★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155 > 919.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: 山本太郎への宮台センセの批判はどっか変だぞ??
http://www.asyura2.com/13/senkyo155/msg/919.html
投稿者 五月晴郎 日時 2013 年 11 月 07 日 16:17:57: ulZUCBWYQe7Lk
 

(回答先: 山本太郎への宮台センセの批判はどっか変だぞ?? 投稿者 暴論有理 日時 2013 年 11 月 07 日 01:51:39)

フォロー元記事は、いい投稿ですね。
コメントに入れようと途中まで打ちましたが長くなるようなのでフォローアップ投稿します。

宮台の師匠の小室は30年前にリパブリックは君主の有無にかかわらず成立すること(フォロー元記事中の英国王室への指摘)日本にリパブリック思想がない不幸(投稿者の私見では明治日本が成立する際に萌芽が薩長政府によって徹底的に潰されたため)を語っている。

小室は之を語った際に、国粋主義傾向、官僚主義傾向が強い自民党と日本共産党は合同して立憲国民党でも作ればいい、このままでは立ちゆかなくなる日本には一方でリパブリカンが必要と諧謔を弄している。

フォロー元記事での15さんのコメント
「擁護にしろ、批判にしろ、みな天皇制が絡むとおかしくなるんだよ。エキセントリックになるか奥歯に物が挟まったような言い方しかできない。そこが日本の天皇制の不思議なところ。」
ですが、

天皇制が絡むとエキセントリックになるか奥歯に物が挟まったような言い方になるのは、主張は違っても各々にとって天皇に係わるものが自分自身を構成していることを一様に知っているからのような気がします。
言い換えると、完全に外部に在る客体という認識ではないところで共通しているためかと。
冗談めいた言い方をすると、倭が日本になったのは天皇を創りだしたから、我々は倭人ではなく日本人だから(笑)ということですかね。

勿論リパブリカンは天皇を尊重します。自分達自身を尊重することですから。

安倍政権のエートスは薩長の其れです(日本で重視される家(イエ)の流れも安倍は長州、麻生の母方の祖父の吉田茂は大久保利通の子の娘婿です)。
薩長の其れは自分たちだけが玉(機能としての天皇)に介在出来るようにすることで保たれる構造になっています。

この30年でリパブリカンらしき動きが政治的に力を持つかに見えたのは小沢一郎による政権交代かと思います。

その後の失権に至る過程での「安倍政権のエートス的なもの=薩長の其れ」の慌てぶりと形振り構わぬ反リパブリカン・キャンペーン(底辺レベルでは傘下の宗教右翼を通してリパブリカン=チョーセンジン・キャンペーンまでするほどだったw)(また立憲国民党で合同すべき片割れのほうの薩長の其れへのアシストw)は記憶に新しいところですが、これは玉を渡してなるものかと彼らがどれほど危機感を持ったかの現れであったと思います。

小室の発言から30年経っても何も変わりませんでした。

しかしフォロー元記事


「君主制・王制の内容をチェックせずに無条件に奉利神聖化することこそ、直訴等の政治に巻き込むこと以上に危険」

であることが、今回の山本太郎の件で明白になったことは確かで、これは(安倍政権のエートス的なもの=薩長の其れに依り機能としての玉に為れている以外の存在で在らされるところの)天皇や皇室にとっても望ましいことだったと考えています。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年11月07日 17:48:32 : ORmZtzJhJQ
質問。薩長が無理やりつぶしたリパブリックの芽というのは、小栗上野介の構想のようなことを言ってるの?それとも自由民権運動?

で爺


02. 2013年11月07日 19:14:39 : y2D6eX286Q
質問は投稿記事の論とは関係ないが、リパブリックの芽を潰したとは例えば↓こういう文部省。

小室 
 リパブリックというと、日本人はすぐに共和国と訳したかるけれど、これがそもそも大間違いです。共和ということばは絶対君主としての王様の存在形式ではなく、リパブリックは王様がいるいないに関係がないのです。たとえば、ナポレオンが皇帝になるときに、「皇帝は共和国とその人民のために全力を尽くす」という宣誓をしている。日本語の感覚からすると、皇帝がいたら共和国ではないということになります。もともと、日本語の共和ということばは中国に起源があって、周の時代の皇帝がいないときに、いく人かの貴族と官僚が政治をやった例が強烈なイメージになって残っている。だから、共和国というと王様がいないという意味になってしまいかねないが、英語やフランス語のリパブリックというのはコモンウェルスの意味で、王様や皇帝の存在は無関係であり、共和国に王様がいても少しも差しつかえないのです。

藤原 
 これまで誰も厳密な意味でこういった議論をしないまま、リパブリックは天皇制を否定する反逆思想に連なるということで、一種のタブー扱いをしてきましたね。それゆえに、日本では幕末期に榎本武揚が五稜郭に立てこもって、蝦夷共和国を宣言したという歴史的な事実でさえ、文部省は懸命になって抹殺しようとしてきたのです。

小室 
 物事の本質を理解する能力を持ち合わせず、英和辞典を引くだけで横のものを縦に翻訳しようと考える程度の手合が、小役人として文部省で権力風を吹かせる国だから、こんなごく当り前のことさえ何十年も誤解され続けたのです。それくらいのことは、歴史の本を読めば常識以前の事柄で、共和国には貴族政と民主政の二つの政体が含まれているくらいは、日本以外の国では中学生でも知っています。

『幻想に操られる日本人 藤原肇博士と小室直樹博士対談 1982年12月刊行の「脱ニッポン型思考のすすめ」』
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/757.html


03. 2013年11月07日 19:31:39 : y2D6eX286Q
>>1

>>2のように「リパブリックは天皇制を否定する反逆思想に連なるということで、一種のタブー扱いを」現代に於いてもしているのが、記事中の「安倍政権のエートス的なもの=薩長の其れ」で、
その「安倍政権のエートス的なもの=薩長の其れ」は自分たちだけが玉(機能としての天皇)に介在出来るようにすることで保たれる構造になっていることを言いたいわけ。


04. 2013年11月07日 21:06:53 : y2D6eX286Q
>で爺

質問への答の礼はねえの?眉毛を惜しまず答えたのに
相変わらず不躾な奴だ


05. 2013年11月08日 00:40:02 : ORmZtzJhJQ
悪い。ちょっと外飲んでたのよ。(笑)

しかし、Wikiなどを見ると、五稜郭に立てこもった連中が、自覚的に「共和国」と名乗ったわけではないようだし、あれがリパブリックの萌芽というほどのものでは、ないんじゃないの。北海道の一部を占拠した連中の間で、入れ札で「制限選挙」を行ったことに、大きな意味があるとも思えないしね。

小室直樹の言うことには、眉に唾をつるけることにしているが、彼の言う共和制のの定義である「人民のために全力を尽くす」ということの意味を、国民主権と解すれば、今の、象徴天皇制がそういうことじゃないの。民主制制度と、皇室の存在、役割を、ある種、特別なものとして規定することは、相互に矛盾しないわけね。つまり、戦後日本では、象徴天皇制のもとで、小室某が言う「共和制」が行われているわけよ。ま、日本にもいろいろ矛盾はあるけれども、それはどういうシステムでも起こりうる程度の問題だと私は思うよ。

で爺


06. 2013年11月08日 01:13:44 : y2D6eX286Q
>>5

そりゃ悪かった、すまん。

で、自覚もなにも幕末に「共和国」なんて概念が今の我々のようにあるはずもないし、その行為自体、事実を伏せようとする態度を言ってんだよ。
国民主権に関しての貴方の、その言いようもそうだが、昭和高度経済成長時代の安っぽい映画や週刊女性誌のタイトル書きみたいな雑な発想は、福島が喫緊な今の日本でどうかと思うよ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK155掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧