★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK153 > 860.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
秘密保護法により秘匿すべき情報とは。(日々雑感) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo153/msg/860.html
投稿者 笑坊 日時 2013 年 9 月 18 日 06:40:15: EaaOcpw/cGfrA
 

http://km2295.iza.ne.jp/blog/entry/3187395/
2013/09/18 05:17 

 業務上に公務員が知り得た情報を漏えいするのはもちろん論外だが、それ以外のことに関して秘密保護法が必要な国家だろうか。むしろ記者クラブに守られた官僚たちの情報秘匿による不利益の方が大きいのではないだろうか。

 その最たるものの例が福一原発放射能漏れ事故の時にSPPDI情報が直ちに公開されなかったことだ。それにより無用な放射能被曝を多くの住民が浴びてしまった。「直ちに健康被害」がないため、なんとなく済ましているが、それはこの国のマスメディアの怠慢以外の何物でもない。

 この国のマスメディアによる情報秘匿と、特定の世論誘導するためとしか思えない情報操作も大問題だ。その最たるものの例が小沢一郎氏に浴びせられた人格攻撃の「西松建設事件」及び「陸山会事件」だ。

 小沢氏の無罪が確定するまでの、あの四年有余の後進・独裁国家並みのこの国のマスメディアの報道ぶりには恐怖すら感じた。「推定無罪」という憲法規定があろうと、この国は誰でも検察官僚による情報リークと、マスメディアによる広報活動により簡単に社会的に抹殺できる状態にあることをまざまざと見せつけた。

 秘密保護法により文科省や検察官僚たちが守られるとしたら由々しきことだ。現在の法の下でもSPEEDI情報を秘匿した文科省からも、碌な証拠もなく小沢一郎氏を徹底して人格攻撃した検察官僚からも直接誰も罪に問われていない。この程度の国家に御大層な秘密保護法が必要なのだろうか。

 むしろ新聞各社がテレビ局を傘下に支配する「情報独占」の方が問題ではないだろうか。こんどの「消費増税」に関しても、どのマスメディアは反対の論陣を張ろうとしない。すべてが同じポンポン船に乗っているかのように同じように振動している(こり下りは「一億総懺悔」を拒否した小林秀雄氏の文章から引用)。

 民主主義社会とは多様な情報ソースから得た多様な情報を様々な情報チャンネルから自由に広報できる仕組みを社会でなければならない。もちろん公務員が職務上知り得た情報を秘匿し機密を厳守種べき、というのは論を俟たない常識だ。そうでなければこのブログで主張しているIDカードと電子カルテを連動した国民ナンバー制度は成り立たない。だから公務員が秘匿すべき情報として厳しく機密保護法を適用すべきものは国民個々人に帰属すべき情報を国家が管理しているものに関してであって、国家が国家の名において執行している国民のための機関の情報は多いに開示すべきだ。すべてを機密保護法の名の下に秘匿するのは筋違いだ。味噌も糞も一緒にしては断じてならない。


関連ニュース
特定秘密保全法案に「報道の自由」保障を盛る方針 (00:34)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/684766/

秘密保護担当相に森少子化相 (09/17 22:24)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/684740/

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年9月18日 06:59:38 : XMz5Ozcyq6
これだけ分かっていながら
韓国や中国の話になると、思考が停止するのは理解不能だね
俺は、普段から中韓は、国内のガス抜きと外交カードとしてしか見てないと指摘しているけれど
だから日本に非がないという話ではない
大体、歴史には認識も糞もない

絶対的な基準、人の道を外れなければ
今だって中韓に対して、強く出られる
日本が自虐的になっているのは、似非右翼がいるからだ


02. 2013年9月18日 08:50:36 : NNHQF4oi2I
<<秘密保護法

自民 公明 官僚 司法 テロリスト保護法


03. 2013年9月18日 16:31:22 : Q1h9mUV12k

国家機密がダダ漏れというのも、困るな。

企業や家庭でも同じこと。大げさに騒ぐことじゃない。


04. 2013年9月19日 00:01:38 : YxpFguEt7k
斎藤恭紀氏
「9.11の後に自由と民主主義の国が監視と全体主義の国に。それは「愛国者法」という法律が成立したことがきっかけ。権力を批判したブログが強制閉鎖され、公共の秩序を乱すという理由でデモや集会が排除された。このままだと日本が同じ道を進むことになる。その第一歩は特定秘密保全法成立だ。」
https://twitter.com/saitoyasunori/status/380342733488939008

台頭するファシズム…


05. 2013年9月20日 08:34:49 : KBKZ9ynO8c
 日本国憲法に記されている「報道の自由」は報道する側の自由だけで、受け取り手の(国民の)報道の自由は著しく制限されている。こうした事態を打開すべく報道の自由が確立されなければ秘密確保法による保護対象は秘密を独占する官僚たちだけになってしまう。それではますます国民の知る権利は奪われてしまうことになる。報道する側の多様化とクロスオーナーシップ制の禁止こそ急ぐべきだ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK153掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK153掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧