は裁判所選任の指定弁護士に委ねられ、検察によるコントロールが効かなくなる。

指定弁護士の公判活動で検察の違法不当な手法が表沙汰になるリスクを考慮すると、むしろ端的に検察内部の幹部を騙し、自ら強引に起訴まで持ち込んだ方が安全だ。

この件は、元上司らがそうしたリスクを回避するため、具体的にどのような方法で指定弁護士をコントロールするつもりだったのかといった疑問に対し、説得力のある回答が求められるはずだが、全員が否認を貫いている以上、その点の証拠が乏しいのは確かであり、さすがに「無理筋」と思われた。

そこで私は、中村検事に対してその旨述べた上で、他方、告発の中で引用されていた「クレーム申入書」や「取調べメモ」に関する問題について、一通り説明した。

【クレーム申入書の問題】

これは、陸山会事件の捜査当時、石川氏の弁護人から検察の取調べに関するクレームが来ていたのに、この事実を伏せた上で、クレーム申入書を検察審査会に提出する事件記録から除外していたという問題だ。

弁護人から取調べに関する苦情が来ていたからといって、その中身まで全て真実だと断定できるものではない。

それでも、内容がどのようなものであれ、何らかのクレームが来ていたというだけで、石川氏が田代元検事や吉田副部長の取調べに納得していなかったのではないかとの疑念を生じさせるには十分だ。

この事実を隠すということは、石川氏の供述調書の作成過程に何ら問題がなかったと装うに等しい。

しかし、実際の取調べは、国会議員である石川氏に取調べ室で土下座させて屈辱感を抱かせるなど、問題が多々あった。

もし検察審査会の審査員にそうした事実を知られたら、それだけで石川氏の供述調書の任意性や信用性を否定されたばかりか、検察捜査全体が疑いの目で見られたはずだ。

この点、石川氏の弁護人が検察あてに提出していたクレーム申入書は1通のみであり、その内容も取調べの全面録音録画を求めるといった一般的な記載にとどまるものだった。

しかし、たった1通でもそうした申入書が存在したという事実が重要である上、弁護人が接見指定を求めるために検察に電話を入れた際、併せて取調べに関する苦情を述べたような場面も多々あったはずだ。

ただ、従前から、検察では、弁護人のクレーム申入れやこれに対する検察内の対応状況などに関する書類を事件記録と別扱いにした上で、起訴状写しや求刑予定、内部決裁資料などを綴った検察官手持ちの「検察票綴り」と呼ばれる書類綴りの中に編てつするといった取扱いが行われてきた。

今回も、悪意に基づいてクレーム申入書を事件記録から外したというよりも、単に従前と同様の取扱いをしていたにすぎないとも考えられた。

しかし、それは検察の勝手な都合にほかならず、捜査の過程で判明した事実は有利不利を問わず全て証拠化し、仮に原本が1通で事件記録が共犯者の数だけ分けて作成されるような事案の場合でも、きちんとその数だけの謄本を原本から作成した上で、各事件記録に編てつしておくというのが検察の取るべき態度だったはずだ。

私は、中村検事に対し、以上のような事情を一通り説明した。

【取調べメモの問題】

これは、各検事が取調べを行った関係者の供述内容をワープロソフトを使ってメモにまとめており、この「取調べメモ」が検察で組織的に管理され、捜査員にも配布されていたにもかかわらず、検察審査会に提出する事件記録からはその全てが除外されていたという問題だ。

この問題の本質は、例えば建設業者が小沢代議士サイドへの裏金交付を否定したり、仮に認めていてもその一部に検察にとって不都合な部分があるような場合には、あえてそれらを「供述調書」にせず、「証拠」という形で残さないことで、将来の証拠開示に伴う公判の紛糾を避けようとする点にある。

ただ、そうした供述であっても捜査公判を担当する検察内部では情報共有をしておく必要がある。

そこで、「取調べメモ」という形で残した上で、単なる検事の聞き取りメモであって完成された公文書ではないとして事件記録から外して別管理とし、この写しを幹部や主任、捜査担当検事に配布し、併せて公判担当検事にも事件記録と別に引き継ぐことで、情報共有を図ることとなる。

こうしたやり方であれば、実際にはどのような供述内容だったのかが表に出てこないし、検察の都合でいつでもそのメモを廃棄でき、仮に弁護人から証拠開示請求が出たとしても、「存在しない」として拒否することが可能となる。

ところで、中村検事は、私の取調べに際し、小沢公判における私の証人尋問後、検察が渋々ながら指定弁護士に交付していた70通ほどの取調べメモの写しを全て持参していた。

私は、中村検事からこれらのメモを示され、がく然とした。

というのも、この70通は、各検事が作成していた「取調べメモ」のごく一部にすぎず、かなりのものが間引かれていたからだ。

そこで私は、中村検事にその旨述べた上で、「○○のメモがない。あのメモには××といったことが記載されていた」などと言って、間引かれている取調べメモの存在と、その具体的な内容を伝えた。

そもそも検察審査会に取調べメモの存在を隠していたということが問題となっていたのに、なおも検察は指定弁護士に一部を交付するのみで、あたかもそれが全てであるかのように装い、大部分の不都合なメモを隠し続けていたのだった。

しかも、この70通の取調べメモですら指定弁護士に開示するのを渋っていたわけであり、余りにも不誠実な検察の対応を知り、呆れるほかなかった。

この日の取調べは午後4時30分ころに終わり、私の供述調書は翌日回しとなった。(続)


前田恒彦
元特捜部主任検事

1996年の検事任官後、約15年間の現職中、大阪・東京地検特捜部に合計約9年間在籍。ハンナン事件や福島県知事事件、朝鮮総聯ビル詐欺事件、防衛汚職事件、陸山会事件などで主要な被疑者の取調べを担当したほか、西村眞悟弁護士法違反事件、NOVA積立金横領事件、小室哲哉詐欺事件、厚労省虚偽証明書事件などで主任検事を務める。獄中経験もあり、刑事司法の実態や問題点などを独自の視点でささやく。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年9月14日 12:19:48 : 6lEL0QePhA
 

 堀 潤 JUN HORI ‏
 今夜の激論コロシアムは、政治とメディア。ゲストは生活の党・小沢一郎党首。国策捜査だと、小沢氏が主張した一連の事件。
メディアはどう報じたのか検証。
http://sp.live.nicovideo.jp/gate/lv152116161


02. 2013年9月14日 13:56:18 : 1ioo7h1uY6
■検察組織の輩は

 『正義の味方の仮面』をかぶり

 『悪辣非道の振舞い』を繰返す

 『国民の税金で録を食み』つつ

 主君であるべき『国民に牙を剥く』

 それが『悪徳司法官僚組織:検察』!

 こいつ等『糞官僚共の命運』が

 今尽きようとしている!『風前の灯』か!

 ・・・と思いきや

 またもや

 『福島原発の大事故・大事件』を不起訴にした

 まともな捜査・取調べもせずに・・・

 今また

 『東京地検は 犯罪者集団』であることを強く確信した



03. クロウマ 2013年9月14日 14:43:53 : wfCGfQCfsyQ7g : rxov5R556U
田代元検事は検察の口利きによりある会社の法務部に再就職しています。
要するに彼は検察に丸め込まれて言いなりになって、次の人生に入りました。
果たして彼は人間としてこれからの人生を、何もなかったとして生きてゆけるのでしょうか。元検事としての正義感のかけらでもあれば、社会的に非常に不利な立場になっても事件の真相をすべて明らかにするべきである。
そうでなければ田代元検事と言う名前は、現在の検察幹部連中と同様に、腐敗した検察組織の一員として歴史に残ることになる。

04. 2013年9月14日 19:48:50 : mp6fw9MOwA
検事が正義感にあふれるとの妄想は作られた妄想で有り、実態は真逆である事が国民に示された。
知恵ある国民は検察の事情聴取で土下座せよと言われても、何の権限が有りそのような事を言うのか、法的根拠を示せと言われたら次の取り調べは出来なくなるだろう。
裁判所は拘留を許可しても裁判所は過去に間違いを犯しているし、同一事件で再逮捕を繰り返す事が憲法規定の基本的人権を蔑ろにしているのではないかと言われて答える事が出来るのだろうか。
現在の冤罪作りを可能にする法律のトラップが国際社会から責められている状況を盾に、検察・裁判所に対処する事で冤罪事件は減る筈で有る。
検察・裁判所が理不尽な事を続けるのでそれを指摘するコメントを書くと冤罪事件に巻き込まれるのではないかとの心配が頭をよぎったが、国際社会が日本の不正を許さないとの思いが勝り、検察・裁判所の不正攻撃を続けることにした。

05. 2013年9月14日 21:28:27 : On8KixPIiA
比較的独立性のある沖縄の新聞も小沢事件の司法のインチキを記事にしてない、本土のマスゴミと同じ記事だ、何を恐れているのか?菅が沖縄のマスコミを訪問したが、それ以前の小沢の記事も大手マスゴミと同じような記事だったが
それにしても、日本のマスゴミはズブズブの低レベルだ

06. のぼっさん 2013年9月14日 21:41:13 : fkt3FbbrckgTg : M35dz93p0I
小澤事件は検察の虚偽記載調書作成が明確になり、ネットで流出したものを見ると
田代検事一人の記憶の混同などとは程遠い、石川議員の録音の内容と全く異なる
検察官の作文であり、田代以外にも木村、斉藤と言う検事の報告書もインチキの羅列まさに組織的犯行である事が明らかであるのに、記憶の混同として不起訴、田代はどこかの会社に再就職と一生ウソで固めた人生を送る羽目になり、組織を守った
検察官として組織からは守られるのでしょうが、彼に意地とか正義感とか道徳感があれば国民の前で堂々と発言してほしい。
フロッピー改竄の前田検事は今真実を発言しており、彼の方が誠実さを感じる。
かって暴言検事として辞職した市川弁護士が検察の欺瞞を話しているが国民は
誰も検察官を信用も信頼もしていない。
トヨタの系列会社のフタバ産業の役員が中国の官辺に賄賂を渡したとして逮捕されているが、中国に進出しビジネスをやるには官辺へのわいろは当然、公然と言われており、賄賂を出さなければ進出できないと言われている。
何故フタバ産業だけが告発され逮捕されたのか、胡散臭い状況を感じている。



07. 2013年9月15日 07:35:42 : lWineAYDB2
樋渡検事総長が すべてを知っている。

当時の麻生総理大臣と秘密裏に会談
国会でも密会を追及されていた

あの頃は 民主党もこの事件を 糾弾していたのに

菅・野田(6人衆)は 冤罪逮捕のグルだ。



08. 2013年9月15日 10:35:24 : 1qRrlktgPg
●『小沢民主党』を国民から奪い去ったテロリスト達を絶えず追求しつつけ断罪しなければならない。

麻生元総理と森英介元法務大臣が樋渡元検事総長と結託して宿敵民主党を潰す目的で指揮権発動をし元秘書を強制逮捕させた。

すべてはここから始まった。

しかし、民主党は圧倒的国民の支持を受け政権を奪取した。

この時国民が選んだ民主党は『小沢民主党』であったことは明らかで、小沢追放後の民主党の凋落は当然であった。

その後はなりふりかまわず小沢追放で最高裁、検察そしてあろうことか仙谷民主党まで結託して幽霊検察審査会、民主党代表選不正選挙、捏造報告書、イカサマ裁判(訴因変更、推認有罪、追認有罪、証拠不採用・・・)で小沢一郎追放のテロを実行した。

麻生、森英介、樋渡の後は、最高裁事務総局、裁判所、仙谷一派、ムサシ等が主導して『小沢民主党』を国民から奪い去ったのである。

これは国民に対するテロであり、あのとき『小沢民主党』に希望を託した多くの国民はこうしたテロリストを断罪せずにはすまされない。


09. 2013年9月15日 13:16:12 : BqC1RixjCw
正義を主張するものこそ悪党であるということがここでも明らかななっている。
「社会の木鐸」と自称するジャーナリズム、「巨悪は眠らせない」と喧伝する検察、彼等こそが腐敗・堕落の中核なのだ。

10. 2013年9月15日 15:05:58 : DNQYl0SKi6
日本の実態 

長いものに巻かれろ。
明治の薩長下級侍あがりの検察警察裁判官時代から日本の司法は飛んでも発憤
(豚デモ八糞)豚デモ逃げる糞塗れ司法の実態。
今に始まったのではない。


11. 2013年9月15日 16:50:39 : FfzzRIbxkp
ワープロ一太郎のデーター復旧できないの?

遠隔操作ウィルスの よくわかんないコードとかの対応と違いすぎる。


12. 母系社会 2013年9月15日 20:14:43 : Xfgr7Fh//h.LU : Hcf5TwFeV2

「支配階級の諸思想は、どの時代でも支配的諸思想である。
すなわち、社会の支配的な物質的力である階級は、
同時にその社会の支配的な精神力である。

物質的生産のための諸手段を自由にできる階級は、
それとともに精神的生産のための諸手段を意のままにする
のであるから、 それとともに精神的生産のための諸手段
を欠いている人々の諸思想は、概してこの階級の支配下にある。」

マルクス「ドイツ・イデオロギー」より


13. 2013年9月16日 09:40:19 : sy9aFtnJag
08>さんの正に仰る通りです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK153掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK153掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧