★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK157 > 340.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「特定秘密保護法」の裏で糸を引っ張っている「内閣情報調査室」は警備公安警察の出先機関で秘密法は「平成の治安維持法」に
http://www.asyura2.com/13/senkyo157/msg/340.html
投稿者 初心に帰るお天道様に恥じない生き方 日時 2013 年 12 月 03 日 19:36:53: 4hA5hGpynEyZM
 


「秘密保護法は新たな治安維持法」だとジャーナリストの青木理氏が警鐘を鳴らしている。


記事:
秘密保護法案は現代の新たな治安維持法 - 盗聴も自由になる警備公安警察に市民は弾圧される


この「スパイ防止法」や秘密保全法など、出てきては消えていたものが、今一番、可能性が出てきた事で、警察官僚の長年の「悲願」が成就しようとしていると言える。

石破茂自民党幹事長の「テロ発言」に関しても、あまりに世の中の反応が激しく、撤回したことになっているもの、事実上は全く撤回していないのがわかる。

≪「一般市民に畏怖の念を与えるような手法」に民主主義とは相容れないテロとの共通性を感じて、「テロと本質的に変わらない」と記しましたが、この部分を撤回し、「本来あるべき民主主義の手法とは異なるように思います」と改めます。(『石破茂オフィシャルブログ』2013年12月2日「お詫びと訂正」)≫


大音量のデモは民主主義的手法ではない、バカな国民は黙ってろ!ということだろう。

そういえば、『原発ホワイトアウト』の著者で現役キャリア官僚の若杉冽氏が、報道特集のインタビューでキャリア官僚の中には「選民意識」があり国民をバカにしているとの発言があり、それを見て次のようにツイートした。




まあ、石破氏は優秀でも何でもないが、同じように上から目線で国民を見ていることがよくわかる。


若杉氏と同じような、残り1割の官僚に期待したいところだが、警察官僚や警察組織の場合は、上からの命令が「絶対」であり、そこには日本国憲法も法律も世の中の常識などは通用しなくなる。完全に暴走する要因がある組織だといえるだろう。この組織が非常に身内には甘く、こと「組織防衛」ともなれば益々意固地になることを我々国民は散々見せられてきた。

エントリータイトルにもなっているジャーナリストの青木理氏の発言は、非常に重要な視点である。

要約して次のようにツイートしたが、大変重要なので、その書き起こし部分を抜粋させていだく。




■秘密保護法案は現代のあらたな治安維持法
ジャーナリスト 青木理氏
 秘密保護法案は、安倍政権の右傾化とセットで語られることが多く、それは決して間違いではないと思っていますが、この秘密保護法をもっとも必要とし推進しているのは警察官僚であるという問題を考える必要があります。

 民主党政権のときもほぼ同じような法案の成立を狙っていましたが、それは裏で糸を引っ張っているところがあるからです。それは内閣情報調査室です。

 秘密保護法案をめぐって裏で糸を引っ張っているこの内閣情報調査室というのは、通称、「内調」と言っていますが、せいぜい200人規模の組織でたいした能力もないところではあるのですが、基本的には警察官僚の出島なんですね。警察官僚の中でも警備公安警察のトップクラスの官僚たちでほぼ構成されて、必ずトップには警備公安警察の官僚が座り、その下には警備公安警察あがりの警察官たちがいます。内閣情報調査室は、基本的には警備公安警察の出先機関で、ここが今回の法律の事務局になっているのです。

 そういう視点で見てみると、今回、外交や防衛のために秘密保護法が必要と表向きは言っているのですが、この秘密保護法は、どの官僚にいちばん使い勝手がいいかと言うと警察官僚になるのです。警察官僚にいちばん使い勝手がいい法律になっているという点が重大なのです。

 たとえば、ほかの省庁においては大臣が秘密を指定することになっているのですが、警察は警察庁長官が秘密を指定することになっているのです。警察庁長官というのは警察官僚の頂点の人間がなるわけです。つまり完全に警察の内部で完結するのです。外部のチェックがまったく入らないのです。

 そして、秘密保護法案にテロ対策がなぜ途中で忍び込まされたかという問題です。テロ対策という名目がつけば、警察に関する情報のほぼすべてが秘密になってもおかしくないのです。ほかの外交とか防衛などの情報はある程度は秘密が限定されます。ところが、テロ対策という名目になると、ありとあらゆる警察に関する情報を全部、秘密にしかねないのです。

 たとえば、警察が必死に隠していてこれは今でも全容が分からないのですが、自動車ナンバー自動読み取り装置、通称「Nシステム」ですね。こんな情報などは確実に特定秘密になるでしょう。

 また、この法案を中心にすすめた警備公安警察の人員や組織形態、どんな事務所があってというようなことも確実に特定秘密になるでしょう。つまり、警察がいちばん使い勝手がよくできているのです。

 そして、秘密保護法による個人の資格審査の調査を公安警察が請け負うことになります。そうすると国民のあらゆる階層の官僚と一般人の交友や男女関係、酒癖まで公然と合法的に犯罪の事実の有無は無関係に調べるお墨付きを与えることになり、盗聴も自由にできるようになります。

 この秘密保護法でいちばん強化されるのは治安、警察権力なのです。治安維持、つまり内政におけるところの治安維持です。私は言葉遊びでも何でもなく、今回の秘密保護法は本当の意味での新たな治安維持法になると思っています。



「特定秘密保護法」の裏で糸を引っ張っている「内閣情報調査室」は警備公安警察の出先機関で秘密法は「平成の治安維持法」になる!青木理氏 日々坦々
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2205.html
----------



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月03日 21:50:41 : YxpFguEt7k
トップはこのお方のようです
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/021/559/26/N000/000/000/135858210586713111719_kitamura.jpg

02. 2013年12月03日 22:13:25 : qy3Wr4hVQR
カルト板に行ってポスト米英時代のケツ舐めでもしていろや

[12削除理由]:言葉使い
03. 2013年12月04日 00:32:52 : diSIMovxXM
北朝鮮と国交正常化=過去の清算が完了=日本が再軍備可能、こんなシナリオが成り立つとすれば特定秘密保護法案が治安維持法にならなくて済むということがあり得るかもしれない。ただし、現行憲法を大日本帝国憲法的な憲法に書き換える選定とすれば懸念は現実のものと成り得る。そんなことを時々考えるのだが…。

04. 2013年12月04日 00:36:21 : diSIMovxXM
«03.訂正»
×書き換える選定→○書き換える前提


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK157掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧