★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158 > 607.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本で台頭する危険な国家主義 ニューヨークタイムズ社説 (星の金貨プロジェクト) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/607.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 12 月 29 日 01:01:00: igsppGRN/E9PQ
 

【 日本で台頭する危険な国家主義 】ニューヨークタイムズ社説
http://kobajun.chips.jp/?p=15782
2013年12月29日  星の金貨プロジェクト


就任以来、『対外危機』を作り上げ、煽り続けた安倍政権

靖国参拝は国民に対する宣伝工作が、うまくいっているかどうかを確認するための試金石

アジア社会の信頼、平和、そして未来を破壊する安倍首相の政策

論説委員会 / ニューヨークタイムズ 12月27日


権力の座に返り咲いて1年となる12月26日、安倍晋三首相が、日本の戦没者を祀る神社であり、第二次世界大戦中の戦犯を合祀していることで論争の的となっている神社靖国を参拝しました。

中国と韓国は直ちにこの参拝を厳しく批判、アメリカ合衆国もこれに同調しました。

諸外国が日本の侵略主義、そして植民地支配の象徴とみなす靖国神社への安倍首相の参拝は、すでに緊張関係にあった対中国、対韓国との外交関係を一層悪化させることになりました。
アメリカ合衆国大使館は、「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している。」との声明を公式ウェブサイトに掲載しました。

問題は、エイブさんがなぜ現在靖国を訪問することを決心したかという点にあります。
前回日本の首相が靖国神社を参拝してから7年が経ちましたが、中国と韓国がともにその存在自体を快く思わない神社に、参拝すれば中韓両国との外交関係に必ず悪影響を及ぼすと解っていながら、なぜ参拝を行ったのでしょうか?

中国、そして韓国と日本の外交関係は、2000年代中頃より現在の方が尚悪くなっています。

安倍氏が初めて首相に就任したのは2006-7の間でしたが、2012年2度目の首相になった時から、中国と韓国の指導者は安倍首相との会見を拒否し続けてきました。

ひとつは東シナ海に浮かぶ尖閣諸島をめぐる領土問題、もうひとつは第二次世界大戦中、日本軍兵士の性的奴隷とされた韓国の従軍慰安婦の問題のためです。
逆説的に、中国、韓国がこうした態度を明確にして圧力をかけているからこそ、安倍首相が靖国参拝に踏み切ったという事が言えます。

尖閣諸島問題について中国側が徹底して対決姿勢をとったことは、日本国民に中国の軍事的脅威について信じ込ませるために、日本政府にとっては極めて好都合なことでした。

安倍首相の目標到達点の一つは、どこで領土紛争が発生しても直ちに軍事力を行使できるように日本の軍備の形を変えてしまうことです。
そのために安倍首相はこの一年間中国側が日本に送り続けた様々なサインを無視し続けましたが、中国の『強硬姿勢』を内外にアピールし続けることで、その事実を隠すことが出来たのです。

靖国参拝は、そうした国民に対する宣伝工作がうまくいっているかどうかを確認するための、作業の一部だったという事が言えます。

日本が従軍慰安婦問題に真摯に向き合おうとしない態度に対する韓国側の厳しい批判が延々と続いている事、そしてパク・クネ大統領が安倍首相との会談を拒否し続けている態度は、日本の一般国民に対し、韓国に対する不信感を植えつける事になりました。
それは世論調査の結果、日本人回答者の約半数が、韓国もまた日本に対する「軍事的脅威」であるとする結果に表れています。
日本人有権者のそうした意識は、安倍首相に中国政府や韓国政府の反応にとらわれる事無く、思い通りに振る舞う自由を与える事になりました。

日本の主要な日刊新聞である毎日新聞、朝日新聞、読売新聞の3紙は、安倍首相の就任以来、靖国参拝には否定的な論調を続けてきました。
もっと重要な問題、それは安倍首相やその取り巻きの国家主義者にとって何より大切なはずの存在である今上天皇が、前代の昭和天皇同様、靖国神社参拝を拒否している事です。

安倍首相が最終的に目指すもの、それは現在の平和憲法を書き換える事です。
この憲法は第二次世界大戦後のアメリカ軍による占領期間に交付されたもので、国家の交戦権を禁じています。
そして天皇は憲法の定めにより国政に参加する権限は持っていませんが、今上天皇もまた日本が戦争する事を認めてはいないのです。

安倍首相が靖国神社参拝を行う数日前、今上天皇は80歳の誕生日を祝う席上、「平和と民主主義の大切な価値」を守り続けるため、1945年に平和憲法を制定した人々に対する「深い感謝の念」を表明されたのです。

このような状況を考えれば、中国と韓国は歴史の解釈の問題について、日本国内に賛同者を見つける事は可能です。
中国も韓国も安倍首相と会談する機会を設け、正面から立ち向かうべきなのです。
これ以上会談を拒否し続ければ、安倍首相がさらに思い通りの政策を実現するための口実を与えることになってしまいます。

日本の軍事的な冒険は、アメリカの支持が無ければ可能ではありません。
アメリカ政府は安倍首相のやり方が、北東アジア地区にどんな恩恵も与えない事をはっきりとさせる必要があります。

アジアの建設的な未来は、国家間の信頼関係を築いていく事の中にこそあります。
安倍首相の行動は、その信頼と未来とを次々と破壊していく行為に他ならないのです。

http://www.nytimes.com/2013/12/27/opinion/risky-nationalism-in-japan.html?ref=asia
  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

安倍首相の今回の靖国神社参拝については、国際メディアに湧くように記事がアップされています。
これを見てはせっせと翻訳をしない分けには行きません。
今年は一年内に父母を喪った年でもあり、年末を迎え少し翻訳のペースも落とそうかと考えていた時だけに少々困惑しています。

しかしこのニューヨークタイムズの社説は秀逸でした。
国民に対する宣伝工作、意識への刷り込み、もっといえば洗脳がうまくいっているかどうか、それを確認するために安倍首相は靖国参拝を『強行した』とは…

そして大切な事があります。
尖閣諸島を巡る問題について、12月3日のエコノミストは『非』は中国にあり、『理』は日本側にあるという論調でした( http://kobajun.chips.jp/?p=15555 )。
ところが今日ご紹介したニューヨークタイムズの記事では、それが逆転してしまいました。
『非』は日本にあるのです。

このままこの首相についていったのでは、私たち日本人は世界の中で孤立するばかりです。
嫌われ、疎まれるばかりです。

特定秘密保護法を制定し、原発を次々と再稼働させ、ひたすら軍備を拡張する。
これが私たち日本人の願いなのでしょうか?


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月29日 01:21:19 : 7Onnx32U7Q
僕個人の意見で僕の思想はふる里大事という点で右翼的かもしれないが、それはアメリカでも一緒のはずだ。 別に国家主義なんて考えていない。

ただ今アメリカがTPPのようなイルミナテイのジジイたちが考えている世界統一政府のような馬鹿な制度には組み込まれたくはない。

なぜなら植民地化だからだ。そんなものに加入するくらいなら日系人の多いブラジルなどと仲良くしてゆくべきだと思うがかといって中国とことを構える気もさらさらない。

アメリカのような911事件のように偽ジェット激突映画で洗脳してすぐに戦争を起こすような国に支配されるのはまっぴらごめんなわけです。

ということで本当に国民一人一人が生活できるような国が望ましいと考えているのが大半の国民が日本で、一部の人が大儲けしてあとは奴隷のような国にしてしまうのは不本意だと思います。

そう言う意味ではあなたがたとの国の思想とは少しずれているような気がしてきていると国民は考えつつあることはお伝えしておきたい。
共存共栄で街づくりをしてきた歴史があって経済独占するのが正しいとは考えないのです。

ただし。これは僕個人の意見です。(笑)・・・・・・・・・・以上。


02. 2013年12月29日 01:50:51 : FMYtuhLJh0
知性のない行動は冒険主義だ。個人の冒険家は称賛される場合もあろう。結果を一人で受け止めることができるからだ。しかし、一国のリーダーに冒険主義はあってはならない。結果は多くの国民の運命として降りかかるからだ。いくら首相でも一個人にそんなことをする権利は預託されていない。その最大の悲劇がヒトラーだろう。

03. 2013年12月29日 01:55:47 : RlOyrE1YxI
NYタイムズは間違ってるだろ。自国のオバマを非難して東アジア地域を分断して対立させ支配するやり方は止めるようにいえばいい

04. 2013年12月29日 02:08:29 : 8e51Ttj8vc
あまり欧米外国様信仰を持たないほうがいいと思いますが・・・
要するにこういう方って、日本を相対化しようというのではなく、反日絶対化のために海外情報を見繕っているのですよね。

まあ、01の方のように典型あっしゅらびと「陰謀論クルクル」で嘘吐き人生を送るようになっても、人間終わりですけどね (笑)


05. 2013年12月29日 03:17:24 : vuQpagMXxI
投稿者は、ニューヨーク・タイムズの社説を褒めていますが、
このような皮相的な考えの持ち主が社説を書いていることに私は寧ろ驚いてしまう。
政治の勉強を始めたばかりの大学生が思いついた、とりとめのないアイデアを
社説として印刷してしまうニューヨーク・タイムズの劣化を示しているのではない
だろうか。

中国、韓国の主張は、国体の存立に関わることなので、嘘でも「侵略」と
言わざるをえないのは誰でも理解できる。
日本がそれと妥協できるか否かは、政治以外の経済や文化の交流で、
バランスするなどの多元的な判断が必要になる。
今、それがバランスしなくなってきたということが変化をもたらしたと言える。
経済的には、韓国と中国は破綻寸前。中国の指導層の90%と資産形成者の80%が
アメリカの移民手続を完了したこととか、韓国の外貨蓄積が底をつきかけている
ことや、ロイドが韓国へ入稿する船舶への保険を拒否しているために
石油が逼迫していることとか、もうすぐ崩壊する兆候をしめしている。
そういう現在の事情が、中国の「侵略」主張を他の政治的な要因と
バランスできない程度に矮小化しているということだ。
言ってみれば、負け犬の遠吠え的になっているということだ。
このような国に何も真実を曲げて妥協する必要はない。

アメリカの場合は、少し違う。
中国とアメリカの関係は、膨大なアメリカ国債を中国が保有していることや、
自由貿易関係を考慮すると、中国の意向を無視するわけにはいかない。
したがって、アメリカは及び腰になって日本に自制を求める程度の
意見表明しかできないのだろう。
なにしろ、軍事的には日本はアメリカの属国で、アメリカの言うことを
聞かないと、何が起こるのか想像もできない。
アメリカはもう少し待たないといけない。
そのアメリカが日本を「侵略国家」と言っているのは、
ダブルスタンダードであるが、軍事面での劣勢があるから
我慢しなければいけない。

では、日本は侵略国家だったのだろうか。
これは、意見百出と思うが、1930年頃にいると思って考えて欲しい。
当時日本は貧乏で人口が多く、海外移民をせざるを得なかった。
ところが、アメリカ、カナダは日本人移民を排斥していた。
一方、満洲は主権を有する国がなかったか、そういう概念をもたなかったか、
そういう状態だった。そこに満州鉄道権益が生まれた。
後はそれを守る一連の政策だったということだろう。
一連の施策は、日本人が満洲で移民が認められていれば、
国として当然なさなければいけない行動だったとも言える。
日本は国民を見捨てることはできないからである。

中国、朝鮮が当時近代国家になっていなかった、しかし、今の
中国や韓国が当時からさも今のような国が存在していたとして主張するから
議論が噛み合わなくなってきているので、話にならない。
しかしこれは、前にも述べたが、国体の存立が関わっているので、
個人が論理的にそのように思ってもどうにもならない。

だから、ここは日本なら日本が正しいと信じることを主張して、
誤っている国体が無くなるのを待つしかないということになる。
そういうことではないでしょうか。


06. 2013年12月29日 03:25:21 : l9gVATEKbk
>>01
>ただし。これは僕個人の意見です。

好青年は大歓迎よw



07. 2013年12月29日 03:33:06 : TCBPPsXTlo
>問題は、エイブさんがなぜ現在靖国を訪問することを決心したかという点にあります。

アメリカのだれかがゴーサインを出したんじゃないの?
役者仲間のエイブさんに♪ 1qmOy4Hy0U


08. 2013年12月29日 05:15:13 : jG4PdXLkjA
>>05
自身が囚われの身でありながらも、自身を国家と重ね合わせ、統治者・支配層視点で物事を見ることができる素晴らしい人ですね。そこから、統治者・支配層側がやってきたことは全て肯定評価になる。

ただ、特定国の統治者視点から歴史裁断しているので、真に客観かといえば、そうではなく、狭いイデオロギーなだけです。

当時も今も、民衆が統治者・支配層の肥やしにされ、かつ、支配−被支配の状況は厳然と存在し続けています。

そして、多数の民衆の犠牲の上に、結局は「属国」となっている結果をみれば、統治者の扇動に乗らないことこそ、また、統治者視点で物事を語っている人間を信用しないことこそ、賢く生きる道でありましょう。

※開戦署名時の閣僚である岸信介がなんの責任を問われることなく、米国CIAからカネをもらい、その系譜による政治が続いてる結果をみれば、国民は彼らを守るために多大な犠牲を払ったことになります。支配体制が2重になり、全体主義から自由主義へ変化したことは幸運なことではありますけれども。

移民の話が上がってましたから、
国策に騙された歴史事例をあげておきましょう。

ブラジル日系移民の過酷史 Wikipedia

「皇国殖民会社」が移民希望者を募る際に、ブラジルでの高待遇や高賃金をうたったために、移民の殆どは数年間の間コーヒー園などで契約労働者として働き、金を貯めて帰国するつもりであった。しかし、先に移民して来たイタリア人同様、日本人移民も奴隷解放令に伴う労働力不足を補うために導入されたもので、法律上の地位こそ自由市民であったものの、一部のコーヒー園を除くとその実生活は奴隷と大差ないものであった。

>当時日本は貧乏で人口が多く、海外移民をせざるを得なかった。

資源・食料自給率をみれば今も同じです。
ちょこっと、封鎖されれば日本はあっという間に困窮します。

紙幣増発にしてもそうですが、統治機構は必ず詐欺を働きます。半世紀、価値を保てた紙幣はありません。
 


09. 2013年12月29日 08:39:14 : EPFNWcPVGI
まあ確かにそうかもだが、加担したり工作したりしてるのはお前らアメリカだろう

日本の軍備増強が嫌なのに何故ヘノコ基地を欲しがる、何故武器を売却する、このマッチポンプアメリカが!!


10. 2013年12月29日 08:56:54 : grNNiofDps
安倍首相の靖国公式参拝に対するNTタイムスの社説だが、ある意味でアメリカの本音が出てきてしまった。 東京裁判の正当性を主張するあまり、韓国・中国の誤った歴史解釈を支持すると言ってしまったが、果たしてこれがアメリカの国益にかなうものとなるかどうか疑問である。 韓国の慰安婦問題、中国の尖閣諸島についての領有権の主張を受け入れたようにとれる発言だが、両方ともに事実に反するものであることは日本人にとっては明らかなことである。 韓国人慰安婦問題については、1944年当時のアメリカ軍の聞き取り調査記録が存在し、日本軍の強制的な連行によるものではなかったとされている。 尖閣諸島の領有権については、沖縄を占領した米軍が同島を爆撃訓練の標的として使用していたこと、沖縄の施政権返還時点でも沖縄県に所属するものとして認めていたことから、韓国や中国の主張の間違っていることは明らかであろう。 東京裁判の正当性についての話であれば、日本は降伏文書に調印しタことで発言権がないと言う事になってはいるが、学問としての歴史研究と国際法に基づく司法の判断としては問題があることも明らかなことである。 日本の軍事行動によって東南アジアの民衆に被害があったことは事実だが、アメリカ軍の都市爆撃による非戦闘員の大量虐殺、特に戦争末期の軍事的には不必要な原爆投下による日本人虐殺は不問にして、日本軍の責任のみを問う事は如何なものだろうか。 アメリカとしては過去のことについては口をつぐんでいるべきでは無いだろうか。 確かに安倍首相の靖国参拝は不適切な行動であったかもしれないが、この問題でNYタイムスが社説を掲げて日本を非難し、中国・韓国の不当な言い分を擁護すれば、大多数の日本人にアメリカに対する不信の念を生じさせるであろう。 同盟関係とは名ばかりで、その本音はキッシンジャーの言った通り、日本の軍事的台頭を抑える便法であると言う事が、日本の大衆に極めて明瞭に理解させてしまったと思う。 不適切な形での靖国参拝で味噌をつけた安倍がバカなら、それに余計な口をはさんだNYタイムスは輪をかけた大馬鹿ものと言われても仕方なかろう。 アメリカが安保条約で日本を守ることは無いことが明らかになったとすれば、日本はアメリカの意向に配慮することなく自主防衛を進めざるを得まい。 外交的にもロシアとの交渉を、今までより積極的に進めて良いと言う事にもなる。 今後アメリカは、沖縄を含む日本各地にある軍事基地の存続に苦心することになるだろう。

11. 2013年12月29日 08:59:52 : tV7dGTRB5o
戦勝国のコラム取り上げてどうする??
特に、ニューヨーク・タイムズは筋金入りの反日新聞です。

今朝のサンデーモーニングもそうだ、中、露、EU、米、みんな第二次世界大戦の戦勝国ではないか。特に、EUなんてみんなアジアに植民地持っていた。どのつら下げてエラそうなこと言えるんだ??


12. 2013年12月29日 09:57:07 : FUslASrJiw
アベとネトウヨは亡国人
亡国人をひはんするのは反日では無い

13. 2013年12月29日 12:35:24 : BIgfJMRMNE
日本で台頭はしていない。国家主義は。
日本より北朝鮮のほうが先だろ。

14. 2013年12月29日 17:47:18 : lFtrGPhedw
じゃあ、米国は日本が満足するような対中のプレゼンスをお用意できるのか?
この新聞は米国の紙でありながら肝心な事が抜けてる。
集団的自衛権の行使や憲法改正などこの地域における日本の軍事的役割強化を望んでるのは米国側ってのが抜けている。
日本は米国も財政などでつらいだろうからこの地域での軍事的役割の一部を引き受けると協力姿勢を示してる、そして嫌だったが戦闘を前提とする海外派兵まで覚悟したのにその姿勢を批判するって意味が分からない。

15. 2013年12月30日 15:43:57 : jv2aLGLcKU
>>14
覚悟の仕方に問題があるだろ

靖国を持ち出し、国家主義を背景に軍事参加しようとするなら、どう考えても中国・北朝鮮型武力でしかなく、国際貢献・国連役割分担の定義とは合致しない

米英側は、後者日本を期待しているのに、前者で武装するなら最終的に中国と連携同盟の方向性となってしまうのは明らかだ

国際貢献と言うなら、自衛隊(日本守備隊)の名称も国際救助隊(国連平和維持活動&災害援助活動の地域責務分担庁)とか、日本と特定されない事象・事態に貢献しましょうにならなければならない

そこで、日本の憲法だと日本と当該当事国とは紛争を起こさないという前提、防衛行為は積極的防衛活動を含む国連安全保障理事会の統率の元でしか行わないという、姿勢の明確化が必須なのだ

そして国民の生命財産を守るためには、攻撃されるまで対処できないでは犠牲の規模は計り知れず、積極的平和維持活動として国際社会からの理解と承認を受けることが日本国民にとって最重要な国民の利益になってくる

日本固有の事に口出すな=正反対x最悪の言い分

日本固有の事は一切関係ない=世界の構成員の一員である日本地域の生活者のため、積極的平和維持活動を国際社会の皆さん承認お願いします←こうなることが最低必要である

むしろ靖国を閉鎖して国家主義を壊滅させる努力こそ必要で、日本は日本で日本固有の軍隊を所有し、何処に味方するか日本政府が判断する←憲法違反・国連憲章違反・サンフランシスコ条約違反なんだ


16. 2013年12月30日 15:46:40 : jv2aLGLcKU
だから失望されてんだよ

17. 2013年12月30日 16:04:22 : jv2aLGLcKU
TPPのことにしたって、日本という閉ざされたコミュニティとして得か損かではなく

地球上の日本を中心とした地域に暮らす生活者として、インフラ整備事業者が
A競争なく特定の事業者により逆進性をもって運行されている←だから日本は世界中で最も効率的にエネルギー消費できる背景にありながら、世界最高の負担料を強いられているんだろ

B逆進性にて提供されるなら規制による特定事業者の管掌は許されず規制を撤廃
C競争なく特定の事業者により提供されるなら官営化して累進性料金設定しか行わない
↑BC何れかの提供に為されねばならないんだよ

だからTPPが必要で、政府管掌したいんなら、例えば医療保険や年金の共済型集団利用が圧倒的有利という逆進性を廃止しなければならないし、共済型集団を生かそうとするなら、政府が社会保険・厚生年金という共済組合より不利なサービスを法規として国民に課してはならず、競争事業者の参入を認めなければならない


18. 2013年12月30日 23:12:13 : w0b6rZJiSc
「ネトウヨ」とか言う在日朝鮮語が最近やたらと目に付くようになったな。
左翼とか右翼とかレッテル張りして何の意味があるのやら馬鹿馬鹿しい。
それに比べ、それぞれの立場でこの日本を憂うる洗練された知的コメントはとても参考になる。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK158掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧