★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158 > 128.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
都議会はまるでマンガ それでも猪瀬知事が辞めない“理由” (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/128.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 12 月 17 日 15:17:02: igsppGRN/E9PQ
 

東京都議会総務委員会で提出された5000万円を入れたとされるカバンに5000万円の大きさの箱を入れる猪瀬直樹都知事(右)=東京都庁で2013年12月16日午後8時12分、武市公孝撮影 :毎日新聞http://mainichi.jp/select/news/20131217k0000m040065000c.html


都議会はまるでマンガ それでも猪瀬知事が辞めない“理由”
http://gendai.net/articles/view/news/146721
2013年12月17日 日刊ゲンダイ


 ここまでくると、数少ない猪瀬支持派も「もういい加減に辞めろよ」と言いたくなるのではないか。とにかく、連日の都議会の追及に猪瀬都知事の弁明の見苦しいこと。醜態をさらし、それで疑惑が晴れるならともかく、泥沼にはまる一方のみっともなさ。この男はなぜ辞めないのかが不思議だ。


 16日の都議会総務委員会は、中断や休憩を挟みながら延々9時間50分に及んだ。この間、猪瀬は一方的に攻め立てられていたのだが、醜態を象徴したのがカバンである。


 公明党の長橋桂一都議が昨年11月20日に議員会館で札束を受け取った状況を質問。猪瀬は「紙袋に入った状態で普段から使っている自分のカバンに入れた」「思ったより大きくないな、と思った」と証言した。


 そこで長橋が「そのカバンは今日も持ってきているか」と畳み掛け、猪瀬が「ある」と答えたものだから、「それなら見せろ」となったのである。


 ところが、猪瀬は都庁に持ってきたはずのカバンとは別のカバンをスタッフに東京・西麻布の事務所まで取りに行かせた。中断は30分を超え、やっと委員会に提出したカバンに長橋が5000万円の札束に見立てた厚さ38センチの模型を入れようとしたが、中に仕切りがあって、入らない。猪瀬は「押し込んでください」と言うと、自ら模型をカバンに押し込んだ。模型は形を崩しながら入ったものの、チャックは閉まらず、外から丸見え。これで「思ったより大きくないな、と思った」とは恐れ入る。


 猪瀬はこれだけ不自然な状態のカバンをぶら下げ、現金授受後にタクシーで西麻布の事務所を訪れた。入り口で当時、都の専門委だった広野真嗣氏(38)と立ち話で打ち合わせ、事務所に入って、スタッフとスケジュールを確認したという。


 対応したスタッフらもカバンが気になったはずだが、猪瀬は「机の足元に置いていたから気にならなかった」とシレッと答えた。それから公用車で町田市の自宅に持ち帰り、その翌21日には妻に、開設したばかりの八十二銀行青山支店の貸金庫に現金を運ばせたのである。この貸金庫の現金は「ずっと手を触れなかった」と言っていたが、ウソだった。この貸金庫は今年5月10日に解約。カネは自宅近くの横浜銀行つくし野支店のひと回り大きい貸金庫に移したのだ。


「疑惑発覚以降、猪瀬は一事が万事、この調子です。何かを説明すると、すぐに新事実が分かって、証言のツジツマが合わなくなる。返済までに貸金庫を何度も開けていたことも銀行の入出庫記録で判明しています」(都議会関係者)


 ほかにも公選法違反が疑われる選挙スタッフの人件費の偽装領収書や、徳洲会が狙っていた東電病院を株主総会で追及するため、定期検査の早期実施をゴリ押ししたことなど、すでに大小合わせて100近い「猪瀬疑惑」が議会で追及されている。


「それでも辞めないのは年内をのらりくらりと乗り切れば、追撃をかわせると踏んでいるのでしょう。ここで辞めたら作家生命を絶たれてしまう。そう思っているのでしょうが、そんなもんはとっくに終わっている。誰にも相談できず、判断能力がなくなっているとしか思えません」(都庁関係者)


 この調子でいくと、前代未聞の現職都知事の逮捕で幕切れという事態になるかもしれない。


               ◇


猪瀬都知事、5000万円運んだかばんを公開(12/17 05:35) ANN


 東京都の猪瀬知事が16日に行われた都議会の委員会で、医療法人「徳洲会」側から受け取った5000万円を自宅に運ぶために使用したとするかばんを公開しました。


 都議会・公明党、長橋桂一議員:「5000万円とはこういうものです」
 猪瀬知事:「(Q.かばんは今はお持ちですか?)かばんは持ってます」
 16日の都議会の委員会で、猪瀬知事は5000万円を自宅に持ち帰る際に使用したとするかばんを公開しました。5000万円の札束に見立てた箱を自ら詰め込んで見せましたが、チャックは閉まりませんでした。また、これまで受け取ってから「手をつけていない」としていた5000万円を港区の貸金庫から町田市の銀行の貸金庫に移していたことが明らかになりました。さらに、秘書が5000万円を返却した際、公用車を使用したことが判明しました。委員会は17日も開かれ、約7時間にわたる追及が続きます。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月17日 15:28:11 : nB3uZhEYGQ
5千万円「入り」かばん、再現できず…猪瀬知事

 東京都の猪瀬直樹知事(67)が医療グループ「徳洲会」側から現金5000万円を受け取った問題を追及する都議会総務委員会の集中審議。

 16日も、従来の説明とは異なる事実が次々と判明した。厳しい追及は午後11時前まで続いたが、猪瀬知事は「特別秘書に聞いてほしい」などと繰り返し、明言を避ける場面も目立った。

 ◆かばんが登場

 「あわてて持ってきました」。この日の審議では、徳洲会側から受け取った5000万円を入れたとする「かばん」が初めて公開された。都議側の要求を受けて、知事側が休憩の合間に港区西麻布の猪瀬知事の事務所から急きょ持参した。

 ところが、猪瀬知事が都議側の求めに応じて5000万円の大きさを再現した、紙でできた箱を懸命に押し込めようとしたが、かばんに入りきらずファスナーを閉めることができなかった。そのままの状態で回覧され、都議たちもファスナーを閉めようと試みたが、「全然閉まらないじゃないか」などの声が上がった。

 ◆新事実が次々

 この日は、「貸金庫の記録でわかった」として、5000万円の返却日を「9月26日」から「25日」に変えた。その理由は、返却にあたった鈴木重雄特別秘書(57)の名前をあげ、「(彼の)記憶違いだった」と説明。「極めて単純なミスであります」と強調した。

 貸金庫に入れて「一切、手を付けていない」はずの5000万円が、今年5月に町田市内の貸金庫に移動していたことが判明。現金を移す前にも、昨年12月と今年2月の2回、貸金庫を利用していた記録も新たに判明した。

 都議から「他に明らかにしていない事実はないのか」と追及されると、猪瀬知事は不機嫌そうに「ほかにはありません」。

 ◆審議ストップ

 昨年の知事選時の選挙運動費用収支報告書で事実に反する記載をした疑いが出ている問題では、猪瀬知事は「特別秘書に聞いてほしい」と繰り返した。都議側が反発し、開始早々に審議が40分間ストップした。

 1人でまとめて書いたとされる事務員3人分の領収書について、都議側から「筆跡が違う」などと指摘されると、猪瀬知事は「僕自身は関与していない」「特別秘書に確認する」などと答えるだけで明言を避けた。

 5000万円の返却時に、鈴木特別秘書が公用車を使っていたことも判明したが、猪瀬知事は「僕が議会で動けない状況の中、知事の代わりに仕事をしてくれたということ」などと説明した。

(2013年12月17日10時13分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131216-OYT1T01026.htm


02. 2013年12月17日 16:09:50 : lCG3phDBes
猪瀬知事また答弁訂正 5月に5000万円別貸金庫に移す
2013/12/17 1:24 日経新聞


 東京都の猪瀬直樹知事(67)が医療法人徳洲会グループから5千万円を受領していた問題で、都議会総務委員会の集中審議が16日、行われた。知事は、現金を保管していたという貸金庫を今年5月に解約、現金を別の貸金庫に移していたことを明らかにした。また、最初の貸金庫には2度の利用記録があったことも判明。これまで知事は「現金は貸金庫に置きっぱなしの状態だった」と説明してきた。相次ぐ答弁の変遷に都議会側は反発している。

 知事の総務委への回答資料や答弁によると、妻が八十二銀行青山支店(東京・港)に貸金庫を開設したのは、昨年11月19日。徳田毅衆院議員から5千万円を受領した前日だった。同21日に5千万円を預けた。その後、今年5月10日に妻が5千万円を出した上で、この金庫を解約した。

 妻は同日、5千万円を1990年から契約中の横浜銀行つくし野支店(町田市)の貸金庫に収めた。この貸金庫は前日の9日にサイズを大きなものに変更したという。

 移動の理由を知事は「知事就任後、生活拠点が港区から同市内の自宅に移っていた」と答弁。「早く返却するには都庁への出勤前に現金を取り出しやすい自宅近くの貸金庫の方がよいと考えた」と述べた。

 自民党の委員は「隠したということではないのか」とただしたが、「妻に取りに行ってもらうにも(自宅近くが)よいだろうと思った」と同趣旨の答弁を繰り返した。

 提出資料では、最初に5千万円を入れた貸金庫には知事就任日の昨年12月18日、今年2月1日にも利用記録が残されていた。委員から「(途中で)5千万円を金庫から出したのではないか」などとただされたが、知事は「(いつでも返せると妻とは話をしていたので)妻が確認しに行ったのでは。現金には全く触っていない」と答えた。

 知事はこれまでの答弁で今年8月24日に妻名義の貸金庫を開け、現金を確認したと説明。16日の資料にはこの日の利用記録の記載がなかった。知事は「土曜日に支店長に開けてもらった」とし、支店長に確認の上で資料を再提出すると述べた。

 公明党の委員からの求めに応じ、知事は徳田議員から5千万円を受け取った際に使った茶色の手提げかばんを披露した。実際に、知事自ら5千万円分の紙幣の大きさの模型をかばんに入れる場面を再現。質問する委員の目の前で「入りますよ」と押し込んで見せた。

 知事はこれまでの答弁で現金5千万円は今年9月26日、鈴木重雄特別秘書が徳田議員の母、秀子容疑者(75)=公職選挙法違反(買収資金交付など)容疑で逮捕=に返却したと説明。この日の審議で「秘書の記憶が混同した」などと返却日を9月25日と訂正した。鈴木特別秘書が返却の際、公用車を利用したことも判明した。この日の審議では、貸金庫の契約や利用状況など約40点の資料を提出。総務委の閉会中審査は17、24両日も行われる。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG16069_W3A211C1CC1000/


03. 2013年12月17日 16:14:45 : lCG3phDBes
「5千万円貸す」電話受けた場所、自宅に訂正 猪瀬知事
2013年12月17日16時00分 朝日新聞

 医療法人「徳洲会」グループから5千万円を受け取っていた東京都の猪瀬直樹知事は17日、徳田毅衆院議員から初めて「5千万円を貸す」と電話を受けた場所を「個人事務所」から「自宅」に訂正した。同日の都議会総務委員会で、都議から公用車の運行記録との矛盾を指摘され、認めた。

 猪瀬氏によると、電話があったのは昨年11月19日午前11時ごろ。16日の総務委では「港区の個人事務所で受けた」としていたが、公用車の運行記録では、午後0時半に町田市の自宅から都庁に向かっていた。猪瀬氏は「携帯で受けた。場所が違っているだけ」と釈明した。

 また、徳田氏から5千万円を受け取った昨年11月20日、猪瀬氏が現金入りのカバンを持ったまま個人事務所に寄り、秘書と打ち合わせをしていたことから、「事務所スタッフは現金に気付いていたのでは」という質問も出た。しかし、猪瀬氏は「玄関での立ち話で、10〜20分」「(カバンは)玄関脇に置いていた」「事務所の奥に誰がいたか分からない」などと述べ、否定した。

 猪瀬氏は当初、「議員会館から自宅にまっすぐ帰った」「5千万円は妻と自分しか知らない」としていたが、公用車の利用記録で矛盾が判明し、説明を変更していた。この日も「気持ちの上ではまっすぐ帰った」と答弁。「記憶違いはあったが、それ以上のものではない」とした。

http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312170086.html?ref=com_top6_1st


04. 2013年12月17日 16:57:34 : WNd6NrkI5U

公明新聞:2012年12月17日(月)付

都知事に猪瀬氏初当選 今後の都政運営に全力 井上幹事長が談話

公明党の井上義久幹事長は16日、東京都知事選で猪瀬直樹氏が当選したことを受け、次のような談話を発表した。

本日(16日)行われました東京都知事選挙において、公明党が支持した猪瀬直樹氏が当選致しました。

猪瀬氏が勝利したのは、都民の皆さま、わが党の党員、支持者の皆さまのご支援の賜物です。心から感謝と御礼を申し上げます。

今回の選挙は、前知事の辞任に伴う選挙戦であり、約13年半に及ぶ前知事の都政を継承するか転換するかが焦点となりました。前知事の都政では公明党の提案により多くの実績を残すことができました。共に都政改革を進めてきた猪瀬氏の行政手腕を評価し、支持致しました。

今回の結果は、有権者の皆さまにその実績が高く評価されたのだと思います。

当選を果たした猪瀬直樹氏に心からお祝いを申し上げます。今後は東京都のさらなる発展のため、そして都民の皆さまの期待に応えて、ご活躍いただきたい。

公明党としても全力で今後の都政運営に取り組んでまいります。

https://www.komei.or.jp/news/detail/20121217_9861


05. 2013年12月17日 17:28:45 : TCRz16Lrk2
都議会 猪瀬知事問題で百条委設置検討へ
12月17日 16時2分

東京都の猪瀬知事が「徳洲会」グループから5000万円を受け取った問題について、東京都議会は「知事の説明は二転三転し信用できない」として、法律に基づいて調査権を持つ百条委員会を設置する方向で検討していくことになりました。

百条委員会とは、地方議会が自治体の業務について調査する必要があると判断した時に、地方自治法の百条に基づいて設置する委員会です。

百条委員会は関係者や証人を出頭させ、証言や証拠の提出を求めることができます。
また出頭を拒否した場合は告発することもできます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131217/t10013898511000.html


06. 2013年12月17日 19:26:20 : TCRz16Lrk2
「借用証」一時第三者に=猪瀬氏5000万円受領問題―都議会=
時事通信 12月17日(火)17時15分配信

 東京都の猪瀬直樹知事が医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取った問題で、東京都議会の総務委員会は17日、閉会中審査を行った。猪瀬知事は、昨年9月に徳洲会側へ全額返済する前に、自ら署名した「借用証」が徳洲会側から政治団体「一水会」の木村三浩代表に渡っていたことを明らかにした。

 猪瀬氏はこれまで、借用証は徳田毅衆院議員の事務所にあったと説明しており、議会側は借用証のやりとりが不透明だと反発を強めた。

 5000万円は昨年11月14日、木村氏の仲介で徳田議員と面会した後、20日に徳田議員から受け取り、今年9月25日に鈴木重雄特別秘書を通じて、徳田議員の母秀子氏に返済した。

 猪瀬氏は総務委で、「(木村氏が9月25日の返済の場に立ち会い)その場で(鈴木氏に借用証を)渡すはずだった。徳田氏の関係者のところに借用証があるから、木村氏が(事前に)取りに行った」とし、借用証が一時木村氏の手元にあったと述べた。

 委員から「なぜ借用証が(他人に)迂回(うかい)するのか」と聞かれると、猪瀬氏は「徳田議員の周辺にいろいろと捜査とかがあったのではないか」と述べ、徳洲会の公職選挙法違反事件に関する東京地検特捜部の捜査が影響したとの見方を示した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131217-00000110-jij-pol


07. taked4700 2013年12月17日 23:39:54 : 9XFNe/BiX575U : Uxp8qC5s7Y
>この男はなぜ辞めないのかが不思議だ

それは、こうやってマスコミ報道の対象になり、本当に重要な問題を報道させないため。自分は、このまま猪瀬都知事の粘りが続き、結局任期いっぱいこれが続くのではないかと言う気がする。

しかし、そういった結果、多分、日本はのっぴきならない事態へ追い込まれるのではないだろうか。


08. 2013年12月18日 07:39:29 : sgB6HX5d5w
都議会、怒りの百条委へ 猪瀬知事問題 飛び交う辞任論
2013年12月18日05時22分

 「次の段階に移行せざるを得ない」。医療法人「徳洲会」グループから受け取った5千万円について、あいまいな答弁を繰り返す東京都の猪瀬直樹知事に、都議らも業を煮やした。都議会総務委員会は17日、審議を打ち切り、疑惑解明の舞台は「百条委員会」に移る。猪瀬氏と徳洲会をめぐる新たな疑惑も浮かび上がった。

 集中審議4日目。猪瀬氏はこの日も、徳田毅(たけし)衆院議員から「5千万円を貸す」と電話を受けた場所を「個人事務所」から「自宅」に訂正。二転三転する説明に都議の怒りは頂点に達した。午後3時、4人目の自民都議が、怒気をはらんだ声で切り出した。

 「知事は東京の顔としてふさわしくない。これ以上、質疑をしても仕方ない」

 議事は中断され、20分後に再開。伊藤興一委員長が「知事の答弁が信用できないとの意見が出された。百条委員会を視野に、新たな対応を考えざるを得ない」と述べ、審議の打ち切りが決まった。

 議場を出た猪瀬氏は報道陣の問いかけに、「20時間も総務委員会で審議したんだからね。あとは(20日の)定例会見で話す」とだけ述べ、足早に去った。

 自民の吉原修幹事長は「都民への説明責任を果たしてほしいと言ってきたが、説明が二転三転し、新たな事実も出てきた。総務委では限界」。共産の大山とも子幹事長も「真相究明にはほど遠い。このままのろのろやっていたら、都議会が責任を問われかねない」と語った。

 都政の停滞を危ぶむ都庁内では「もう終わりだ」と辞任論も飛び交い始めた。東京五輪の組織委員会づくりに関わる幹部は「人事を年内にまとめなければならない時に、都の発言力は落ちる」とため息をついた。

 都議会では、猪瀬氏の辞任を求める声が日増しに大きくなり、不信任決議を求める都議もいる。だが、議会側も一枚岩ではない。不信任決議が通れば、知事が議会を解散する可能性もあるからだ。

 6月の都議選で全員当選を果たした自公は「(議席が減りかねない)都議選は避けたい」と話す。議席が倍増した共産党も、総務委で辞任を求めたが、不信任までは求めなかった。

 百条委は、通常の委員会と違い、正当な理由のない証言拒否や虚偽証言には罰則がある。自民のベテラン都議は「総務委で5千万円に関わった関係者名は洗い出せた。ウソがつけない百条委に関係者を呼び、知事を追い詰める」と語る。

■東電病院資料、真っ黒

 都議会では、猪瀬氏が副知事時代に売却を求め、徳洲会が入札に参加した東京電力病院(新宿区)の問題も追及された。議会側の要請で、総務委員会には700ページを超える都の資料が提出されたが、黒塗りが多く批判の声が上がった。

 「真っ黒じゃないか。まじめに資料を出せ」。17日、総務委に50ページほどの新たな資料が提出されると、都議から怒号が飛んだ。

 あるページは完全に黒塗りで1文字も読めず、4ページ分は電子メールの送信日時や日付しか読めないため、何の資料かすら分からない。記者会見の記録や知事のブログをのぞいて、黒塗りが目立つ。

 都の担当者は「外部の個人や団体が特定されたり、東電の業務に影響が出たりしないようにした」と説明する。

 都は、東電の主要株主。副知事だった猪瀬氏は東日本大震災後、東電の送電網や資産売却の見直しを担当。知事に代わり議会答弁にも立った。電気料金値上げに反発して、東電副社長を副知事室に呼んだこともあり、東電病院の売却を強く求めていた。

 2012年6月には、東電の株主総会に自ら出席。「経営の透明性や説明責任を果たすことがかぎとなる」と声を張り上げた。自身のブログにも発言の全文を掲載。「東電病院は直ちに売却するなり、処分の仕方を示して頂きたい」と迫っていた。

 猪瀬氏は6日の都議会一般質問で、「都として東電の資産売却をやるべきだと提案した」と答弁。10日の総務委でも、5千万円授受との関係を問われ、「東京電力が東電病院を売却するという入札の経緯については、都の関知するところでありません」と話した。

     ◇

 〈百条委員会〉 自治体の事務に関して疑惑や不祥事があった際、事実関係を調査するため、地方自治法100条に基づいて地方議会が設置する特別委員会。関係者の出頭や証言、記録提出を求めることができるなど強い調査権限を持つ。虚偽の証言をした場合は5年以下の禁錮刑、正当な理由がないのに証言を拒否した場合などは6カ月以下の禁錮刑や10万円以下の罰金を科すことができる。

http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312170424.html?ref=com_top6_2nd


09. 2013年12月18日 07:41:29 : sgB6HX5d5w
虎雄氏が東電病院の取得意向伝達 猪瀬知事、虚偽答弁か
2013年12月18日07時22分

 東京都の猪瀬直樹知事(67)が医療法人「徳洲会」グループから5千万円を受けとっていた問題で、猪瀬氏が昨年11月に徳田虎雄前理事長(75)に面会した際、売却が決まっていた東京電力病院(新宿区)の取得を目指す考えを伝えられていたことが、関係者の話でわかった。今月6日の都議会一般質問で「東電病院の売却は話題になっていない」とした猪瀬氏の答弁は、虚偽だった疑いがある。

 徳田前理事長の意思表示に対し、猪瀬氏も、自らが東電に売却を迫ったことを話したとされ、5千万円はこの面会の2週間後に提供された。猪瀬氏は10日の都議会総務委員会で「徳洲会が東電病院に興味を持っていたことは全く知らない」とも説明していたが、これも虚偽答弁の可能性が出てきた。病院の開設や増床には都知事の権限が及ぶこともあり、辞任を求める声はさらに強まりそうだ。

 猪瀬氏は昨年11月6日、神奈川県鎌倉市の病院に入院中の徳田前理事長と約1時間、面会した。仲介役で新右翼団体「一水会」の木村三浩代表や前理事長の妻・秀子容疑者(75)=東京地検が公職選挙法違反(買収資金交付など)の疑いで逮捕=のほか、複数の徳洲会職員が立ち会った。

http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312170409.html


10. 2013年12月18日 11:39:13 : 4LzHJpthLU
5000万でこのくらいか

4億コンポした小沢は
どうやって1人で持ったのかな?


11. 2013年12月18日 13:00:52 : Dy8EjeVlcs
徳田虎雄氏、猪瀬知事に東電病院取得意向伝える
2013/12/18 11:19 (2013/12/18 12:56更新)

 東京都の猪瀬直樹知事(67)の資金受領問題で、知事が昨年11月、徳洲会グループ創設者、徳田虎雄元衆院議員(75)を訪れた際、東京電力病院(東京・新宿)の取得を検討する意向を伝えられていたことが18日、関係者の話でわかった。都は東電の株主で、知事は昨年6月の株主総会で同病院の売却を主張していた。

 知事は都議会の質疑で「面会時に東電病院の話は出ていない」などと答弁していたが、虚偽だった可能性がある。

 猪瀬知事のこれまでの答弁によると、副知事だった昨年11月6日、神奈川県鎌倉市の病院に入院中の徳田元議員を訪問。翌12月の知事選に立候補するとあいさつした。

 関係者によると、面会には徳田元議員のほかに元議員の妻、秀子容疑者(75)=公職選挙法違反容疑で逮捕=ら同会関係者や、元議員を知事に紹介した新右翼団体「一水会」の木村三浩代表が同席。この席で徳田元議員は、約1カ月前に決まっていた東電病院の売却に触れ、病院の取得に興味を示したという。

 東電病院について、猪瀬知事は、副知事だった昨年6月の東電の株主総会などで売却を要求。東電は同10月、競争入札で売却すると発表した。また猪瀬知事が関係部署に直接指示し、都が株主総会前日に同病院に立ち入り検査したことも都議会の審議で判明している。

 徳洲会は今年8月、入札に参加したが、9月に東京地検特捜部の強制捜査を受けた後に辞退した。

 猪瀬知事は今月6日の都議会一般質問で徳田元議員との面会で「東電病院の売却は話題になっていない。売却問題と自分の借り入れとは全く関係がない」とも述べた。都議会総務委員会でも「徳洲会が東電病院に興味を持っていたということを全く知らない」と説明していた。

 都議会は強い調査権のある百条委員会を設け、24日にも知事の資金受領問題をさらに審議する予定で、各会派は東電病院売却の経緯も追及するとみられる。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG18019_Y3A211C1CC0000/?dg=1


12. 2013年12月19日 00:29:58 : FfzzRIbxkp
都議会議員の選挙も あやしいもんだ。

特捜の山上が関与している事件は、 山上が最も怪しいが。


13. 2013年12月19日 00:44:27 : VGslJhINdw
とうとう辞意表明したがこれでお仕舞い金?
石原や同じく汚金を貰ってた自民党議員に捜査はまたしても及ばないの金
徳田はそもそも自民党議員で、安倍内閣で国土交通省政務官までやってたのに
自民党の自の字も出てこないよね・・・

14. 和楽踊り 2013年12月19日 05:46:19 : 9hkFjVd/uY9Ag : Q9TzbNoYcc
伝家の宝刀100条委員会の設置で、ついに猪瀬城陥落!!
<ミカドの肖像>に続く本を書く作家は現れるのか??
参議院に東京から一人も送れなかった民主党の影の薄さよ・・

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧