★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155 > 208.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
秘密保護法案は米軍と一緒に自衛隊を海外に展開させるためのものだ.制定を米国に約束済です  孫崎 享 
http://www.asyura2.com/13/senkyo155/msg/208.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 10 月 19 日 00:37:00: igsppGRN/E9PQ
 

秘密保護法案は米軍と一緒に自衛隊を海外に展開させるためのものだ.制定を米国に約束済です
http://blogs.yahoo.co.jp/hellotomhanks/64226394.html
★孫崎享氏の視点ー<2013/10/18>★ : 本音言いまっせー!


多くの国民が知らないことであるが、秘密保護法のような措置を取る
ことは本年10月3日、外務大臣と防衛大臣が文書で、国務長官と
国防長官に約束していることである。ついでに言えば集団的自衛権を
再検討することも約束している。
つまり、日本政府は自衛隊を米国の“傭兵的存在”として海外で使う
ことを約束しているのです。

 何故、急に秘密保護法が浮上してきたのか。

 これはまさに集団的自衛権とセットになっている。海外で自衛隊を使う際に
米国並みの秘密保持の体制が必要だからである。
戦闘部隊を持つ米軍何の秘密保持体制を持ちたいからである。

 まず、この考えが出てきたのは「日米同盟:未来のための変革と再編」
2005年10月29日(いわゆる2プラス2合意文書)である。

 ここでII. 役割・任務・能力で、日本及び米国は、以下の分野に重点を
置くとして、「国際的な安全保障環境の改善のための取組む」を指摘した。

安全保障環境の改善とは相手国の攻撃を必ずしも前提としていない。
従って国連憲章の精神から大きく離脱する行動である。

そのため、「二国間の安全保障・防衛協力の態勢を強化するための不可欠な
措置」として、「情報共有及び情報協力の向上」を謳い、
「共有された秘密情報を保護するために必要な追加的措置をとる」とある。

ただし福田政権では集団的自衛権に消極的であり、その後民主党政権となり、
秘密保護法への取り組みも薄らいだ。

そして安倍政権の集団的自衛権への前のめりと共に、秘密保護法への
取り組みが増した、

2013年10月3日「より力強い同盟とより大きな責任の共有に向けて」
と題する日米安全保障協議委員会共同発表がなされた。

「日本は、国際社会が直面する課題への対処に一層積極的に貢献する意図を
反映し続ける」とし、
「集団的自衛権の行使に関する事項を含む自国の安全保障の法的基盤の
再検討」を述べ、,「相互運用性を向上させる」としている。

このことは日米が一体として行動することを意味する。

 そのためには情報分野の協力が必要となる。

「・情報保全

情報保全の強化により,二国間の信頼関係は引き続き強化され,
両国間の情報共有が質量双方の面でより幅広いものとなり続ける。
閣僚は,情報保全が  同盟関係における協力において死活的に重要な
役割を果たすことを確認し、保全に関する日米協議を通じて達成された
秘密情報の保護に関する政策,慣行及び手続の強化に関する相当な進展を
想起した。SCCの構成員たる閣僚は,特に,情報保全を一層確実なもの
とするための法的枠組みの構築における日本の真剣な取組を歓迎し,
より緊密な連携の重要性を強調した。

最終的な目的は,両政府が,活発で保全された情報交換を通じて,
様々な機会及び危機の双方に対応するために,リアルタイムでやり取りを
行うことを可能とすることにある」

ここに「リアルタイムでやり取り」に注目する必要がある。

ここでは日米の軍事作戦が想定されている。

秘密保護法は偶然出てきたのではない。

集団的自衛権と一体である。

そして、その行使は攻撃があったからではなくて、国際的安全保障環境の改善」
と言う名のもとに行われる、国連憲章と異質の行動である、それは当然相手側の
報復を招く危険な性格を有するものである。

戦慄する日本の真の敵!実は日本を軍事紛争へ誘導する米国じゃないか

私達の安全保障上の敵は中国・北朝鮮である。それは間違いない。

 しかし、この中国・北朝鮮と何故緊張関係を持つか、かつ場合によって
これと武力衝突の可能性に日本が進んでいるかと言うと、米国に日本が
動かされている面がある。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年10月19日 02:18:20 : WSzKiOKmFM
まーたカス陰謀ハゲの乱れ妄想か

阿修羅にはふさわしいけどな

まったく、そのうちガッツリ指摘してやるが、「阿修羅妄想サイト」にはネットのゴミ溜めとしか意味が無い

要するに存在価値はまったくない

嘘と妄想の放射能をまき散らして有毒なだけである


02. 2013年10月19日 08:22:52 : UseQyMEg1k
>>01 意味のない悪口罵詈。オマエこそ有害


政府には「国民に知らせない義務」があるそうです
 稀代の悪法・特定秘密保護法案の中に、国民の「知る権利」に
関する文言は盛り込まれない見通しです。
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-1110.html

「憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、
 ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。
 あの手口学んだらどうかね」  という自民党・麻生の発言もあるし


03. 2013年10月19日 08:40:12 : YxpFguEt7k
浅井久仁臣氏
「経産官僚であった古賀茂明氏が今夜の「報道ステーション」の解説で、安倍政権が成立を狙う秘密保護法案に対して「国民が怒ること」の重要性を説いていた。国民の怒りや関心が高まれば、報道機関の意識も当然高くなる。それこそが、「政治の暴走」を防ぐ最良の道とする古賀氏に異論無し。」
https://twitter.com/asaikuniomi/status/391196169382019073

はたともこ氏
「特定秘密保護法案は平成の治安維持法であり、政府が国民をスパイする法案。第1条〈目的〉に「高度情報通信ネットワーク社会の発展に伴いその漏えいの危険性が懸念される」と明記。ネット社会を権力が監視・管理する目的が明白。大正デモクラシーを終焉させた治安維持法【平成版】の成立は許せない!!」
https://twitter.com/hatatomoko/status/391194685353377792

ネット監視・管理が目的! …管理社会へまっしぐら。ソ連化だ。


04. 2013年10月19日 09:07:46 : dzSvvl4VUI
01>おまえこそ、ネットのゴミ、日本の恥ニート。こんなところでとぐろまいてないで真面目に働け。ごくつぶしが。

05. 2013年10月19日 12:44:32 : Q3qbpnbECo
>米国に約束済

小沢氏が民主党幹事長だった時
民主党大勝の前後に「あまり勝ちすぎるのもよくない」と発言したが
これは野党の抵抗を理由に
米国との密約を反古にできないという理由があると思うんだけど
どうでしょう?


06. 2013年10月19日 12:48:09 : QVjAd3ggDI
01 WSzKiOKmFM

夜中にバイトとはご苦労なこった。
親御さんも悲しんでいることだろうから早くちゃんとして安心させてあげなさい。


07. 2013年10月19日 21:11:07 : F7D6DEYy1w
☮◓「秘密保護法案」阻止へ共同を《日本共産党》
http://www.youtube.com/watch?v=9vna80NZSpA

08. 2013年10月19日 21:36:02 : F7D6DEYy1w
http://www.videonews.com/

ニュース・コメンタリー (2013年10月19日)

特定秘密保護法案の本質的な問題は何一つ解決していない


 機密を漏らした公務員らへの罰則強化を盛り込んだ特定秘密保護法案について、与党の自民党と公明党が国民の「知る権利」や「報道・取材の自由」への配慮規定を盛り込むことで10月16日、合意に達した。政府は来週25日には閣議決定の上、国会に提出する予定だと言う。今国会で成立する可能性が現実になってきた。
 安全保障や外交、テロ対策に関連した情報を守るために、それを漏らした公務員に、一般的な守秘義務より厳しい罰則規定を設ける必要があるという主張は、ある程度は理解できる。
 しかし、政府が主権者である国民から合法的に情報を隠すことを認める法律には、秘密に指定する対象となる情報の明確な基準と、少なくとも事後的にその基準が守られていたかどうかをチェックする機能が不可欠だ。明確な基準が無い場合、政府にとって都合の悪い情報が一旦「秘密」に指定されてしまえば、もはや国民にはその情報が秘密に指定されるべき情報だったかどうかを判断することが不可能になってしまう。
 今回、自公両党が合意した改正案には雑則として秘密の指定に「統一的な運用を図るための基準を定める」との文言が入った。この点は一歩前進したと言える。
 しかし、この条文では「基準」がどの程度厳格なものになるかが現時点ではまったく不明な上に、その基準が守られたかどうかをチェックする機能が法案には盛り込まれていない以上、この条文は全く効力を持たないと言わざるを得ない。
 政府に情報を統制する権限を与える法制度は、一旦それが認められてしまうと、統制されている事実そのものが国民から見えなくなってしまうという、とても危険な特性がある。制度の暴走を防ぐためには、基準の明確化と事後チェックだけは何をおいても不可欠だ。
  国民の知る権利や報道の自由が尊重されることは重要だが、現行の特定秘密保護法案はこのようにより本質的な問題を抱えており、それらは何一つ解決されていない。「知る権利」や「報道の自由」を当て馬のように使い、情報統制をしたい側にとっては本丸となる「チェック機能」を排除した法案を出してくる政府の手口と、その手のひらの上でまんまと踊ってしまうマスメディアの問題点を、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。

http://www.youtube.com/watch?v=fLeTiGHwXsI&feature=youtu.be
http://www.videonews.com/news-commentary/0001_3/002994.php


09. 2013年10月19日 23:15:58 : F7D6DEYy1w
☮20131011 報道するラジオ「"特定秘密保護法案"を知っていますか?」
http://www.youtube.com/watch?v=-DT2SLU_u_Q

10. 2013年10月20日 07:02:31 : 3XxpwluUCc

 国民が目覚める(=国民の独立)の為の犠牲者小沢さんや孫崎さんの後に続きましょう。そして、『国民独立』の英雄の名に連なろう。

 (石破幹事長が昔、北朝鮮で遊んだビデオが有るとか無いとか噂が有るが、ミノさんへの陰謀は傷が深過ぎない。ミノさんは潔癖で有った、と観ます。ミノさんは小沢さん同様『検察の“罠”』を警戒していた。のでしょう。)


11. 2013年10月20日 09:23:30 : F3D5GLpYsg
01

お前のコメントはつまらん。根拠も背景も何も書いていない。

お前の雇い主に言っとけ。お前のような阿呆をやとっても逆効果。


12. 2013年10月21日 12:35:42 : S28J8bkdYY
>秘密保護法案は米軍と一緒に自衛隊を海外に展開させるためのものだその視点もあるだろうが、冷戦構造が機能していた時にスパイ防止法に積極的だったのが統一教会で、これは反共だけではなく国家権力により国民の監視を強め、世論を抑えこもうという狙いもあったのだと思う。その思惑は叶わなかったが、一方で80年代以降の欧米による "日本バッシング" "経済戦争" もマスコミ・メディア等による情報操作で、欧米にはあまり火の粉はかからず、世論も親欧米のままという状態を維持することに成功している。
21世紀に入って、ジョージ・W・ブッシュは対日占領(=親米保守・対米従属化)を「最も成功した占領」と呼んだそうだ。

「国家の私物化」で甘い汁を吸い続けたい人たちにとって、ネットの普及は望まざる状況だ。当然、ネット世論を抑えこみたい。恐らく多くの工作が行われていると考えるのが自然だと思う。ネット内で互いに争わせ、分断させ、諦めさせる、という方法もその一つだろう。フランク・ブックマン博士が提唱し、政財界や右派新興宗教、そしてCIAが絡んでいた道徳再武装(MRA)というものがあるが、これは戦後、左翼運動・労働運動が激化し始めていた冷戦時代にあって、彼らは労使協調を主張し労組を骨抜きにし、結果として西側の体制の利益に貢献することになった。

「総体革命」で日本の北朝鮮化が進行し、マスコミが大本営化し、気がつけば民主主義が機能しない拝金主義の暗黒社会が蔓延しつつあることを肌で感じている人も最近では少なくないだろうと思う。多くの人は特定の思想を持っているわけでもないのに、誹謗中傷を恐れ主張や発言に躊躇するようではネットの良さは失わたに等しい。

『ゲームの規則』とは、名匠ジャン・ルノワールによれば「人が社会生活の中で … その中で押しつぶされまいとする限り … 守らなければならない規則」とのことだそうだ。

・・・・・・・・・・・・

闇の永田町 池田大作の全体主義政権づくりに向けた権力欲

…絶対権力者・池田大作を支える源泉とは、一説には「総額十兆円」ともいわれる巨額資産である。その詳細は拙著『システムとしての創価学会=公明党』(第三書館)で触れているが、それは年間数千億円にも達する通常財務など、すべて学会員の寄付から吸い上げたものである。ところが、常に池田の手元には、オモテの学会本部の一般会計には絶対に出ることのない莫大なカネがある。

…例えば、一九八九年、ブッシュ大統領の就任後まもなく、麻薬密売の容疑でアメリカに逮捕されたノリエガ将軍の自供の中に「池田の指示で、創価学会の資金がパナマでの麻薬取引の資金繰りにも使われ、そのアガリから池田は小沢一郎に相当な額を常時渡していた」という衝撃的なものがあった。そして、こうした「前例」に倣うかのように、今度の森擁立劇の裏側でも、多額のカネが池田の手元から一挙に自民党サイドに流れたのではないか、との見方も出ているのである。

前出の元側近は語る。「裏金の総額や使途の全貌はもちろん池田しか知らないが、彼の本当にすごいところは、たった一晩で百億単位のカネが用意できることです。今度の森擁立の過程で、ひそかに池田が自民党にカネを回した可能性は十分にあると思います。通常、自氏党の総裁選には三百億から五百億のカネが必要と言われていますが、これがもし仮に百億円の支払いで済んだとしたら、池田にとってこんな安い買い物はないでしょう」…以下省略 
『噂の真相』2000年7月号 2005年12月3日 http://blog.goo.ne.jp/c-flows/e/f0bcd11cf71968ec4183dd748a954efd (より抜粋)


13. 2013年10月21日 12:44:35 : S28J8bkdYY
>>12

 >秘密保護法案は米軍と一緒に…ためのものだ

その後の改行と一行の空欄が消えてしまいました。ご了承ください。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧