★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158 > 596.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《沖縄発》 辺野古埋め立て承認 「こんな知事を選んだことが悲しい」(田中龍作ジャーナル) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/596.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 12 月 28 日 21:00:00: igsppGRN/E9PQ
 

「私たちが猛反対しても聞いてくれないんじゃないか。でも黙っていると基地を受け入れたことになる」。そう思って参加した父と娘。後ろにそびえるのが沖縄県庁。=28日、県民ひろば 写真:筆者=


【沖縄発】 辺野古埋め立て承認 「こんな知事を選んだことが悲しい」
http://tanakaryusaku.jp/2013/12/0008481
2013年12月28日 19:35 田中龍作ジャーナル


 沖縄県民の怒りは収まらない。米軍が銃剣とブルドーザーにより力づくで作るのが基地だった。ところが自分たちが選挙で選んだ知事が「どうぞ辺野古に基地を作って下さい」と差し出したのだ。

 きのう県庁ロビーになだれ込んだ県民たちは、きょうも県庁前で集会を開いた。(主催:平和センター、平和市民連絡会、ヘリ基地反対協、県議会4会派=社民護憲、県民、共産、社大)

 主催者発表で約700人が参加した。「知事の裏切りに怒り」のプラカードが目につく。2010年の県知事選挙で「普天間基地の県外移設」を掲げて再選された仲井真弘多知事が「辺野古埋め立て」を承認するのは、立派な公約違反である。

 集会の司会進行を務める女性は「きのうの記者会見が夢であってほしいと願いながら目覚めた。知事が基地負担を県民に強いることを許さない。県民への裏切りです」と怒りを露わにした。

 「裏切りどころではない。怒りという言葉では言い表せない」と体を震わせるようにして話すのは うるま市から来た女性(60代)だ。

 「きのうの記者会見は知事が誰かにメモを渡されて読んでいただけ。あれが許されていいはずがない」。彼女は泣きそうな表情で続けた。知事本人や沖縄県庁職員が書いた文章であれば、あれほどまでに ただたどしい 朗読にはならないはずだ。

 「こんな知事を選んでしまったことが悲しい」。参加者たちは異口同音に語った。


「裏切り」「怒り」…参加者たちは仲井真知事への反発と憎しみを募らせた。=写真:筆者=
http://tanakaryusaku.jp/wp-content/uploads/2013/12/3e6af847c912746335eeee2661dc388f.jpg


 ジュゴンやアカウミガメが生息する辺野古の海を埋め立てることへの憤りも聞かれた。「安保や基地問題よりも海を埋め立てることが納得できない。元には戻らないのだから」。沖縄市在住の男性(30代)は淡々と話す。

 インタビューした参加者のほぼ全員が「仲井真知事と安倍首相の約束は果たされない」と答えた。沖縄がだまされ割を食うという意味だ。

 安倍首相は「早期の普天間基地閉鎖」を提示した。沖縄県側は5年以内の閉鎖を求めている。普天間基地の返還が日米間で約束されて17年が過ぎた。この間、1ミリも動かなかった。

 辺野古基地建設は早ければ来年3月にも測量が始まるとの見方もある。だが来年1月19日投開票の名護市長選挙が待ち受ける。

 「埋め立て反対派」が勝利すれば、また普天間は動かなくなる。賛成派が勝って工事を進めようとすれば流血の惨事は避けられない。県外移設に絞り込まない限り、堂々巡りの消耗戦が続く。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月28日 21:30:04 : 1ioo7h1uY6
■金!金!

 金なんだよ 金! 

 疑獄もこの世も 全て金次第!

 盗電病院は 5千万〜1.5億

 辺野古は5〜10億か?



02. 2013年12月28日 21:34:33 : Ub5n5UcLZU
辺野古埋め立て:沖縄県庁前で700人が抗議集会


知事の承認から一夜明け、沖縄県庁前でシュプレヒコールをあげて抗議する市民=那覇市で2013年12月28日午前10時59分、和田大典撮影
http://img.mainichi.jp/sp.mainichi.jp/select/images/20131228k0000e020182000p_size5.jpg


 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に向けて、名護市辺野古沿岸部の埋め立てを仲井真弘多知事が承認してから一夜明けた28日、那覇市の県庁前には市民らが集まり、抗議集会を開いた。参加者は約700人(主催者発表)で「知事の承認を許さないぞ」「政府の圧力に県民は屈しないぞ」とシュプレヒコールを挙げ、改めて辺野古移設反対を訴えた。

 集会は県議会野党4会派や市民団体が主催。奥平一夫県議は「『公約を変えていない』という知事の発言は県民をばかにしている。信頼を裏切った知事は即刻やめるべきだ。辺野古に一本たりとも杭を打たせない覚悟で頑張っていこう」と呼びかけた。ヘリ基地反対協議会の安次富浩代表も「県外移設の公約を破り、埋め立てを承認した知事は沖縄県民を愚弄(ぐろう)した。私たちは絶対にあきらめないぞ」と声を張り上げた。

 うるま市から参加した島根友子さん(62)は、知事が承認を発表した27日の県庁1階ロビーでの座り込みに続き、この日も集会に参加し「どんなに言葉巧みに説明しても、県外移設の公約を破って辺野古移設を認めた知事は公約違反だ」と憤っていた。【佐藤敬一】

http://sp.mainichi.jp/select/news/20131228k0000e040180000c.html


03. 2013年12月28日 21:48:47 : AVCzW2K2rQ
沖縄県民のピュアで熱い気持ちに知事は応えるべきです。

「仲井真知事と安倍首相の約束は果たされない」と、
安部のずる賢さを県民は知っています。
知事はもう反省し、撤回すべき。
お金で魂売ってはいけない。


04. 2013年12月28日 21:49:45 : Ub5n5UcLZU
“辺野古承認”で県庁内座り込み 怒りの市民は今…(12/27 17:56)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000018700.html


 仲井真沖縄県知事が名護市辺野古の埋め立てを承認したことで、市民らが怒りの声を上げています。

 (沼尻和樹アナウンサー報告)
 一日中怒りの声が上がっていた沖縄県庁前です。今は集会は終了して静寂を取り戻していますが、27日、多くの県民が怒りの声を上げていました。また、埋め立て先の辺野古の稲嶺市長は会見で、知事の判断を批判しました。
 名護市・稲嶺進市長:「まさか、このような形になるとは、ゆめゆめ思わなかった。『残念至極です』と仲井真知事に申し上げた」
 県庁1階ロビーで抗議を続けていた人たちは、28日からも抗議活動を続けると気合を入れて27日の抗議活動は終了しました。参加者からは「知事は絶対に許さない。あしたからも抗議をし続ける」と怒りと悔しさの交じった声が聞かれました。知事が下した「承認」という判断は、さらなる多くの県民に怒りを与える結果となりました。28日も午前10時から抗議活動が再開される予定です。


05. 2013年12月28日 21:58:25 : Ub5n5UcLZU
沖縄県庁を取り囲み抗議行動
12月27日 19時16分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131227/k10014175651000.html


埋め立て申請を承認しないよう求めてきた沖縄県議会の野党会派や市民団体は、沖縄県庁の周りを取り囲み、仲井真知事が申請を承認したことに抗議の声を挙げました。また、普天間基地を抱える宜野湾市や移転先の名護市などから、評価や反対の声が聞かれました。

那覇市にある県庁の周りには、27日正午すぎ、沖縄県議会の野党会派の議員や市民団体のメンバーなど主催者の発表で2000人が集まりました。

参加者は「不承認」や「屈しない」などと書かれたプラカードを掲げ、仲井真知事が埋め立て申請を承認したことに抗議しました。

このあと参加者の一部がプラカードを掲げたまま県庁1階のロビーに入り、夕方まで座り込みをしました。

県側はロビーまでの立ち入りは認め、混乱は起きませんでした。

全面的に評価したい

仲井真知事の記者会見のあと、普天間基地を抱える宜野湾市の佐喜真淳市長は、「普天間基地の1日も早い返還を求めてきた宜野湾市民にとって、知事の判断はありがたい話だし、全面的に評価したい。これまで17年間、どの政権も、目に見えるかたちで基地負担の軽減や危険性の除去に取り組むことができなかったが、今の政権は着実に取り組むものだと理解して期待したい。とにかくこの問題が動いて欲しい」と話していました。

ゆめゆめ思っていなかった

名護市の稲嶺進市長は記者会見で、「このような形になるとはゆめゆめ思っていなかった。名護市長意見で申請のかなりの部分が法律に違反していると指摘しており、承認の結論がどのようにしたら導き出されるのか信じられない」と述べたうえで、名護市辺野古への移設に改めて強く反対する姿勢を強調しました。
さらに、「地元名護市が代替施設の建設を容認していないなか、強引に承認された計画は到底受け入れられない」として27日午後、沖縄県に対し抗議文を送ったことを明らかにしました。

とても理解することできない

那覇市の翁長雄志市長は記者団に対し、「県民は新しい基地をいらないと言っていて、日本国民全体で安全保障の問題を考えてほしいとしている。それを踏まえるととても理解することはできない。仲井真知事が安倍総理大臣との会談で『これでいい正月がおくれる』とか、『140万県民が感謝している』という言い方をしたところに知事との思いの違いがあるのかと思う」と述べました。


06. 2013年12月28日 22:34:15 : SnTjSdZQ0o
名護市長「絶対認めない」 意見反映なしを批判
2013年12月28日

 【名護】名護市の稲嶺進市長は27日、仲井真弘多知事が米軍普天間飛行場の辺野古移設に向けた埋め立てを承認したことを受けて記者会見し、「(移設に反対する)民意とは違う。頭越しだ。名護市の意見は全く反映されていない」と知事判断に強く反発した。

 稲嶺市長には知事から午前11時5分、電話があり、承認が伝えられた。市長は「残念至極です」と話したという。市は同日、市長名で知事の承認に対する抗議文書を送付した。

 その上で稲嶺市長は「辺野古移設は絶対に認めるわけにはいかない」と移設に強く反対する考えをあらためて強調した。県外移設を公約に掲げてきた知事の承認に対し「県外移設を求めながら、承認の印鑑を押すというのは矛盾だ。筋が通らない」と指摘した。

 抗議文は知事の承認決定に対し、「知事の強い言葉を信じてきた県民を三度失意のどん底に突き落とした」と批判。「政府の(移設)強行に知事がくみした。市民の生命財産を預かる立場から到底受け入れられない」と強く抗議した。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-217224-storytopic-53.html


07. 2013年12月28日 23:59:24 : oQcsEYbqAI
沖縄に民主主義なんかないことは選挙の時からわかってた。
中央の官僚が敷いたシナリオ通りに、金ほしさの自民党県連なんかがそのまま動くだけ。
あんなぼけかかったじーさんをチジにし、顔と口先だけの実績ゼロ女を勝たせて国会に送っている時点であり得んだろ。だれも好きじゃない奴が選挙に通る。

それは沖縄だけじゃない、そもそも日本の民主主義なんて嘘っぱちだろ。
あんなキモいおバカ年増お坊ちゃま下痢男をみんなでヨイショしてるんだから。
それとも日本人全体がヘンタイなのかな?

アメリカ様に右手でヨイショしながら、左手で中指立ててるようなことをしていても、不思議に思わない国民性が不思議。


08. 2013年12月29日 01:24:33 : qABQvdTAB6

危険と隣り合わせだった普天間の住民は、基地移設が実質的に決まったことを喜んでいますね。
NHKのニュースで喜ぶ普天間住民の声を放送していました。

移転先の辺野古も地元住民の話では、7〜8割の住民が移転に賛成。
反対しているのは、本土から来た「よその人」ということです。(下記)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130312/plc13031207140002-n1.htm


沖縄県庁の周りで反対!と喚く人たちも、「よその人たち」がほとんどなのでしょうね。




[32削除理由]:管理人特別処理

09. 2013年12月29日 10:21:25 : xIRGfE7WsI
米軍普天間飛行場移設 「本音は容認」 言えぬ市民
産経新聞 12月29日(日)7時55分配信

 国内外の観光客でにぎわう那覇市・国際通り。そのすぐ目と鼻の先にある沖縄県庁前の広場が現在、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画に反対する県民らが抗議集会などを開く拠点だ。

 「われわれは決して許さない!」

 仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事による政府の埋め立て申請承認から一夜明けた28日の抗議集会は、前日から大きく人数を減らした。とはいえ、仲井真氏を「政府の手先」と呼ぶなど激しい批判は続く。

 一方、政府は申請承認に大きく安堵(あんど)する半面、仲井真氏が首相官邸で安倍晋三首相らと会談した25日以降の沖縄世論の動きを、なお注視している。抗議集会に参加しているのは一般県民ばかりではなく、本土から来た左翼活動家や、労組なども目立つからだ。

 政府高官は「基地負担軽減策が理解されれば、県民は『琉球の王』である知事を潰すことはないのではないか」とつぶやくが、活動家らの扇動次第では不測の事態も起きかねない。

 仲井真氏の決断に、賛否が入り交じる複雑な感情を持つ県民に比べ、本土から来た活動家らは「反対一直線」で迷いがない。27日の県庁前の抗議集会は、反対演説や県庁を取り囲む「人間の鎖」などの活動が行われ、メディアでも大きく報じられた。参加者数に関し、主催者関係者は「1900人までは数えた。2千人以上だ」と説明する。集会後は県庁内の1階ロビーで座り込みを断行して気勢を上げた。

 ただ、ロビーでの反対派の激高をよそに、エレベーターホールでは普通に談笑する市民の姿もあった。

 「知事は何で承認してしまったんでしょうね。でも、変な気持ちなんです」

 抗議集会のシュプレヒコールを横目に広場を通り過ぎた50代女性は、戸惑いながらこう語った。

 「米軍基地は国外に出ていってほしいが、普天間の危険を考えれば知事の対応は応援したい」

 住宅地に密接する危険な普天間飛行場を早期に移すことの重要性は、県と政府も認識を共有している。にもかかわらず、知事の決断に表立って賛成を表明しにくいのは沖縄独特の事情・空気があるからだ。

 「即刻辞職し信を問え」

 地元紙の琉球新報は28日付で、1面にこんな大型社説を掲げた。反基地一色の言論空間にあって、自民党県連幹部は指摘する。

 「本音では基地を容認していても、その主張を口外することは周囲の目もあり簡単でない」

 また、来春に沖縄県庁に入庁する内定者の面談で26日に県庁を訪れた23歳の男子学生は、「米軍基地は国外がいいが、悪いことだけでなく必要とされる部分もある」と率直に語る。

 雇用や安全保障などの面で、基地が一定の役割を果たしていることは誰でも知っている。経済基盤が弱い沖縄にとって、政府による振興策拡充の意味は重い。

 普天間飛行場の移設問題に関する県民意識は、抗議集会に集まった「反対派」と、「賛成派」を2つに分けるだけでは測れない。

 27日の県庁前の「人間の鎖」は、メディアや一般市民の目に留まりやすい表通りではつながれていたが、県庁の裏側ではその鎖は途切れていた。(坂本一之)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131229-00000010-san-pol



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧