★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155 > 855.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
A猪木氏「日朝トップ会談の下地作りのため訪朝強行」と識者(NEWS ポストセブン) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo155/msg/855.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2013 年 11 月 06 日 08:25:42: AtMSjtXKW4rJY
 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131106-00000006-pseven-kr
NEWS ポストセブン 11月6日(水)7時5分配信

 国会開会中の渡航不許可の禁を破り、27回目となる北朝鮮入りを強行したアントニオ猪木参院議員。所属する日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が「一議員の勝手な行動は許されない」と話したほか、与野党議員から批判が噴出。帰国後は何らかの処分は避けられそうにない。

 しかし、懲罰のリスクを犯してまで、なぜ猪木氏は訪朝に踏み切ったのか。その目的について猪木氏と旧知の間柄というコリア・レポート編集長の辺真一氏に聞いた。

 * * *

――猪木氏の訪朝目的は、スポーツ交流のほかに朝鮮総連本部の土地・建物の落札話が絡んでいるなど、さまざまな憶測が飛び交った。

辺:私も最初は安倍首相の密使として訪朝した可能性や、総連本部を落札したモンゴル企業が元横綱朝青龍の遠縁にあたることなどから、猪木氏のパイプ役としての関与を勘繰りましたが、どうやらそうではないみたいです。

――では報道どおり、猪木氏が理事長を務めるNPO法人「スポーツ平和交流協会」の平壌事務所の開設が主な目的だったということか。

辺:猪木氏が立ち上げた同協会は、日朝のスポーツ交流の橋渡しを担う窓口になっています。それが平壌に拠点をつくることで、いずれ拉致問題が解決して国交正常化した場合、猪木氏がスポーツ利権をほぼ独占する形になるのでメリットは大きい。

 ではなぜ、国会のルールを破ってまで今オープンさせる必要があったのか。実は同協会の北朝鮮側のパートナーは昨年11月4日に設立された「国家体育指導委員会」で、その委員長が金正恩の側近である張成沢(チャンソンテク)国防副委員長だからです。つまり、1年遅れとはいえ、猪木氏は北朝鮮との良好な関係をアピールするために11月4日というオープン日にこだわったわけです。

――猪木氏は張氏のほか、北朝鮮でナンバー2の金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長とも面識があるなど太いパイプを持っている。どうしてそこまで北朝鮮から信頼されているのか。

辺:1996年に新日本プロレスの興行を平壌で成功させて、当時の対日責任者だった金容淳(キムヨンスン)とパイプを持ったことから、北朝鮮人脈を築いていきました。その後、韓国の金永三政権が猪木氏の平壌コネクションに目をつけて、南北首脳会談に向けた親書を猪木氏に託すなど、スポーツのみならず政治的なメッセンジャーとしての役割も高く買われることになったのです。

 もちろん北朝鮮側も猪木氏ひとりの力で日朝関係が動くとは考えていないでしょうが、少なくとも彼には本音を吐けるほど信頼しているし、場合によっては日本政府に向けてメッセージを託すこともできる。

――では、いずれ猪木氏が政府の意向を受けた「特使」となる可能性もあるのか。

辺:拉致問題の解決なくして国交正常化なし。これは猪木氏も同じで、拉致問題が進展しなければ自分の夢は実現できません。そのためには、そう遠くない時期に、否が応でも政府のほうから自分の持っている北朝鮮コネクションを頼ってくるはずだと睨んでいるでしょう。今回、例え党員資格の停止などの処分が下ったとしても、彼自身はもっと大局的な見方をしていると思います。

 本人も7月に訪朝して帰国した際に「これからすべてがサプライズ外交で問題が解決する」と思わせぶりな発言をしていますからね。猪木氏のいうサプライズ外交の最終目標は、安倍首相と金正恩のトップ会談です。そのための下地づくり、パイプ役として自分が頼られると考えているのです。

――安倍政権は野党の一議員に拉致問題の仲介役を頼むとは考えにくい。

辺:小泉訪朝からはや11年。このまま拉致問題が膠着したままでは進展すらありませんし、高齢化する被害者家族にとっても「待ったなし」の状況です。しかも、安倍首相は「自分の政権の間に解決させたい」と強い意志を語っている中、野党議員だからと悠長なことは言っていられないでしょう。

 ただ最近、内閣官房参与の飯島勲氏や古屋圭司拉致問題担当相が相次いで拉致問題の早期進展を匂わせています。猪木氏が出るまでもなく安倍首相が平壌に乗り込んで金正恩に直談判する――なんて電撃サプライズ外交がないとも言い切れませんよ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年11月06日 14:55:01 : BDDFeQHT6I
もう北朝鮮から帰って来なくてよろしい。

02. 2013年11月06日 16:32:38 : 67DQEFX83E
金日成主席と金正日総書記の銅像に日体大代表団が花かごを進呈

【平壌11月6日発朝鮮中央通信】万寿台の丘にある金日成主席と金正日総書記の銅像に5日、日本体育大学代表団が花かごを進呈した。
賓客らは、時代と歴史に不滅の業績を積み上げた不世出の偉人たちへの敬慕の念を込めて銅像に花かごを進呈し、あいさつした。―――

日体大代表団が平壌入り

【平壌11月6日発朝鮮中央通信】松浪健四郎理事長を団長とする日本体育大学代表団が5日、平壌入りした。―――

http://www.kcna.kp/siteFiles/img/201311/thumbnail/MM00019736.jpg
http://www.kcna.kp/siteFiles/flv/201311/MM00019735/MM00019735.jpg

朝日友好親善協会が日本国会参議院議員一行と日体大代表団を招宴

【平壌11月6日発朝鮮中央通信】朝日友好親善協会は、訪朝中の日本国会参議院議員一行と日本体育大学代表団のために5日、平壌高麗ホテルで宴会を催した。
宴会には、日本の特定非営利活動法人スポーツ平和交流協会理事長である日本国会参議院議員の猪木寛至氏と一行、松浪健四郎理事長を団長とする日本体育大学代表団員が招待された。
朝日友好親善協会顧問である朝鮮労働党中央委員会の金永日書記と党中央委員会の金成男副部長、金炳植体育省次官、朝鮮体育大学の辛東奎学長、関係者がこれに参加した。
宴会では、演説が交わされた。
金永日顧問は、朝日友好親善協会と日本の特定非営利活動法人スポーツ平和交流協会間の平壌代理事務所の開設に関する合意書の調印を祝った。
また、今後も日本の諸人士との接触と交流を緊密にしていくと強調した。
松浪健四郎理事長は、敬愛する金正恩元帥閣下の健康を謹んで祈ると述べた。
そして、代表団の今回の訪問が日朝間の友好関係をもたらす契機になることを願うと語った。―――

http://www.kcna.kp/kcna.user.home.retrieveHomeInfoList.kcmsf


03. 2013年11月06日 23:15:58 : wSBfFTOfGs
日本国会参議院議員一行が平壌市内の各所を参観

【平壌11月6日発朝鮮中央通信】日本国会参議院議員の猪木寛治氏と一行が、平壌国際サッカー学校を参観した。
賓客らは、金正恩元帥の賢明な指導の下で近代的な校舎と寄宿舎、文化厚生施設を備えたサッカー学校が立派に建てられたことに関する解説を聞きながら各所を見て回った。
また、彼らは祖国解放戦争(朝鮮戦争)勝利記念館と美林乗馬クラブ、紋繍遊泳場、柳京口腔病院、玉流児童病院などを参観した。−−−

http://www.kcna.kp/siteFiles/img/201311/thumbnail/MM00019737.jpg
http://www.kcna.kp/kcna.user.home.retrieveHomeInfoList.kcmsf


04. 2013年11月07日 18:40:27 : 6yftoZLjfU
国家体育指導委委員長が日本国会参議院議員一行と日体大代表団主要メンバーと会見

【平壌11月7日発朝鮮中央通信】国家体育指導委員会の張成沢委員長は6日、訪朝中の日本の特定非営利活動法人スポーツ平和交流協会理事長である日本国会参議院議員の猪木寛治氏と一行、松浪健四郎理事長を団長とする日本体育大学代表団の主要メンバーに会って談話を交わした。
これには、李宗茂体育相、朝鮮労働党中央委員会の金成男副部長、朝日友好親善協会の馬哲洙書記長、朝鮮体育大学の辛東奎学長、関係者が参加した。−−−

http://www.kcna.kp/siteFiles/img/201311/thumbnail/MM00019747.jpg
http://www.kcna.kp/siteFiles/flv/201311/MM00019751/MM00019751.jpg

朝日両国の体育大学選手のバスケットボール試合

【平壌11月7日発朝鮮中央通信】朝日両国の体育大学選手のバスケットボール試合が6日、平壌体育館で行われた。
国家体育指導委員会の張成沢委員長と李宗茂体育相、朝鮮労働党中央委員会の金成男副部長、朝日友好親善協会の馬哲洙書記長、朝鮮体育大学の辛東奎学長、関係者、バスケットボール専門家、愛好家、市民、青年学生が試合を観戦した。
日本の特定非営利活動法人スポーツ平和交流協会理事長である参院議員の猪木寛治氏と一行、松浪健四郎理事長を団長とする日本体育大学代表団員が共に観た。
朝日両国の体育大学バスケットボール選手たちが競技場に入ると、観客は拍手で歓迎した。
女子、男子の試合が行われた。
両国選手たちは、チームの戦術的意図を生かしながら、多様で熟練したオフェンス、2,3人プレーで得点の機会を得た。
猛スピードで相手側のディフェンスを切り抜けて突入し、シュートするたびに観客は惜しみない拍手喝采を送った。
観客の熱烈な応援の中で行われた女子、男子の試合は、朝鮮体育大学が各々勝った。―――

http://www.kcna.kp/siteFiles/img/201311/thumbnail/MM00019757.jpg
http://www.kcna.kp/siteFiles/flv/201311/MM00019753/MM00019753.jpg
http://www.kcna.kp/kcna.user.home.retrieveHomeInfoList.kcmsf


05. 2013年11月07日 22:32:00 : 6yftoZLjfU
2度目に訪朝した日体大代表団

【平壌11月7日発朝鮮中央通信】朝鮮体育大学とのスポーツ交流を目的に、日本体育大学代表団が2度目に訪朝している。
6日、平壌体育館では朝鮮体育大学と日本体育大学の女子、男子のバスケットボール試合があった。
女子の試合では64対51、男子の試合では93対74で朝鮮体育大学が各々、勝った。
同代表団は、日本体育大学のバスケットボール部の男・女選手16人とサッカー部の女子選手16人、男子選手(体育高等学校)14人など62人で構成されている。
朝鮮体育大学と日本体育大学間のスポーツ交流は、チュチェ101(2012)年11月に始まった。
当時、朝日両国の体育大学は平壌でサッカー、レスリング、柔道の訓練と試合を行った。−−−

http://www.kcna.kp/siteFiles/flv/201311/MM00019773/MM00019773.jpg
http://www.kcna.kp/kcna.user.home.retrieveHomeInfoList.kcmsf


06. 2013年11月08日 02:55:05 : 6yftoZLjfU
日本国会参院議員一行が帰途へ

【平壌11月7日発朝鮮中央通信】日本国会参院議員の猪木寛治氏と一行が7日、帰国した。−−−

http://www.kcna.kp/kcna.user.home.retrieveHomeInfoList.kcmsf


07. 2013年11月08日 22:20:30 : CvaTsXKItU
日体大代表団が各所を参観

【平壌11月8日発朝鮮中央通信】松浪健四郎理事長を団長する日本体育大学(日体大)代表団が8日、紋繍遊泳場を参観した。
代表団員は、金正恩元帥の崇高な志と精力的な指導によって立派な文化的生活拠点が建設されたことに関する解説を聞きながら、遊泳場の各所を見て回った。
このほか、代表団は祖国解放戦争(朝鮮戦争)勝利記念館、平壌国際サッカー学校、美林乗馬クラブ、平壌民俗公園など平壌市内の各所と高麗博物館をはじめ開城市の歴史遺跡を参観し、万景台学生少年宮殿で宮殿芸術サークル員の総合公演を鑑賞した。―――

http://www.kcna.kp/siteFiles/img/201311/thumbnail/MM00019786.jpg

朝日両国の体育大学サッカー試合

【平壌11月8日発朝鮮中央通信】朝鮮体育大学チームと日本体育大学チーム間の男、女サッカー試合が7、8の両日、平壌の金日成競技場で行われた。
李宗茂体育相、朝鮮労働党中央委員会の李昌根副部長、朝日友好親善協会の馬哲洙書記長、朝鮮体育大学の辛東奎学長、関係者、サッカー専門家、愛好家、平壌市民、青少年学生が試合を観戦した。
松浪健四郎理事長を団長とする日本体育大学代表団が共に観た。
選手たちは、チームの戦術的意図をよく生かして競技を迫力あるものに行った。
巧みな結合と素晴しいシュートで得点の機会が成されるたびに、観客は選手たちに惜しみない拍手を送った。
男子試合では朝鮮体育大学チームが勝ち、女子試合は得点なしに終わった。―――

http://www.kcna.kp/siteFiles/img/201311/thumbnail/MM00019782.jpg
http://www.kcna.kp/siteFiles/flv/201311/MM00019777/MM00019777.jpg
http://www.kcna.kp/kcna.user.home.retrieveHomeInfoList.kcmsf


08. 2013年11月09日 18:36:21 : qbZHHMzqIM
日体大代表団が帰途へ

【平壌11月9日発朝鮮中央通信】松浪健四郎理事長を団長とする日本体育大学代表団が9日、帰国した。
空港で、朝日友好親善協会の馬哲洙書記長、朝鮮体育大学のオ・チャンボク副学長が見送った。―――

http://www.kcna.kp/kcna.user.home.retrieveHomeInfoList.kcmsf


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧