★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK156 > 235.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「三権分立は幻想であり、わが国では、行政(官僚)が司法と立法を支配している:兵頭正俊氏」(晴耕雨読) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo156/msg/235.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 11 月 12 日 00:08:00: igsppGRN/E9PQ
 

http://sun.ap.teacup.com/souun/12565.html
2013/11/12 晴耕雨読


https://twitter.com/hyodo_masatoshi

三権分立は幻想であり、わが国では、行政(官僚)が司法と立法を支配している。

したがって、特定秘密保護法案も、通ってしまえば、官僚自身の都合でいくらでも恣意的な運用ができる。

憲法九条と自衛隊との関係がそれだ。

法律が守ってくれるのではない。

運用する官僚・政府が国民にとっては危険なのだ。

嘘とでっち上げで成り立つのが、警察国家である。

日米とも、この警察国家を深化させている。

米国は9.11後の必然性があって。

日本は必然性なしの米国の指示で。

日本の国会で、テロ対策とか喋るときの大臣は、ほんとうに滑稽だね。

むしろエイリアン対策とでもいった方がマシなぐらいだ。

TPP参加後に、日本の自衛隊は米国の傭兵になり、世界の紛争地に狩り出される。

そしてこれまで日本に敬意をもっていた親日国の憎悪を買う。

つまり日本への新しいテロは、日本が作るのであり、それに怯えてさらに警察国家を深化させてゆく。

この道理を忘れないことだ。

日本がテロを作るのである。

最近、特定秘密保護法案に疑問を投げかける大新聞の記事を見かける。

いつもこのタイミングだ。

決まるのが決定的なタイミングで、疑問を差し挟んで、後の免罪符にするのである。

学者の声明もそうだ。

閣議決定した後に声明を出して、「はい、一応、反対はしましたよ」。

日本は頭から朽ちていくのである。

福島第1原発作業員の労賃は、死と引き替えに支払われる。

しかし、政府と東電は何の畏敬も払わない。

それは、政府は関わらないことで、東電も闇社会に任せることで顕在化する。

20段階のピンハネは、原子力村がおのれの失敗を認めていないからであり、作業員達は象徴的な棄民に純化して死ぬのである。

福島第1原発の作業員は、象徴的暴力的な棄民として名誉の死を死ぬ。

しかし、自余の被曝した日本人は、ありふれた、だれも顧みない、データにも残らない緩慢な奴隷の死を迎える。

その労働は、原発の廃炉と核のゴミ管理に収奪されるのであり、これからの日本人で原発に無縁の人間はひとりもいないのだ。

資本は労働者を死なせない。

奴隷として生かして富を生産させるためだ。

ただ、福島第1原発の作業員だけが例外である。

富の生産はないのであり、ただ、それは、原発に安全な死を与えるための、終わりなきプロセスだけが続く。

奴隷と違ってその労働には死が延期されず、直接的な暴力にさらされ続ける。

東電社員の緩慢な死は何も変えない。

福島第1原発作業員の直接的な死は、全てを変える力を内在している。

作業員たちが団結して要求し始めることを、政府と東電はもっとも恐れている。

現代は直接的な死に媒介された労働しか要求の力はないのだ。

それを断ち切るために政府と東電は闇社会を使うのだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年11月12日 00:18:42 : uulBeUGXvU
似非先進国がもうバレテマスって事ですねー。官僚専制棄民国家ですから。

02. 2013年11月12日 02:47:12 : GqLd71yjaI
どこでも同じだ。しんぱいするな、日本より良い理想の国なんて無い。
それとも中国、アメリカ?

03. 2013年11月12日 07:23:22 : NRS87nmYQg
北欧やドイツはどうだろう。

04. 2013年11月12日 08:44:00 : heVtmrgEsA
司法当局の実権は官僚に移っている。
法の番人としては最高位の判事も官僚にはかなわない。最高裁判事のうち65%が生え抜きの裁判官ではなく各省庁からの天下り官僚だ。

日本の有権者には、衆議院選のときに在任中の最高裁判事を否認できる機会が与えられているが、この投票で最高裁の裁判官が罷免されたことはないし、有権者の大半は何についての投票なのかさえ判っていない。

検察官が公益の代表者として機能するという制度的な保障は存在せず、一般市民で構成される正規の検察審査会は実質的には検察庁の支配下にあるので、審査会が起訴相当とした審査報告書が無視されることもある。

法務省の実務上の長である事務次官は必ず検察官によって占められ、彼らはその上にいる検察界の上位序列者達に従属している。

検察官が起訴すれば有罪判決率は99%であり、戦前と同じように検察官が事実上の裁判官であることを示している。
有罪判決の70%は自白が根拠になっているが、自白だけを根拠に刑罰を科すのは憲法に違反している。

[12削除理由]:重複コメント

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK156掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧