★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK157 > 530.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
愛国心:どうなる日本−私の視点/11 声高に言う人間は信用しない /鳥取(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/13/senkyo157/msg/530.html
投稿者 gataro 日時 2013 年 12 月 07 日 19:23:10: KbIx4LOvH6Ccw
 

下記記事の赤太字部分、誰の言か!
2006年9月、毎日新聞・鳥取版の石破茂防衛庁長官談の一部である。言うまでもないが今の石破幹事長と同一人物、これといま彼がとっている行動とはどうつながるというのか!

==============================================

愛国心:どうなる日本−私の視点/11 声高に言う人間は信用しない /鳥取
2006.09.23 地方版/鳥取 23頁  

 ◆衆議院議員・石破茂さん(49)

 ◇育てるのでなくあるもの−−祝日には必ず国旗掲げる

 男女の愛情と同じで、「愛国心」にも良い面も悪い面も正面から見据える理性と勇気が必要だろう。ただ、内面で密かに思うものなので、声高に言う人間は信用しない。教育基本法に定めても、日本が検定教科書である限り思想信条の自由を侵す心配は少ないが、かといって定めてどうなるものでもない。

 そもそも、育てようとして育つものでなく、元々あるものだ。私は国民の祝日には必ず、門前に国旗を掲げる。我が家では、それが子どもの仕事だった。今では鳥取の自宅周辺でも少なく、国旗が風呂敷売り場で売られているのを知らない人も多いだろう。父はキャリアの行政官として戦地に赴き抑留されたが、国を否定する親の言葉を聞いたことがなかった。

 世界規模のスポーツイベントで愛国心を感じる若い人が多いというが、あの熱狂ぶりを見て「ヒトラー・ユーゲント(ナチスの青少年組織)の再来か」と怖くなった。ああいう人は極右に走りやすくて、権力者にとって本当に利用しやすい。

 教育の効果はすごい。防衛を専門にやるようになったのは、北朝鮮の現状を視察したのがきっかけだった。当時の指導者は金日成で、子どもから高齢者までが「素晴らしい!」と徹底的に教えられ、信じている。中国や韓国の歴史教育も見てほしい。愛国心を作るのは簡単だ。

 だから、教育目的に愛国心を規定するのは難しい。かの国のようになりたくはないし、今のように自分の国を何となく嫌いになる教え方もよくない。さまざまな見方を教えて議論できる教育が望ましいが、国の良い面だけ教えることにつながりかねず、国家主義的な教育をされる危険性がある。

 最近は、自民党内の若い議員を見ても、怖い。過去の戦争を「すべて正しかった」と考えていて、頭は大丈夫かと疑いたくなる。日中戦争は明らかに侵略戦争だし、韓国併合は植民地化で、自衛戦争の面がある太平洋戦争でも、インドネシアの人を日本人化しようとしたのは間違っていた。

 なぜ戦争を始め、途中で止められず、負けたのか――。そこから目をそらし、責任の所在を不明瞭にするのは愛国心ではない。戦争を語ることがタブーとされてきた反動で、「戦争に負けた」と教わった昭和40年代前半までとそれ以降の世代の分水嶺が消え、社会が左から右に大きく振れている。

 この2〜3年、大っぴらにナショナリズムが叫ばれ、不快だ。国は戦中、言論統制により新聞など批判勢力を排除し、従わなければ「非国民」と斬り捨てた。なぜ同じことを繰り返すのか。そんなやり方では、国を誤っても幸せにすることはあり得ない。愛国心をあおって戦争し、負けたのが日本だ。【聞き手・松本杏】

………………………………………………………………………………………………………

 ■人物略歴

 ◇いしば・しげる

 県知事や自治相を務めた元参院議員、石破二朗氏の長男。86年に29歳で衆院議員に初当選。02年9月〜04年9月に、小泉内閣で防衛庁長官を務めた。現在7期目。

毎日新聞社


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月07日 19:49:44 : pEJb7rR53o
これ、本当に石破さん?
あぁ・・・
だとしたら、御気の毒だが、これを書いた石破さんはたぶん、死んでるわ。
今、石破さんのように見えている人物は整形手術で石破さんに化けた何処かのスパイか、あるいはエイリアンか何かだな。

02. 2013年12月07日 19:52:15 : pEJb7rR53o
訂正
インタビュー記事のようだから「書いた」じゃなくて「言った」ね。

03. 2013年12月07日 20:20:49 : c8uYroBnUM
THEY LIVE

なんとなく何で自民がぶっ壊れて居るのかSF的解釈で理解出来た。
根多として大いにアリだ。

こりゃ宇宙人なら全滅させるに躊躇は要らんわな(笑)  喝采喝采


04. 2013年12月07日 21:37:44 : Fbrymlivsk
下敷きは三島由紀夫の「実は私は「愛国心」といふ言葉があまり好きではない。何となく「愛妻家」といふ言葉に似た、背中のゾッとするやうな感じをおぼえる。」だな。

鈴木邦男さんは「愛国者は信用できるか」で「三島は「愛国心は嫌いだ」と言った。僕も恋闕を秘めつづけたい。」と綴っている。故郷や民族を愛する心は胸に秘めるもの。その謙虚さに日本の心を見る思いがする味わい深さがあるが、石破さんのそれは、どうだろう?

谷垣禎一法相は1985年に廃案となった国家秘密法案(スパイ防止法案)に反対した。
1987年4月号で「わが国が自由と民主主義にもとづく国家体制を前提とする限り、国政に関する情報は主権者たる国民に対し基本的に開かれていなければならない」。と『中央公論』で自説を披露した。

それが今はどうだ? 情報公開請求に対して、真っ黒の公文書しか出てこない現状になんの憂いも示さず、特定秘密保護法に疑問も示さない。

石破さんも谷垣さんも歪んでしまった。人が入れ替わったのではないかと思えるほど。
民主党 野田佳彦前総理の「シロアリ退治」発言も同じ。
政府中枢に身を置くと、洗脳されるのではないかと人が変わる。
思想を貫く政治家は、政治生命を奪われるか命を奪われる怪現象が日本の政界にはある。

その秘密が何か知る由もないが、言動が一致しない政治家は信用を失う。
特定秘密保護法は国家機密を全てCIAに献上する制度、弱みを握られた政治家は誇りも思想も関係なく、官僚組織の都合のいい道具にされるから、人が変わったように見えるのだろうね。


05. 2013年12月07日 23:51:14 : dzSvvl4VUI
イシバって昔のSF映画「ゴケミドロ」の主人公に似ている。

額がパカッと割れて、割れ目からドロドロのエイリアンが出てきそうだ。


06. 2013年12月08日 00:50:09 : pEJb7rR53o
そう言えば、最近の石破氏は時々妖怪じみて見える。昔は今ほど目立たなかったので、詳しくは知らないが、そういえば、もっとまともな人だったような気もしないでもない・・・

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル (~Д~ノ)ノひぇぇぇ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK157掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧