★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158 > 132.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なぜ、「御用ジャーナリズム」は特定秘密保護法に反対したのか?(誰も通らない裏道) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/132.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2013 年 12 月 17 日 18:12:34: AtMSjtXKW4rJY
 

http://fusenmei.cocolog-nifty.com/top/2013/12/post-80f7.html
2013/12/17


今さらながら特定秘密保護法について。

もとよりこの国は秘密だらけなのであって、市民が情報公開を求めてもけんもほろろの対応をするのが日常の光景である。
今回の議論の中で、「一般市民には関係がないから心配ない」という言い分があったが、それは「国のやっていることに疑問を持って、おかしな詮索をしなければ関係ない」という意味であって、要するに「国民はギャーギャー騒がずに黙っていろ」というのが、この国の権力の過去から現在に至るまでの一貫した姿勢だ。

ところで──。
今回の特定秘密保護法の成立過程において、個人的にもっとも違和感があったのは、いわゆる「御用ジャーナリズム」が、突然、反対を表明・唱和したことだった。
あるブロクでは「特定秘密保護法を巡って主要メディアが久しぶりに政府批判に足並みをそろえた」と評価していたが、その他の論調も「さすがにこの法案の中身はひどい」ということで記者クラブメディアも目が覚めたのだろうと好意的に解釈する論調が多かったような気がする。

しかし、本当にそうなのだろうか? と思うのだ。

たとえば田勢康弘。この人物は日頃から「政治の世界を三十年以上(あるいはもっと長かったかもしれないが)も見続けてきた職人」を自称している。このフレーズを見ると私は失笑してしまうのだが、それはさておき──。
まあ長く政界にどっぷり使った「政事記者」であれば、今回の法律は与党が本気になればいとも簡単に成立することは最初からわかっていただろう。

ところが同じく「政事記者」の岸井成格。
この人物は特定秘密法について「こんな杜撰な法律が成立するとは思わなかった」と言った。

そもそも彼らは前回の衆議院選挙、参議院選挙で自公圧勝、ねじれ解消を導いた立役者たちである。そういう連中が、今回だけは「これはいけない」とジャーナリスト心に火がついて特定秘密法案に反対したのだろうか?

私はそんなことはあり得ないと思うのである。
なにしろ彼らは成立は間違いないことをわかっていたのだから。

だとしたら、彼らはなぜ反対したのか? なんのために???

結論。

自分たちは御用記者ではなく、「政府にモノ申すジャーナリストである」ということを宣伝するために。

ここ数年、マスメディアは消費税増税の旗振り役を務めてきた。消費税増税はしないと公約して圧勝した民主党を罵倒して政策転換を求め、それが原因で民主が惨敗するとアベノミクスを絶賛! めでたく消費税の増税は決まった。
そして現在は、マスメディアの筆頭である新聞社が軽減税率を適用するよう求めている。日本新聞協会が出している「新聞への消費税軽減税率適用に関する意見書」とやらによれば、

 新聞は、国の内外で日々発生しているニュースや情報を正確かつ迅速に人々に伝達するとともに、多種多様な意見ないし評論の提供を行っていることを直視しなければならない。新聞が日本の社会で果たしているこの役割は、長年にわたり維持され、広く浸透していて、人々の生活への密着度は、衣食住の必需品につぐものといってよいほどの重要さを示している。これについての具体例として、一つだけ、2011年3月11日に発生した東日本大震災の際に果たした新聞の役割のことに言及すれば、十分納得できるであろう。被災地の人々は、電気が切断されるなどの隔絶状態において、新聞を手にして紙に印刷された情報を得たとき、何ものにも代えられない救いを感じたとのことである。


笑わせてくれる。3・11でもっとも見直されたメディアは、私見ではラジオだろう。「電気が切断されるなどの隔絶状態において」もラジオは聴くことができた。だからこそラジオは災害時の最重要インフラとして見直されている。

とそれはさておき、、、

つまり、新聞社は「自分たちはジャーナリズムだから」ということで軽減税率を求めているのである。
そのためには、「自分たちは御用じゃないんだ、ジャーナリズムなんだ」ということを示す必要があった。その最大の好機が特定秘密保護法反対だったのではないか?

ちなみに新聞社の連中というのは、アベシンゾーともよく会食しているらしい。
ということは、案外、永田町界隈の料亭でこんな会話でもしているのかもしれない。

(以下、すべてフィクションです)

「総理、特定秘密保護法は成立確実ですね」
「そんなこと、あんたたちだってわかってるでしょ」
「もちろん。だけど、毎朝読捨としては今回は反対の論陣を張りますよ」
「なんで?」
「ここのところ、毎朝読捨の部数も広告収入も落ちてましてネ。日頃からお願いしている軽減税率はどうしても適用してもらわないといけないンです」
「それは大丈夫だけどね」
「ええ、それもわかってるんですけど、適用にあたっては新聞社はジャーナリズムだからという理由を明確に打ち出さないと、ここのところ御用新聞とかなんとか、毎朝読捨への風当たりも強いンです。そこで、ここは一発、成立することはわかってるけど、特定秘密保護法反対をドンと打ち出して、どうだ、新聞はジャーナリズムをやってるだろ!というところを世間に見せたいわけです」
「あんたたちも大変だね」
「なので、別に本気で反対するわけではなくて、あくまでポーズですから、そこのところをヨロシク♡」
「んじゃ、乾杯!」

なんてね。
「お前、証拠はあるのか?」と聞かれればもちろんないですけどね。
でも、まったく証拠のない遠隔操作ウイルス事件の容疑者がどんなにひどい仕打ちを受けてもなんの報道も批判もしない新聞社さんですから、あなたがたにケチつけられるいわれはありません。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月17日 19:09:02 : rTeV9kJbOg
よく、tbsに出てる田崎てひと、政局分析は得意満面だがその事象が今後どういうう影響をもたらすか?には殆ど触れないね。

まあ、共和国情勢以外で具体的な事言っちゃうと閣下方とメシ食えなくなるもんね?


02. 2013年12月17日 19:30:21 : Npp1iOLc8Q
ここで、反対しないとチラシ以下だけど、もう遅い。

03. 2013年12月17日 19:55:45 : K6bYxP06KQ
いや、実際そんなもんだろうw

しかし、ほんと飯を食うことしか知らねえんだよな。この豚どもはよ。
どんだけ卑しければ気が済むんだろう。


04. 2013年12月17日 20:02:26 : lVh4xbXnmg
一言で言えば、
マスコミの反対は、茶番なのである。

反対しても、悪法成立には
何ら支障のない時期に反対の声を上げ、
「報道機関」としての、格好だけはつけたことにする。

悪法成立には何ら一切支障はない。
まさに御用マスコミ、偽ジャーナリズムの
バカバカしい、つまらん茶番でしかない。

幼稚園児のクリスマス演劇会のほうが
よほど楽しく笑える。



05. 2013年12月17日 20:44:05 : RMaPsHzDL7
正義漢 気取る奴らに 気をつけろ
所詮マスゴミ 腹は黒いぞ

06. 2013年12月17日 21:02:53 : uGuiqtl4pw
>>01
それはコイツですね
https://31.media.tumblr.com/fba4123d18727cfd77af496f7aee112e/tumblr_mxw8xxsLP71s45fh4o1_500.jpg

たしかに安倍とはメシ友のようです
http://i.jiji.jp/jc/i?g=pol_30&k=2013121600066


07. 2013年12月18日 03:08:34 : BDDFeQHT6I
ネット上では散々危険性が指摘されていた法案上程前にはだんまり決め込んでいて成立必至の法案上程後に取って付けたように反対記者会見、何の影響も無いのは分かり切っているのに、此奴らやってて恥ずかしくないのか。

08. 2013年12月18日 05:59:57 : LScN56adnE
安倍政権はマスごみが作ったようなもの。

正体は見透かされている。


09. 2013年12月18日 11:50:23 : i8pxw0yiYo
06様、01です。

素晴らしい、御補足ありがとうございます。

それにしても、他板でも話題のお方とこんなに直近に御相伴とは、大層な御厚遇をお受けのようですね。


10. 2013年12月18日 16:30:58 : Hr10yMd0G2
この法案成立によって、マスゴミは今までよりかは報道の自由を規制されることになるのは事実である。
今後あらゆる重要な秘密情報は、一切政府の管理下におかれることを意味する法案が「特定秘密保護法案」なのだ。
マスゴミを重宝していた側(政府筋)から、今後は利用価値が減少したものとして扱かわれる立場に格下げされるのだから内心穏やかではなかろう。
今まで以上に政府の御用犬と成り下がざるを得なくなる事を意味するわけだから。
今まで首輪をつけただけで放し飼いにされていた犬が、ある日突然御主人さまの意向でリードをつけられ、キャンキャン吠えて抵抗しまくっている図に似ている。
高級料亭での「オモテナシ」の回数も今後減るだろうし、何かと自分達の便宜を図ってもらう事もままならなくなるであろう。
「大本営発表」チームに組み込まれることに抵抗する、そんなかすかなプライド?が残っている者も一部にはいるだろうが、時すでに遅し。
マスゴミの中には、まさかこの狂気の法案を強行採決はすまいと、タカをくくっていた連中もいたであろうが。
自民党恐怖政権の持つ裏の顔を甘く見ていた面もあるのではないか。



11. ごlf 2013年12月18日 23:59:30 : OXndq.5YwQ9lw : sEI6djD6mA
学校でも悪党になることを推奨すべきでしょう。

12. ごlf 2013年12月19日 00:02:01 : OXndq.5YwQ9lw : sEI6djD6mA
悪党になれないやつに何ができる。だから悪党になれる素質を学校で教育すべきかも知れませんね

13. 2013年12月19日 01:46:02 : SYegGF7lDY
なるほど、そうゆうことだったのか!

この記事、非常に説得力あります。

あまりにも悪法だから、毎朝読捨(←これナイス!)でさえ、反対してるんだと思ってました。

だから法案成立後は、そんなもんはなかったかのように
「北朝鮮コワイコワ〜イ」キャンペーンをやってるのか。納得。


14. 2013年12月19日 09:01:01 : Fs820IFiwU
大手メデイアは「特定秘密保護法」に内心大賛成だが、国民へのアリバイのために「反対」のポーズをしただけで、100%全くのペテンです。総選挙で反戦平和政党を全滅させ、好戦性DNAが火竹のようになつて噴火しだした国民が「戦争準備を目指す軍国主義と国家主義」系のタカ派政党支持に豹変した。敗戦後のドイツでのヒツトラー的「報復戦争」への序曲です。偽装してきた「国民主権や自由、人権や民主主義」は安楽死されつつあります。、長期的には「ナチズムとフアシズム」体制日本への里帰りが始まつたと見ています。対外戦争準備体制構築」へ向けて戦略的対中包囲網外交を続け、「私を軍国主義者と呼びたければどうぞ」の安部総理や現憲法安楽死に向けて「ナチスに学ぶ」の麻生副総理や戦争準備で頭が一パイのせいか、「戦争に行かぬやつは死刑か懲役300年だ」。とつい口ばしつた、石破幹事長「尖閣諸島問題」で平和外交の鳩山元総理を「国賊」呼ばわりした小野寺防衛相。などの言動をみれば、シロウトにも日本が戦争準備構築を目指して戦時総動員体制に準ずる戦略的対策を急いでいることは分かる。「積極的平和主義」という名目で、世界中の戦争に日本軍が出てゆく構えだが、むしろ「積戦的戦争主義」と表現したほうが正確のように思う。新秩序を求めたナチズム、ヒツトラーのレトリツクを思い起こす。

15. 2013年12月19日 12:31:13 : CJRhwAIuD2
後で批判されたときの為の保険ですね。
観察力の低い国民なら、何度でも騙せると考え、
一応、反対したという保険を確保したつもりなのでしょう。
同じ手口を何度でも使うパターンに気がつかない。
御用は用済みです。

16. hibarisap 2013年12月19日 16:30:26 : 2Z9q38Ntl.ymg : VcKrJygYYs
この国において右翼と左翼は宗主国の右ハンドルと左ハンドル。マスコミはこの国を操縦のための主要なツール。

構造改革を進めるために左ハンドルを切って民主党に政権を取らせたら、反米的政策を打ち出した。慌てて右に大きくハンドルを切って自民党に政権を戻したが、想像以上に大勝してしまった。これをほっておくと憲法改正を行いかねない。そこで少しだけ左ハンドを切ったというところではないだろうか。

宗主国としては、日本の自衛隊が宗主国の指揮命令の下、宗主国の代わりに戦場に行って血を流してもらいたいが、それには集団的自衛権を禁じた9条が邪魔。かといって宗主国が与えた憲法は隷属の象徴として維持したい、というのが本音。

左ハンドルがあまりにも弱くなり、右に進みすぎると、自主憲法制定だとか、核武装だとか、属国の立場から抜け出すような動きが強まるので、そうならないように今宗主国としては左ハンドルをてこ入れしているんだろう。みんなの党の分裂もその一環かもしれない。


17. 2013年12月19日 18:02:37 : 7qsAzCZivU

政界芸者でしょ。

ただ呑み、ただ食いができて、いい商売。

踊り上手なら一生いい暮らしができる。

話半分で聞き流すのがいいんではないか。


18. 2013年12月20日 00:35:36 : ban9cig8NI
【大拡散希望】対話交流会『命のワンイシュー〜伝える為に』12月22日(日)14時〜17時。井の頭コミュニティセンター本館和室。原発、TPP、特定秘密保護法*司会進行 火炎瓶テツ

19. 2013年12月20日 09:47:55 : 1r3QUaguis
マスゴミが秘密法に本当に本気で反対ならもっとインパクトの大きい報道の仕方があっただろう。

たとえばノーベル賞の受賞者が連名で反対声明を出していたがマスゴミ(大新聞)は目立たないベタ記事でしか報道していなかった。

権威に弱い国民にアピールするならこの声明を一面トップにドーンと出せば効果は計り知れないくらいにあっただろう。

そして連日連夜、一面トップで反対キャンペーンをやっておれば世論が大きく盛り上がったハズだ。

マスゴミはしょせんアリバイ程度の反対報道だったしゴミウリやサンケイはむしろ賛成の報道をしていた。

マスゴミは軽減税率の餌で裏取引したと言われても反論は出来ないだろう。

ここでもマスゴミは国民を裏切る犯罪的な姿勢をあからさまに曝け出した。

またまた国を誤らせるマスゴミの罪はとてつも大きい。

「日本の諸悪の根源はマスゴミにあり」と言っても過言ではないだろう。ss


20. 2013年12月20日 09:52:38 : rrhrFN6JLd
何も努力せんでも高給が貪れるマスゴミ。特定秘密法案で政府やシロアリが出す声明をB層に洗脳する為だけにある。マスゴミって創価学会と同じですな。

21. 2013年12月20日 14:27:11 : C5qh9oFZDI
官房機密費で買収され、編集権者が言いなりになってる状況ではね。説得力ない。

そもそも反対の論陣で「知る権利」なんて言葉を使うこと自体が、本質から目を逸らさせるからな。
国民は国家権力の横暴を常に監視しなければならない。それが国民主権を維持することになる。つまり「監視する権利」だ。
それを「知る権利」などと言ったとたんに主体は国家権力の方になり、主権者の方が従属してるかのような表現になる。
日本人は未だ江戸のお上感覚で発言する人が多いが、言葉一つで自らを貶めていることを気が付かない人が多すぎる。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧