★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155 > 211.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本:奥西死刑確定者の再審棄却は、司法の茶番  アムネスティ・インターナショナル
http://www.asyura2.com/13/senkyo155/msg/211.html
投稿者 ダイナモ 日時 2013 年 10 月 19 日 02:34:09: mY9T/8MdR98ug
 

2013年10月18日 [国際事務局発表ニュース]

日本の最高裁は10月16日、奥西勝確定死刑者(87歳)の再審請求を棄却した。これは再審請求が訴える事実から目をそむけ、果たすべき正義を怠った茶番である。

強要された自白で死刑判決を受け投獄されて40年有余年、奥西さんは、世界でも最年長の死刑確定者だ。その再審請求が棄却された。

一貫して無罪を訴えてきた奥西さんは、現在医療刑務所内の病床にある。今回の棄却により、罪が晴れないまま亡くなる可能性が高くなってきた。

奥西さんは1961年、毒物を混入したぶどう酒を飲ませ5人の女性を殺害したとして、逮捕された。弁護士に相談もできず、5日間にわたる長時間の警察の取調べの中、犯行を「自白」をした。

奥西さんが「自白」を取り消した一審で、裁判所は証拠が不十分だとして、無罪判決を下した。しかし、高等裁判所でこの判決は覆り、死刑が言い渡された。

今回の再審請求棄却は、最高裁判所が、「自白」を取り消したとしても最初の自白の信憑性は損なわれない、と判断したということになるだろう。

弁護団は第8次再審請求の準備を予定しているが、この手続きには数年かかる可能性がある。

長時間過酷な尋問をしたり、弁護人の立ち会いを認めないなど欠点の多い取調べの中で虚偽の自白を強要された。このことからも、再審が必要であることは明らかである。従ってなんとしても、再審を勝ち取る必要がある。しかし、現在の奥西さんの体調を考えると、一刻の猶予も許されない。

40年以上の間、奥西勝さんは日々死の恐怖を味わってきた。日本の死刑執行は秘密裏に行われ、死刑確定者には執行のわずか数時間前にしか知らされない。

ほかの多くの死刑確定者同様、彼もほとんどの時間を独房で過ごしてきた。

強いられた自白に基づき死刑を言い渡された死刑確定者は、奥西さんだけではない。当局は時間切れになる前に、事実と向き合い、再審という正義を果すべきである。

現在、日本の死刑確定者は130人を超える。これは過去半世紀で最も多い水準である。

また現在の自民党政権下で、死刑執行が加速していることも憂慮すべき事態だ。2012年に安倍首相が誕生してから、すでに6人の死刑が執行された。

最も長く拘束されている死刑確定者がいる

最も差し迫っているのは、1968年に死刑を宣告された袴田巌さんのケースである。

袴田さんは、世界で最長となる47年もの間、死刑確定者として拘束されてきた。そして、長年の独居拘禁生活で、精神を病んでいると言われている。

不公正な裁判に基づき、勤務先の上司とその妻らを殺害したとして有罪となった。袴田さんは、警察署で20日間にもおよぶ取調べを受けた後に「自白」した。裁判の中で自白を撤回し、取調べ中に暴行を受け脅迫されたことも明らかにした。

死刑判決を言い渡した3人の判事のうちの1人は、袴田さんは無罪であるとした。

弁護団によると、犯行時の着衣とされた衣類に付着した血痕は、袴田さんのDNAとは一致しなかった。

袴田さんも再審を認められるべき、もう一人の死刑確定者である。

アムネスティ・インターナショナルは、日本政府に対して独居拘禁を停止することを含めた処遇改善を求めている。


背景情報

またアムネスティは、日本政府に対して、死刑廃止に向けた第一歩として死刑執行の停止を求めてきた。

今も日本の司法制度は自白偏重で、取調べの過程でしばしば拷問やその他の虐待が行われている。取調べでの弁護士の立会いは認められず、取調べ時間にも明確な上限がない。

取調べ中に、暴行、脅迫、睡眠を奪うこと、長時間同じ姿勢で立たせることなどが行われていると報告されている。

以上の点も含め、日本の司法制度が、国際基準に適ったものとなるよう、繰り返し求めている。

アムネスティは、犯罪の種類や状況、犯罪の有無、犯罪者の特徴、あるいは国家による執行方法を問わず、例外なくあらゆる死刑に反対する。死刑は、生きる権利の侵害であり、最も残虐で非人道的かつ人間の尊厳を傷つける刑罰である。

アムネスティ国際ニュース
2013年10月17日


http://www.amnesty.or.jp/news/2013/1018_4240.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年10月19日 07:58:35 : 5bf6HNvYYs
今さら無罪にはできない「駄々っ子のような司法」の面子。

「死刑囚として天寿をまっとうしてもらう」これが再審請求却下の本音でしょう。

組織の存立の為には国民を犠牲にすることは至極普通の感性なのだろう。

それが国家の常ならば民主主義は有名無実だ!

司法の大改革がなければ今後も冤罪は続く・・・どこまでも続くだろう!

毒物混入事件の犯人は判らないが、奥西さんの冤罪事件の犯人は判っている・・・それは日本の司法である。


02. 2013年10月19日 09:31:31 : S0tVUGZ7Iw
今後、最高裁判所判事および最高裁事務総局の犯罪行為への追及が激しくなっていくように思います。最高裁判所は司法の悪、いやすべての悪の根源です。

03. 2013年10月19日 13:38:35 : P9bWXFKhCE
憲法を脳死状態にして文化勲章を勝ち取った何某耕太郎とかいう最高裁長官がいたが、植民地国家の司法の為せる技はいまも脈々と受け継がれている。事なかれ主義、自分中心主義のヒラメ裁判官がどんどん培養されわが国の正義の殿堂を穢している。今回の棄却も憤りを禁じ得ない。

04. 2013年10月19日 13:54:07 : mp6fw9MOwA
陸山会事件で日本の裁判所は真実の追求ではなく冤罪を仕掛けた検察の追認機関である事が白日の基に晒されてしまった。
しかし、その事実さえも検察の追認機関である裁判所は理解出来ないほど考える力が無い事を示し続けている。
再審を認めても過去の判決が間違いという訳ではなく、不十分だとの疑いを認めるだけで司法に傷が付かない。
その疑いを示す新たな証拠が有るなら再審は認められるべきで、その新たな証拠が正しいか否かの判断をすれば良い。
それを避けるのは再審で無罪になる事を危惧しており再審を避けていると考えるのが妥当なほど裁判所はいい加減な判決を出していると疑われている。
国民に疑われている裁判所は新証拠は全て精査するとの態度を取らない限り国民の疑いは増え続けるだろう。
飯田裁判官は明らかに1審判決の過ちを知っており新証拠を却下して、間違い判決を追認した後での再審棄却で有り、この棄却は事件の内容を知らない人にも決して同意は得られない。
再審が認められたケースで有罪との話がほとんど出てこないのも異常である。
日本では明らかな判決の間違いが無いと再審が認められないなら再審は不要で有り、再審が有るなら有罪となる可能性が少なくとも2割程度発生する程度にまで再審請求を認めるのが健全な司法制度で有り、裁判官が仕事をしている事になる。

05. 2013年10月20日 06:45:00 : 4o0n8lW3Jw
アムネスティはリビア欧米傀儡政権や傭兵部隊の残虐行為や戦争犯罪は採り上げないのか? シリアに入っているサウジやアメリカが送り込んでる傭兵部隊の残虐行為や戦争犯罪は黙認? アムネスティは偽善団体、偽善組織

06. 2013年10月20日 06:53:10 : 4o0n8lW3Jw
リビアやシリアで戦争犯罪を犯したフランス、イギリス、アメリカ、サウジ、カタール、トルコの戦争責任、侵略戦争責任をアムネスティは問わないのか?
偽善組織のアムネスティはリビア国民、シリア国民の人権侵害は放置している。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧