★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155 > 546.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の「国民皆保険制度」は紛うことなき護送船団方式だ!、だから混合診療に方針転換するのか!? (神州の泉) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo155/msg/546.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2013 年 10 月 28 日 09:31:37: AtMSjtXKW4rJY
 

http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2013/10/post-d4bb.html
2013年10月28日


2012年の日本人の平均寿命は女性が86.41歳、男性が79.94歳で、いずれも前年を上回った。

世界でも長寿国であり、特に女性の寿命が世界最高に位置することは、日本人の和食文化もさることながら、「誰でも」「どこでも」「いつでも」平等な保健医療を受けられることが大きい。
世界を見渡した場合、わが国の保険医療の恩恵は言っても言い尽くせないくらいありがたいものだ。

国民皆保険(こくみんかいほけん)の沿革(えんかく)は、1958年に国民健康保険法が制定されたあと、1961年に全国の市町村で国民健康保険事業が始まったことに端を発している。
これが始まるまでは、日本人の1/3が無保険者だった。

日本が世界に誇る“国民皆保険制度(こくみんかいほけんせいど)”は、日本最大の“共通社会資本”と断定しても決して過言ではない。
共通社会資本とは、簡単に言えば、社会全体にとって共通の財産として管理・運営されるものをいう。

医療崩壊王国の米国を見れば、わが国の保険制度の有り難さが強く身に染みる。
それは、マイケル・ムーア監督の映画『シッコ』や、ディンゼル・ワシントン主演の映画『ジョンQ-最後の決断』を見ればよく分かる。
一般市民が病気で死んだり、医療経費がかさんで破産したりする者が常態化した米国の、いったいどこが先進国と言えるのだろうか。
医療破綻を放置している米国の外道(げどう)的な多国籍医療カルテルが日本に混合診療の“大解禁”と医療の完全産業化を求めている。

彼らは人間を一人でも多く助けるという人倫も、他者への思いやりも全く持ち合わせず、病気と治療を市場原理主義に合致させた、一つの確実なエマージング・マーケット(新興市場)としか見ていない。

つまり、医療というものを儲けのツールとしか見ていないのだ。

彼らの反倫理性とは、人類を病気から解放することとは正反対に、なるべく多くの疾患者が出ることを願い、あくなき市場拡大を願っている。
人の不幸を儲けにつなげるわけだから、まさに外道としか言いようがない。
彼らは民間保険業界ととともに、アメリカという国の医療市場を食い荒らし荒廃させてしまったが、今度は日本に狙いを定めた。

何度でも言うが、国際金融資本と化した多国籍医療カルテルは人類の外道である。
この外道たちが、竹中平蔵氏や安倍一派という、コンプラドール(売国者)たちを動かして、日本の皆保険制度を破壊しようとしている。

安倍内閣は10月18日、神戸市の「特区」方針を決定したようだ。
医療分野では混合診療の拡大や、外国人医師の業務解禁などを打ち出した。
混合診療の解禁や医療の産業化へ舵を切ったのである。
病気や治療は工業生産品〈商品〉ではない。

医療とは病気や怪我の治療、そして、人類の病(やまい)や死に対する不断的な克服の営為である。
現代医療倫理の根幹を成す患者の生命・健康保護の思想は、古代の「ヒポクラティスの誓い」から普遍・不易である。
これを外道医療カルテルは無価値化し、医療の在り方を金銭的な利潤を得るためだけのシステムに置き換えようとしている。

さて、前々回エントリー「国家戦略特区、国家のグランドデザインがないのに海外投資を呼び込んだら喰われるだけ」で、第一次橋本政権まで続いた、日本固有の護送船団方式時代をざっと概括して、少しだけ私見を述べさせていただいた。

日本が戦前戦後から採用していた護送船団方式の功罪をきちんと理解し、そこに含まれていた良い部分は絶対に残す必要がある、というのが神州の泉の基調的な理解である。

経産省のTPPカルト信者、宗像直子女史に代表されるような政策メンタリティが、現代日本を覆い始めている。
このような現代日本にあって、神州の泉が声を大にして言いたい諺(ことわざ)は、温故知新(おんこちしん)と不易流行(ふえきりゅうこう)である。

温故知新は古いものをたずね求めて新しい事柄を知ることだが、人類の創造的な変化とは、古くから変わらない本質をメタモルフォーゼさせて、発展的に進んでいくことである。
また、不易流行とは、いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくことであり、この両者は概念が似ている。

国際日本文化研究センター教授の笠谷和比古(かさや かずひこ)氏の「日本近世史・武家社会論」を参照させてもらうと、日本が産業革命後の欧米に植民地化されなかったのは、江戸時代に築かれていた高度な社会システムがあり、その高度なシステムを支えていたのが“武士道”という求心力だったという説が非常に説得力を持つ。

あの時代、アジア圏で唯一日本だけが産業革命の荒波に対応でき、かつ植民地にならなかったが、それは日本固有の文明体系があったからである。

神州の泉は単純化して、日本古来の村落共同体的社会の持続性という言い方をよく使うが、これは常に有為転変して発展的創造的に変化を繰り返し、江戸時代には高度な社会秩序を築き上げていた。
忘れてならないことは、戦後のある時期まで続いていた護送船団方式は、この社会秩序の発展形態の側面も強く出ていたのである。

以前の記事では、金融業界に護送船団方式が特に顕著に顕れていたと言ったが、この方式は金融や産業界のみならず、医療にも出ていたのである。
それが結実したものが、戦後の日本人があまねく享受している国民皆保険制度である。
不思議なことは、アメリカに頭をやられて護送船団方式を全否定している有識者が、国民皆保険制度を例外扱いして批判しないのはなぜかという話である。
われわれが享受するこの皆保険制度は、典型的な護送船団方式であるにもかかわらず、だ。
一人の例外もなく、病気になったら高度な医療を受診できるのである。
これが護送船団方式でなくて何であろうか。
アメリカに頭をやられている日本人でも、金融・産業界と医療を峻別しているのは、医療が資本主義になじまないからだ。
この大前提を忘却して、外道金融資本に阿諛追従している安倍内閣は亡国の徒輩(とはい)なのである。

国民皆保険制度、この世界に冠たる素晴らしい社会資本を、なぜに新興国家である米国に、それも米国の外道(げどう)多国籍企業によって無効化されなければならないのか。
国家戦略特区とは、日本固有の良いシステムまで完全破壊する、外道国策に他ならない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年10月28日 10:33:53 : XfaeIFwTRU

国民健康保険は、無駄な医療を生み出し、医師会や製薬会社を儲からすだけの
税金の無駄使い。

人間年取りゃ何処かしら悪くなるもの。
医者に掛かりたかったら、まず受益者負担すべき。
それを本人負担1〜2割にして若者に負担させているから、活動世代の可処分所得が減って不景気になる。



02. 2013年10月28日 12:44:20 : aQlhelS3HU
そもそも国民皆保険は、悪名高きA級戦犯・岸信介が作った制度
日米安保奴隷条約を誤魔化すためにつくった悪法である
むしろ、我々国民は、この国民皆保険を廃止に追い込むべきではないか
何しろ、あの安倍の祖父・岸信介が作ったのだから
A級戦犯・岸信介が作ったものは否定しなければならない
だから国民皆保険は否定するべきである
岸信介の全てを否定することこそアジアの平和のための第一歩だ

さあ、国民全員で国民皆保険を廃止に追い込み、人民の勝利を勝ち取ろう


03. コロコロコミック 2013年10月28日 22:26:32 : nnCcAqBKKbk7o : zpQCAFHPSo
【TPP】米国製薬会社の要求 〜日本医療制度の営利化〜
http://blog.goo.ne.jp/humon007/e/d167ea881a2551318b6e028db2ba5aea
いま秘密裏に行われているTPP交渉の機密文書を一部入手した。これによれば、日本は、TPPの交渉のテーブルにつくことすらできない。にも拘わらず、米国や多国籍企業( 製薬会社)は日本にTPPへの参加を求め、要求している。
●先発医薬品メーカーが治験データの独占権を持ち、ジェネリックを売りたい後発医薬品メーカーは治験をもう1回行わなければならない。
●日本の薬価を決める委員会(中央社会保険医療協議会)に米国の製薬会社を参加させること。
●政府が独自で決めたことについては、企業に異議申し立てする権利を与えること(ISD条項)。
●手術方法も特許にすること。特許を持つ企業の利益になる一方、医師の手術は制約を受けることになる。
これは前代未聞の独占状態を招く。日本がTPP交渉に参加し、この提案が通れば、日本の医療制度は大きく変わる。【メバードック課長】
米製薬会社の要求どおり独占権が強まると、医薬品価格がアジア太平洋全体で上昇し、安価な購入は阻害される。
高齢者激増による医療費増大を抑制しようとしている厚労省は、ジェネリック薬品の割合を増やそうとしているが、こうした施策がTPP参加で進められなくなる。徹底した歳出 削減が前提の消費税増税と、TPP参加は矛盾する。【山田正彦・前農林水産大臣】
【TPP】米国製薬会社の要求 〜日本医療制度の営利化〜
http://blog.goo.ne.jp/humon007/e/d167ea881a2551318b6e028db2ba5aea
いま秘密裏に行われているTPP交渉の機密文書を一部入手した。これによれば、日本は、TPPの交渉のテーブルにつくことすらできない。にも拘わらず、米国や多国籍企業( 製薬会社)は日本にTPPへの参加を求め、要求している。
●先発医薬品メーカーが治験データの独占権を持ち、ジェネリックを売りたい後発医薬品メーカーは治験をもう1回行わなければならない。
●日本の薬価を決める委員会(中央社会保険医療協議会)に米国の製薬会社を参加させること。
●政府が独自で決めたことについては、企業に異議申し立てする権利を与えること(ISD条項)。
●手術方法も特許にすること。特許を持つ企業の利益になる一方、医師の手術は制約を受けることになる。
これは前代未聞の独占状態を招く。日本がTPP交渉に参加し、この提案が通れば、日本の医療制度は大きく変わる。【メバードック課長】
米製薬会社の要求どおり独占権が強まると、医薬品価格がアジア太平洋全体で上昇し、安価な購入は阻害される。
高齢者激増による医療費増大を抑制しようとしている厚労省は、ジェネリック薬品の割合を増やそうとしているが、こうした施策がTPP参加で進められなくなる。徹底した歳出 削減が前提の消費税増税と、TPP参加は矛盾する。【山田正彦・前農林水産大臣】
横田一(ジャーナリスト)「TPP交渉の機密文書を入手 米企業が狙う日本医療制度の営利化」(「週刊金曜日」2012年3月23日号)に拠る。

04. 2013年10月29日 02:33:46 : N6nJPViOi6
ジェネリックは石油化合物だ

先発製品は有機抽出生成

ジェネリックを許すことは石油精製廃棄物の人体投与を意味する

ジェネリックを永遠禁止にすべきだ


05. 2013年10月29日 21:03:38 : XjFOCWdRbU
皆保険でない国で病気や怪我をしたことがなきゃわからないのかな?

医療は場所と時間を選べないサービスだ。
「この病院は高くて態度が悪いから来週、別の街でさがそう」という具合には
いかない場合が多い。

だから、どうしても医者の言い値で我慢することになる。当然、値段は高くなる。
アメリカでは日本の3倍から10倍くらい。物価が日本の数分の1の中国でも
日本より高いくらいだ。

皆保険の国々では公定価格(日本では診療報酬表)が決まっていて不当な高値は
付けられぬようにできている。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧