★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158 > 221.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なぜ特定秘密保護法を性急かつ強行に成立させたのだろうか!? (神州の泉) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/221.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2013 年 12 月 19 日 20:14:25: AtMSjtXKW4rJY
 

http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2013/12/post-d020.html
2013年12月19日


行政手続法の第六章「意見公募手続等」(命令等を定める場合の一般原則)、第三十九条の第三項には、「第一項の規定により定める意見提出期間は、同項の公示の日から起算して三十日以上でなければならない。」とはっきりと謳ってある。

ちなみに第三十九条第一項の規定は下記。

「命令等制定機関は、命令等を定めようとする場合には、当該命令等の案(命令等で定めようとする内容を示すものをいう。以下同じ。)及びこれに関連する資料をあらかじめ公示し、意見(情報を含む。以下同じ。)の提出先及び意見の提出のための期間(以下「意見提出期間」という。)を定めて広く一般の意見を求めなければならない。」

このように、パブリックコメント(意見公募手続)は、通常30日間以上の募集期間が行政手続法で定められているが、特定秘密保護法案はこれをわざわざ15日間に短縮するという“不自然さ”にあえて踏み込み、しかも、実質的・本質的な審議過程をほとんど回避したまま拙速に進んだことはついこの間のことだった。
特定秘密保護法案の成立過程に見えるこのような異常な拙速さは、この法案にあまり関心のなかった層も強い違和感を抱いた。

何か抜け穴があるのか、パブコメの期間短縮が厳密に違法であるかどうかは専門的には分からないが、少なくとも行政手続法に書いてあることを反故にしていることは確かである。

その部分では、国家戦略特区法案ではパブコメ自体が設置されなかったから、これは立法的見地から見たらどうなんだろうか。

Wikiを見たら次のような項目があったが、ひょっとしたら政府はこれを頼って、これら重大な法案の公知や意見募集をあえて回避したのだろうか。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
意見の公募(40条1項・41条)には、意見公募手続を実施して命令等を定めるに当たっては、必要に応じ、当該意見公募手続の実施について周知するよう努めるとともに、当該意見公募手続の実施に関連する情報の提供に努めるものとする。

委員会等の議を経て命令等を定めようとする場合(39条4項4号に該当する場合を除く)において、当該委員会等が意見公募手続に準じた手続を実施したときは、同条第1項の規定にかかわらず、自ら意見公募手続を実施することを要しない。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

この中に「当該委員会等が意見公募手続に準じた手続きを実施したときは、・・自ら意見公募手続を実施することを要しない。」とあるが、ここでいう“意見公募手続に準じた手続き”とは、国家戦略特区法案で、国民に対してではなく民間企業や地方公共団体に意見を求めたことを指しているのだろうか。
これは業者(企業)側の意見だから、上で謳う意見公募手続に準じていないように思うのだがいかがだろうか。(国民の意見は反映されていない。)

一方、特定秘密保護法案ではパブコメ期間が故意に短縮されているが、短縮されていても実施したのだから問題ないという立場なのだろうか。
では、行政手続法39条の30日以上という取り決めはどうなるのだろうか。

法的なこむずかしいことはわからないが、ざっくばらんに言えば、パブコメを異常に短縮した特定秘密保護法案も、パブコメ自体を忌避した国家戦略特区法も、政府にとっては極めて後ろめたいものであることはまず間違いない。
それにしても、政府はなぜこれほどまでに暴走機関車のごとく真一文字に強行成立に驀進(ばくしん)したのだろうか。

神州の泉は何度も念押し的に言っているが、TPP(環太平洋経済連携協定)というグローバリゼーションの集大成のような危険な条約に進んでおきながら、国家安全の防衛文脈は成り立たない。

特定秘密保護法案の特定秘密の指定カテゴリーは次の四つである。

第1号 - 防衛に関する事項
第2号 - 外交に関する事項
第3号 - 外国の利益を図る目的で行われる安全脅威活動の防止に関する事項
第4号 - テロ活動防止に関する事項

以上の4つの秘密指定カテゴリーをつぶさに見ると、いちいちごもっともだが、これは正常な政権だけが所掌することである。
安倍政権は国民や国家を守る正常な政権ではなく、国民生活と国益をグローバル資本に売り渡す国賊政権であるから、特定秘密保護法案が防衛要件以外のカテゴリーにあることはもはや疑いようのないことである。
その本当の狙いとは、日本をグローバル資本の望む形で企業国家にすることを覆い隠すことにある。
日本がグローバル資本から国政的に遠隔操縦されている事実を、政治批判で周知されないように特定秘密保護法案が企画されたのである。


これは多国籍企業群(グローバル資本)を本店とする日本のフランチャイズ化である。
別の言葉で言い換えれば、米国コーポクラシー(企業利潤優先主義)とフラクタルな構造を持った日本型コーポクラシーに大転換することである。
日本の規制や法制度を多国籍企業に都合の良い形に改変して、日本を外国企業の理想的な狩場に変換するのが安倍政権の存在理由となっている。

それは竹中平蔵氏が中核に居座って司令塔になっている産業競争力強化法や国家戦略特区法の裏の目的にはっきりと出ている。

国民を守ろうとせず、多国籍企業の搾取に日本を委ねようとする国家運営をしているのが安倍政権だ。
このような棄民政権が敷設する特定秘密保護法案の真の狙いはいったい奈辺にあるのだろうか。

この文脈の中で、例えば「第2号-外交に関する事」には「イ 外国の政府又は国際機関との交渉又は協力の方針又は内容のうち、国民の生命及び身体の保護、領域の保全その他の安全保障に関する重要なもの」に焦点を当ててみる。

この中には「国民の生命及び身体の保護」とある。
しかし冷静に考えてみれば、第185回臨時国会で成立した国家戦略特区法と産業競争力強化法、そして今まっすぐに突き進んでいるTPPなどは、全てが「企業の保護や優遇」に合目的化していることを見据えなければならない。

ここには「国民の生命及び身体の保護」の観点が全くない。
それどころか、歯止めのない規制緩和で外国資本の参入や経済活動が野放しに優遇されれば、国民生活は彼らによってとことん侵害されることになる。
つまるところ、安倍政権の成長戦略は外資の野放し体制への移行であり、日本の国家構造は根底から突き崩れることになる。

特定秘密保護法案を計画したご本尊はグローバル資本である。
以上の真相を国民に暴かれたくないので、グローバル・エリートたちは安倍政権に、何が何でもこの法案の成立を強要し急がせたのである。

おそらく安倍政権の重鎮たちは背中に銃口を向けられながらこの法案に邁進したのだろう。
そう思えるほど、この法案に対する彼らの死に物狂いの取り組みは鬼気迫るものがあった。

自民党が「J-ファイル2012」で公約したTPP関連6項目は、非関税障壁に相当する5項目部分が全て反故にされ、国民は騙されている。
同様に、「J-ファイル2012」にも「J-ファイル2013」にも、特定秘密保護法案に関するものは一切出ていないのだ。
この事実に、件(くだん)の法律がどれほど国民を裏切る凶悪なものであるかよく分かる。
特定秘密保護法案は、日本の防衛や安全とは無関係であり、米国グローバル資本が強行に命令した、全日本国民に対する言論弾圧に他ならない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月19日 20:31:50 : aQq0UGoaxY
不正選挙が露見しそうになっていて国民が気がついたから。
投票されていない自公は何があっても秘密がばれないようにしないと次がない。
選挙管理委員会の手口がわかってしまったら似非民主主義が終わりになる。


02. 不眠症 2013年12月19日 20:42:59 : nYRH.ca0zYtKk : mBqEoVAF7k
南東北・関東の健康被害隠蔽政策に御用心!

03. 2013年12月19日 21:01:06 : 8lpzp31iAk
安倍が調子に乗ってこんな法案を立て続けに出せばやがて惨めな退陣に追い込まれることになろう。あとには共謀罪が控えている。

こんな法案を許容するなら日本に未来はない。


04. 2013年12月19日 21:04:11 : NNHQF4oi2I
共謀罪は 自民党に適応すべきだ

05. 2013年12月19日 21:15:25 : kFSBHHnrzo

 いっぷく
英国の首相はエカチェリーナ大帝の親戚
http://japanese.ruvr.ru/2013_12_19/126144743/
 検索→ asyura2 みんな親戚 政治家 官僚 企業主
 検索→ asyura2 私物国家 日本の黒幕の系図 親戚
歴代米国大統領全て親戚 私物国家 王家王族 相関図
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/783.html

 心が死んでる?
>これって「虫けらめ」と揶揄される人間モドキにも
>当てはまるのかな? 概念としては「サイコパス?」
>日本語なら 「チンヒラ根性?」又は「奴隷遺伝子?」
昆虫が痛みを感じない理由は寿命の短さにあった?
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52148842.html
昆虫たちは体が傷ついていても泣いたり喚いたりせず、
いつもどおりの働きをやめないのである。
昆虫たちの活動はあらかじめ組み込まれてるロボットの
様なものなので、彼らが行動や活動を省みて学ぶ事など、
無に等しいのである。

損得勘定と信念は「別の脳」:倫理の神経科学  Wired.jp
http://wired.jp/2012/02/22/neurobiology-of-sacred/2/
 検索→ 損得勘定と信念は「別の脳」   ・コメント拾い


06. 2013年12月19日 22:21:09 : rlq9AJwIYg
クソっこ赤かび(笑)( ←--- 管理人 )をくれぐれも忘れてはならない。

[12削除理由]:アラシ
07. 2013年12月19日 22:34:02 : A4p3TOggSs

それがどうしたんだよ

08. 2013年12月19日 23:40:13 : FfzzRIbxkp
特定秘密保護法は、 日本がすでに批准している国際条約に違反しています。

人権条約に反する国内法は、改定・廃止しなくてはいけないのですから、

特定秘密保護法はすぐに改定するか廃止しなくてはいけないのですよ。
(そもそも、国会に上程したことが恥ですよ。)

何を政府はもたもたしているのでしょう。

人種差別撤廃条約に違反したヘイトスピーチと変わらないメンタリティーを政府が持ち得ているというのも、皮肉な話。 そこまで堕落したのですよ。


09. 2013年12月20日 06:03:27 : N3ktQtA22o
> なぜ特定秘密保護法を性急かつ強行に成立させたのだろうか!?  


それは一刻も早く戦争できるようにして米国を助けたいから!

「何故?こんな極端な法を、こんなに急いで?!」の疑問の答えはそれ以外にないだろう?

企業の為「だけ」ならこんなに目立つほど性急である必要はないじゃん?
戦争も企業の為ではあるが

この法が「多国籍企業のためだろう」とだけ書いて「戦争の為」とは書かないのは、
寸止め分析になると思うし、「戦争」からの目くらましになってしまう



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧