★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158 > 218.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
田原総一朗「江田、細野、松野各氏が目指す政界再編の柱は何か」〈週刊朝日〉 
http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/218.html
投稿者 笑坊 日時 2013 年 12 月 19 日 16:16:43: EaaOcpw/cGfrA
 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131219-00000009-sasahi-pol
週刊朝日  2013年12月27日号

 政界再編に向けて動きがある中、ジャーナリストの田原総一朗氏は何を目的にして再編しようとしているのか分からないと疑問を呈する。

*  *  *

 みんなの党の前幹事長だった江田憲司氏が離党した。江田氏を含む14人が一緒に離党し、1人を加えて15人で新党を作るのだという。

 この江田氏、それに民主党の細野豪志前幹事長、日本維新の会の松野頼久国会議員団幹事長の3人を中心にして、12月10日に「既得権益を打破する会」という勉強会を発足させた。約50人が出席したようだ。そして規制改革や地域主権、共生社会などをテーマに政策提言をまとめる方針を確認したということだ。50人といえば、現在の野党の中で一つの渦潮を起こす勢力になり得る。

 だが、もの足りないのは、彼らが一体何をしようとしているのか、その柱が判然としないことである。

 実は、現在の野党である民主党、みんなの党、維新の会などの存在感が薄いのも同じ理由だ。彼らがこの国、現在の自民党政権をどう変えようとしているのかが、はっきりと見えないのである。

 江田氏、細野氏、松野氏らが中心になって野党再編を狙うことは歓迎する。だが繰り返し記すが、何を柱にして再編するのか。

 彼らが狙っているのは、いわゆるリベラル路線であるはずだ。自民党は保守だから、それに対抗するのはリベラルである。ところが日本のリベラルは、アメリカやイギリスなどとは異なっていて、そのために国民を引きつける力が弱い。

 アメリカでいえば共和党が保守であり、オバマの民主党がリベラルだ。イギリスでは保守党が保守であり、労働党がリベラルである。

 共和党や保守党は資本主義に忠実で、政府は市場にできる限り介入しないことにしている。つまり市場競争の自由を尊重する、いわば「小さな政府」であることを旨としている。

 だが、自由競争が激しくなると、必然的に格差が大きくなり、しかも勝者は少なく、敗者が多くなる。

 例えば、アメリカでは1%の勝者が40%の富を握っていると言われているが、そうなると絶対多数の敗者の不満が高まってくる。となると、格差を是正するために市場に介入して、絶対多数の敗者のために物資や生活保護に力を入れる「大きな政府」のリベラル政党が選挙で勝つことになる。

 共和党を打ち負かしてオバマの民主党が勝ったのは、こうした理由によるものだ。イギリスも同様で、保守党政治によって格差が大きくなって絶対多数者である敗者の不満が高まると、「大きな政府」の労働党が政権を奪取することになる。

 福祉や弱者の生活保護に力を入れるということは、つまりはバラまき政治を行うことなのだ。

 ところが日本では保守党の自民党が、なんと「小さな政府」ではなく「大きな政府」として振る舞っていて、市場にどんどん介入し、福祉や生活保護にも力を入れている。ざっくりと言えば、バラまき政治を展開しているのである。

 そしてリベラル政党はアメリカやヨーロッパとは異なり、バラまき政治をレベルが低くて下品だと忌避する。例えば民主党は政権の座につくと、「自民党の予算はムダが多い、民主党は初年度に7兆円減らし、4年間で16兆円削減する」と国民に約束した。これは言ってみれば「小さな政府」で、国民には自民党と比べてサービス精神が足りないと映る。日本のリベラル勢力が国民を引きつけられない原因は、この辺りにあるのではないか。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月19日 16:30:17 : 44cx8VF4s2
江田氏描く「3段ロケット」式再編、多難な船出

 江田憲司衆院議員ら、みんなの党出身の15人が結成した新党「結(ゆ)いの党」が描く、来年秋までに段階的に野党再編を実現するというシナリオの前には、当面の再編相手と期待する日本維新の会との憲法観の相違など、多くのハードルがある。

 みんなの党との会派離脱をめぐる対立も解決のめどが立っておらず、再編の「触媒」になると宣言した新党は、視界不良の船出となった。

 江田氏の念頭には「3段ロケット」式の再編がある。新党結成が第1段。同じ第三極の維新の会と共通政策をまとめて来春にも合流する第2段。2015年春の統一地方選の半年前となる来年秋までに民主党の一部を引き込む第3段――。基本政策は、みんなの党から多くを踏襲しながら、同党が「2020年代」とした原発ゼロの年限や、「国家公務員の10万人削減」など、時期や数値目標を削ったのも、「他党と交渉の余地を残すため」(結いの党幹部)だ。江田氏は18日の結党記者会見で「次の総選挙までに再編が起こらなければ、衆院議員を辞したい」と不退転の決意を示した。

(2013年12月19日10時46分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131219-OYT1T00278.htm


02. 新共産主義クラブ 2013年12月19日 16:40:11 : w0NMVeciJ/Y.. : Od3zRGIrsM
>>01
>同党が「2020年代」とした原発ゼロの年限や、「国家公務員の10万人削減」など、時期や数値目標を削ったのも、「他党と交渉の余地を残すため」(結いの党幹部)だ。
 

江田新党の「公約」は、みんなの党の公約と、日本維新の会の公約と、民主党の公約との、「最大公約数」となるということだ。

江田新党は、「最大公約数」党=GCM党と名乗るのが良い。

それでも「ネオリベラリズム」という、各党の精神の核は残るだろう。

次の総選挙までに野党再編が起こらなければ、次の総選挙は「自共対決」となる。

それでもいい。


03. 2013年12月19日 21:37:24 : xxpM7jkFPI
『まぁ、<田原のおっさん>の教養・論理の“幼稚さ”と<みんな・維新・残党民主>の“幼稚さ”は、全てご同類だってことさ。』

<おっさん>の小・中学生新聞レベルの(<池上氏>も同根同様レベルなんだが)「政治・経済論」では、最早「世界の動向」をキャッチ出来ないし対応出来ないだけでなく、致命的な“読み間違い”を犯してしまうんだよ。
小さい政府・大きい政府なんて「幼稚園の遊戯」レベルの論議ではもうどうにもならないんだって。
キミ達が懸命にヨイショしてる<アホノミックス>経済政策は、来年初頭には必ず行き詰まるんだよ。<おっさん>はそのときに、何て言うんだろうねぇ?
また相も変らぬ「俺は宮沢総理にこう言った!」な〜んて、女性週刊誌記者レベルの戯言をふりまくんじゃぁないだろうね?世間では、そういう類の連中を<雑誌ゴロ・政治ゴロ>って呼ぶんだよ。オイラは、その上“軽蔑”するんだけどね。


04. 2013年12月21日 23:54:46 : RMaPsHzDL7
>何を目的に再編しようとしているのか分からない

恐らく、自公及びオール野党による翼賛体制を目指しているものと思われます。
初めは与党に反発する態度を見せても、与党に反撃されるとあっさり屈してしまうでしょう。
与党が出した法案への反対票を投じたところで、「力不足だった、仕方ない」と言い訳すれば済みます。
それに、この新党はお世辞にもリベラルとはいえず、「みんな」「維新」と同様にネオコン信者の集まりのように見えます。明らかに自公の補完勢力といえるでしょう。
むしろ自公にコバンザメのようにくっついて負け組を演じることこそ、真の目的ではないでしょうか。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧