★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158 > 364.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「世界の極悪人」を引き受けた東條英樹の生き様! (「日本人」の研究!) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/364.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 12 月 24 日 00:04:00: igsppGRN/E9PQ
 

「世界の極悪人」を引き受けた東條英樹の生き様!
http://cpt-hide-cook.seesaa.net/article/383320533.html
2013年12月22日 「日本人」の研究!


「東條英樹」と聞くと、ヒットラー、ムッソニーと並ぶ、
極悪人というイメージを連想するのではなかろうか。

本当にそうだろうか?

東條さんがやったことの賛否は別にして、
一人の人間の一生としては、あれほど過酷なモノはないように思う。

開戦当時は、東條さん、東條さんとして英雄視していた国民が、
戦争敗れれば、極悪人として蔑む。

そして、未来永劫、極悪人として世界にその名が引き継がれていく。

残された家族はどうなのか、、、。

天皇、国民、そして共に戦った部下達、、、。

そして日本の未来は、、、
と思うと、生き続けるということは、東條さんにとって
耐え切れない思いではなかろうか。

処刑される前にこんなことを語っていたらしい
「死ぬにはいい時期です。終身刑にでもなったら
永遠に煩悩に付きまとわれ、たまったものではない」
と、、、。

またこんなことも
「昨日宣告のとき、心が朗らかになりました。
『大無量寿経』の中の、法蔵菩薩が決定して無上正覚をいるといわれる、
あのような気持ちになりました。
日本の土地に同化して行けることは、非常にありがたいことです」
と、、、、。

そして、東條さんの奥さんへの歌
「明日よりは誰にはばかるところなく
    阿弥陀のみもとでのびのびと寝む」
と、、、、。

そしてA級戦犯として判決を待つ元側近に対して
こうも語ったとされる
「戦争の責任は僕一人で背負いたかったが、多くの人々に
迷惑をかけて相済まぬ。君もどんな判決を受けるか知らないけれども、
敵に罰せられると思えば腹もたつだろが、陛下や国民から罰をいただく
と思って、甘んじてもらいたい。敗戦により、国家と国民とが蒙った打撃と
犠牲を思えば、僕が絞首台に上がるごときは、むしろもったいない。
 僕はただ絞首の辱めを受けるだけでなく、永遠に歴史の上に罵りの
鞭を受けなればならないからです」
と、、、。

そして
「トウジョウ・。ヒデキ、デス・バイ・ハンギング(絞首刑)」
を、言い渡されたときに
東條さんは「そうか、よしよし」とでも言いたげに軽くうなずいた。

東條さんは
「自殺でもしたら意味がない。絞首刑で死ぬことこそ意味がある。
それが日本の再建の礎石隣、平和の捨石となりえる」と
考えていたようだ。

私は、東條さんは東京裁判では立派に戦った唯一の日本人だと思う。

ご立派だったと感じる。

確かに戦争のやり方は、まずいところがあったのかもしれない。

しかし、海軍でさえ、あの虎の子の空母4隻をを失った
ミッドウェーの敗北を隠蔽していたようだ。

東條さんは、
「私がもしミッドウェーの敗北を知っておったらインパール作戦はやらなかった」
とも、語っておられた。

その頃から、相変わらず、官僚というのはそういう体質なのかもしれない。

省庁間の面子の為なら、こんな大事なことでさえ隠蔽してしまう。

さらに新聞は、戦争を煽りまくる。

国民は熱狂する。

多くの軍人達も、「米英打つべし」と上を突きあがる。

そんな時、「軍を押さえられるのは、東條しかいない」
ということで、天皇の使命によって、総理となる。

日本よりはるかに大国のアメリカと戦うのに、誰が手を上げて
総理をやる人が当時いたのだろうか。

それよりも、勇ましいことをいって総理にまで上り詰め、
日米交渉が上手くいかないと放り投げてしまう
どこぞの貴公子の方が、罪が重いのではなかろうか。

東條さんは、昭和15年に陸軍大臣になるまで、政治にかかわることはなかった。

それよりも、「水商売の教育は受け取らん」とし、
人気取りと妥協で行う政治の世界と、水商売というような
感覚でいたらしい。

実直、厳格、生真面目、几帳面、細心、神経質な東條さん、
人一倍責任感が強く、神と崇めた天皇から指名された仕事を
必死にこなそうとしたのかもしれない。

そして、東京裁判では、逃げることなく、勇敢に日本の正当性を
主張する。

東條さんの人生を考えると、なんという過酷な人生なのかと
つくづく思う。

アメリカは重慶の蒋介石に莫大な借款供与し、日本には経済圧迫を強め、
そしてついに石油をも、禁輸してしまう。

歴史とは、いつの時代も勝者のモノ。

勝った方が正当化されていく。

それに日本とアメリカというのは、戦う運命にあったといっても
過言ではない。

最近ある本に書いてあったが日本というのは欧米にとって
「突如、現れた大国」というイメージらしい。

ほんの数十年前まで、チョンマゲにはかまをはいていた民族が、
ゼロ戦を作って操縦し、空母で向かってくる。

そして、欧米とは明らかにその思想、社会の仕組みというものが違う。

出光の創業者、出光佐三さんが言っていた
「天皇を中心とした大家族主義」とでもいうのか、
地縁、社縁、血縁など強い共同体基盤のもと、自分のことより
社会全体を優先して、ドンドンと成長を遂げていく。

第一次世界大戦のとき、日英同盟のもと、黄色人種が
ヨーロッパに戦艦を送ったのは、欧米人は驚いたようだ。

また、満州の発展、生糸など輸出がドンドン伸びていく。

そして、第一次大戦後、黄色い顔をして大国にのし上がった民族が、
「人種差別撤廃」をも迫ってくる。

アメリカ国内にも、公然と人種差別というモノがあった時代だ。

つい隣の国が、自分たちとはまったく違う価値観で、
成功していく。

人間の集団心理とは、そういう場合どのように働くのか、
よくよく考える必要がある。

そして、アメリカにこっぴどく敗れてからすでに70年近くが過ぎようとしている。

いつまでも、あの戦争のトラウマから抜け出せ切れていない。

そして、明日が東條さんたちが処刑されてから、ちょうど65年。

もう一度、日本のあり方をつくづく考える日であることを願う。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月24日 00:22:51 : gcDaxyCqLw
極悪人を引き受ける前に
とっとと戦争をやめるべきだったな
生きざまもへったくれもねえ
戦争を遂行して多くの日本人を犠牲にした
俺はそう言う生きざまは認めない

しかしそれを生きざまと認めたいと言うのなら
そういう奴は自分もそういう風に生きて見せろ


02. 2013年12月24日 00:31:10 : cKftockbJN
東条さんは悪い人ではない。
ともかくもアメリカが悪い国なのだ。今もだけどね。



03. 2013年12月24日 00:45:56 : 2D6PkBxKqI
ゴマすり東条さんは毎日三回は 昭和天皇の所へ顔を出して、御用聞きしてたんだろ

それである日、昭和天皇が真珠湾を攻撃しろと言ったんで、へいへいとその通りにしたというのが真実


04. 2013年12月24日 02:33:20 : c8uYroBnUM
夢が無限に脹らみますな

05. 2013年12月24日 02:53:22 : SQCl6iVNaQ
アメリカと通じてアメリカの都合の良いように行動してたんだろ。
東條に限らないけどな。

06. 2013年12月24日 07:04:33 : rKXp6iLy7w
登場の方針命令で死地に追いやられた人は多い。
東條は生きて俘虜の辱めを受けるなと教え、自殺攻撃を命令し

自分は自殺さえ出来なかった男。



07. 2013年12月24日 07:09:50 : plsk27d8TE
アイヒマンと同等の
悪人である
結局脳なしなのに
総理を受けたのが
日本敗戦の原因だ
北朝鮮は瀬戸際外交を
上手くやっている
だから、日本国民にとって
敗戦はよかったのだ
間借りなりにも
民主主義と人権が
国民の権利になったのだから

08. 2013年12月24日 07:26:46 : 8rNCXQYiW2

 東條は懸命努力して、アジア諸国に大迷惑を与え。日本をアメリカの奴隷国家にした奴。正に万死に値する極悪人。極悪人を引き受ける? 極悪人の典型だろう。

09. gataro 2013年12月24日 09:04:47 : KbIx4LOvH6Ccw : CSVYc51iio
戦陣訓をつくって「生きて虜囚の辱めを受けず」とした張本人が生きて虜囚の辱めを受けたのだからブラックユーモアとしか言えない。

文民の近衛文麿でさえ生きて虜囚の辱めを受けなかったというのに。



10. 2013年12月24日 09:05:28 : U5Q3WG4UJg
06のような無責任体質こそが、明治から今も続く日本のエスタブリッシュメント層(既得権益層とも言える)の本質。

11. 2013年12月24日 09:57:13 : T4JxzHCbQg
東条体質と安倍体質馬鹿なところが似ているし弱者に対する想いがないところも
そっくりだな

12. 2013年12月24日 10:11:30 : sl3Oo0EgYo

    >>東條さんの人生を考えると、なんという過酷な人生なのかとつくづく思う。

     そうかい。俺はニューギニアの密林で、またフィリピンの山中で戦死、餓死した何万、何十万の兵士の過酷な人生を思い、あるいは旧満州の残留孤児といわれる人々の過酷な人生を思うのだが。




13. 2013年12月24日 10:39:47 : NqsTAbJFVE
> 東條さんは、
「私がもしミッドウェーの敗北を知っておったらインパール作戦はやらなかった」
 とも、語っておられた。
 その頃から、相変わらず、官僚というのはそういう体質なのかもしれない。
 省庁間の面子の為なら、こんな大事なことでさえ隠蔽してしまう。

この時代も利権が第一の官僚が政治家を操っていたのか

> 確かに戦争のやり方は、まずいところがあったのかもしれない。

何? これ
筆者は根本的に、戦争の悲劇を考えていないようだ。


14. 日高見連邦共和国 2013年12月24日 12:55:17 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

良くも悪くも、東条英機は色濃い“南部気質”の持ち主である事は間違いない。

15. 2013年12月24日 14:48:09 : m8MoUKtCoc
歴史認識なんて当事者どうしで異なるのが当たり前。
原爆を落とした国と、落とされた国で異なるのが当たり前。
国連のチョン事務総長あたりは共通の歴史認識とのたまわっているが、今まさに鬼畜米英は正しかったと思うぞ。

16. 2013年12月24日 14:54:30 : JRkqZHVo2M
あるひとの唱える

「近衛文麿がフリーメイソンで悪の首謀者だった説」に一票〜


17. 2013年12月25日 06:07:58 : VC7kuTvhsQ
ヒロヒトの戦争責任を、かぶせられた

気の毒なひとというイメージしかない。


18. 2013年12月26日 14:51:41 : c8uYroBnUM
ヒロヒトの戦争責任だけを、利用した

気の変なひとというイメージしかない。


19. 2014年8月31日 22:49:21 : CCpMfXR7W6
ヒロヒトが戦争をやめると言わなかったので、
死ななくてもよかった人が多く死んだ。
東條さんの最期の年月は、
戦犯とされた人らの中で
最も立派であったと
僧侶の花山氏の回想録を読んだのは
もう昔の話だなぁ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧